注目の人気記事

事故

249: 素敵な旦那様 04/10/01 05:59:12
女房に早く●んでもらいたいと思ってたら本当に事故に遭って●んだ。 
表立って口ケンカはしなかったがいつも不快を抱いていた。 
やることなすこと全て鬱陶しかった。 
こいつが●んだらもっと若い女房をもらって、とよく妄想した。 

葬式が片付いてからあいつが使ってた食器や 
趣味で集めてたガラス細工を片っ端から壊した。 
ざまあみろと思った。 
へそくりでもしてるかもしれないので 
机の鍵付き引き出しも壊して開けた。 
ノートが6冊あっただけだった。 
何年経っても子供ができないことや俺が浮気してるかもしれないことについて 
延々書かれていた。 
子供ができないのは俺のせいだし浮気もしてなかったのに馬鹿な女だと思った。 
一人で悩んで真相を知らず轢き●された馬鹿。 
一回読めば十分なので6冊全部破って捨てた。 

あれから何もする気がしない。 
続きを読む

99: 彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 03:15:48.89 ID:XB+EZU8s.net
いつも部屋ではスウェットの下はノーパンで過ごしてるんだけど
夜中にコンビニ行こうと思い立ったがわざわざパンツはくのめんどいから
そのまま出掛けたら車に轢かれた
なんかTシャツ破けてるし何よりスウェットが膝くらいまで落ちて
ケツ丸出しになってるところまで確認したところで意識とんだ
目が覚めたら救急車の中だったけど
もしパンツを履いていたら救急隊員さんの質問にもっとちゃんと受け答えできたはずなんです本当です履けばできる子なんです
続きを読む




577: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/09(日) 00:29:09.12.net
同級生の家に突然お邪魔したらカレーが出てきたんだけどこれがめちゃくちゃ美味くて、具材も豚バラとトロトロのジャガイモだけだったんだが最高に美味かった
レシピ聞いたら飴色玉葱に市販のルーだけだって言われてなんかもう色々ガッカリした
うちで出てくるカレーも市販のルーの筈なのに酸っぱいし苦いし具材も生煮えだし、なのにこの差
それを嫁にさりげなく言ったら感想が具材がそれしか入ってないとか貧乏臭いwだけだった、もうガッカリ 





 
続きを読む

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/12(土) 11:13:56.25 .net
俺の嫁との馴れ初めは、
夜間の道路警備やってた俺の前に
暴走族だったの嫁が豪快に
単車ごと滑って来た事のが最初。

あの時はタヒんだと思ったね実際。
続きを読む

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/06(金) 19:37:17.86 .net
相談させてください。俺52嫁50子供たちは自立
俺は中学生のときに事故で上半身が文字通り崩壊した。皮膚がただれたとかじゃなく、整形外科でもどうにもならないレベルで欠損している感じだと思ってほしい
そんなんだから当然、周りからは化け物扱い。でも成人する頃に嫁と出会い、外見に囚われず俺を好きでいてくれた嫁に心底救われ、勢いでプロポーズした
それから今に至るまでラブラブ夫婦で居続けた
お恥ずかしい話だが未だに遊園地デートはするし夜の営みもある
心底幸せだったんだが、先週の休みにそれが崩れてしまいそうな事態になった

嫁が俺の実家に行き、そこで俺の妹に捕まってお茶会をすることになったと連絡を受けた。妹は俺を毛嫌いしているんだが、嫁のことは大好き
たまたま実家に帰った時に大好きな義姉がいてハイになったんだろうと思う
しかし数時間経っても帰ってこないので流石に拘束しすぎだろうと思い嫁を迎えに行った
家に上がったら嫁と妹の会話が聞こえてきて、聞いてしまった
妹が「なんでアレと結婚したの?」と嫁に問いかけて、嫁は「だってあまりにも可哀想じゃない」と答えたんだ
同情から俺と結婚したのか、とそれから今に至るまで混乱しています
どうするべきなのでしょうか…
関係は壊したくない、でも今まで通りにするのも苦しいでわけがわかりません
続きを読む

