きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

レス


420: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/15(日) 00:31:11
今日というか、もう日付も変わったので昨日なんだが
ホワイトデーのプレゼントを義理で嫁にあげた後に
何故だか3年ぶりに誘われたが断った。

この3年間に断られ続けているうちに
抱きたくても抱かせてくれない嫁から
抱けないし抱きたいとも思えない嫁に変わったみたいだ。

嫁にその旨を話してたら
口調は淡々と話してるつもりだったんだけど
頭の中はヒートアップしてたんだろうな
できるだけ早い内に離婚したほうがお互いのためだと
謝る嫁を一生懸命に説得してしてしまった。

さてどうなることやら。
続きを読む


399: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/09/13(木) 15:57:40.48 ID:jOiQ3Sxpp
拒否られ続けて「外でしてくるぞ」って言ったら「自分の事しか考えてない!」って怒鳴られたわ。
どうしたらいいんかな。
続きを読む


344: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)09:27:45 ID:mSa
なんか自分でもびっくりなんだけど、離婚しました。
こんなに簡単に別れるとは想像もしなかった。
結婚して最初の1年以降は旦那が動画とかでしか反応しなくなってしまった。

原因が将来に対する不安で、子供を育てる自信がないという気持ちから
生身の人間では無理らしい。(精神科の先生がそう言ってた。)
正直私も1人なら何とか大学まで入れれるけど、まあ贅沢はできないなって認識だったんで旦那の不安が理解できないわけじゃなかったし、レスでも気にしなかった。
一緒にいるだけでも幸せと思えたってのもあったしね。

でも、この間のお盆に旦那の祖父の7回忌があって旦那の実家に行ったんだけど、
その時旦那の親せきが私に子供ができないなら身を引いてやることも嫁の勤めなんだぞって言われた。
旦那もそれを聞いてたのに「まあまあ、俺は2人で幸せなんですから。」って言った。
それ聞いた瞬間なんかさーっと熱が引くみたいに旦那への気持ちが無くなって、
逆に我慢できないって方にメーターが振り切れたみたいになった。

なんかうまく説明できないけど、この人これで私をかばってるつもりなのかな?とか
やることやれないのはこの人なんだけど、とかもう色々一気に頭の中がいっぱいになって
そっからはもう頭の中が「離婚」「離婚」でいっぱいになってしまった。

すぐに旦那に離婚を申し入れた。旦那は何が悪いのか全然理解できないみたいで、
いやだといわれたけど、旦那が生身の人間とはできないんだってことを
義理両親にもきちんと説明しに行くって私が言ったら
それだけは嫌だってことで届けにハンコとサインをくれた。
財産分与も、慰謝料って形で出さないってことで、
100万旦那がとって残りは私がとった。

大体1000万に足らないってくらいはあったからほとんど私がもらった。
最近ようやく引越しの整理もついて時間ができたせいか、
離婚した時のことなんかをよく考えるんだけど、
今でもなんで急に旦那と旦那との生活が嫌になったんだかよくわからない。

今の私の状態なら離婚してなかったかもなとかいろいろ考える。
なんかに取りつかれたみたいにあの時は「離婚」「離婚」てなってたな。
かといってもう1度やり直したいかって聞かれるとそれはないなとも思う。
「離婚」て勢いが大事なんだな、きっと。
続きを読む


234: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/05/01(火) 15:19:40.85 ID:4pknh7Ds0
単身赴任の旦那から「GWは友達と旅行に行くから帰れない」とLINEが来た。
こちらは子供も小さくて毎日バタバタなのにやってられんわ。
続きを読む


173:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/02(木) 09:49:33.21 ID:z9oOKVbo.net
旦那以外の人には絶対に言えないが、子供がいないのは、できなかったのでは無く
結婚2年でレスになったから(27で結婚)
私は30過ぎたらしないってぼんやり決めていた

30過ぎのなんて、若くもない女が気持悪いって思っていたから
今は40過ぎて子供を産む人もいる位だから、みなさんお盛んなんだと思うけど
自分の中の美学(?)では無理
旦那が付き合ってる最中から欲の薄い人だったから、実現できた事だ
もちろん他の男とする気もない
でも今でも旦那とは仲良くしてる結婚10年以上過ぎた

子供も好きじゃないので、子供の為にするのもなかったし
旦那も子供は欲しくない人だったので利害が一致した
続きを読む


880: 名無しさんといつまでも一緒 2007/01/15(月) 15:05:17 0
ばれたと言うより 
ばらした 

もうどうでもいいわ 
子供生まれて早5年 
同時にレス 
散々努力し色んなサイトを研究し、嫁に振り向いてもらおうとした5年 
先月仕事納めの2次会で同僚の女性社員に愚痴ってしまった 
彼女も彼氏とレスでクリスマス前に別れたんだって 
2人でそんなこといってる間にやっちゃった

