きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ラーメン屋

9 :きまぐれ鬼女 2018/11/18(日) 14:40:30 ID:zHi
移転して新規OPENのラーメン屋に行ったら混んでいないのに待っても待っても案内されず客もどんどん並んできた。
俺らは3番目くらいでゲームしながら待ってたんだが、座ってる客はもう食べてるのに何の案内もない。
不思議に思って様子を伺ったら、店長らしきおっさんがバイトの女の子に怒ってる。

ちゃんとお客さんに声かけてる!?(怒)
皿洗いこの前教えただろ(怒)
出来ないならできないで言ってくれないと(怒)

これだけ聞けばバイトの女の子が悪いように聞こえるかもしれんけど、この店のキャパは店入って左側にカウンターで6~7人、その後ろに小上がりテーブル席1つ、右側に座敷席で4テーブル

見る限り、店長は作るだけで一切出てこない。
注文は食券だが案内、片付け、皿洗い、ラーメン運ぶのは最近入ったであろうそのバイトの子1人。

控えめに考えてもその子1人で捌くのなんて無理。
店長はちらっと並んでる俺らを見て奥にひっこんで女の子にネチネチ怒る。それ全部俺らに聞こえてる。

何度も言うが並んでるやつ以外は全員もう食ってるんだからその店長はもう何にもやってねーんだ。
たぶん俺だけじゃなく客みんなが、お前もやれやと思ったはずだ。
いらっしゃいませやありがとうございましたを言うのもその女の子だけ。
店長はガチで何やってんだと。
理不尽すぎて俺だったらその場でやめるくらい酷かった。

結局食べ終わるまでかかった時間は1時間。
どう考えてもこのキャパにあった店員の数を解っていない店長が悪い。
店長とその子の2人ってガチでアホかと。
1人急きょ休んだとかなら店長手伝えやと。
ラーメンはうまいのにもったいねーわ
続きを読む

25 :きまぐれ鬼女 2016/06/16(木) 14:40:10 ID:uwD
プチ仕返しというかそんな感じのことをした。
文才がないので読みづらかったらゴメン。

俺、某地方都市でラーメン屋をやってる。
ラーメン屋といっても野菜炒めや唐揚げなどのちょっとした料理も出して生ビールも置いてある。
メインの客は大学生と仕事帰りのサラリーマン。

その日は店のラー油が古くなったので小瓶に自家製ラー油を入れなおしてカウンター置いておき、そのままテーブルに戻すのを忘れていた。

暫くして大学生のグループが4人で来店しめいめいに生ビールと餃子を注文した。
餃子が焼き上がりテーブルに持って行った。
すると彼らの1人に「すみません!ラー油ください!」と呼ばれた。
あ、戻すの忘れてた、と思いながらラー油をテーブルに持って行った。
餃子を食べながらビールを飲む光景。毎日見慣れた光景。
すると4人のうちの1人が、
「罰ゲームしようぜ」といって自分の突き出しの皿にラー油を全部注いで、「ジャンケンで負けた奴、これ一気食いな!」
とか言い出した。
他の奴らは「やだよ、ふざけんなよ」とか言って実際にはやらなかったが、ラー油は見事に無駄になった。

まあ、お客さんの中には店の調味料はタダだから使い放題だと思ってる人もある程度いるのは分かるが、全部無駄にされたのは初めてだった。

罰ゲームやるやらないの下りでテンションが下がったのか、奴らは帰り支度を始めた。
4人がレジに来た時に伝票を他のお客さんに聞こえるように読み上げた。
「ありがとうございます。餃子4枚、ビール8杯、ラー油一瓶、合計7,300円です!」
キョトンとする4人。
「あれ、あってますよね。餃子4枚、ビール8杯、無駄にしたラー油一瓶」とテーブルの上を指差し確認する俺。
他の客も「え?」って顔で振り返る。
再度「7,300円です」と言ったら再度固まる。
長ーい時間に感じたが10秒位だと思う。その中の1人が「お前が無駄にしたんだから責任取れよ」言い出した。
主犯が「ラー油、いくらですか?」と聞いてきたので、餃子持ち帰りコーナーに貼ってある『自家製ラー油、500円』の札を指差した。

