きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

両親

556 :きまぐれ鬼女 2015/05/16(土) 18:47:55 ID:Ax8
勝手に吐き出して逃げますよー。

自分が、ある日会社帰りのこと。
ちょこっとコンビニによったら、昔自分を䖈めてたAに出会った。
俺は気づいてたんだけど、Aと一緒に居た彼女っぽい人が気づいてちらちらと俺を見てる。
もしかしたら、彼女に俺のことを話してて彼女もDQNなのかも、と思い逃亡を図る。

でも、運悪くAに見つかる。
A「お前、??(俺の名前)じゃねーかw」
それから始まり、Aは俺の肩に痣ができるくらい強く叩いてくる。
叩きつつ昔の䖈めを話ししていると、彼女が急に涙目になりぷるぷると震え始めた。

すると、いきなり彼女が彼氏をグーパン。

彼女「私の弟になんてことしてくれたの!? 一目見たくて、毎日ここに来てたの知ってるじゃん!!」

その後、Aがアタフタする。
俺も頭の中が真っ白になる。

A「え、そんなこと無いだろ? こいつの両親はこいつが生まれる前に母親が原因で離婚したんだし」
彼女「どっちも片親な時点で察しなよ!! うちは、お父さんに育てられたの!!! お父さんが引き取りたいって言っても、お母さんが拒否したから駄目だったの!!」
俺「いや、そんな嘘でしょ?」
彼女「最低、アンタのせいで弟に信じてもらえなくなった!! もういい、結婚止める! 慰謝料払って!!」
A「え、ちょ、待てよ!」

俺は実際母子家庭で、母親から「お父さんはタヒんだ、一人息子だった」と言われて育ったから、家族なんて居ないんだけどw

結局その日は2人のキチを置いて俺は逃亡しました。
その翌朝、日曜日。
後日、母が真剣な顔をして話を切り出した。
母「ごめん、ずっと騙してたの。本当はお父さんは生きてるの」
俺「え? 嘘だろ?」
母「本当よ、今から会いに行くわよ」
俺「なんでそんな急に?」
母「貴方のお父さんから、貴方に離れた家族のことを話すことを条件に、毎月20万貰ってたの。アンタのせいで、全部パーになりそうなの、行ってきなさい」
俺「ちょ、本当なら、なんで約束破ってんだよ、母さん?」
母「アイツが寂しい思いをさせたから別な人のところに行ったのに、それで離婚なんて酷い真似をしたからね」
俺「ああ、うん。話を聞いた俺が悪かった」

実は、母は昔から自分の都合のいいように解釈をする癖があるんですよね。
謝ったことなんて一度もないし、自分の思い通りにいかないと毆る蹴るとかタバコの火を押し付けるとか普通だったしw
他の家庭とは違うちょっと攻撃的な母でした。
続きを読む

641 :きまぐれ鬼女 2014/02/18(火) 20:06:34 ID:sL+DbK3h
正直、修羅場が多過ぎて感覚麻痺してきたから適当に並べてみる

・実父からの身体的虐侍
(髪が生えている所だけ拳で毆る)
・物心付いた時から、実母とその母(祖母)の諍いの取り成しをし続ける
(嫁姑クラスに仲が悪い。本当の姑とは割と上手くやってた)
・小学校中学校といじめに遭う
(㬥カも振るわれたが、実父のより余程マシだから喜んで学校行ってた)
・実母に「あの人と別れてください」と土下座するも、「私にも実家が無いから」と断られる
(この頃はまだ、実母はマトモだと信じてた。自分の馬鹿さ加減に笑うしかない)
・10歳未満の頃から、通う大学まで決められてた
(受験前から卒業式に着る袴まで買ってあった。受かったからいいけど)
・大学一年の時、実父が「もう人の下で使われるのは嫌だ」とニートを志す
(そしてネトゲ三昧。授業料は免除で乗り切った)
・実母の「絶対全額(自分たちが)返すから」という言葉を信じて、毎月の奨学金を渡してしまう
(計240万。自分が必要な物は、バイト代で賄ってた)
・就職し、奨学金の返済書類を持って行ったら、実母「は?アンタが返すんじゃなかったん?」
(ついでに「私(実母)が一度でも毆られてたら、即離婚してた」発言というオマケ付き)
・友人宅で一晩泣き明かし、帰宅(既に別居してた)。出勤中に事故る。
(台風の日に徹夜して、フルスロットルで走ってからある意味当然)
・事の顛末を聞いた実父が、奨学金の返済を引き受けてくれる
(よく考えれば当然。ここで「再構築できるかも」と思ってしまったのは、我が人生最大の汚点)
・手術の日の夜、枕元で保険金の話をされる。
実母「しっ、聞こえたらどうするの!」
実父「どうせ、麻酔で朦朧としてるしわからんだろ」
・他県に移住し、自分なりの幸せを築き始めた矢先、遺伝病と診断される。
(常染色体劣忄生遺伝だから、両親は健康体。しかも特定疾患)

