きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

バイト

1 :きまぐれ鬼女 2014/12/01(月) 09:01:40 ID:lZhf9LX00.net
これ違法だよな
続きを読む

742 :きまぐれ鬼女 2003/05/29(木) 13:49:00 ID:tnXy5sww
うちの母親が朝から買い物に行った時、帰りに私の為に朝マッ○を買って
あげようと(私の好きなメニューがある)入ったらギリギリアウトで
昼メニューが始まったばかりだった。
諦めて帰ろうと入り口のドアに手をかけた瞬間
「残念でしたぁ~またどうぞ、お・ば・は・ん」という声が聞こえたらしい
振り返ったら、バイト君が「げ?!聞こえたの?!」みたいな形相で
厨房にいたらしい。
その頃私は「お母さん遅いなぁ」って待ってたが、数時間後、母はありとあらゆる
割引券とマッ○カードを持って得意げに帰ってきた。夕方にはスーツ姿の人が
数人あらわれて謝り倒してた。でもしばらくその店舗には行けなかったなぁ
今から6年前の話です。
続きを読む

861 :きまぐれ鬼女 2006/08/27(日) 01:24:50 ID:wIJGRXhI
武勇伝とは言えないがちょっとスッとした話。

昔、人間観察が楽しくてしょうがなく、ヲチ趣味が高じて会社が終わってから飲み屋にバイトに出ていた。
キャバ系は若いDQNが来るのでつまらんなと思い、対象年齢高めのスナックをチョイス。
それなりにニヤニヤしながら仕事していたある日、えらい人相の悪いおっさんが肩を揺らしながら入ってきた。
いつものように指関節の欠損チェックでそいつの粗相の回数を数えてみようと思ったら揃っているので(中身はまともな極道かも)と思い様子見しながら接客。
しかし二言目には「ワシら渡世人は~」「○○組の誰それ知ってるか?」を連発するので小物と断定、生ぬるく受け流す。

そうこうしているうちにおっさんにアフターに誘われた。
しかし次の日も朝から仕事だし筋者であることを公言しないと酒も呑めないような小物に用はないので
「やー、今日はしんどいので帰ります、ごめんなさい(キャ」と丁重にお断り。
するとおっさん、何を思ったのか
「お前、ワシのことを裏切るつもりか」ときたので
「いや~~~ん!あたしが行きますよって返事しといて約束反故にしたならともかく最初から断ってるじゃないですかぁ~もぉ~(はぁと」と返すも
「今までワシを裏切った飲み屋のネーチャン、何人灰皿で頭割られたかな」と凄まれる。
「えぇ~アフターお断りしたぐらいでいちーち灰皿で頭割られてちゃこの商売も割に合わないなぁ~・・・ママー!時給上げて~~!!!(大声)」と、ここでママを始め他の客も注目するように。


続く。
続きを読む

207 :きまぐれ鬼女 2015/09/01(火) 20:28:27 ID:uie
衝撃的かつ、私がやらかしたかもしれない話。

パート先のスーパーでアルバイトしてる三十代後半の男忄生がいる。
出勤時はいつも同じ白の薄手ジャケットを羽織ってて、
首周りとかが薄茶色に汚れてるけど本人は服には興味無いらしくて、
「これユ○クロで2000円だったんですよー、こっちはし○むらで
980円w」
とか話してたから、就活が上手くいかなくてお金無いのかなーなんて思ってた。

最近その人が車を買い換えて(郊外店なのでほとんどの人が車かバイク通勤)、
イタリアの某高級コンパクトの新車に乗ってきた。
私はニワカの車オタクなのですぐに気づいたんだけど、
外見は日本の軽と同じくらいのサイズなのに、
お値段は乗り出しで軽く300万↑はする車。

休憩時間に他の同僚達から○○さんかわいい車買ったのねーと聞かれて、
本人も納車まで何ヶ月待ちで~とか嬉しそうに喋ってた。

一括で買ったというのを聞いて、
私がうっかり「あれ300万円以上しますよね?すごいなー」
と口を滑らせたら、同僚パートの独身さんやシンママさん達の目が輝いてしまった。

