注目の人気記事

元旦那



734: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)20:05:30 ID:Snj
結婚5年目、冬のコートは独身時代の流行遅れのものだったので
お小遣いとして一日50円もらってたのを貯めたのを持って、
45000円のコートを買った
(結婚前の貯金は色々あって使われた。関係ないので割愛)

家に帰ると元ダンナが風呂に入っていたので
鏡の前でコートを着て喜んでたら、風呂上がりで全裸の元ダンナが来たので
買ったことを話し、少し見せびらかした

するといきなり後ろをむいて私の背中にお尻の割れ目を押し付け
ぐりぐりぐりーっとその汚い部分を笑いながら力いっぱいこすりつけた
呆然としてる私に
「よかったなー、マーキングしたから盗難にあわないぞ」と。
そこで、何年も服なんか買ってなかったこと、
コート一枚の為に数年こづかいを貯めたことを泣きながら訴えたが
「風呂上がりだからケツの穴もきれいだ」
「そんなことに小遣い使うなら俺のも買ってくれ」
「無駄遣いのバツとして明日からは毎日10円でいいよな」

もうね、冷めた
経済的DVなんて言葉知らなかったから、私の給与の振り込まれる通帳も
キャッシュカードも全部元ダンナが好きなように使ってた
買い物は生協か一緒にスーパーで、
自由に自分で買い物したことなんて無かった
それでも言ったものは買ってくれる(生活必需品と食料だけ)
優しいと思ってた自分は底無しのアホでバカ

その足で飛び出して、姉のところに逃げ、
翌日は姉と姉ダンナと一緒に話し合い再構築したものの
その翌月に今度は「勝手に買ったから」とうまい棒捨てられた
こりゃだめだ、と思い離婚の話に。
ごねられたけど慰謝料なし、使い込んだ分のお金は返すことで離婚になった

それから10年、幸いご縁に恵まれて再婚し
今では家計を任せてもらってる
ダンナの要望で専業主婦になり、月に5000円のおこづかいをもらってるけど
ダンナは「本当にそれだけでいいの?必要ならもっと渡すよ?」と言ってくれる
本当にあの時分かれて良かったw  
続きを読む

670: 名無しさん@おーぷん 2014/10/08(水)20:26:21 ID:An1Uq9RgL
先月の終わりに別れた旦那からメールが来た。

『よお。元気か?まぁ俺と別れて寂しがっているだろうが、それはお前が選んだ結果。悪く思うよ。
こっちは結婚してもう子供が生まれる。嫁に聞いたら女の子だって。きっと俺ににてかわいいんだろう。
お前にもこの気持ちを感じてほしい、と思う。そこでお前に新しい仕事を紹介しよう。
知っての通り嫁が妊娠してるから出来ない。だから、お前が俺の相手をしろ。そうすれば今まで通り家に住んでいられるし、お前に子供が出来たら次は今度生まれる子供の乳母になって嫁の変わりに家事をすればいい。
これで全部解決だろ?そうと決まれば早く家に帰ってこい。履歴書も忘れずにな』

…離婚した原因は義実家のイビリと小梅コール。そしてお前の浮気だ。種無しの癖に。

続きを読む

282: 1/3 2008/07/31(木) 10:53:09 0
長い上に痛いです、申し訳ないです。
3年前に「真実の愛に目覚めた」と言って、
プリンちゃんの元へ家出し、
離婚した元旦那から復縁要求のメールがパソコンに届いていた。
「(元旦那)です。プリンちゃんとの真実の愛は偽りの愛でした、
ごめんなさい。
もうすぐ、プリンちゃんとは離婚します、
目が覚めるとあっという間に冷めました。
プリンちゃんは一緒に居て分かったことなのですが、
彼女は完璧主義者でした。
女として、嫁として完璧過ぎた・・・
完璧すぎると今度は疲れてきてしまうんだね。
(私)がだらけてる、という意味でなはいよ、
力を抜いてリラックス出来る笑顔を、
家庭を君が支えてくれたって事に気がついたんだ。
君は妻として嫁といして、素晴らしい人だと分かりました。
来月になったら、一人身に戻れます。
お金は前みたいにない、苦労をかけるかもしれない。
でも、前みたいに幸せな新婚夫婦をもう一度、やらないかい?
私)には、酷い事をしたとわかっています。
もう一度、夫婦2人、優しさに溢れた家庭に戻らないか?
もし、このメールが君の瞳に届いたなら、
是非前向きに考えて欲しい。」

長い文章省略したら、こんな感じの内容に・・・
どこまで自分勝手な男なんだ。
完璧なプリンちゃんと末永く幸せにやって、
こっちに係わってこなきゃいいのに。
というか、随分な言われように腹が立った、
完璧主義な女で嫌がられるプリン、
その正反対の私、アホは自分の楽な方に楽な方に
流れようとしてるだけじゃないか。
こっちはこっちで半年前に再婚してるし、
アホと接触する気もない、むしろ嫌。
どうしようかなーと思ったんだけど、
暑くてムシャクシャしてたのでついやってしまった。
続きを読む

このページのトップヘ