きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

作家

163 :きまぐれ鬼女 2019/10/30(水) 18:00:17 ID:UEs
一時期、依存するほどに大好きだった彼氏(現:元彼)。
もう随分と昔の話ですが、最近好きな人ができたので厄落としに書き込み。
バレ防止のためにフェイク混ざってます。

当時の私は、仕事でメンタルをやられ長期のお休みをもらっていました。
元気になるためには自分の好きなことをするしかない!ということで、ゲームを中心にネットの友達と遊んでいました。
何のゲームかは伏せます。
そのゲームが楽しくて楽しくて、昼夜問わずプレイしており依存傾向にありました。

その中で何人か、毎日遊ぶ固定のメンバーができました。
リーダーシップが上手く賢いA(※当時の彼氏)と、お姉さん気質なB、一番私と気の合った元気系女子C、クールで少し人見知り男子なD。
全員のバランスが良いと思っていたけれど、Aが私に告白したことでそのバランスはどんどん崩れました。
というのは、BとCも恋愛感情ではないにせよ(もしかしたらあったのかもしれませんが)、Aに依存していたことが原因です。
そしてもっと問題だったのは、Aが嘘つきのクズであったということです。

Aは私アゲが顕著になり、BとCをよく貶しました。
怒鳴り声、または呆れたように「Bはバカだよ」「Cはわかってない」「その点、私子は違う。スマートで賢い」等々、本人たちに対して告げていました。
私はAが好きでしたが、BとCのことも好きだったのでそれがショックでした。
しかし、BもCも「次から直すから、嫌いにならないでくれ」と泣いて詫び、毎回Aの貶し会は終わります。
Dはそんな雰囲気が嫌になり、最後に「Aとは早く別れた方がいい」とだけ言って完全に連絡は途絶えました。
しかし、私もBとCと同じく、カリスマ性.があるAのことを嫌いになれず、ズルズルと関係は続きました。
Aはよく「私子には本当のことを話すよ」と言って自分の素性.を話しました。
自分は有名な作家であること、公演をよく開いていてファンがたくさんいること、フリーメイソンの会員であること、女にモテて困っていること……。
当時、恋は盲目状態だったので全て信じていました。
確かに自分にはもったいないくらいの美男子でしたし、英語も流暢で海外へよく出張も行っていました(と言っていた)。
ただ、とある一言が全て嘘なんだなと思うきっかけになりました。

「それってさ、"はじょう"してるよ」

一瞬何のことかわかりませんでした。
BもCも、何も言いません。
その後も続く"はじょう"の嵐。
文脈を繋ぎ合わせて、理解しました。

ああ……"破綻(はたん)"を読み間違えてるんだ、と。
作家がこんな言葉を読み間違うか?
しかも有名作家って言ってたよね?
公演もこなしているのに?
そもそも、私は休職しているけどそれにほぼ毎日付き合えるAって?
ていうか、フリーメイソンってさ(笑)
サーッと冷めていく音がしました。
ドヤ顔で"はじょう"を連発するA……プライドの高いAに、誰も突っ込むことはできません。
程なくしてそれとなく理由はつけて別れましたが、"はじょう"がきっかけだったとは言えなかった……。
続きを読む

803:名無しさん@おーぷん2015/08/05(水)22:57:09 ID:OM8
人がファンからアンチ、
最終的に狂人と化す様を見聞きしたのが衝撃的だった。

私と大学以来の友人Aは共に読書が趣味で、在学中から好きな小説について語り合ったり、
お勧めのものを貸し合ったりしていた。卒業後も月2回以上は会う仲だった。


あるとき、私たちはとある女性作家の作品と出会った。
その作家の作品は少々癖があり、好き嫌いが分かれるのだけど、私とAはどんどんはまっていった。
作中には複雑な事情を抱えた一癖も二癖もあるキャラクターが数多く登場するのだけれど
自身も家族関係で苦労してきたというAは
「この感覚が分かる人ってなかなかいないと思う。彼女は本物だ」と感動しきりだった。

お互いに社会人となって数年たったあるとき、地元でその作家のサイン会が行われることになった。
勿論喜び勇んで半狂乱で会場へと向かう私とA。

本や雑誌の対談等で写真で見ることはあっても生で彼女を見たことは一度もなかった。
続きを読む

このページのトップヘ