きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

スピーチ

446 :きまぐれ鬼女 2020/10/06(火) 09:47:08 ID:iM.se.L1
離婚してから女手ひとつで育ててきた息子に裏切られた

コロナが流行り出す少し前に息子が結婚した
恥ずかしながらいわゆる授かり婚というやつで、お嫁さんのお腹が目立つ前にと急ぎ挙げた式だった
でも頼る親もなく本当に一人でがむしゃらに働いて育ててきた息子の晴れ舞台に感無量だった、最初は
直近まで結婚の話をされなかったことや、親族の顔合わせでそっけない紹介をされたのは引っかかったが流した
別れた元夫と同じテーブルに案内されたのも我慢した(腐っても息子からしたら父親なので)
でも、息子からのスピーチで貶されたのは許せない
・シンママ家庭で育ったせいで青春を楽しめなかった
・鍵っ子で寂しい思いをしてきた
・ろくにゲームを買ってもらえず、同級生の話題に入れなかったせいで恥ずかしかった
・でもこれからは子に同じ思いをさせないよう父親として頑張ります!
・離れて暮らしていても援助してくれていた父に心から感謝しています!
だそうだ
元夫の勝ち誇ったようなニヤニヤ笑いが今でも忘れられない
けして裕福とは言えないまでも、私なりに我が子に向き合って育ててきたつもりだっただけに、息子の発言は衝撃的だった
私だって好きでシングルになったわけじゃない
不イ侖した元夫が家に帰ってこなくなったので息子を連れて逃げた
慰謝料も財産分与も微々たるもので、養育費も月に二万しかもらえなかった
足りない分を働いて働いて埋め合わせて、体のあちこちが悪くなった
息子はよく食べる子だったので、せめてお腹いっぱい食べさせてやりたいと思ってそうなった
ゲームはDSなど携帯ゲーム機なら買い与えていた(据え置き型は贅沢だし勉強の邪魔になるから買わなかった)
息子の反抗期にも耐えてようやく送り出せたと思ったのに、たまに会う父親以下の情しか抱かれていなかったという現実を突きつけられて、目の前が真っ暗になった
私より妻子を捨てて他の女の元へ走った男の方が尊敬できるのか
たまに小遣いをくれて食事を奢ってくれるだけで、普段から世話をしている人間よりも上位の扱いになるのか
ゲームの話ができないから友達が少ない?自分にコミュニケーション能力がかけていただけの話では?
言いたいことは山ほどあったが、気分が悪くなって途中退席したので後のことは知らないし、その日を境に息子とは疎遠になってしまった
いや、正確には疎遠にしているのは私だけで息子夫婦からはどんどん接触しようとしてくる
今風の家庭とあって共働きのようで、私に孫の世話を頼みたいらしい
すっかり息子への愛情が折れてしまったのでもう何もしたくないから断るのだけど、息子はそれが理解できないみたいだ
「今なら母親として挽回できるのになぜ断るの?チャンスだよ?」と不思議そうにしている
もう結婚して別世帯なのだから私をあてにしないでくれ
開放してくれ
もう疲れた
子供に同じ思いをさせたくないと言っていたじゃないか
自分で世話してあげたらいい
私からの援助をあてにしないで、自分で稼いでゲームでもなんでも買ってあげればいいでしょう
一人にしてくれ
息子からの留守電を見つけて朝から憂鬱になってしまった
長文ごめんなさい
続きを読む

62 :きまぐれ鬼女 2007/12/26(水) 17:51:00
自分の結婚式だが
旦那の叔父がスピーチで、私の名を間違えて何度も「元カノ」の名で読んだ
場内シーン
元カノとは結婚を前提に5年間付き合ってて(結婚直前性.格の不一致で
お互いマリッジブルーになってイッキに破綻)
その半年後、私と付き合って3ヶ月後に結婚だったから
名前を間違えるのは仕方ないかな~と私は生暖かく見守っていたが
どんどん旦那の友人&親族席側の方がブルーになっていって
みんな下を向き出した
(ちなみに旦那も叔父の大失態にどうすればいいのかわからず
オロオロするばかり)
仕方ないから新婦の私が
「叔父さん、名前間違えてるよ~元彼女の名前を連呼してますよ~
お詫びにお祝い金はずんでね♪」とフォロー
会場はイッキに爆笑したが
叔父は自分の失態に真っ赤な顔して平謝りで、そのまま逃走し帰ってこなかった・・・

その後我が家に叔父から本当に「お祝い金30万」送られてきた
式の時「10万」貰ってる(北海道の会費制なんで、10万でもかなり多い方)
叔父にとってはなんて不幸な結婚式だったんだろう・・・
親戚で会って酒入るたびに言われてるしw
続きを読む


9
: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/05(日) 17:45:42
新婦側友人として出席した式。 

新郎新婦は職場結婚。 
私は学生時代の友人として出席したんだけど 
かなり大きな会社だったこともあって、職場の人たちも大勢呼ばれていた。 

空気がおかしくなったのは同僚男性のスピーチから。 
スピーチの内容そのものは特におかしくない。でもさかんに新婦の名を 
「ヒデヨさん、ヒデヨさん」 
と呼ぶ。 
新婦の名は「××代」ではあるが、ヒデヨとは読まない。
続きを読む