なんで生まれてきたんだろうな自分・・・。
「親の存在なんて忘れよう」と思ってきたのに、こんな形で思い知らされるとかねーわ・・・。
続きを読む

696 :きまぐれ鬼女 2009/04/21(火) 04:50:32 0
膝に軽い後遺症もち(仕事に支障はなし)の新人介護士です。両親が自分のトメ(父方祖母)にしたDQN返しを話します。
長いので分けますね。

代々医者の家系で「トメ父が生きてたらウトと結婚を反対されてたでしょうね」と実子の前で言い放ったトメ(現在80歳間近)。
自慢は実家の偉さ・大卒・専業主婦できっちり子育て。
8歳の頃ウトメ、良コウト一家と食事をし、その帰り際、良ウトの目を盗み母と一対一になったトメは(私)の障碍を(母)のせいと責める。
私はそこに居なかったが、それを母から聞いた父は良ウトに「(母)を父実家と絶縁させる」と報告、ウトも了承という形になっていたらしい。

その後は電話以外での接点がなく(母は出ない)過ごしたが、高1手前の春休みにトメが夫婦で都内に来るから(私)も一緒に食事を、と言ってきた。
「父が気まずいかも」と思い「椅子の席なら」と言ったらトメも了承したはずだった。
前日の夜にも父に「本当にいいのか」と聞かれたが私もエネmeでなくエネ孫気味で「久し振りだし爺ちゃんに会いたいし」と言った。
が店についてみれば通されたのはどっからみてお座敷(予約したのはトメ)、ウトは店員に「椅子の席にして」と言うが、私の「ひざを伸ばしてなら大丈夫」発言でその席になる。
トメは私の座り方を見て「行儀が悪い」と言うがウトと父、トメを睨みつけ私に食事を即す。微妙な空気が流れつつ鯉料理を食べる。空気はともかく料理は旨かった。
その後に帰り(父「正座くらいすればいいのに、やっぱり障碍者なんてみっともない。きっとお嫁にいけないね」実家は名古屋)の切符をウトが買うのを待っていた所、トメが耳の横で父に聞こえない程度の声でと言ってきた。
視界の端で普段ウト似のキョロンとした顔の父の顔が思いっきり強張るのをを見たような気がする。
直後戻ってきたウトは真剣な顔の父と話してから頷いてトメと帰っていった。
その時の私は何を言われたか本気で判らなかったのだが脳が理解するほど自分の感情がごちゃ混ぜになる、と同時に小1の時「うちの家系に障碍者が出ちゃったわ、恥ずかしい」と言われたのを思い出した。
私の記憶にはトメと一対一での会話で所々抜けている部分があったのだが、トメの発言で抜け落ちた部分を思い出した。
続きを読む

377 :きまぐれ鬼女 2015/01/18(日) 19:13:21 ID:pwF
書き込んでいいですか?
続きを読む

381 :きまぐれ鬼女 2014/04/18(金) 07:59:09 ID:LkUplyskS
朝っぱらからDQN返し投下w
三年前の話だけど

俺男 16歳、高二、何の取り柄もないブサメン
姉子 21歳、大学生、美人でメチャもてる
屑男 20歳、姉子の彼氏で姉子の大学のサークルの後輩、束縛糞野郎
A男、B男、C男 俺の友人たち、B男は格闘技経験有
従兄

我が家庭は機能不全家庭だった。俺男が小学低学年の頃父の浮氣が原因で離婚し、それから一年後に再婚。だがその男がDⅤ気質で俺達姉弟は理不尽に㬥カを振るわれた。そんな生活に耐えきれず、わずか三ヶ月で離婚。さらに俺男中一、姉子高二の時に母が病気で亡くなる。それからは母方の祖父母に引き取られ従兄弟と一緒にそこで育った。
小さい頃から様々なトラブルを経験している為か、俺男も姉子も心に傷が出来てしまい人付き合いが苦手だった。だが姉子は高校で友達に恵まれ徐々に対人関係が良くなっていった。俺男は相変わらず友達少なかったけどな!

