きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

借金

724: 名無しさん@HOME 2012/08/26(日) 19:28:37
ゴメン、質問だけどさ、身内から修羅場に合った人って、その身内を 
タヒぬほど嫌いになれる?それが父母でも?
続きを読む

905: 名無しさん@HOME 2012/10/16(火) 03:12:45.02
ほんと3日前にしたDQ返しを 
私 20代後半 夫 20代後半(年下) 

夫はトメの連れ子、その下に義弟1、
義弟2、義妹がいる 
トメが18歳の時に夫が生まれたが出生がわからず、
実父は今だに不明
トメはパチンカス、借金で首が回らない
サイマーでウトも同様
家族に迷惑かけないと夫は高校も公立、
大学も国立に行き、奨学金も成績優良者で
返さなくていい状態へ
大学生の時から私の両親に挨拶に行き、
実家がこんな状況だと説明の上
同棲を認めてもらった程
義弟1も元からウトメと相性があわなかったみたいで
高校卒業後1人暮らしをして自分でアルバイトをして
学費を稼いで自分の身の丈にあった資格を取り
現在は結婚して子供もいるらしいが
全て没交渉で夫・私は義弟嫁と子供には
一度も会った事がないが同じ市内らしい
(夫のみ携帯連絡交換済)

弟2がマザコンで大学受験に失敗して
劣等感の塊でksで事あることに癇癪を起し、
妹に八つ当たり
そんな時にウトが倒れて半身不随になり、
障害者年金が入ったり格安で団地に入ったり
しているが相変わらず障害があってもパチ〇コへ
行くウトで相変わらずサイマーな家族なので
お金がない?借金が?と催促が来る
最初は何かのたしにと思ってお金を入れていたが
「妹の修学旅行費が払えない」という連絡を
最後に入金を辞めた

妹も遠方に就職が決まり、家を出て行ったが
義実家はks揃いになってしまって
年始や盆の挨拶に行っても金ばかり
弟1は連絡先すら不明なのでいっつも金の催促は
我が家にかかってくるが足がないために凸まではしてこない
携帯にも頻繁にかかってきてたのだが絶対に
毎月15日以降にかかってくるので音消しで対応していた
続きを読む

508: 名無しさん@HOME 2012/11/23(金) 19:33:58.78 0
旦那のバカ妹。 
割りと綺麗な顔立ちで、スタイルもいいのに 
あまりのだらしなさで、結婚には凄く縁遠い。 
普段は離れて暮らしてるからいいんだけど 
バカコトメがやりおった。
私は結婚して日が浅いんだけど 
結婚式をする時に、私両親からお祝いとして300万貰った。 
そのお金がなくても貯金で結婚式が出来るので 
300万は手をつけないで、私の口座に全部入れた。 
んで、結婚式が終わってすぐにコトメが来て土下座。 

「借金が100万円ある。お願いだから、お金貸して!」 
だとよ!!! 
何の借金が聞いてみたら、化粧品だと洋服だのお酒だの、贅沢品ばかり。 
もちろん、お金は貸さないよ。 
そういうのは自分の両親にお願いしなさい。と言うと 
暴言吐いて出ていった。 

旦那と結婚前から、要注意人物だと思ってたけど 
本当にバカコトメだった。 
旦那は横でオロオロしてるけど、成人した子に助けはいらないからね。 
と〆といた。
続きを読む

256: 名無しさん@HOME 2014/01/21(火) 23:43:24.08 0
父方の伯父二人が糞だった話。卒業も決まって地元の病院にも内定したので、国家試験前に厄落としカキコ。

親父:アラ還の勤務医
母親:50代専業主婦
俺:27歳研修医予定
妹:22歳国立大生
弟:17歳公立高校生
伯父A:60後半の借金持ち競馬カスチンピラ。高校出てから首都圏の競馬場近くに住んでて滅多に地元に帰ってこない。
伯父B:60代半ば。高校出てから首都圏に住んでて滅多に地元に帰ってこない。

もう没落したが、うちの一族は明治時代は衆議院議員を輩出し、県庁所在地の一角に本家の土地が丸ごと○○町という地名として残っているような家だったらしい。
うちの親父と伯父二人も、塾通いして慶応入るほど金があったらしい。
親父は元々東大医学部志望だったが、浪人しても成績が上がらず慶応入学。その後某医科大学に編入した。
俺が生まれた頃親父は地元の大学病院で働いていたが、出身の村から医者が足りないから開業してほしいと言われて開業。
物心ついたとき、ちょうどバブルの余韻もあって結構いい暮らしをしていたと思う。両親ともに当時のレートからして7桁後半の外車乗ってたし、伯父Bがクリスマスの度にラジコンやらなんやらって買ってくれてた。

でも俺が中学の時に何かがおかしいと気づいた。その頃、何故か伯父Bがうちの病院の事務長として就任。
「まあ、親父経営センス無さそうだし、兄貴登場したんかなー。」
とか呑気に思ってた。
さらに俺が医学部落ちて、1浪目の時に今迄数回しか帰ってこなかった伯父Aが帰郷。うちの一家に生命保険加入を薦める。
しかし俺の契約書の名前をパソコンに入れミスったとかで、「後で修正しておくからパソコンに入れちゃった方の名前で書いて。」とか抜かしおった。
しかも明らかに嘘くさい。○太(仮)って名前の太を大とミスったらしい。契約書に嘘の名前書ける訳ねーだろ!と母と二人で抗議して話は流れた。

