きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ボランティア

786:おさかなくわえた名無しさん2006/08/03(木) 09:31:20 ID:sSKonhax
友達の友達、自分にとっては顔見知り程度の人に頼み事された。

自分はあるマイナーな言語が母国語同然に喋れるんだが、
その国の人が仕事で暫く日本に滞在するから、その間は休日だけで良いので丸1日付き合ってやってくれというものだった。
勿論ボランティア。

何が悲しくて折角の休日を連続で3回もボランティアに使わなきゃならないのか(しかも交通費とか食事代とか自腹)わからんので
「悪いけど忙しいから」と断わったら「もうOK出してしまってるから出てください」…。

すごく仲良い人ならともかく、他人同然の人間を自分の顔立てるためにこき使おうとするその根性が信じられん。
最後は脅しとしか思えないような事も言われたけど遠慮なく断わり続けたww
お盆とか忙しくなるから、やっぱ断わってよかったと今は思う。
続きを読む

313: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/21(木) 18:08:38.48 ID:C0Twx/8P
宗教ではないが
5年前に突然ボランティアに目覚めた仲良しグループのAを友やめした
SNSでボランティア団体の投稿(活動報告やイベントの告知など)
をシェアしまくり
それに加えて自分の言葉でもそれ関連の投稿しまくり

うざいけど個別に勧誘されたりはしてないしスルーすればいいかと思って
ボランティア関連の投稿はスルーして
それ以外の投稿にはいいねしたりコメントしたりしてたが

仲良しグループの他のメンバーと久々にみんなで集まろう
という話になったときにAの名前だけ出なかったので
「Aは?」と言ったら

みんな口々に
「Aを呼ぶのはやめておこう」「呼んだら絶対ボランティアに勧誘される」
「SNSで宣伝しまくっててリアルで勧誘しないとかあり得ないよね」
と拒絶反応
「私子ちゃんも気をつけたほうがいいよ」と忠告された

結局A抜きで集まり久々に積もる話(とAの悪口)で盛り上がった

後日メンバーの一人が
「久々に仲良し○人組
(元々のグループからAを除いた人数)で集まって楽しかった!
今後もちょくちょくこの○人で集まる予定♪」
と参加メンバーをタグ付けして投稿

数日後に友達リストからAが消えてることに気付いた
仲良しグループ全員がそうだったので
あの投稿見たAが嫌われてることに気付いて切ったと思われる

仲良しグループの他のメンバーがしっかりしてたおかげで無事切れたけど
そうでなければ今も普通の投稿にリアクションしたり交流を続けてただろうから
自分の甘さを反省
続きを読む

482: 名無しさん@HOME 2014/01/29(水) 09:02:59.85 0
受付の仕事をしてた時、男の障害者に粘着された。 
そいつはボランティアの女性と一緒に外出するのが日課で 
毎日のように用事もないのに現れて、私ともう1人いた女の子に絡んできた。 
名札をつけてるので名前バレはさけられず 
「~さん」と名指しで呼ばれ年齢や既婚か未婚かしつこく聞いてきて 
同僚が未婚だった→「じゃあ僕と付き合って結婚したらいい」と粘着力が増した。 
メンタルやられた同僚は仕事を休みがちになリ、遂に退職。 
同僚の連絡先を聞きだそうとするので「お教えできません」と言ったら 
ボラ婆が「何よ、差別するっていうの?障害者の男性は出会いが少ないのよ。 
社会が理解してあげないとダメでしょう」とネジ込んできて騒いだこと
続きを読む

254: 恋人は名無しさん 2011/11/29(火) 18:55:12.88 ID:bIsogyfv0
私…女。当時大学生
彼…当時大学生。一つ上
Aさん…女。某福祉施設の職員。既婚

私と彼はある団体経由で、ボランティア活動をしている折に知り合いました。
彼は真面目で正義感が強く、ボランティアグループでもリーダー格。
汚れ仕事も率先してやるし子ども好きだし、
ちょっと思いこみの強いタイプだけどそこも男らしく見え私から告白して付き合いました。
ちなみにお互い、初の彼氏彼女でした。

出会いがそんなだし、彼のキャラクターも上記の通りなので
毎週末のデートは月2回が施設活動でした。
その頃は施設の子どもたちとお芋掘りしたり、
介護施設の補助をしたりと、交流メインの楽しいものが多かったです。

続きを読む

1 :名無しさん@おーぷん:2016/05/08(日)00:35:22 ID:VBb
嫁が発案者で義両親はなんとなく付いて行く感じだったんだが
現実的に考えて金を送った方が効率的って諭したら
嫁キレて嫁一家で行ってきてるらしい

