きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

住人

471 :きまぐれ鬼女 2016/12/24(土) 00:29:57 ID:1I/GVRZD.net
アパート住人が孤独タヒしていたこと
タヒ臭?がひどくて出かけたくない…(出かけるにはその部屋の前を通らなきゃならない)
以前その孤独タヒしてた人と軽いトラブルになり、仕事帰りとかその人の部屋の前を通るときに、しねばいいのに…と数回思いながら通っていたこと
続きを読む


514: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/12(火) 17:58:18 ID:???
いままで学校の授業でしかお裁縫をしたことなかった私。 
この度妊娠して赤ちゃんの小物を作りたいと一念発起。 
ハンクラが得意な義母と相談しながらミシンを買い、 
ネットで生地を購入し手際よくいかないまでも小物作成にいそしんでいた 
今日この頃、クレクレにタゲられた。 

きっかけはゴミの日。 
ミシンが入っていたダンボールを出来る限り小さく解体しゴミ袋にいれて 
ゴミ置き場に捨てにいったのだけど、そのときに会った同じマンションの住人に 
目ざとく見つけられた。(うちの地域のゴミ袋は透明) 
「手芸なさるんですか?すごいすごい私にも○○と××つくって!」 
みたいなマシンガントーク。 
顔は知ってるけど名前も知らない相手ですっかり面食らってしまったものの、 
「まだ始めたばかりで人様におつくりできるものはありません」 
と返すと、次は 
「じゃぁ自分でつくるからミシンかして!」 
(゚Д゚ )ハァ? 
「それコンピュータミシンでしょ!?高いやつでしょ!?それなら私にも使えそう!」 
ゴミ袋の中にあるダンボールに小さくだけどコンピュータミシンと印字があるのをを見た様子。 
この板を読みはじめて洋服やら小物のクレクレはみたけどミシンよこせは想定外。 
だんだんムカついてきて 
「これは自分で使うために買ったものです。人に貸すために買ったものじゃありません。 
高いやつと仰いましたけど、これがいくら位するものかお分かりになって貸せといっておられるのですか? 
お分かりになってるのであればずうずうしすぎます。 
大体、名前も知らない方にミシンをお貸しすることはできません。」 
と私なりに精一杯拒否。 
なんかもうファビョってたけどゴミを捨ててそのまま部屋の中に逃走。 

念のため仲のよい隣の奥様に根回ししておいたけどすごく鬱・・・
続きを読む

862: 可愛い奥様 2017/06/04(日) 09:03:14.11 0
住んでるアパートに、40代くらいの男が越して来た。 

その男はなんのきっかけか分からないけど、
突然怒りを爆発させて怒鳴り散らしたり、
建物が揺れるくらい暴れたりして、
部屋の中だけじゃなくて
アパートの前の道路とかでもやってたから、
直接関わりは無くてもとても怖い思いをしていた。 

管理人に苦情を言っても「言っときます」
だけで何も改善されないし、時々警察も来てたけど
「大声出しちゃダメだから」とか宥めるだけ。

仕事に行くときもそのおっさんと鉢合わせしないか
ビクビクしながら出掛けてた。気軽にコンビニも行けない生活。
昼夜を問わず、いつ怒鳴りいつ暴れるのか分からない毎日で、
あんまりお金もないし長年住んで慣れた場所だけど、
引っ越すしかないかな、と思い始めた頃だった。

代休でたまたま平日に家に居た時、
大きな音がしてまたか…とウンザリした気持ちになってたら、
いつもと様子が違う。

どうやら例の男が階段から落ちたらしく
「痛いよー」「ごめんなさいー」「誰かー」と叫んでるようだった。
救急車呼ばなきゃ、と思うと同時に、男と関わりたくない、
このまま居なくなれば…と思ってしまって、体が止まって動けなかった。
本当に、飲み物を持ったグラスをテーブルにも置かずフリーズしてるって感じ。

だんだん呻き声が小さくなって来たくらいで、
通りすがりの人が発見して救急車が呼ばれた。
その男は戻ってこなかった。

後日、警察がアパートの住人に事情を聞きに来たけど
「平日は仕事なので…」と言うとそれ以上は聞かれなかった。
警察に嘘をついたんだ、とゾワゾワした。

今まで、自分はどちらかというと
人助けとかをちゃんとする方だと思っていた。
必要そうな人には座席も譲るし、
目の前で転んだ見知らぬ酔っ払いのおじさんのために
救急車を呼んだこともあった。

でも今回、全く身動きできなかったことで
自分の中の黒い部分を自覚した。
翌日、出かける前にアパートの階段下を見たら
まだ血が残ってた。それを見ても、
戻って来なければいいな…としか思えず、
今まで自分が親切のつもりでやったことも
偽善だったんだな、と思った。
続きを読む

このページのトップヘ