後になって聞いたら、20代の頃にゲーム関係のベンチャーを立ち上げて結構成功してたんだけど、
大手メーカーに買収?されることになって会社ごと売って、
自分はそれまでの激務で身体を壊してたから社長を引退したそうな。

その時の売却金で億の貯金があるから、
最低限社会との繋がりを維持するためにバイトだけしてるとのこと。

問題は顛末を聞いた独身女忄生勢がそれからテノヒラクルーで男忄生を食事に誘ったり色々接近を試みてること。
男忄生は独身だけど彼女さんいるらしいからいつも断ってるんだけど、
私が口を滑らせたのが原因だったら申し訳ない限り。

お金持ちって意外なとこにいるんだなーという話。
続きを読む

667 :きまぐれ鬼女 2013/02/24(日) 13:43:40 ID:UHWU9c4q
高校卒業後、バイトとパチ〇コに明け暮れた後、
20代で結婚して専業主婦になった幼なじみの友達がいる。
私は20代で下積みを経て、30代の今はデザイン系の仕事で独立している。

その友達が私の仕事の事を聞いてきたので、作品等を見せた事があるのだけど、
「ソフトさえ使えれば、私の方がうまく出来そう」って言われた。
いや、あんたが遊んでいる間に、私はそのソフトを使いこなすのに苦労してたんだよ!
友達は、子供の頃からスポーツも勉強もセンスがあって要領よくこなしていたので
未だに「やれば私の方が出来る!ただやる気が無いだけ」ってスタンスなんだけど
その「やる気」が無けりゃ何の意味も無いよね・・
続きを読む

1 :きまぐれ鬼女 2013/08/30(金) 19:32:48 ID:F2emrA7B0
私「あの、良かったらメールください!」

相手「え、ああ、どうも」



バイト終わりにスマホ見たらメール来てる

相手「さっきメアドもらった者です。僕に何か用ですか?」

私「メールありがとう。もし良かったら今度水族館とか行きませんか」

相手「ごめんなさい。彼女がいるのでそれは出来ません。」

\(^o^)/
続きを読む

520 :きまぐれ鬼女 2008/11/29(土) 13:14:23 0
夫には、姉と妹がいます。
両方とも、オタク気味で、声優を目指してるらしいです。
私も実は、過去にそういう経歴がありますが、

中学2年の頃、声優のアフレコを見学しに行ってから、
「これは無理。演技がきちんと出来てないと出来ない仕事。
生半可な憧れを持った私には、絶対に出来ない。」
と諦め、ただの声優ファンぐらいでとどめておきました。

まあ、今は新人の声優さんはわからなく、昔の声優さんがテレビのナレーターで出てきた
時に、「あっ!」って反応するぐらいですが。

妹コトメは、声優をやはり声優を目指していて、今20歳代前半です。
10代の頃から演劇を研究し、劇団でも活躍しています。
勿論、それだけじゃなれないのを知っていて、働いてお金を稼いで、養成所に通っています。
とりあえず、25歳ぐらいまで続けて、ダメだったら劇団の運営を考えるそうです。
結構頑張ってる姿に、素直に応援したくなります。

一方姉コトメなんですが。
30歳近いんですが、いまだ夢見がち。
でも、夢見ることはいくつになってもステキな事とは思いますが、夢だけなんです。
働きもせず、家にずっといるもんですから、体型がありえないぐらい丸いです。
それだけならまだしも、自分には才能があり絶対にどこかからオファーがあるはずと、
夢物語だけを語り、何もしません。
「私には、才能があるの。ただ世間がそれをわかってないだけ!
声優だけじゃないわ、ゆくゆくはアイドルやモデルになってテレビに引っ張りだこ!」
って感じです。
お化粧もろくにせず、ゴス口リっていうんですか?
ヒラヒラとした服を着て、秋葉原や原宿へいっちゃいます。
続きを読む

