きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

マルチ

399 :きまぐれ鬼女 2011/07/08(金) 22:24:29 ID:Wb5f6nhX
会社での話

同じ部署にいたAは某マルチ商法まがいの会社の商品に入れ込んでた。
私を含め。結構な人数が勧誘されたので、皆にこっそり嫌われてた。
因みに鍋は12点セットで18万w

ある日、そのマルチ会社の鍋で作ったというケーキを作ってきて、私達に配ってくれた。
正直、味は微妙。お世辞で美味しいと言えるギリギリレベル。
Aは「美味しいでしょ!?鍋が特別だから、こんなに美味しくなるんだよ!」としきりに宣伝。
そこにAが密かに(と思ってるのはAだけ。かなり露骨に)狙ってる営業のBさん登場。

もちろんBさんにケーキを渡すA。
「特別な鍋で作ったので、すっごく美味しいですよ!特別な鍋のおかげで、
お店で食べられるようなご飯も私作れちゃいます!
私っていいお嫁さんになれますよね☆」とBさんの横で猛アピール。
周りは「またか…」って感じ。Bさんもいつもはスルーしてたんだけど、この日ばかりは違った。

B「糞高い鍋で作った特別な料理より、安い鍋で作ってくれる普通の飯の方がいい。
店行けば鍋代より安く特別な料理食えるよ。
後、糞高い鍋買うような金使い荒い女、誰も嫁にしたがらないから。
不味いケーキごっそさん。」
と言って仕事に戻ったw

皆が笑うのを堪えてるなか、顔真っ赤なA。
その日以来、勧誘もマルチな話もしなくなって本当にスッキリした。

後日Bさんに、いつもみたいにスルーしなかったのか聞いてみたら、
Aのミスで得意先に叱られたらしい。
ミスした人間がヘラヘラとケーキ配ってりゃイライラするわw
続きを読む

【前編】就職活動もロクにせず、卒業してからニートに。ある日突然同じゼミだった女から電話が。「よかったら今度、林くんと会いたいナーって^^*」 …人生初のデートだった
95: 1 2011/10/16(日) 03:35:35.12 ID:6FH1lNzy0
海の一件以来、ゆうたと付き合ってることに恥じらいも特になくなった。

人に堂々としゃべったりはできないし、キスや行為は踏み出せなかったけど
気楽にスキンシップも取れるようになったしデート中も二人で笑えるようになった。

付き合って一年半ぐらい経ったとき、ゆうたはケーキ屋を辞めた。

もうひとつのバイト、介護職のほうで正社員になれたからだった。

よかったな、とも言ったけど
これから顔がなかなか見られなくなったり
仕事終わりに会って話したりできなくなると思うと
少し寂しかった。
続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:01:37.74 ID:6FH1lNzy0
結婚式が近づいて過去を振り返ってたら
わりとネタ人生だったのでまとめてみた。

スレが立ったらぼちぼち書きこんでく。
続きを読む

551: 名無しさん@HOME 2014/03/18(火) 03:59:16.37 0
母親が昔から健康食品のマルチにハマっている。
幼い頃からそれらを食べることを強制され、病気をすると病院には連れていってもらえず、「もっと商品を食べろ」と怒られた。
だから薬なんて飲んだことがなかったし、怒られるのが嫌で体調を崩しても何も言わないようになった。
母親の悩みを聞いてアドバイスした後、上手くいくと「商品のおかげだ」と言う。
私が悩んでいると、「これを食べれば解決する」と言う。
昔は母親を無条件に信じていたから大人しく口にしていたけど、ここ数年はもう疑惑の塊。
別に個人がハマるのは自由だと思うし、実際の効果がどうとかは興味がない。
だけどそれを強制はされたくない。そう思うようになって一気に嫌悪感が増した。
たまに母親が私に代わり料理を作るときがある。それに全部、そこが売ってる商品をどばどば入れているのを見てしまった。
揚げ物にも、サラダにも、白米にも、お味噌汁にも。調味料も謎の粉末が入った自家製。
気持ちが悪くなってしまって、母親の料理が喉を通らない。最近は母親を台所へ立たせたくないから毎日私が作っている。
それに母親はぶつくさ文句を言うので、「気持ちが悪い、まずいから嫌だ」と告げると、
「あんなに美味しいものがまずいだなんて!今まで私が育ててきたのに、こんな悪いものを食べるからあんたの体は壊れた!」と発狂され料理を捨てられた。
実際、タヒぬほどまずいと思ったものをおいしいおいしいと母親は食べるのだが、その姿を見ているともはや狂気しか感じない。
中学生の頃に無理やり連れて行かれたセミナーで見た人たちも、決しておいしくないものを喜んで食べていた。
で、その母親に来月買い物に行こうと誘われて、軽い気持ちで承諾したあとちょっと違和感があったのでこっそり母親のスケジュール帳を見たら…
例のセミナーの予定が入れられていた。騙されたショックと、またあの宗教じみた場所へ連れて行かれるのかと思うと気持ちが悪い。
下手に断ればまた発狂されるのが目に見えてるしどう逃げようか悩みながら心の中が修羅場。

続きを読む

551: 名無しさん@HOME 2014/03/18(火) 03:59:16.37 0
母親が昔から健康食品のマルチにハマっている。
幼い頃からそれらを食べることを強制され、病気をすると病院には連れていってもらえず、「もっと商品を食べろ」と怒られた。
だから薬なんて飲んだことがなかったし、怒られるのが嫌で体調を崩しても何も言わないようになった。
母親の悩みを聞いてアドバイスした後、上手くいくと「商品のおかげだ」と言う。
私が悩んでいると、「これを食べれば解決する」と言う。
昔は母親を無条件に信じていたから大人しく口にしていたけど、ここ数年はもう疑惑の塊。
別に個人がハマるのは自由だと思うし、実際の効果がどうとかは興味がない。
だけどそれを強制はされたくない。そう思うようになって一気に嫌悪感が増した。
たまに母親が私に代わり料理を作るときがある。それに全部、そこが売ってる商品をどばどば入れているのを見てしまった。
揚げ物にも、サラダにも、白米にも、お味噌汁にも。調味料も謎の粉末が入った自家製。
気持ちが悪くなってしまって、母親の料理が喉を通らない。最近は母親を台所へ立たせたくないから毎日私が作っている。
それに母親はぶつくさ文句を言うので、「気持ちが悪い、まずいから嫌だ」と告げると、
「あんなに美味しいものがまずいだなんて!今まで私が育ててきたのに、こんな悪いものを食べるからあんたの体は壊れた!」と発狂され料理を捨てられた。
実際、タヒぬほどまずいと思ったものをおいしいおいしいと母親は食べるのだが、その姿を見ているともはや狂気しか感じない。
中学生の頃に無理やり連れて行かれたセミナーで見た人たちも、決しておいしくないものを喜んで食べていた。
で、その母親に来月買い物に行こうと誘われて、軽い気持ちで承諾したあとちょっと違和感があったのでこっそり母親のスケジュール帳を見たら…
例のセミナーの予定が入れられていた。騙されたショックと、またあの宗教じみた場所へ連れて行かれるのかと思うと気持ちが悪い。
下手に断ればまた発狂されるのが目に見えてるしどう逃げようか悩みながら心の中が修羅場。

続きを読む

このページのトップヘ