きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

バカ


842: おさかなくわえた名無しさん2017/01/02(月) 12:12:08.52 ID:+fI5QJJG
バカにされやすい自分を直したい 

子が幼稚園のとき、
車が運転できなくて困ってる人がいたから 
習い事が一緒だったし同乗させてあげてたら 
影で「タクシーさん」とバカにされていた 

小学生にあがって、体育着や水着・水泳帽に
学年ゼッケンを縫い付けるんだけど
ミシンが無いし裁縫も苦手で
仕事で忙しいという人がいたから
ついでに縫ってあげたら、
次の年から必ず頼まれるようになり
大した手間でも無いし断る理由も
特にないから縫ってあげていた 

ある日、タダで図書バッグを作ってくれと言われ、
さすがに材料費はもらわないと無理だと断ったら 

LINEのタイムラインに
「暇人のくせに断りやがった」と書いてあり、
影で暇人と呼ばれてたことが発覚 
趣味が洋裁だと暇だと思われるんだね 

類は友を呼ぶというけど、
本当の私は他人を小馬鹿にする人間だから 
小馬鹿する人が集まってくるのだろうか?
続きを読む

423:おさかなくわえた名無しさん2010/07/02(金) 23:20:36 ID:s1WfJxwY
以前付き合っていた男性はトマトが好きだった。
冷蔵庫にはトマトが数個常備されていた。

ある日彼の家でテレビを見ていたら、
トマト祭のニュースがながれて
「いつか俺も参加したい!」なんて笑ってた。

「トマト好きの夢だね、こりゃ」なんて笑いながら返したら、
いきなり彼が冷蔵庫からトマトを取り出して
「トマト祭じゃああああああ!おらっしゃああああああ!」と叫んで、
私にトマトを2つ投げつけた。

あっという間に私はトマトまみれ。
「さすが元野球部は違うな」と思って
ティッシュで顔を拭いて、そのまま帰った。
食べ物を人に投げ付けることは
冗談でも許せなかったから別れた。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/28(木)01:56:43 ID:lA6YjWSIj
どこまで言って良くて
どこから言っちゃダメなのかがわからなくなった

例えば

上司
「腕時計買ったんだ」

「あ、それ僕も前使ってましたよ。
でもそれ壊れやすいんですよねー」
上司
「お前それはちょっと感じ悪いんじゃない?」

って怒られたんだけど何が感じ悪いのかよくわからん。
壊れやすいことを教えてあげたのに
何故怒られたのか本気でわかんない。
もうなんもわからんよ
続きを読む

146: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 01:01:44.86 ID:UFEc1sK9.net
長文で乱筆乱文多謝 身バレしないように少しだけフェイク入り

典型的な二代目バカ社長の会社での話:バカ社長にとっての修羅場みたいなもの

二代目バカ社長(今後バカ2と書きます)は、大学卒業後デキ婚で家を追い出され職を転々としていた。
先代に末期がんが見つかった際に呼び戻され、実務経験を殆どすっ飛ばして社長になった。
当然仕事なんて全然出来ないが、就任するなり「ここは私の会社なので私の好きなようにします。」宣言をするDQNだった。

最初は言葉だけで一切仕事が出来ないので実害は無かった。ただ、全然職歴が無いというコンプレックスが
有ったのか、稲盛塾に通って役に立たない知識を得ては、それを実践するようになった。
勿論塾で学んだ知識は、経営的に役に立つものだと思うが、バカ2には理解出来ず自分に都合の良い超解釈を
作り上げて社内に投げかけてきた。
当時のバカ2の基地外語録だけで結構な量がある。覚えているのはこんな感じ
「会社に頭脳は少ない方がいい。だから俺(バカ2)以外は一切判断する必要が無い」
「トラブル対応は全部俺が決めるので勝手に判断したら即時解雇だ」
「二年以上いる社員は給料が高いので新卒を雇って一年で辞めさせるのが一番人件費安い」
「俺より頭が良い社員は全員早めに首を切った方が、良い会社になる 年内には全員切る」
こんなことを堂々と朝礼などでいうやつだった。勿論労働基準法などの法律違反なんだが、こいつはこう
いった法律を知らずオーナー企業は好き放題していいと勘違いしていた。
特に酷かったのが、一度でもバカ2に口答えした女性事務員は、数時間社長室に呼ばれ叱責を受けた後、
ほぼ確実に解雇された事だ。また、後日判明するが一人だけいたSEをスパイに仕立てて、雑談中でも
自分に対する悪口が無いか常にチェックする小心者でもあった。
続きを読む

304: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/03(金) 02:22:01.83 ID:YNjBHaO3
つい先日の冷め話