一旦切ります

続きを読む

470: 名無しさん@HOME 2014/03/13(木) 23:48:36.43 0
もう終わったことだけど、前にとある事情で借金を抱えた時がホントに最悪だったな
数百万だったから、利息とかでドエライ金額になった
おまけに当時既に長女がいたから、凄まじくきつかった

そん時思ったんだけど、この世で最も怖いのは幽霊でもお化けでもなくて、完全に金が尽きることだな
健康で生きているのに、生きていけないほど金がない
入って来る給料はすぐに返済に吸い込まれる
金を借りることも出来ない
給料日に手取りが四桁ってのが3か月続いた時は、ホントに一家心中するかの瀬戸際だったよ
嫁さんは風イ谷で働くとまで言いだして、毎日が修羅場だったな

まあ最終的には何とかなったけど、あの日々があるから、多少キツイことがあっても“あの時に比べれば大したことない”って思えるな

続きを読む

688: 名無しさん@HOME 2014/03/21(金) 01:14:15.44 0
旦那の元同僚の家族から借金の督促が来た。
ちょいちょい借りて残債30万あるらしい。
旦那が返済するって言った期日から3年ほど経っている模様ですが、
元同僚さんには生活費が足りないとか言って借りたみたい。
本人は書面に残してないから余裕とかアホみたいな事を言っています。
督促の手紙には本人がいくら借りていつ返すってのを宣言した時の
会話をケータイに録音してあるって書いてありました。
債務者自身の口述が記録されてたら完璧アウトだと思うのですが・・。

そーいや、2-3年前くらいにお小遣い上げていないのにやたらスロットやって来たとか
羽振りのいい時期があったなぁ。
これって詐欺罪じゃないの?
でも、嘘でも生活費と言って借りたのなら配偶者にも返済義務が発生するのかな?
放っといて万一給与差し押さえられたりしようもんなら会社で譴責処分にならないかな。
5年前に転職したばっかなのに何やってんだ屑夫めぇ!

続きを読む

719: 1/2 2009/07/30(木) 13:56:11 ID:05v74aiB
流れを読まずに投下してスマソ。

旦那の友人が自己資金0円で、1千万近くも奥さんの親から借金して
事業を始めたのですが、借りたお金は全額機械に投資しちゃって
仕事もなくて生活も困ってる。
と、うちの旦那にタダでHPやWeb広告を作ってと泣きついてきた。

どうやらその業界でのノウハウなんて何もなく、周りの人をタダで
使えば仕事は来る。そしたら機械任せでOKという発想だったらしい。

設計図のデータさえあれば、全自動で製品の作れる機械だそうで
データ作成も、PCで製図の出来る知人にゴネて頼み込んで
タダでやってもらっているとか。(ただし量産できるものではない。)

旦那もお人好しすぎるのだけど、簡単なものでってことだったのに
旦那友人の要求がだんだんエスカレートしてかなり豪華な作りに。
続きを読む

280: 名無しさん@HOME 2014/01/23(木) 18:31:06.55 0
親友に相談されて最悪な結末になった話

5年ほど前に親友が相談してきた
親友「今度・・・ソバ屋始めようと思うんだ!」俺「・・・・・・え?ソバ?なんで?お前ソバ打てたっけ?」

親友「打つってなんだよwww作るんだよwww」俺「まて!やめとけ!マジでやめろ!な?な?」

なぜソバ屋なのかよく聞いてみたら「簡単そうだから」「麺を湯で煮て盛り付ける超イージーじゃんwww」
と言ってて俺は飽きれてました、が親友はヤル気満々で開店資金もすでに親・消費者金融から借りてるらしかった。

続きを読む

750: 名無しさん@HOME 2014/02/20(木) 14:35:19.53 0
実兄がケチな犯罪で逮捕起訴され実刑くらって服役した。
両親は憔悴し、借金もでき、将来法律関係に進みたかった
自分の未来は潰された。結婚しようと思っていた彼女とも別れた。
今は別の仕事に就いて、誰とも深く関わらないように一人で
静かに生きている。でもずっと心は修羅場のままだ。
たぶんあいつがタヒなない限りこの修羅場は終わらない。

続きを読む

470: 名無しさん@HOME 2014/03/13(木) 23:48:36.43 0
もう終わったことだけど、前にとある事情で借金を抱えた時がホントに最悪だったな
数百万だったから、利息とかでドエライ金額になった
おまけに当時既に長女がいたから、凄まじくきつかった

そん時思ったんだけど、この世で最も怖いのは幽霊でもお化けでもなくて、完全に金が尽きることだな
健康で生きているのに、生きていけないほど金がない
入って来る給料はすぐに返済に吸い込まれる
金を借りることも出来ない
給料日に手取りが四桁ってのが3か月続いた時は、ホントに一家心中するかの瀬戸際だったよ
嫁さんは風イ谷で働くとまで言いだして、毎日が修羅場だったな

まあ最終的には何とかなったけど、あの日々があるから、多少キツイことがあっても“あの時に比べれば大したことない”って思えるな

続きを読む

このページのトップヘ