義両親は俺に理解がある

義両親には連絡ついたけど嫁は返事が来ない
続きを読む

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/06(木) 00:10:51.81
汚嫁と間男に制裁した、長かった 
ここの板ともお別れだ 
ここの板とお前らに多くのことを学んだよ 
謝意を表して新生活に進もうと思う
続きを読む

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/15(水) 10:43:32.76 .net
俺の場合
震災ボランティアに行く→嫁のメシを褒める→結婚
続きを読む

676: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/14(火) 15:55:50 ID:JlrjPRbA
んじゃ今さっきあったずうずうしい話
会社の上司が泊りがけの旅行を計画している。
で、上司には体に障害のあるお子さんがいて、トイレや食事には介助が必要。
職場に連れて来たこともあるけど、そのときはボランティア経験のある
自分が介助してあげることがあった。
かわいいし、礼儀正しいし、それ自体はぜんぜん嫌じゃなかった。
忙しくないときだったし。
数日前から、旅行に同行して介助してほしいなぁ、的なことは言われてたけど
またまたご冗談をwと流してた。
そしたら今日になって、
・社員旅行は仕事の一環
・上司の旅行に同行するのも社員旅行のようなもの
・だから一緒に来るべき
てな内容を丁寧に言われたので、無理です、と丁重に断った。

今から、会社の偉いさんに相談に行ってくるよw
職場でネットはどうかと思うんだけど、法律的にどうなのかとか
いろいろ調べたついでに2ちゃんに書き込むw
続きを読む

318: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/14(土) 18:33:18 ID:7uIY+Bsq
文章おかしいかも&長文ですまん。
私のおばさん(父方のおばあちゃんの弟の嫁)は軽くボケている。
おじさん(父方のおばあちゃんの弟)が亡くなってしまってから酷くなり、子供がいないこともあって色々な世話を私の父と母がしていた。
おばさんには妹がいる。
血は繋がっていないらしい。
昔は身よりのない赤ちゃんや子を何人か引き取り、兄弟姉妹として育てることもあったらしい。
この妹は金にうるさく、口も悪い。
おばさんの世話をする父と母に、おばさんがいる前で
「こんなのの世話をするの嫌でしょう?嫌なら嫌って本人に言って下さっていいんですよぉ」
とか言う。その癖自分はもらえるものはもらって何もしない。

数年たち、本格的にボケはじめたおばさんに父と母は献身的に世話をしていた。
ある日妹から父に連絡があり話しを聞くと
「おばさんの預金おろせるだけ全部おろして、もらいましたから。 後のお世話はそちらにまかせますから。
お世話はボランティアでやって下さるんですよねぇ?でないとお金を払わなきゃいけないでしょう?」
と言ってきたらしい。
こんな図々しいことを身内に言う奴がいるのか…と思うとムカついてしょうがない。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第97話

続きを読む

319: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/04(火) 23:10:54 ID:VbVN/FKj
豚切りスマソ

居酒屋でバイトしてるんだが、昨日来た母親(金髪)、娘(高校生ぐらいで金髪)、娘(中学生ぐらいで茶髪)の3人親子がずうずうしかった。
食事をしている時は何ともなかったのだが、会計の時に豹変。
僕は調理をしていて、同僚♂が会計をやっていたのだが、レジの方から怒鳴り声がする。
何事だ?と思って行ってみると、同僚めっちゃ困りながら対応してる。
その時、店長がいなかったので同僚に代わって、僕が対応。

お通し(小鉢)を頼んでいないのに出された→頼んでいないのに出されたということは無料だと思った→無料だと思って食べたんだから
お通し分の料金を取るのはおかしいし、払う必要もないでしょ?と主張。
(基本的にうちではお通しと飲み物をセットで出すのだが、もしお客がいらないならキャンセルは可能)

(いやうちはボランティアで店やってるわけじゃねーし!)と思いながら、
頼んでいないなら店員に聞いてほしかったし、食べてしまったのなら料金を払うべきだと説明。

以後、「無料にすべきだ→説明→無料に!→説明」がループするのだが、全く聞く耳持たず。
他にも「私たちは常連なのよ!私の顔知ってるでしょ?」←(いや、知らんわ・・・。)
「私たちのおかげでこの店は繁盛してるの知ってるでしょ?」←(いや、知らんわ・・・。)
とか関係ないことも抜かしてくるし、娘2人も母親に乗っかってギャーギャーとうるせえよ、氏ね、カス。

結局、しぶしぶ払っていったのだが、食べておいて払おうとしないなんてずうずうしい。
たかが一つ200円でケチケチすんなよ。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第109話

続きを読む

このページのトップヘ