注目の人気記事

修羅場

26: 名無しさん@HOME 2011/01/30(日) 21:28:36 0
長文です。 

当時、私はエスカレーターで大学まで行ける学校の生徒だった。 
父は、仕事は自営の資格商売をしていて、趣味人だということは知っていた。 
収入は結構あったようだ。子供の頃、不自由をした記憶はない。 
朝早くに出勤する父は、夜は早めに帰宅し、夕食は必ず私と母と3人で採っていた。それは、母との約束だったらしい。 
親子の団欒と言えば夕食だけで、父は土日もろくに家にいることはなく、家にいる時は書斎に篭ってなにやらしていた。 
その筋では有名なマニアというか、市井の研究者だったらしい。 
時々、父の友人という人達が訪れて酒盛りをしていた。 
よく、私と母に手土産と言って、珍しい菓子や珍味をくれたのも覚えている。
続きを読む

3: :2015/09/25(金) 21:40:26.98 ID: 
おお、立つんだな 

嫁とケンカした。 

発端は先月末。なにやら男とLINEしていて、内容が付き合いたての中高生みたいなバカップル的な物だった。 

もう怒り心頭で。そのままの勢いで怒り倒して。 
やってないとか言ってたけどんなもん信じられる訳もなく。
続きを読む

131: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/01/17(土) 11:36:13.26 0
母に捨てられた時。 
うちは母子家庭だった。僕と妹は6歳違いの兄妹。 
父を早くに亡くし、母は僕達を養うために昼夜問わず必タヒに働いていた。母は父を本当に愛していて、僕達が寝る前にはいつも父の思い出話をしてくれていた。僕達も父性に飢えていたから父の話を聞くのが楽しみだった。 
一方で母は父が亡くなった後から色んな男の人と付き合うようになっていた。僕達がその男の人達と鉢合うことはなかったけれど、外からそういうことを聞かされていたからある程度は知っていた。 

ある日を境に母は家に帰ってこなくなった。
続きを読む

612: 名無しさん@おーぷん 2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、旦那がタヒんじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。
その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
三時間たってようやく旦那のところに案内されて、管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いてわんわん泣いた。

そして改めて自分の服装を見たら、ノーブラでわりとスケスケなTシャツ、パンツ一丁で旦那の革靴履いて、たぶん病院の人が渡してくれたであろう入院患者用のスモックみたいな服をくしゃくしゃにして右手で持ってた。ほんとなんだこの格好。
そして旦那は笑いすぎてまた酸素濃度低下、そのまま入院になった。
そのあと夜中の3時に何でそんなもの食べてるのか、そして埃に気をつけてくださいと掃除の荒さもお医者さんに指摘されて更に恥。
当時共働きで2人とも深夜2時帰宅だったので夕食が3時だった。
夏で暑かったからパンツ一丁で寝てたんだけど、その日からちゃんとズボンを履くようになった。
今でもその病院には行けない。
続きを読む

134: 名無しさん@おーぷん 2015/09/09(水)12:16:42 ID:oas
今日届いたヤフオクの落札品
包装材の中になぜかキンクマハムスターがいた。
出品者に聞いたところ、行方不明で探していたそうだ。
生きててよかった!
生きててよかった……!
続きを読む

881: 名無しさん@おーぷん 2015/08/27(木)18:06:02 ID:VTq
重い話だけど。
元嫁に頼み込まれて再構築のために努力した期間が修羅場だった。

元嫁はいわゆるエネ夫の女バージョンで、こんな単語はあるか知らないけど、エネ嫁だったのよ。
自分の実家や友達を自慢しつつ、うちの両親や俺の出身やら学歴やら職業をバカにする。
しかも家でも人前でもだ。
俺が何を話しても、あんたの話は聞く価値なしとばかりに右から左へ聞き流すか、完全に否定する。
嫁の不機嫌で家の空気を悪くしてるのに、自分のイライラは俺のせいだと言う。
食事や洗濯なんかの家事は、出産で専業になったあたりから、徐々にやってくれなくなり、
俺のために朝起きたくない家事をやりたくないと、かなりなことを言うので、
だんだんやってもらうのが嫌になり、俺は毎日3食外食になった。
嫁は何でも強制的に自分の思い通りにしてるのに、俺への八つ当たり癖は治らなかった。

許せなくて何度も激怒した。冷静に話もした。
嫁は全く謝らないか、その場はごめんなさいと謝ってしばらくするとまた元に戻る。それの繰り返し。
子供のためにいい母親やってんだから、別にいいでしょって完全に開き直りをかましてた。
続きを読む

400: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)16:07:10 ID:yS5
彼女と別れて数日後、彼女の親から電話が来て「貴重な20代の時間を無駄にした責任は取るべきだ」とか、
「婚約したも同然の関係なのだから慰謝料払うべき」と意味不明な主張をしてきた
婚約なんかしてないし責任なんてないと思うのですがこれからどう対応しようか迷う
突っぱねるか無視するかあるいは謝るか…
どちらにしても相当面倒なことが待っているのが目に見えて憂鬱だ…
続きを読む

907: 本当にあった怖い名無し 2012/02/04(土) 19:06:38 ID:pLa/D9i+0
復讐というにはぬるい話な上、長文でゴメン。 

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。 
うちの家族構成は父・母・姉・俺。 
父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。 
稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。 

A家母は、うちの親父と知人&母の上司。 
A父は女房にまったく逆らえないヘタレ。 
そしてA母はモンペ気質で、Aはワガママほーだい甘やかされたガキ。 
A母とうちの親父の繋がりにより、うちはまるでA家の占有領土状態になっていた。 
Aが俺と同い年なのも運が悪かった。 
俺は生後すぐAの遊び相手として認定され、物心ついたときからAのしりぬぐいをさせられてきた。
続きを読む

943: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/07(木) 18:52:56.93 ID:e6RLhxyb
893系注意 

今年から同棲していたパチカスの彼氏が忽然と消えて、
サラ金?の取立て人が来るようになった 
電話と取立て人がほぼ毎日来るので
「次に来たら警察呼びます」と言ったら、
次には少し偉そうな青年がきた

その偉そうな人が、
私が小学校の時に住んでいた団地で有名な
放置子だったことが衝撃だった 

私が小6~中3、
放置少年が小2~小5のときに交流があって、 
コンビニのご飯や筆記用具を差し入れしたり
お風呂を親に無断で貸してたり
宿題を一緒にしたりしたんだけど、 

「ガキの頃はありがとうございました。
俺を助けてくれたのは893の名前?と○○さんだけでした」と
893風味の怖い男の人に
いきなり頭を下げられて心臓が止まるかと思った 

身近だった人がソッチの道に行ってしまったことと、 
私は大したことしてないのに「助けて」くれたのが
私ともう一人しかいないと言われたことが衝撃だった…
続きを読む

このページのトップヘ