彼女に迷惑掛かるからこのまま何もなかったことにしようとしたけど 
彼女が自分はいいから本気で奥さんと話したほうがいいと言われて年始散々話した 
でももう無理そもそももう嫁に愛情が沸かん 
だから行きずりの女と一回寝たと告白(似たようなもんだけど) 
先週から実家に帰りやがった 
彼女は庇いとおすあれから会社以外ではメールも電話もしてないし、一回だけだからばれんかもしれない 

慰謝料でも何でもこいや!
続きを読む


775
: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)11:06:41 ID:B87
質問大丈夫ですか

嫁と2年以上レスなんだけど、2年の間それなりに誘われてたのを断り続けたら
ここしばらくは求めてもこなくなって寝室を分けられました
個人的には同じ布団で体を触りあう程度の触れ合いはほしいんだけど
嫁にはそれはつらいからやめてくれと拒否されてます

俺はもう40代半ばなので男性として満足に機能しないんだけど
嫁は15歳年下でまだ30代になったばかりです
それなりに性慾はある女性だと思ってるんだけど、これはもう嫁の性慾が
なくなったのか、それとも外で発散してるのかどちらだと思いますか?

子供はお互いに問題があって、結婚当初から作らないつもりでいたので
出産後に夫を男として見れなくなったということではないと思います
続きを読む


608: 名無しさん@HOME 2013/10/15(火) 02:31:36.94 0
土曜、息子の部屋でいかがわしい本を見つけたので叱ったら、パパの部屋にあったと言い訳され 
夫を問い詰めたら物凄い勢いで怒鳴り散らされた。 
頭を冷やしてもらうついでに夕食の買い物に出て、帰ったら二人ともいなかった。 
今後は(同じ町内にある)義実家で暮らす、離婚の覚悟をしておけとメールが来て 
いくら電話してもとってもらえないし、メールを送っても返事がない。 
義実家にも行ったけど、姑が家に入れてくれない。 
眠れない。 
こんなこと、結婚して初めてだよ。
続きを読む


578:名無しさん@HOME2008/04/15(火) 14:28:53
一人目出産後セ○クスレスの我が家。
夫が仕事や体調を理由に拒否し続けてきた。
そんな中、子供が4歳になったお祝いにウトメが我が家にやって来た。
孫への祝いの言葉もそこそこに、「はやく兄弟を作ってやらないとかわいそう」
「年が離れると兄弟同士の楽しみ方を味わえなくなる」など私に集中攻撃をしてきた。 

その後、高齢出産の話や義実家近所年の離れた兄弟の話などで3人が盛り上がり始め 
夫も同調しだし「そうだな。なぁ?そろそろ作らないとお前の年齢もヤバイしな」とニヤニヤ話し出した。 

それを聞いてキレタ 
私「親に孫の催促されて、やっとセーックス開始するのぉほっ〜?!」(妙なテンションで大きめの声) 
夫「ちょ、そんな話」 
怯んだウトメ「あの、いや、そんな具体的な話は・・・。子供の前で。」 
私「え?でもセ○クスしろって話ですよね?しなきゃ子供はできないですよね? 
夫君たちもウトメさんたちがセ○クスして作ったんですよね?あーっ、もしかして人工授精だったんですか?」 
ウトメ「ちっちがうよ。ちがうわよ」 
私「そうですよね。4回も人工受精って大変ですもんね。やっぱりセ○クスが一番楽ですよね!  
でも今までご無沙汰だったのに、親に言われてセ○クス再開するってビックリだわ!」 
夫「もうやめろよ・・」 
私「やめるの?何をやめるの?セ○クス開始するのを?」 
3人「ゴニョゴニョ・・・」 

その後夫がウトメに散歩をしようと言い出し、そそくさと3人で出かけてしまい 
ウトメはそのまま帰ってはこなかった。 
夫は帰ってきた後も孫催促の話には触れず、 
「今日は久しぶりにじいちゃんたちに会えてよかったね。○はみんなの宝物だよ」 
と子供にベッタリくっついて離れようとしなかった。 
一人になったら私に何かされると思ったのだろうな。 
とりあえずレス期間は更新中です。 
続きを読む


395: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/01(火) 16:33:28.81
妻がこどもを欲しがらない。もう一年以上レスだ。
当方の仕事が不安定(自営)なのと手取りが少ないからだと。
もう42歳だしそろそろ焦っているんだが・・・

妻だってもう26だしそんな余裕はないんじゃないか
続きを読む

このページのトップヘ