313: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/13(月) 15:55:14 ID:gXGjjclb
小学校時代の友達がDQNにいじめられていると聞き、仕返し(?)を手伝った。
DQNは親が地元の名士の医者で小遣いは月5万くらい。
金で子飼いを侍らせ、周りを次々標的にする。強いヤツにボコらせるとか、
大事なものを財布・携帯と川に捨てて笑い者にするとか。
ちょっとヤバそうで、厨房の俺にはどうしていいかわからなかった。

一月も経たぬうちに、友達に万引き指令が下ったと聞き、
DQNたちの溜まり場の福祉センターにビデオカメラを持って待機、
一部始終を撮った。誰がどの店狙うかみたいな打ち合わせだった。メチャメチャ怖かった。
友達にはちっこいレコーダーを持たせ、録音させた。次の日、ビデオテープと合わせて
警察に持ってった。仕返しが怖いので、自分達の事は誰にも言わないようお願いした。
当然友達はやらなかったが、子飼いのうちにはやったヤツもいて、
警察に氏名を教えたら何人か補導された。友達の中学では大事件だったらしい。
DQNは、刑事罰を受けたかはわからないが、私立の中学は退学になった。
高校はどこの私立も入れてもらえず、料理かなんかの専門学校行ったそう。
今となっては人生を変えてしまったようで悪かったと思う。

ちなみにその話は母親から聞いた。こんなふうだった。
「○○先生の所の男の子、病気で高校行けなくなっちゃったんだって。
 お医者さん目指してたのに可哀相…あんたは病気にならないだけがとりえ(云々)」
いや母ちゃん、俺がその病気そのものなんだが。
続きを読む