姉子が大学生になった頃、付き合う事になったと男を連れてきた。それが屑男だ。
その彼は清楚で可憐な姉とは不釣り合いな、髪の毛はロン毛でボサボサで見るからに「こいつ、オタクか?」みたいな奴。はっきり言って第一印象は悪かった。なんでこんな奴と?と不思議だった。
けど、姉子は「屑男くんは優しいし頼りになる。サークルでもいつも頼りない先輩(姉子の事)の事を目をつぶってフォローしてくれるし、だから見た目だけで判断しちゃいけないって思ってる」と言っていたから、屑男の事を信頼してるんだろうなと思っていた。

しかし姉子が諸事情でサークルをやめた頃あたりからボロが出るようになり、姉子を屑男以外の男と接触させなくするため、俺男のメアド以外の男友達のメアドを削除させたり一人で外出する時は必ず1時間おきにメール&電話で姉子がどこにいるか、誰といるかを確認し他の男と一緒だと許さない。実際に一度昔の高校の友達(男友達もいた)とこっそり食事に行った時にそれがバレて後で平手を10発くらい張られたらしい。
自分の要求は絶対の癖に、姉子の要求は一切受け入れず。言うことを聞かなかったら㬥言㬥カに発展。それほどひどいなら警察を呼べばいいじゃないかと思うかもしれないが、昔からの経験もあり㬥カを振るわれたらただ怯えているしか出来なくなっていたようだ。姉子は屑男の暴挙にビクビク怯えながら生活させられる毎日を強いられていた。
そんな日々についに我慢出来なくなった姉子は屑男に別れ話を切り出した。何故だと聞かれ「貴方は私に権利を与えてくれない。貴方といても束縛ばかり…」と正直に全てを告げたそうだ。すると屑男逆ギレ。姉子の髪の毛を掴んで引きずり回し腹に数発蹴りを入れながら「てめぇ誰に口聞いてんだよ!!お前は俺の言うことさえ聞いてりゃいいんだよ!!」と怒鳴る。姉子屑男の腹蹴りがモロに入りうずくまる。その隙に姉子の背中を目掛けてかかと落としをしたそうで姉子嘔吐。姉子が泣き出すと「何泣いてんだよ!」とビンタし胸を強く握った。

その後タヒに物狂いで屑男から逃げ出しやっとの思いで実家へ。夜中だったんで、こんな時間に誰だろうと寝ぼけまなこで玄関に向かって行ったらまさかの姉子、しかも顔は腫れ上がっていて服は伸び切っていて俺男愕然。
とにかく泣きじゃくる姉子を中に入れて事情を聞いた。起き抜けの頭だったが一気に眠気が覚めると同時に屑男に杀殳意すら覚えた。とりあえず姉子は実家で療養させ、俺は自分の数少ない友達を連れて復讐を企てることにした。
続きを読む

604 :きまぐれ鬼女 2012/08/11(土) 23:22:45 0
両親が勝手に中学受験の為に小学校三年から塾に通わされた。
苦痛で仕方なかったけど通わないと夕飯は無いし、家での監視もひどいので通わざるを得なかった。
だけどそんなやる気のない状態じゃ当然受かるはずもない。
両親が指定した中学校を四校受けてすべて不合格だった。
それが切っ掛けで両親ともにうつ病?精神病になった。
自分たちの子供がこんなに頭が悪いなんて…と毎日言われた。
父はまだマシで仕事にも行けたけど母が酷かった。
朝から夕方まで寝倒したと思ったらむくっと起きてきてご飯を食べるとまた寝る。
起きてるかと思えば
「一緒にタヒのう」「お母さんの育て方が悪かったんだよね」「生きてる意味ないね」
と首を絞められたり、包丁を持ったかと思えば壁に突き刺してへらへら笑っていたり。
笑顔で過ごしていると思ったら急に怒り出したり発狂したり。
そんな母が父と喧嘩すると大変だった。
全ては自分の不合格のことで喧嘩していた。
一番ひどい喧嘩は父が母に向かってバーナーでやけどを負わせたこと。
でも負けじと母は父に向かって包丁を投げつけた。
自分は泣くことしかできなかった。
二人とも警察に連れていかれた後、両親共に精神病院に入院した。
自分は祖父母に引き取られて数年。
未だに両親は入院したまま。
自分の血に両親の血が流れているかと思うと本当に怖い。
続きを読む

24 :きまぐれ鬼女 2010/03/07(日) 10:43:32 0
流れ豚切りで。
トメは積極的にいびる訳でないけど、そこはかとなく気分の悪い事を「悪気は無い」「記憶に無い」を免罪符にやり続けてきてくれた。
私自身にしてくるだけなら「ばかがほざけ」でスルーしておけるんだが、実家の親に「将来は嫁ちゃんに面倒見てもらう」や「お父さん(うちの父)も早く孫の顔が見たいでしょう」等の発言は許せなかった。