27:1/22010/07/01 16:21:07
阿呆同僚の結婚式が決まったらしくてイライラしたのでこいつが不幸にした結婚式を晒す

数年前の結婚式。
新婦がいわゆるレ**未遂事件の被害者だった。(※未遂です)
帰り道に突然襲われて、たまたま通りかかって助けたのが同じ会社の男性社員で
警察に通報したりしたらしいんだけど、こいつが口が軽くて物凄い勢いで噂が流れた。

実際、翌日からしばらく新婦は仕事を休み、そのまま退職した。 

しばらくたってハン人の大学生が逮捕され、余罪が複数あったのと、 
この大学生の母親が私の個人的な知り合いだったことに驚いたけど、それはまた別の話。 

で、恋人だった新郎も有休を取ったりしていて、やっぱり本当だったんだ、とさらに噂は広まった。 
ただ、二人はそのまま付き合い続け、数年後傷が癒えた新婦と新郎が結婚した。 
ここら辺の経緯は時々聞いていた。 

披露宴に呼ばれたのは、新婦・新郎の同僚の私ともう一人の同僚のみ。 
同僚は友人代表でスピーチを頼まれていたのに、調子に乗ってお酒飲みまくってベロンベロン。 
自分のスピーチの番が来たときは、スピーチメモをどのポケットに入れたかすら覚えてなく 
即興でグダグダなスピーチをしていた。
続きを読む


31:愛とタヒの名無しさん2010/08/10(火) 00:40:21
数年前に出席した幼馴染の式。
新婦の父は学生時代に事故で他界しており、席には父親の写真が置かれていた。

「お父様を亡くされた後もお母様が女手ひとつで一生懸命新婦様を育ててこられたとのこと。
 ○子さんは家事も得意で料理がとてもお上手と△男くんから聞いております。
 彼女が優しくしっかり者なのは、そんなお母様の姿を見て育ったからでしょうね」
こんな内容のことを上司らしき人がスピーチ。とても良い内容。
すると新婦親族席のほうから年寄りの声で「適当いうんじゃねぇ」というような小声の野次が。
新婦も新郎と顔を見合わせて微妙な表情。 

実は新婦母として座っている人は故新婦父の再婚相手で新婦とは血が繋がっていない。 
再婚後、新婦のことが(おそらく)邪魔だったらしく地元から離れた高校の寮へ新婦を入れた。 
その後新婦父タヒ亡、新婦は大学へ行きたかったけれど費用面などで継母の反対に遭い叶わず 
高卒で地元から離れた土地でそのまま就職している。 
継母からは可愛がられたことはなかったそうだし、ほとんど一緒に暮らしたこともない。 
ここらの事情は私や他の友人、新郎等親しい人はみんな知っている。 

野次はその控えめな一言だけだったけれど、事情を知る人みんなが微妙な気分になった。 
でもそれ以上のトラブルはなく式は終わり、新郎新婦は今も仲良く暮らしている。 
今も彼女とたまに連絡を取るけれど生い立ちを知ったお姑さんがとても優しくしてくれるようなのが幸い。 
続きを読む


710:愛とタヒの名無しさん2010/08/02(月) 22:16:42
友人の結婚式でのこと。
新婦側でスピーチするはずだった人が飛行機のトラブルで到着が遅れるとの連絡が入った。
ギリギリまで待ったものの、どうしてもたどり着けなかったみたいだった。
式場の人が私のところにやって来て「新婦があなたに代わりにスピーチをしてもらえないかと言っております」とのこと。
いきなりのことでびっくりしたけど、今まで何度かしたことがあるし新婦友人スピーチがないのも可哀想だと思いその話を受けた。

考える時間なんて5分もなかったけど、新婦は料理上手でそれ関係の資格も持っているので、
「彼女は料理が上手で私もよくごちそうになりました。それを毎日食べられる旦那さんがうらやましいです」っていう話をした。もちろんおめでとうございますも言った。
客もほとんどみんなピンチヒッターのスピーチだったことを知っているので、暖かい拍手をしてくれた。

それなのに、司会(会場で用意されたプロの人)が「なんか食いもんの話ばっかりでしたね」とバカにしたように大きな声で言い出した。
そりゃすばらしいスピーチじゃなかったけど、司会者も私が代役であることを知っているのにそれにツッコミ入れなくてもいいのになと思いつつ、新婦の父(私と面識あり)が司会者に対して怒り出しそうだったので、私はひたすら笑顔で返した。

それでいきなり座がしらけてしまったようになって、そのあと司会の人自身が進行に困っていた。
かなり有名で格式があるところでの結婚式なのに、なんだかなあと思った。

不幸とまではいかないかもしれないけど。
続きを読む

539:おさかなくわえた名無しさん2013/05/15(水) 09:47:58.71 ID:uMEqm7tQ
高校時代からの友人Aの口癖は
「私たち一番の親友だよね」
「他の人には言えないこともあなたには話せる」
なので私もそのつもりになってた
表面上の友人ではなく旅行にも何度も行き
お互い実家暮らしで家にも招くくらいの仲

