きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

修羅場

768: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:20:58.74
挙式当日美容室に入ると、その絨毯張りの場所で自分達の衣装・アクセサリー・小物を確認。
足りないものが無いかどうかを確かめてから、ヘアメイクに案内された。
約1時間後、私がヘアメイクされてる最中、同じ日に挙式する他の新婦(以下A)が美容室入りした。
で、Aも私と同じように衣装の確認の流れになったんだが、
「私のドレスは!?」
と一言。

769: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:23:53.30
え!?と思って私も美容師さん達もフリーズ。後ろを振り向いたら、Aの担当と思われる美容師さんが
「ご新婦様の衣装はこちらだと、一昨日ご新郎様が持ち込みされましたよ。」
と、Aの前にショッキングピンクのチマチョゴリを用意しつつ困惑気味。
「こんなの知らない!!○○○(有名ドレスブランド)から、ドレスは届いてないですか!?」
Aは「何で?何で!?」と狂ったように掛けられてる他の衣装をバサバサかきわけてた。

770: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:26:29.17
その様子にA担当の美容師さんはかなりテンパリながら
「○○○からはドレスは届いてません」
「ご新郎様が一昨日こちらをお持込になって~」
「こちら一着のみご新婦様の分で届いてて~」
とAに繰り返してた。Aは「知らない!!」「何で!?」を連発。そしてとうとう
「何で!?何でドレスが届いてないの!?」
と目の前にあった私のドレスのトレーンを引っ掴んで号泣。

771: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:29:17.60
「私のドレス…」と思っても、あんな状況じゃ何も言えなかったしできなかった。
ものすっごく気まずい空気の中、私のヘアメイクが終了。
ドレスに着替えなきゃいけないんだけど、Aが私のドレスを離さない。
Aの担当のプランナーさんが美容室に駆け込んできて、美容師さんと一緒に
「とにかく落ち着きましょう!」「ご新郎様に確認しましょう!」
って、泣きじゃくるAを美容室から連れ出していった。

775: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:50:55.32
最後なのにバイバイさるさんで規制されたorz携帯から失礼。
この後Aがどうなったかは分からない。
私は無事に挙式・披露宴は終えたけど、披露宴終わるまで美容室入れてもらえなかった。
>>774って事だったんだろうね。ホント可哀相だった。。。

784: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 18:10:03.88
766です。規制とけたかな。
ドレス→有名ブランドの名前言ってたから、レンタルドレスでも1着30万以上はしたはず。
私のお色直しは親族控え室でだったよ。支度料は減額してもらった。
「あの後どうなりました?」って聞いたけどみんな苦笑いで、誰も答えてくれなかった。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 101 *****

続きを読む

52: 愛とタヒの名無しさん 2011/12/13(火) 20:16:33.23
新郎会社関係で出席した結婚式にて

新郎の高校時代の友人Aのスピーチを、
当日になって急遽別の友人B(男)がやることになったそうで
自席の後ろでスタッフとBが小声で打ち合わせをしていた。

いわく
「参加予定だったAが来る途中で何たらかんたらで、代理で来た。
 新郎も知ってるし、スピーチのカンペは預かっているからそのまま喋るので大丈夫」
と、聞くでもなく聞こえた。


大人数の式で、披露宴も大盛り上がり。
お色直しだ何だで怒涛だったからか、
新郎はどうやらキャンドルサービスまで、Bが来ていた事に気づかなかったらしい。
「え?B!?あれ!?」
と驚いてたけど、スタッフに次のテーブルに引っ張られてササーっと流されていった。
で、キャンドルサービスが終わったらその流れで友人スピーチ。

このスピーチがトンデモ修羅場だった。

まず「ご友人のスピーチです、Bさんどうぞ」と司会者が紹介したら
新郎がイスをガタっと鳴らし、明らかにソワソワと汗をかき始める。

B『ご紹介にあがりました友人Bです。
新郎とは高校時代の友人で3年間ともにサッカーをしてきました。
新郎は、見た目どおり爽やかで頭もよく、学年でも人気者で誰にでも優しかったので
す。
僕 以 外 に は』

ここで、ジョークだとゲストからは軽い笑いが生まれる。

53: 愛とタヒの名無しさん 2011/12/13(火) 20:20:39.08
『新郎は、同じサッカー部の僕にだけは陰で陰湿なイジメを繰り返しました。
暴力、罵倒、物を隠す、究極には性的暴行。
しかもタチが悪いことに性行為を重ねるうちに、
「クズ相手でも、セック●すると執着心湧くわ」と愛を囁くようになり、
遠い大学に逃げた僕にストーカー行為を繰り返しました』