ゴネられるかと思ったがちゃんと払ってくれた。
ちょっとした仕返し。
続きを読む


949: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:34:08.75 ID:yAYav11D.net
週イチでバイト先のラーメン屋に来る、清楚な子に惚れてたが、


昨日扱ったから?昼間薄着で、上着脱いだらタトゥーだらけで冷めた 
黒髪ロングで、でもラーメン食べるときは結ぶし、その仕草がすごい可愛かったのに、
食べてて暑くなったのか、ジャケット脱いだらシースルーのシャツから和彫りのモンモンが透けててマジでショック
893の女かよってくらい
あーマジやる気なくした

続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/03(土)00:21:54 ID:RPc
これ麺しか出てこないんだな…
スープ飲み干してたからすげえ食べるの苦痛だった
続きを読む


669: 1/2 2018/03/18(日)17:51:26 ID:Gwt
旦那のお気に入りのラーメン屋がある。チェーン店ではなく、個人がやっている店。
濃いとんこつ味でクセはあるんだけどすごく美味しい。テレビに出るような有名なお店じゃないけど、地元の固定客がをがっちり掴んでいるようなそんな店。

で、先週主人とそのラーメン屋に一緒にいったときのこと。私達夫婦がカウンターに座ったとき、大学生らしきカップルが入ってきた。
男の子は背が高くて爽やかな感じでかっこよく、女の子もお洒落で細身で可愛らしいという、美男美女のカップルだった。
男の子のほうは常連らしく、慣れた様子で私達の隣に座り、
「○○はあんまりラーメンとか食べないかもしれないけど、ここのは凄く美味しいから食べさせたかった。
今日はご馳走するから好きなもの頼んで」
って言ってて、女の子のほうは嫌がる様子なんか全くなく、ニコニコしながら、
「え、ラーメン好きだよ!ご馳走してくれるなんて嬉しいな。何頼もうかな」
って返してて、それがすごくほのぼのしてて凄く雰囲気が良かった。店員さんも笑顔になってた。

雰囲気が一変したのは、店員さんが注文を取りに言ったとき。
男の子は普通にチャーシュー麺を頼んだんだけど、続けて女の子が注文したのが「プレミアム全部のせ大盛りチャーシュー麺(2000円)」だった。
これ、メニュー名見ればわかる通り、すっごく量が多い。壁に写真だってわかりやすく貼ってある。
とてもこの細い女の子が食べきれるとは思えない。だから、店員さんも男の子もびっくりして、
「凄く量多いよ?!絶対食べきれないだろ?」
「女忄生には厳しい量だと思いますよ?」
って言ったんだけど、女の子は、
「これが一番美味しそう。これが食べたい。私はラーメン好きだから食べられる」
って繰返してた。
店員さんはわざわざこのぐらいの大きさですよ、ってどんぶり持ってくるし、
男の子が、ここは味が濃いから、一回普通の食べてみようよ、それで気に入ったら次回はそれをご馳走する、って言ったりしたんだけど、女の子は一歩も退かず、
「△△くん何でも好きなもの頼んでいいって言ったのに、一番高い奴だから駄目っていうの?」
ってぶんむくれ始めた。
男の子もそこで諦めて、「わかった…じゃあそれで」って注文し、現物が運ばれてきた。
女の子はでっかいどんぶりの前でパシャパシャ写真取った後、
「おいしそー!いただきまーす!」
と笑顔で食べ始めたんだけど、案の定、ほんのちょっと箸をつけただけで
「おなかいっぱーい!ごちそうさま!」
ってどんぶりを押し戻した。
その瞬間、男の子が財布を出して5000円札をカウンターに置き、店員さんに向かって
「今日は帰ります。僕も彼女も全部食べられなくてすみません。お釣りはいりません」
って言って、店を出て行ってしまった。それが凄くあっという間で、彼女も店員さんもポカーン。
少しの間の後、我に返った彼女が何か叫びながら追いかけていき、店員さんも慌ててお釣り持って追いかけていった。
一連の流れを思わず見届けてしまった私達夫婦は、ラーメンを啜りつつ、「あの二人は別れちゃうんだろうね」って話してた。
続きを読む


