きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ビール

28 :きまぐれ鬼女 2017/08/25(金) 19:12:39 ID:mgU
長文オカルト失礼。

10年以上前、旦那が事故で亡くなった。
その命日が一昨日だった。
一昨日、寝てたら夢に旦那が出てきた。
旦那は生前、口数が少ないけどいつもニコニコしてて、夢でもそうだった。
毎月毎月、月命日に旦那が好きだったビール供えてたのに一回も出てこなかったのになんで今??
って思ってわちゃわちゃしてたら旦那が消えるような感じになって
なんか言わなきゃ!ってなって
私「い、痛かった?」
って聞いたら
旦那「いやー即タヒだったから痛くなかったよ」
って応えて消えてった。
そこで目が覚めた。

私も大概だけど旦那も旦那でなんか気の効いたこと言ってくれよって思った。
生前から気の効かない事しかいわなかったけどさー
来月は違ったお供え物にしようかしら
続きを読む

254 :きまぐれ鬼女 2019/01/13(日) 10:25:24 ID:0/of/w/o.net
昨日、することもないので昼酒でもと思って11時に開店直後の蕎麦屋へ行った
最初は冷たいビールをと思って「ビール冷えてる?」と聞いたらおばちゃんが
この人は何を言っているんだろう?と言いたげなびっくりした顔で(例えるなら
「おばちゃんってアメリカで有名な黒人ラッパーだっけ?」と聞かれたような顔で)
「えっ?えっ?ビールはそりゃ冷えてるに決まってるでしょう」と目を丸くして
首を傾げながら答えたところで店主が奥から慌てて出てきて
「すみません!さっき電源入れたばかりなのでまだ冷えてないです」と謝ってきた
おばちゃん「ああ、そういう意味ね。だったらそう聞いてくれないと」って、そう聞いただろうよ
続きを読む

830:2016/08/07(日)16:14:41ID:f6M
ある日いつも通りに仕事をしていたら
部長に別室に呼び出されて自主退職をしろと言われた
訳も分からず、「はぁ?」とか言ったら
「懲戒にはしたくないが仕事中に酒飲むようなやつは置いておけん」
って、全く身に覚えがないんだが、俺が仕事中にビールを飲んでたと垂れ込みがあったらしい

しばらく問答の末、同僚4人が部屋に呼ばれた
ABCの3人が否定してくれたんだがDだけだんまり
「ビールなんて飲んだら匂いで一発で分かる」
「そもそも俺さんビール嫌いですよね?」
「カラオケでアルコール飲み放題にしてもソフトドリンクしか飲まない人が何で仕事中にビール飲むんすか」
と、完全否定してもらえたところで部長が
「D君どうなってんの話が違うじゃないの?」

D曰く、ジョッキでビール飲んで「かぁ~やっぱキリンが一番だな」と言っていたとのこと
まったく覚えがない

その時Cからフォローが入った
「麦茶じゃないっすか? 俺さんいっつもキリンの麦茶、飲んでるっすよ」
で、Dの勘違いってことで収まるかと思いきや

部長に「お前もそんなややこしいボケをするな」と叱られた
さっぱり意味が分からず何を言ってるんだと食って掛かったら
「キリンが一番何て言ったら誰だってビールの事だと思うだろう
お前だってそういうつもりでネタにしたんだろうが」
と、えらいご立腹なんだがさっぱり分からない

「キリンとビールに一体、何の関係があるんだ?」と聞いたらメチャクチャ切れて
クビにするって方向で話が進んでいった

売り言葉に買い言葉でもめまくって
もう、ほぼ退職が決まったところで社長まで出てきて
そこでようやく、俺がキリンビールの存在を知らないのが揉めた原因だと判明した

条件付きで会社には残ったが、こっそり転職活動中
続きを読む

160: 恋人は名無しさん 2011/03/08(火) 17:48:37.14 ID:KycbTFgV0
合宿の飲み会で先にギブして女子部屋で寝てたら 
夜中の3時頃盛り上がった男子たちが突入してきて頭にビールかけられ 
びっくりして飛び起きた。 
そんなわたしを見て爆笑する酔っぱらい集団。 
そのなかにいた彼氏の笑った顔、絶対忘れない。


しかもそのあと 
なにもかもが非常識過ぎる 
ものすごく嫌だった、もう二度とやるな 
と泣きながら怒る私に 
そんなに怒ると思わなかった 
お前の気持ちは分かったけど、たった 
一回のことで 
いつも楽しく過ごしてきたあいつらとの飲み会にもう来ないと言うなんて 
ちがくない? 
お前の怒り方は許す余地が無さすぎる(狭量ってこと?) 

寝てる人にビールかけてそれを笑いものにするような下品で低俗な人は無理 
彼女が笑いものにされてるのに怒るどころか一緒に喜んでる人とは無理 
嫌だったことを訴えてるのに、自己保身に走りわたしを言いくるめようとしたあいつを、ぜったい許さない

続きを読む

このページのトップヘ