28 :きまぐれ鬼女 2012/05/04(金) 11:32:05 0
すいません、聞いてください。
今日の13時までに決断しなければいけません。
私はついこの間までバイトをしていました。

3月から入り、本当は9月ごろまでバイトを続けたかったのですが、
店長から「そんな短期バイトは申し訳ないが雇えない。4月いっぱいでやめてくれ。
実は君以外に長期で働いてくれる条件の良い人が見つかったんだ」と言われました。
ショックでしたが、確かに企業としては…と思い、やめることに同意しました。

その店長から電話があり、内容は「雇用条件の良い人にドタキャンされたので、
また4月からと同じシフトで働いてほしい」ということ。

私は大学を一浪し、予備校に通っているのですが、時間には余裕があります。

だから入ろうと思えば入れるのですが、
父親に「そのコンビニは信用できないからダメだ」と反対されています。

ネックになっているのは
・バイトの最終日にクレームをつけたお客さんに怒鳴られ、トラウマになっている
(店長のフォローなし)
・私より雇用条件がいい人が見つかったんだ、って言っておきながら…
続きを読む

444 :きまぐれ鬼女 2014/11/21(金) 14:36:51 ID:0hyLxQx3x
我が家の一人娘は、顔どころかオツムまで両親に似てしまい中学生になった途端ガクッと成績が下がり始めた。こりゃいかんと塾に入れるも塾の授業も分からないと泣きつかれる始末。旦那と話し合って家庭教師を頼むことに。やってきたのは大学生の先生。おっとりした女忄生で娘もすぐに懐いた。親としてはせめて平均点にと思っていたのだが、何と学年30番に入った。本人もびっくり。先生に夫婦でお礼を伝えると「いやいや娘ちゃんが頑張ってたので。私は見守りだけなので。」と。だけど先生が来てから娘はなんというか勉強の要領が格段に良くなった。おまけにお手伝いもしてくれるようになった。前はブーたれてたのに。
娘に聞くと「大学生になるとねー人暮らしになって、ママのやってるお仕事も一人で全部やんなきゃいけなくなるから予習のつもりでお手伝いしてた方がいーよって先生が言ってた。」と。もう何というか感動した。週2回に増やして欲しいと娘もやる気になっていたので、先生に契約変更をお願いすると、お断りされてしまった。先生は医学部で看護を専攻してらっしゃるのだけど、将来色々な職業の患者さんと接することを考えて週一で色んなバイトを掛け持ちしてるんだって。工事現場のバイトや警備のバイト、飲食店や本屋、果ては農家のお手伝いまでそりゃもう幅広く経験してた。「知ったかぶりで生活指導なんてされたら、私が患者ならムカつきますからね。その仕事のキツさとか特徴とか身を以て学んでみたいなと思いまして。女だから断られる仕事も多いですけど、大分私もしつこいので。拝み倒しました。」と仰るので何で家庭教師もしてるのか聞くと「小児の患者さんで、学校を長期間休むと親御さんも本人も勉強の遅れを心配なさるんですよ。院内学級とかもあるんですけど、少しでも勉強教えられたらいいかなって。甘い考えですけど。」って。娘は感動して、勉強頑張って先生と同じ大学にいきたいって言い始めた。そんで早速2人で部屋に篭って勉強してた。娘のやる気は持続して、ついに学年一桁に順位を上げた。旦那も私も心配になるくらい頑張って、県内有数の進学校に入学。そこでも勉強頑張って、なんと宣言通り先生と同じ大学に合格。先生が大学院に進学したので高校卒業まで面倒みて貰えたのが幸いした。
うちは本当に先生に恵まれたけど、他所の家庭はやる気のない大学生ばかり派遣されて散々だったらしい。もしもうちに派遣されたのがあの先生じゃなかったらと思うと少し怖い。
にしても看護の教科書ってお高いのね…。タイムリーに少し家計が修羅場よ。
続きを読む

このページのトップヘ

逆アクセスランキング