617: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/02(月) 22:12:09.57 ID:wYVjNQsP
つきあって半年ほどたったある日(しかも前日も会っていた)、 
彼から長文のメールが送られてきた。 

要約すると

・男を立てない態度が気に入らない。つきあいはじめてすぐのとき、
(彼の友人数人に紹介するため)食事に行ったが、料理をとりわけもせず
気がきかなさすぎて恥をかいた。今でも思い出すだに腹立たしい。
(日高屋で一人一杯ずつラーメンを食べていたのに何をとりわけろと?)

・2週間前、友人のTに俺を介さず連絡をしたのが許せない。
Tから聞いてはじめて知った。なぜ恥をかかせるのか。
(Tは偶然、仕事の取引先にいる人間で旧知。連絡も仕事の件。)

これら2つの件は今でも忘れられないほど怒りを覚えるが
この次に似たようなことがあったら即刻別れるから覚悟しておくように。
また、これだけのことをしたのだからお前から別れを切り出すことは許さない。
別れのタイミングは俺が判断する。


という内容だった。
なんで前日にも会っていたのに言わないのか、
しかも半年前とか2週間前とか、なぜすぐその場で指摘できずにためてるのか…
器の小ささに冷めながら携帯を解約し「これが3度目の恥です、さようなら」と
相手の勤め先の住所あてに手紙と部屋の鍵を送りつけた。
その後私の借りていた部屋を待ち伏せとかしていたようだが(私は親戚宅へ避難)
奴も勤め先までくる度胸もなく、なんとか逃げ切った。

前日までそんな態度まったく見せなかったのに、一体なんだったんだろう。
付き合ってるときは、優しい人だったのに…
続きを読む


348:名無しさん@おーぷん2016/01/25(月)12:30:09 ID:1lZ
いまほど
左利きの先輩と商談の帰りに、
少し早い昼にしようとラーメン屋に入った。




食べていたら、近くにいたじいさんが
「人間なのに左利きなんて、親はどんな躾したんだろうな!」と大声を出した。
先輩は気にしなかったが、隣にいた高校生くらいの孫が諌めるのも聞かずに、
じいさんは左利きを悪く言いながら、
右手で持った箸で丼から麺を持ち上げ、
それを左手でつかんで口に入れた。
とたんにお孫さん「躾が悪いのはお前だ!」と
じいさんの頭をつかむとテーブルに叩きつけて黙らせ、
先輩に向けてじいさんの頭を下げさせたまま
「躾の悪いジジイで申し訳ありません」と自分も頭を下げた。
先輩が左手に箸を持ったまま
「親の顔が見たいおじいさんだな」と皮肉れば
「孫の顔でご勘弁を」ともっと頭を下げる。
何か言おうとするじいさんに「お前は黙ってろ!」と叱りつけたお孫さんは、
自分たちのとこっちの伝票を、じいさんの財布から払って店から出て行った。

息子か娘かは知らないが、
あのじいさんの子供、孫の親の顔は、確かに俺も見てみたい。
続きを読む


863
: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)21:40:16 ID:???
ちょっと意見を聞かせてほしい。
俺が一体何を間違えていたのか教えてほしいんだ。

