355: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)01:01:29 ID:XNeLc21BA
もう五年ほど前のことなので
記憶が曖昧、名称等不確かなんですが、
18歳の頃、自転車で走行中車にぶつかった時の話

10月頭の夜、歩道を走行していて、
目の前を脇道から出てきた車に突如塞がれぶつかった

警察を呼んでくれたので
至極まっとうな人なのかなと思ったら、
少ししてから私が当たり屋だと噂が広まった
車の持ち主の奥さんが流したらしいが、
こんなものは序の口だった

当たった当初は何故か体に違和感がなく、
警察の勧めで対物で処理してもらった
後日診断書があればいつでも対人に切り替える
と言われての判断だった

しかし翌日目を覚ましたら
起き上がることもできず、
左腕はいうことをきかなかった
母親に病院まで担ぎ込んで貰い
診断書も貰ったが、
警察は何故か対人に切り替えてはくれなかった

「事故当初に体はなんとも無いと言ってたでしょ」

「対人に切り替えたらあんたも相手の車の修理費
払わないといけないんだそ」

「事故当時元気だったのにどこで悪知恵つけたんだ」

これを警察署で言われ、
加えて担当刑事から電話でも追い打ちをかけられ、
対人への切り替えをしつこく拒否された

当時未成年だったこともあり、
未成年では切り替えができないとも言われた
母親は仕事と家事と私の看病のかたわら、
警察に掛け合うということまでしてくれていた
対人に切り替わらないと治療もできないので、
その間に体の不調がどんどん悪化していった
痛みで眠れない日も続いた

一週間以上粘っても切り替えの申請が通らず、
受験生なのに高校にも行けず、
警察もご近所も敵になるという状態に酷く疲弊した
母に頼みパソコンを布団の隣に持ってきてもらい、
藁にもすがる思いでmixiに接続、
そこのコミュニティで助けを求めた
本当に沢山の人に助言を貰い助けて貰った

最初、その町を管轄する警察署は
話が通じなかったので、
県警に話を通すように助言された
しかしそこでも話が行き詰まり、
監査室への相談を提案された
そこからは早かった

担当刑事から焦りの電話が鳴り止まなかった
最初は誤解だなんだと言い訳ばかりだったが、
その言葉もそのまま伝えたら
項垂れた警察官が直接謝罪にきた
結局切り替えまで一月程要した

その間
学校のほうも対応がとれず、
出席日数の問題で成績はギリギリで
推薦での大学予定が取り消された
センター試験までに座った状態を
数時間保てるまで体が回復せず、
大学もどこにも行けなかった

こちらに過失がない事故だったので
先生たちの温情から、
足りない出席日数をレポートで補い高校は卒業したが
予備校に行く余裕もなくそんな体力もないまま
一年ろくな生活ができずにリハビリで終わった
リハビリは二年間続けたが、そこで示談が成立した

症状固定で完治はせず、
酷かった左手に麻痺と神経痛が残った
また左足も大ケガしてたのだが気づかず、
治療出来ない間に
長時間の立っていることも困難になった

示談成立後は資格だけでも取ろうと
専門学校に通ったが、
二年間で衰えた体力と歩行難、
体調が悪くなると出てくる神経痛から、
あまり宜しくは無かった

その後職を探すも、
事故後の二年間の空白を疑われ
正社員の道は無く、
フリーターでもやはり空白の二年間を問われ
落とされる事が多かった

最近やっとパートながら事務仕事に有りつけて、
体に問題を抱えている私でも
親の脛に囓らす食い扶持を稼げるようになった

あたり屋だと罵られ
引っ越しまで余儀なくされた母親の負担をやっと軽くできる
同級生は続々結婚もし子供がうまれ、
中には負け組と囁く人もいたが、
やっと社会人としての一歩が踏み出せたことで
最大の修羅場から抜け出せたと思う

続きを読む