うちの親が娘の為って黙ってるのを良い事に増長しすぎだ。

半年近く前に安定期に入ったので妊娠報告に行った時に「金は出さん」と言われたのでさすがに夫と2人で堪忍袋の緒が切れた。
今まで無心された事はあってもこちらからして欲しいと言った事は一切無い。
まずは出産なので取り敢えず放置。
新年に息子が産まれたのだが、いけしゃあしゃあとウトメ祝いを持って見にきた。
挙句息子に「将来お母さんに色々したりや」とのお言葉を吐かれた。
思わず「子供にはすることはあってもしてもらう事は無い。介護要員作った訳ではない」を溶けたオブラートに包んで言った。
でもってお金を出したく無い人から受けとる義理はないので全額丸々返却させて頂きます。
孫と将来面倒見てくれる長男の絶縁宣言をオプションにつけて。
生保でつましく生きるがよい。

嫌いな相手とはいえお祝いを丸々返却するのはドキュかなとこちらに投下。
続きを読む

1 :きまぐれ鬼女 2019/03/17(日) 08:19:06 ID:401tkLJOM.net
彼女鬱病になってニートになったンゴ
向こうの親が訴えるとか言ってるンゴ
続きを読む

142 :きまぐれ鬼女 2015/02/07(土) 14:54:05 ID:z5w
長文嫌いはスルーして下さい。

父、母、弟の4人家族だけど、実は私だけ血の繋がりがない。
子宝に恵まれなかった両親が子供を諦めて施設から私を引き取ってくれた。
当時の記憶は全くないが、私が2歳の時らしい。
ところがその2年後に弟が生まれた。
母の浮氣とかそんなんじゃないよ。念のためね。
ストレスから解放されて妊娠しやすくなったとか、そういうことなんだろうな。
よく分かんないけど。

小5の時、たまたま母と叔母が話をしてるのを聞いてしまい
自分が養女だってことを知った。
私が友達ともう遊びに出掛けたと思い込んでたらしい。
その流れで「(母)こんな事なら養子を貰うなんて考えなきゃ良かった」
「(叔母)でも私ちゃんのおかげで授かれたのかも知れないよ」
「(母)そうなんだろうけど、やっぱり早まったって思っちゃう」
なんてことも聞こえてきて、目の前が真っ暗になった。
実はそれまでにも父も母も私より弟の方が可愛いんだなって思うことはあった。
でも小さい方に手を掛けるのは当たり前なんだろうと思うことにしていた。
そういうことだったのかと思うと悲しくて悲しくて
近所にある鉄橋の下で思いっきり泣いたの覚えてる。
その後私にとって一番怖かったのは、父と母が本気で私に飽きて
放り出されることだった。
それ以来、母の手伝いをこれでもかってぐらいした。
母はそれを喜んでくれた。
父の方は、仕事から帰ってくると肩叩きをしようとしたら断わられて
「疲れてるんだから寄ってくるな」みたいに言われて
以来なるべく近づかないようにしてた。
弟は可愛かった。
何も知らずに懐いてくれるのが嬉しかった。
そんな感じで表面上はそれまで通りの家族として過ごした。
続きを読む

210 :きまぐれ鬼女 2013/02/11(月) 12:15:02 0
私の修羅場、両親の離婚原因が私
父親は自分にも母にもまったく似てないから母の浮氣相手の子じゃないかと疑い
母は私を産んだせいで父のような貧乏リーマンとデキ婚するハメになった、もう父とは一緒にはやっていけないと逆ギレ
間で双方から責められ涙目の自分は当時中学卒業目前、ここが一番の修羅場だった

母方の祖父がこの流れにブチギレ、両親には離婚させ母は二度と帰ってくるな私は祖父宅で引き取って責任をもって大学まで行かせると宣言
これに父方の祖母(祖父はすでにタヒ去)が反発、うちの跡取り孫だから面倒もうちで見る、父には一切口を挟ませないから安心して母を何処かに叩きだせと逆に宣言
ここら辺で今度は私が静かにキレた

中卒でも雇ってくれる住み込みの仕事を見付け、両親に離婚でも不イ侖でも好きにしろ、私は消えてやるから最後にこの会社に入社するための身元保証人になれ
以後は迷惑をかけない、と言うか二度と連絡はしないので息子なんていないものだと思えと言って、入社申請の書類を突きつけた
そこそこ成績は良かったので学校側から思いとどまらせて進学させてくれとかも言われてたが断固拒否
両親にしても父にとってはまさかの跡取り(予定)の造反、母にとっても養育費のダシに自分から出て行くと言われた事態
そしてさっさと荷物をまとめ、戸籍も抜いておけと言い捨てて就職
ガテン系のよくも悪くも大雑把な人達に楺まれて、どうにか当たり前に近い人になれたんじゃないかと自画自賛

今となっては両親の離婚問題で責められた程度で何泣いてたんだろうと笑いとばせるようになりました
最近還暦過ぎた元両親からそれぞれ同居して介護してくれと申し出があったんで、どちら様でしたっけ?とガチャ切りした記念にカキコ
乱文失礼しました
続きを読む

このページのトップヘ

逆アクセスランキング