文才無いから箇条書きで。
・先輩A、同僚B、後輩Cと4人でラーメン屋へ。
・先輩Aはラーメン+餃子+ごはん
・俺と同僚Bはラーメン+ごはん大盛
・後輩Cはラーメン+おにぎり2個
・先に全員分のラーメンがくる
・次に俺の分のごはんがくる。
・この時点で同僚Bと先輩Aのごはんと後輩Cのおにぎりは来ていない。
・つぎに先輩Aの餃子が来る。
・ごはんとおにぎりはまだ来ない。
・全員、ラーメンをすすり始める。
・ごはんとおにぎり、来ない。
・注文してから約20分。アルバイト店員を呼び「ごはんまだ?」と質問。
・アルバイト店員「実はもうお米を切らせていてごはん出せないんです」
・先輩A、同僚B、後輩C、激怒。「なんでごはん無いのに注文受けた?無いならないと言えばいいのになぜ言わない?店長を出せ」
・店長すっ飛んでくる。「そこのスーパーでご飯買ってきますのでそれでなんとか」
・その間の俺、激怒する三人をよそにごはんとラーメン完食。
・結局、俺以外はラーメンを残し、半額の料金を払って退店。
・俺はすべて完食したので全額払った。
・店を出た後4人で店の文句。
・一通り文句言った後先輩A「ところで俺君さあ」
・先輩A「なんでみんなが怒ってるときにのうのうとご飯食べてたの?」
・俺「は?」
・先輩A「フツーは食べないよ?みんなが怒ってるとき、フツーは食べないんだよ?」
・俺「え?でも、俺のはラーメンもごはんも全部来たのでただ単に食べてただけですし、まさかこんな事になってしまうなんて」
・先輩A「いや、やっぱり俺くんはおかしい。変だ。変わってる。フツーじゃない」
・同僚B「あやまっとけw謝っといた方がいいwww」
・俺(少し考えて)「すみませんでした」
・先輩A「わかればいいんだけどさ。少しは空気読もうね」

正直、何が普通で何がおかしいのか全然分からないんだが、
ちょっと教えてくれないだろうか?
続きを読む


349: このスレ見てたら思い出した。 ID:???
去年の夏。 
飼っていたハムスターに腫瘍が出来て、手術したのを引き取りにいった時だった。 
病院に入る前はカンカン照りの青空だったんだけど、出てくる時には 
すっごいどしゃぶりの雨。どう見ても通り雨じゃない。天気予報を呪った。 
でも、病院の中で待とうか?とも思ったけどイパーイでとても居られそうに無い。 
でも外に出るにも術後のハムを雨に濡らすなんて冗談じゃない。 
しかたないから着ていた男物のサマーセーターのお腹でハムゲージをくるみ 
10m程離れた小さなラーメン屋さんの軒下を借りてタクシーを待つ事にした。 
そこに移動した私はすでにびしょ濡れ。5分程たったがタクシーは来ず。

すると、出前から帰ってきたと思われるおじちゃんが店の前に来た。 
慌てて「すみません、タクシー来るまでちょっと居させて貰えないでしょうか?」 
と言った所「それは全然かまいませんけど…?」(お腹の中のハムゲージwを見る) 
事情を説明すると、おじちゃんは店の中に入りなさいと言ってくれてタオルをくれた。 
そしてありがたくゲージをタオルで拭いていたら、いつの間にか外に出ていた 
おじちゃんが「タクシーきたよ」  
おじちゃんは、タオルを貸してくれただけでなく、どしゃ降りの中道路に立って 
タクシーを止めてくれたのである。浸水した道路に居たおじちゃんの足元びしょ濡れ。 
そして相合傘でタクシーまで送ってくれた。 
愛しのハムが病気になって落ち込んでただけに、その優しさに泣きそうになった。 
あの時のおじちゃん、ほんとにありがとう。 
ハムは寿命でタヒんじゃったけど、あの出来事はいまだに忘れられません。 
今度あのお店にラーメン食べに行ってみようかな…。 
超文スマソ。思い出してまたチョトホローリ
続きを読む

このページのトップヘ