ここでスタッフと親族が必タヒに止めに入る

『おい●●!!オレは一度もお前のことを許してねえからな!!!
人のケツの穴ボロボロにしやがって、お前なんざさっさとエイズでタヒね!!!』

という様な事を、広い会場でマイクを握り締め叫びながら退出させられてしまった。

もう300人近くいた会場は完全にドン引き、冷たい空気が目に見えた、マジで。
新郎はガタガタ震えて、腰を抜かしてて
新婦はそんな新郎をワケがわからないといった呆け顔でただ見つめるだけ。

結局、司会の「先ほどの方は招待されていない方で、でたらめです」
みたいなフォローがあったけど、Bは新郎の名前を叫んでいたし
何より真っ青になった新郎がそのまま戻ってこなかったので、
あとはササーっと流されて解散になった。

結局、新郎はそのまま会社に出社せずに退職。
離婚したのかどうかは判らないけど、
引継ぎの都合色々聞かなくちゃいけなかった自分に
上司が言葉を濁していたので…あれかなあ。

でも新郎は本当、爽やかでイケメンで面倒見の良い同僚だったんだよね。
新婦も大学の頃からずっと付き合ってた~って話だったし。
真実は判らんけど、まあ強烈な経験でしたわ

61: 52 2011/12/13(火) 20:54:39.52
割り込むみたいな書き込みでスマンかった。

どうなのかなあ、
自分は会社の人間だから判らないけど
そういう色々なことは有ったのかもしれない。
実際にカンペみたいのは持ってたけど、それを見て発言はしてなかった。

同僚が飲みの席でゲスパーしてたけど、
やっぱりBの真実を知ってたAが協力したのかもなって言ってた

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 108 *****

続きを読む

129: 124 2006/05/31(水) 09:02:40
まとめてはいるけど、トラブル出動待ちなので
途中で切れたらごめん
かなりきつい話の上に長いけど容赦してくれ

俺(洋一 通称洋ちゃん)25歳リーマンだ
彼女(真理子としておこう)同い年の派遣社員

俺と真理子は大学時代からの付き合いで4年ほど
そろそろ結婚しようかなと本気で考えていた仲で
二人で貯金してある程度貯まったらするつもりだった

去年の10月頃のことだ、俺は真理子から話があるからと
仕事中に電話がかかってきた
俺も仕事が忙しいので週末以外ほとんど会えず
平日に電話がかかってくること自体結構珍しい

その日は定時に仕事を上がって、真理子と約束したファミレスへと向かった
取り合えず先に飯を食べてからということで
飯を食ってるときはいたって普通で俺は何の話なんやろかと
大して深刻に考えてはいなかった。

続きを読む

723: 恋人は名無しさん 2006/06/29(木) 10:08:21
いい板見つけたのでネタ投下します。

数年前の事です。
年下男に猛アタックを受け付き合い始めることに。
私が色々苦労してきたことを知っている彼は「お前は絶対幸せにならなきゃダメだよ」って
言ってくれた事にほだされて・・・。

付き合い始める前から彼は「なんか足が痛い」って言ってたのですが、
付き合い始めて一週間後病院の検査の結果が。それによると
「大腿骨の付け根に軟骨の腫瘍がある」「でも、多分良性だろう」とのことでした。
しかし、彼が手術を受けたのはがんセンター。
良性と言われてもかなり不安があったのだろうとは思います。

続きを読む

52: 968 2006/09/01(金) 22:07:42
まとめ終わった。
やっぱり文章がぐちゃぐちゃなんで分かりにくいし、
長いんで書きもらしとかあるかも。とりあえずあったことをそのまままとめた。
誘いうけみたいになって申し訳ない。
>>13が報告にくるまでの間に投下します。

特定怖いのでボカし気味です。

私:21歳。Aとは高校からの友達。
A:21歳。16のときにBと結婚して専業主婦(小梨)
B:Aの旦那。31歳。営業マン。
C:Bの浮気相手。26歳くらい。
D:Cの旦那。30代。


Aは15のときにBと付き合い(初彼)、そのまま16歳で結婚。
16歳で結婚なんてかなり反対されただろうと思われがちだけど、
Aは遅くに出来た子で、Aが16歳のとき両親はすでに60過ぎで、
「自分たちが年老いてウエディング姿を見れなくなるよりは」と、
何の反対もなく、祝福されての結婚だった
結婚式も豪勢でなくてもきちんとしたものだったし、
マイホームのローン返済にもAの両親は協力してくれていて、幸せそうだった。

結婚して5年。まだ子どもはいないけど真面目に専業主婦をして
忙しくしてるAと久々に遊ぶことになり、
Aは家事があるので、私がAの家に行くことに。

続きを読む

このページのトップヘ