538: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:17:44
1 名前: 恋する名無しさん 投稿日: 2005/06/03(金) 14:37:31
3年前俺は事故で完全に盲目になった
当時付き合っていた彼女は、普段は俺が大好きだとか愛してるとかそればかり言っていたくせに
俺が目が見えなくなってしまってから手のひらを返したようにいなくなった
結婚までしようと俺は考えていたので本当にショックだった。俺はその程度だったのかと
それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は俺から離れていなくなっていた
はじめは暗闇の中での生活に恐怖を感じていたので周りに気を向けるヒマもなかった
気づいたころには友人とも付き合いはなくなり、
元々仲がいいわけではなかった兄もしょうがなく面倒を見てるといった感じ
そもそもこの事故は前彼女を庇った時に巻き込まれて失明したので、いなくなった前彼女に怒りや憎しみを覚えることすらあった
今思えばその頃は怒りを向けることで一時的にでも自分のことから逃れられていたのでそれが楽だったのかもしれない
しかししばらく時がたつとそれすらも億劫になるようになり、毎日ボーっとするだけの日々をすごすようになった
何かをやろうとしても目が見えないのだから何もすることが出来ない
一人では何ひとつできることがないのある
何度も死んじゃおっか…とも思った
けれどそんな俺にも2人だけ頼れる友人がいた
中学時代からの本当の親友A(男)とB(女)
嫌なことも楽しかったことも色々あったが、目が見えない中そいつらとの楽しかった日々の思い出だけがいつまでも焼きついて離れない
続きを読む

355: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)01:01:29 ID:XNeLc21BA
もう五年ほど前のことなので
記憶が曖昧、名称等不確かなんですが、
18歳の頃、自転車で走行中車にぶつかった時の話

10月頭の夜、歩道を走行していて、
目の前を脇道から出てきた車に突如塞がれぶつかった

警察を呼んでくれたので
至極まっとうな人なのかなと思ったら、
少ししてから私が当たり屋だと噂が広まった
車の持ち主の奥さんが流したらしいが、
こんなものは序の口だった

当たった当初は何故か体に違和感がなく、
警察の勧めで対物で処理してもらった
後日診断書があればいつでも対人に切り替える
と言われての判断だった

しかし翌日目を覚ましたら
起き上がることもできず、
左腕はいうことをきかなかった
母親に病院まで担ぎ込んで貰い
診断書も貰ったが、
警察は何故か対人に切り替えてはくれなかった

「事故当初に体はなんとも無いと言ってたでしょ」

「対人に切り替えたらあんたも相手の車の修理費
払わないといけないんだそ」

「事故当時元気だったのにどこで悪知恵つけたんだ」

これを警察署で言われ、
加えて担当刑事から電話でも追い打ちをかけられ、
対人への切り替えをしつこく拒否された

当時未成年だったこともあり、
未成年では切り替えができないとも言われた
母親は仕事と家事と私の看病のかたわら、
警察に掛け合うということまでしてくれていた
対人に切り替わらないと治療もできないので、
その間に体の不調がどんどん悪化していった
痛みで眠れない日も続いた

一週間以上粘っても切り替えの申請が通らず、
受験生なのに高校にも行けず、
警察もご近所も敵になるという状態に酷く疲弊した
母に頼みパソコンを布団の隣に持ってきてもらい、
藁にもすがる思いでmixiに接続、
そこのコミュニティで助けを求めた
本当に沢山の人に助言を貰い助けて貰った

最初、その町を管轄する警察署は
話が通じなかったので、
県警に話を通すように助言された
しかしそこでも話が行き詰まり、
監査室への相談を提案された
そこからは早かった

担当刑事から焦りの電話が鳴り止まなかった
最初は誤解だなんだと言い訳ばかりだったが、
その言葉もそのまま伝えたら
項垂れた警察官が直接謝罪にきた
結局切り替えまで一月程要した

