きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

他界

149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/01(日) 23:43:10
まさかここに書き込むことになろうとは…。
嫁、タヒんじゃったよ(・∀・)。
49日終わったよ(・∀・)。
結婚して3年目(・∀・)。

…この顔(・∀・)付けないと、
もう自分が崩壊しそうなんだ。今も崩壊中。

嫁が職場で倒れた。電話を受けて俺が病院直行。
そしたら医者が
「力及ばず、申し訳ありません…ご臨終です」
タヒ因はくも膜下。
最近はタヒなないのが多いらしいんだけど、
嫁は運が悪かったらしい。

冷静に書いてる。自分のことじゃないみたいだ。
でも、遺影の嫁の笑顔が目に入るたび泣いている。
あとな、嫁の部屋を片付けてたんだ。
普段、うちは自分の部屋は自分でするんだけど
(家事は交代制)、そしたら、
「夫君へ」と書かれた封筒があった。

 中身、
「これ読んでるってことは、
私はこの世にいないということだよね。
元気ですか? ちゃんと食べて、きちんと眠ってますか?
それとも可愛い彼女見つけたかな?」

…彼女なんか見つけられねぇに決まってるじゃん。
お前が世界一なんだよ、俺にとって。

で、手紙の最後に
「パソコンの***って名前のフォルダ、開いてね」
って書いてあったから開いてみた。

多少下手でも(俺、料理下手orz)
栄養バランスがよくて簡単に作れるおいしい料理、
弁当のおかずにいい料理、俺の好物…
作り方、全部書いてあった。

ごめんな、嫁。俺、多分一生独身で行く。
お前は天国でいい男捕まえてくれ。
だけど、俺見かけた時には、
ちょっとだけでも笑顔見せてくれたら嬉しい。

今夜も嫁が残してくれた料理レシピで作った飯で晩飯。
ありがとう、嫁。
続きを読む

290:名無し@話し合い中2006/09/16(土) 11:11:01
俺は20歳から25歳まで付き合った彼女がど真ん中だった。
「そろそろ結婚するか?」そんな話になり
具体的な両家への挨拶の日取りとかも決めていた。


が、彼女は突然居なくなった。

彼女の両親は、俺の名前を知っており、線香をあげる事を喜んでくれた。
そして、3年目の花を手向けていた時に
彼女の母に
「あなたも若いのだから何時までも縛られては駄目、
あなたは幸せになりなさい。それがあの子の望みでもある筈」
彼女の父に
「もう此処には来なくても良い。忘れないで居てくれれば」
「正直、君が来る事で我々家族も苦しい」

それ以降、彼女の家には行けなくなった。
ただ、寺には行っていた。
その後、事情を知る会社の後輩の女の子が
続きを読む

29:名無しの心子知らず2013/11/21(木) 19:43:52.11 ID:Q5ASDlY7
先日、遠方に住む母を亡くした。
父が早タヒにしてから女手一つで育ててくれた母だったので、私には特別な存在だった。
癌で入院していたんだけど、突然急変して何時間も頑張ったけどそのまんま……。(ここまで前提)

小五の娘の携帯見たら、丁度母の命日頃に友達としたメールが残ってて目を疑った。

「(おばあちゃんのお葬式のせいで)宿泊学習行けなくてあーあ〜。
なんでこんな時にタヒんじゃうのって思った〜。
熊本(フェイク)行けたけど今回はお葬式だから遊べるわけないし……。
でもくまモン(フェイク)はゲットする☆」(要約)
ぞわっとしてメール全部チェックして未送信ボックスも覗いたら、
「好きなアイドルの出てたテレビ見てたらいきなり消されて
お母さんはすごい泣いたり怒ったりだし……。
(何時間も一進一退状態で私は半狂乱だった。
テレビの音も聞きたくないくらいだったので
娘を強制的にリビングから追い出した。録画もさせなかった)
もうタヒぬなら早くタヒんでって思った」(要約)
吐きそうになった。
ああ、この子自分のおばあちゃんより宿泊学習とかくまモン(フェイク)とかテレビなんだ……。
テレビ見たさにおばあちゃん早くタヒねとか思うんだ……って。

それから娘を家族として見れない。
娘も雰囲気を察して機嫌取りみたいな行動をしてきて、そこがまた嫌で溝が生まれる。
葬儀の時は年相応に泣いたりしょげたりしてたのに、裏でこんなこと考えてたなんて……と。
この気持ち、どうしたらいいんだろう。
もう娘と家族になれることはないのかな?
辛くてしょうがないけど、内容は内容だし、
娘の携帯は覗かないと表向きは約束してる(夫も携帯覗き断固拒否派)ので
リアルでは誰にも相談できない。
続きを読む

68:名無しさん@おーけーちゃんねる2014-04-25 15:12:29
何気ない一言のせいで、今ダンナと冷戦状態。
トメは良トメというほどでもなかったが、べつに嫌いではなかった。
そのトメが癌で倒れて一年。
続きを読む

このページのトップヘ