学歴はさほど気にしなかった私だけど、
4年付き合ってきた彼氏の頭が悪いというか
IQが低いのは薄々感じてた

高卒で、お父さんの経営する会社で働いてて
正直、頭が悪くてもやっていける業種

経理など会社の事務的なことは苦手みたいで
お父さんの会社は事務員さんだけ親族ではない人を雇って、
その人がすごく仕事ができる人なので、
会社はなんとか回ってるらしい

具体的には、
漢字がとにかく苦手で、メールはひらがなばっか、
英語などは論外で、
消費税5%で¥100だと¥105になるのは暗算できるけど、
¥300→¥315は電卓必須
¥1000の商品がセールで3割引だと、
実際いくらなのかわからないレベル

私は彼の両親に気に入られていて、
いずれはお嫁に・・・という雰囲気だったけど
私の両親は厳格な職業で、きっと彼を気に入らないし
彼のバカが両親にばれるのが怖くて会わせていなかった

何年か付き合ってきた情もある、
私ももう20代後半だし
別れてこれから新しい相手を探すの面倒くさい
彼もバカな点以外は優しくていい人だし・・・と揺れていた
続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/07(土) 09:32:31.24 ID:/S7rkVly0
バカ女に実家から送ってもらった米30kg無断で捨てられた・・・
親父が作って送ってくれた米なのに・・・
続きを読む

【前編】嫁は看護師なんだが、先日透析の試験に落ちたんで「バカだから」と言ったら…子供連れて出て行ったorz
329: 月 ◆P87jRNyjNI 2007/10/14(日) 15:35:18
完敗の白旗です。
甘く考えすぎていました。

昨日運動会終わりました。
設営後に俺が場所取りしたところには座らず、
嫁さんが持参した敷物に座っていました。
次男は俺に抱きついてきましたが、
長男はよそよそしい雰囲気でおはようとだけ。

嫁さんに話しかけても一切無視されて
競技中は別の場所で観戦されてしまいした。
久しぶりに会った友達のお父さんたちが気を使って
たびたび来てくれましたが落ち込むばかりでした。
閉会式が終わった後に次男が「お父さんの家に帰る」
と泣きついてきたので嫁さんに相談に行ったら、
「あそ、今日は実家に泊まるからお昼ご飯食べさせておいて」
と言って長男を自転車に乗せて帰っていきました。
5時に合鍵で自宅入ってきた嫁さんは無言で次男をつれ、
玄関で「昼寝した?」と聞いておきながら答えも聞いてもらえず、
泣く子供を引っ張っていきました。
続きを読む

852: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/08(月) 21:57:48
寸前というか物理的に逃げられているのですが、
ご意見をいただきたく書き込みます。

【差し支えの無い範囲で以下の情報提供を】
・詳しい悩みの内容
半年前に嫁さんが子供連れて出て行きました。
仕事に身が入らないのではっきりして欲しいです。
が、同じテーブルについてくれません。
・最終的にどうしたいのか
息子に父親が必要な年齢なので、できればよりを戻したいと思っております。

・相談者の年齢と職業、収入
三十半ば、SE、¥7M
・配偶者の年齢と職業、収入
同級生、ナース、¥5M
・子供の有無、いるなら人数と年齢、性別
あり、2名、3と5、男児
・住まいは持ち家か賃貸か
持ち家(共有50%)
・親と同居かどうか
双方の親と別居
健在ですが義母は半身不随
・結婚年数
そろそろ10年
・離婚歴がある場合はそれも記入
双方初婚
【後出し厳禁!】
・バクチ
独身時は付き合い麻雀とパチ◯コ。結婚後は一切なし。
・浮気
そんなにもてません
・暴力(肉体的、経済的)
手は出しませんが、言葉の暴力と言われました。
・借金
住宅ローン20Mあり
・酒や薬物等の依存症病気など
双方ビールをかなり飲みます。
・通常離婚理由として十分な原因がある場合
理詰めで相手をとっちめることがあります。

スレ違いでしたら誘導お願いします。
続きを読む

141:おさかなくわえた名無しさん2012/02/17(金) 15:00:28.87 ID:+7m4McIw
元カレの会社の社員旅行が投票制で、
韓国・沖縄・北海道とあとどこだったか国内の4箇所が候補に挙がってたんだけど
沖縄に決まったとき「韓国行きたかった~」って元カレが悔しがってたのね。
でも海外旅行したことない人で、パスポートも持ってなかったから
「韓国に決まっちゃったらパスポート必要だし申請に時間もかかるんだから、
沖縄でよかったじゃない」
とフォローしたら、返ってきた言葉が

「韓国行くのにはパスポートいらないよ?何言ってんの?」

お前が何言ってんの?だバカ。
前からバカだバカだとは思っていたけど、ここまでとは思わなんだ。
続きを読む

このページのトップヘ