注目の人気記事

勘助

189: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/21(日) 09:37:09 ID:TbHI+xNL
 
軽度の勘男、しかも(ほぼ)未遂の話。


サークルの男Aは女Bの事が好きだったんだけど、
グヂグヂとしてて告白も出来ず、せいぜい挨拶するのが精一杯程度だった。
そうこうしてる内にBは同じ学科で、Aとも知り合いであるCに告られ付き合うことに。
BとCは最初友人から、と言う事で付き合い始め、一緒に居る内にBもCを好きになり、

それで今では仲良しカップル。

Aはすごく落ち込んで、みんなで慰めたりしてたんだが、
その時「俺がもしCより先に告ってたら今Bの隣にいたのは俺かもしれない」とガックリ。
それが段々「俺だったはず、いや俺だ!」に変わってた。
元々俺はCよりもっとBと仲が良かった→Cよりも俺の方が愛情度は高い
CですらBを振り向かせられた→俺ならもっとBを大事に出来る→俺の方が上

→つまりBはCより俺の方が好き。


でもなぜBはCと付き合ったのか…
わかった、俺が告らなかったからだ!Bは絶望してCに寄り道をした!
→かわいそうなB、俺が悪かった→早く告って晴れてBと付き合おう!
→もう俺たちほぼカップルじゃない?→すでに脳内カップル成立。
しかし形式上とはいえBには一応彼氏が居る。
優しいBはすぐにCと別れて俺と付き合う事は出来ないだろう。
ならしばらくはBと一緒に居る時間を増やして、BにもCにも心の準備をさせよう!

俺と一緒に居る事でBの心の変化にCは気がつくはず!→
Cはいい奴、このままヤツをピエロwwwにしてはおきたくない→軽いストーカー化。
とはいえこのストーカーも事情を知ってる人が見たら分かる程度だった。
Bの後ろの席に座ったり、他愛ない事で話しかけたり、
数人グループで昼食を取った時に調味料を取ってあげたり…
つまり友達なら普通にやる事、前のAには出来なかった事。

もちろんBは全く気がつかず…


しかしこのトンデモ理論をぶちかました男のやる事と思ってみれば薄ら寒い。
ネチネチネチネチとBの周りをうろつくAに業を煮やして

サークル飲み会でAに話をする事にした。
続きを読む

400: 1/4 2008/04/05(土) 13:04:27 ID:JvtVosCW
 
長い話だけれど聞いてください。 

5年目に突入した勘助の話。 

姉が二人め(姪)を出産し、退院することになった当日に勘助と遭遇した。 
実家の母と私で姉の上の子(甥)を預かっていたため、退院当日も私が甥を連れて行った。 
姉は母、義兄とともに病院で挨拶をしていて、私は甥と外で待っていた。 
そこへ勘助が登場し、いきなり身内のように振る舞い出した。 
誰かと間違えているんだろうと、違いますよと話していたところへ姉が出てきた。 
その途端、姉の名前を呼び捨てにして駆け寄り、俺の子どもを産んでくれてありがとうと言いだした。 

全員ポカーン、当事者の姉もポカーン。 

勘助の言い分は「(姉の)産んだ子どもは二人とも俺の子ども、
一緒に帰って親子水入らずで暮らそう」だった。

母が姉に問い質すと、姉は「こんな人は知らない、誰なの?」で話にならない。

しかし満面の笑顔で自信たっぷりの勘助に、全員動揺。

おかしいと感じた義兄は、咄嗟に姉と生まれたばかりの姪を連れ病院へ逆戻り。
中から様子を見ていた看護師さんの計らいで、再入院手続きをしてもらった。
私は姉に付き添っていたので詳しくはわからないけど、
義兄、母、自宅で待っていた義兄両親を呼んだ勘助との話し合いは修羅場になったらしい。
姉は義兄両親から疑われて責められ、精神的に参ってしまった。
そのため産院とはまた別の病院へ、勘助からの隔離もかねて転院。
甥と姪は母が見ることになり、義兄は自分の両親をシメ私は勘助対策をすることに。
色々と調べた結果、勘助は姉がよく行っていたお店の店員だと判明。
姉と不倫関係にあったのか?については、調べても調べてもそんな事実は出てこない。

なので友人に同席してもらい、勘助と改めて直接会い話を聞いて呆れた。


続きを読む

このページのトップヘ