就職後3年目でAは結婚。
披露宴で友人代表のスピーチは会社の同僚だった


友人代表が大学(小中高でも)の友人だったらなんとも思わない
同僚にスピーチ頼むのが通例の会社なら
友人代表とは別に枠を設ければいい
他の友人から「あなたスピーチ断ったの?」と聞かれ
「頼まれてないよ」と言うのがつらかった
友人代表でスピーチしたかったわけでもないのに
なんだかがっかりした

ちなみに私は人の前に立って話すのが
苦手なタイプじゃありません
社会人3年目の会社友人に負けたのが悔しかったのか?
自分が「一番の親友」と言われてたのに
扱いが低かったとがっかりしたのか?
元々その程度の付き合いとして考えたほうがいいのか?
ともんもんとしています

他の友人は皆独身で「あれは酷いよね」と言っていますが
既婚女性から見てどうですか?
私の心がせまいのでしょうか?
それとも今後は浅く付き合ったほうが賢明でしょうか?
続きを読む

106愛とタヒの名無しさん 2011/03/07(月) 12:07:55.07
上手くまとめれなかったので少し長いです。

従姉の結婚式の披露宴でのことだったんだけど、
新郎友人のスピーチで女性が出てきた。
うちは田舎者ばかりなので
結婚式に異性の招待客はあまり歓迎されない。
でもおめでたい席だし、
今時そこまでやいやい言うのもどうだろうということで
招待客名簿を見た時も 
親族の誰も異論を唱えなかった。 新郎側スピーチで女性が出てくるというのが物珍しいということもあって
普通は軽く聞き流されるスピーチも
一族皆思いっきり注目だった。
それまで適度にリラックスしていた感情の雰囲気が
一変、この女性は新郎の何だろう?という雰囲気になっていた。
自分のスピーチの番に来た途端
いきなりそんな空気になったことに動転したその女性は
しどろもどろのスピーチ。

しかも身の潔白を晴らそうと思ったのか
「新郎さんとは親しくありません」
とか
「あんまり知りません」
とかスピーチにふさわしく無い言葉だらけに。家も近所で幼なじみで兄弟のように育ったという紹介だったのに
この言いわけは 身の潔白を晴らすどころか
余計怪しげな状態になった。たぶん 少し酔った親族の
「あれは新郎の元コレ?」みたいなことを言ったのが
スピーチ女性の耳にも聞こえてたんだと思う。
それで余計頑張って誤解を解こうとしたんだろうと思う。
続きを読む

950:愛とタヒの名無しさん2010/02/24(水) 23:07:22
5年くらい前に新婦友人として参加した式。
新婦友人は全部で20人くらい招待されていて、
そのうち7割は大学時代の友人らしかった(私は中学からの友人)

で、その大学の教授も招待されててスピーチしたんだけど
内容がその場にいる新婦友人と新婦の比較オンリー。
「Aさんには無かった向上心が新婦にはあった」
「グループ学習で評価が高かったのは新婦だけ」
「Bさんは課題の提出が遅かったが新婦は早かった」
「新婦の柔らかな性格をCさんも少しは見習って」など。
そのうえ、
「入学卒業時と時節ごとに気の利いた贈り物をくれたのは
 新婦と新婦のご両親だけだ。
 素晴らしい娘さんには素晴らしい両親がいるものだ。」ときた。

教授への贈り物なんて他人から見たら点数稼ぎにしか見えないけど
新婦家族と教授は昔から付き合いがあったんだとか。
でもそれを知らない新婦友人たちが「なるほどね」「だからか」などと
納得したような納得してないような半笑い顔でザワザワ。
その後はずっと新婦の存在を無視するような振る舞いになって
新婦は泣きそうになってた。

教授はずっと懇意にしてきた一家の、それも一人娘の式で
はっちゃけ過ぎただけで悪意は無かったんだと思う。
だけど新婦はスピーチ1つで多くの友人を失ってしまったと嘆いてた。
続きを読む

947:愛とタヒの名無しさん2011/05/19(木) 18:42:28.67
545:名無しさん@十一周年 :2011/05/19(木) 18:30:37.76 ID:7yCUway60 [sage]
知り合いの結婚式に行ったら
招待客の中にウェディングドレスで着た女が居てびっくりしたことがある
新郎の元カノで、スピーチの時に呼ばれてもないのにツカツカ前に出て来て
新郎との楽しかった思い出(△△ライフ含む)をニコニコしながら話して
「そんな彼ですけど、どうぞお幸せに」と言って帰って行った
会場は水を打ったように静かになってて
スピーチして帰って行くその女の後ろ姿と、隣の新郎を新婦が鬼の形相で睨みつけてた
帰り道、友人とあの夫婦がいつ離婚するかで盛り上がった

女をその気にさせて振る男は気をつけろよw
続きを読む

このページのトップヘ