その間
学校のほうも対応がとれず、
出席日数の問題で成績はギリギリで
推薦での大学予定が取り消された
センター試験までに座った状態を
数時間保てるまで体が回復せず、
大学もどこにも行けなかった

こちらに過失がない事故だったので
先生たちの温情から、
足りない出席日数をレポートで補い高校は卒業したが
予備校に行く余裕もなくそんな体力もないまま
一年ろくな生活ができずにリハビリで終わった
リハビリは二年間続けたが、そこで示談が成立した

症状固定で完治はせず、
酷かった左手に麻痺と神経痛が残った
また左足も大ケガしてたのだが気づかず、
治療出来ない間に
長時間の立っていることも困難になった

示談成立後は資格だけでも取ろうと
専門学校に通ったが、
二年間で衰えた体力と歩行難、
体調が悪くなると出てくる神経痛から、
あまり宜しくは無かった

その後職を探すも、
事故後の二年間の空白を疑われ
正社員の道は無く、
フリーターでもやはり空白の二年間を問われ
落とされる事が多かった

最近やっとパートながら事務仕事に有りつけて、
体に問題を抱えている私でも
親の脛に囓らす食い扶持を稼げるようになった

あたり屋だと罵られ
引っ越しまで余儀なくされた母親の負担をやっと軽くできる
同級生は続々結婚もし子供がうまれ、
中には負け組と囁く人もいたが、
やっと社会人としての一歩が踏み出せたことで
最大の修羅場から抜け出せたと思う

続きを読む

404: 2014/07/06(日) 18:29:39.86 ID:ORuqo79Z
出来事としては短い上に争い事では無いのですが… 

横断歩道を渡ろうとしたら目の前の信号が赤になったので仕方なく止まって待ってたら急に鈍い音と共に 
「ぎゃわうあわわれああぁぁぁ」と言う凄まじい咆哮と言うか明らかに何か地球外の獣のような叫び声みたいなものを聞いて「えっ?」と思ったら俺の真向いから飛び出した歩行者が車に轢かれたまま引きずられたようで、駆け寄ったら顔が無かった。 

俺は大丈夫だったけど近くに居た女子中学生とか子供とかのパニクり具合が凄かったし吐いてる人も居たのが修羅場だったかな。 
あと、轢いた運転手の落ち込み具合が凄くて今すぐにでも●にそうな感じだった。 
続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/05(火) 09:19:52.843 ID:OLyvpDqs00505.net
『息子は帰ってこない』母親の手記 (M・K 51歳) 

平成10年8月20日、私の最愛の息子はバイクで転倒して人生を失いました。 
両手足切断、意識不明の状態でもう4年が経過しようとしています。 
今は悲しみに時間ばかりが過ぎて行っています。 

息子は大学1年生の入学直後、バイクの免許を取り、バイクを購入しました。 
大学最初の夏休み、ツーリングに行くという息子を私は送りだしました。 
その翌日、救急隊から突然連絡があり、私たち家族は病院へ駆けつけました。 
息子はバイク事故で全身を打ち、翌朝発見されたときには既に身体が蝕まれて 
しまっており、最悪の状況でした。 
その結果、息子は両手足を切断しなければいけなくなり、更に4年が経過した 
今も意識が戻っていません。あの日、息子を止めていれば、全てが変わったかも 
しれないという罪悪感から私は今でも生きている心地がしません。 

交通事故の悲惨さ、つらさを多くの方に伝えたいと思ってこの手記を書きました。 
大切な人が事故で悲惨な目に合う事が、どれ程つらいものなのか想像できますでしょうか。 
深く悲しい気持ちが永遠に続くのです。交通事故は本当に悲しいものです。 
誰にでも起こる可能性があるということを考え、忘れないでもらいたいです。 
あなたもつらい思いをしますし、残された家族にもつらいです。
続きを読む

このページのトップヘ