注目の人気記事

ストーカー

189: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/21(日) 09:37:09 ID:TbHI+xNL
 
軽度の勘男、しかも(ほぼ)未遂の話。


サークルの男Aは女Bの事が好きだったんだけど、
グヂグヂとしてて告白も出来ず、せいぜい挨拶するのが精一杯程度だった。
そうこうしてる内にBは同じ学科で、Aとも知り合いであるCに告られ付き合うことに。
BとCは最初友人から、と言う事で付き合い始め、一緒に居る内にBもCを好きになり、

それで今では仲良しカップル。

Aはすごく落ち込んで、みんなで慰めたりしてたんだが、
その時「俺がもしCより先に告ってたら今Bの隣にいたのは俺かもしれない」とガックリ。
それが段々「俺だったはず、いや俺だ!」に変わってた。
元々俺はCよりもっとBと仲が良かった→Cよりも俺の方が愛情度は高い
CですらBを振り向かせられた→俺ならもっとBを大事に出来る→俺の方が上

→つまりBはCより俺の方が好き。


でもなぜBはCと付き合ったのか…
わかった、俺が告らなかったからだ!Bは絶望してCに寄り道をした!
→かわいそうなB、俺が悪かった→早く告って晴れてBと付き合おう!
→もう俺たちほぼカップルじゃない?→すでに脳内カップル成立。
しかし形式上とはいえBには一応彼氏が居る。
優しいBはすぐにCと別れて俺と付き合う事は出来ないだろう。
ならしばらくはBと一緒に居る時間を増やして、BにもCにも心の準備をさせよう!

俺と一緒に居る事でBの心の変化にCは気がつくはず!→
Cはいい奴、このままヤツをピエロwwwにしてはおきたくない→軽いストーカー化。
とはいえこのストーカーも事情を知ってる人が見たら分かる程度だった。
Bの後ろの席に座ったり、他愛ない事で話しかけたり、
数人グループで昼食を取った時に調味料を取ってあげたり…
つまり友達なら普通にやる事、前のAには出来なかった事。

もちろんBは全く気がつかず…


しかしこのトンデモ理論をぶちかました男のやる事と思ってみれば薄ら寒い。
ネチネチネチネチとBの周りをうろつくAに業を煮やして

サークル飲み会でAに話をする事にした。
続きを読む





184: 名無しさんといつまでも一緒 2013/08/31(土) 17:04:26.32 0
今日が最後の夜になるかもしれない。 

彼女が切り出したくても言えない
別れを俺から告げようと決めた 

彼女の変心を気のせいだと思いたい… 

別れたくない って返事を期待してる俺が居る 

離したくないよ…

続きを読む

474: 彼氏いない歴774年 2009/07/09(木) 00:30:39 ID:BhQsMvm+
 
コナンが好きだった。とゆうか新一愛してた。私のライバルは蘭だった。 

体育選択はもちろん柔道。そして意味なく空手を下に見ていた。 
知識があり頭の良いところを皆に教えてあげたくて自作自演。 
ふんふん頷きながら巧妙に隠した学級費を見つけ出す。即バレ。 

学校行事の度に、教室のカーテンの傍で新一と待ち合わせ。 
当然来ない新一を想い「またか…あの推理バカ…」←ここで涙目で笑う。 

※人が近くにいるときに発言。

昼休みにおもむろに黒板に「新一」と書き、切なさを込めてため息。

またも人が集まってる近くで「なんなのよぅ…アイツ」と言いながら机にキック。

帰りの会が始まる寸前、シーンとなる瞬間を狙ってできるだけ皆に聞こえるように
「もう待っててやんないゾ…さらわれないって思ってんのかな?…バーカ」
と机にうつ伏せになり横向きになりながら発言。

新一に愛されてる私は黒の組織にも狙われる訳で。街中でいきなり、
「もうやめてよっ…こんなことしてもっ…アイツのこと守るんだからぁっ」
と言いながら体を抱き締めて座り込み、泣き出す。

暗黒の中学生時代でした。
高校では新一熱はややおさまるも、同級生の女の子をストーキングし、
学校全体を巻き込む大騒動を作


続きを読む

611: 名無しさん@HOME 2011/08/04(木) 10:16:38.60 0
じゃあ、ストーカーつながりのプチ修羅場を。
当時私は高校生。一応女。
でも、体育会系バリバリで日焼けはしてるし紙は短いし足は太いし
出るとこ出てないんで暗がりで見れば男に見えなくもない。
ここまでが前提。

私の日常のスケジュールは部活が終わると整骨院に行って膝の治療
その後家に帰って5キロばかりジョギングというパターンだった。
ジョギングといっても全力疾走だったんだが。タイム測ってたし。

で、ある日整骨院に行ったところ、警察さんと小学生くらいの女の子
とお母さんがいた。院長にどうしたのか聞いたところ女の子、塾帰りに
ストーカー(当時は痴漢といわれた)に追いかけられてるらしい、ここの
患者かもしれん、場所はどこどこで背格好はこのくらいの男らしい、
ってこと。心当たりない?って聞かれたんだけどさ。(面通し?もかねて
たのか?今はそんなことしないと思うが)
まるっきり私だよ、それw

ま、大体同じ時間に走ってるし全力ではあはあ言いながら走ってるしw
思い返せば確かに何回か、前に自転車がいたなあ・・・・って話して
奥でジャージに着替えて私をみてもらった。

その後その女のこの家の家族と仲良くなって彼女は私の義理の妹に
なりましたとさ。

披露宴でその話をされた時は軽く死ねたけどね……


続きを読む

493: 恋人は名無しさん 2009/01/12(月) 04:42:06 ID:9NHQARed0
もう4年前。
当時私22、彼氏22、付き合ってまだ1ヶ月半だった彼氏の家に初めて遊びに行った。
その時は彼氏のお母さんと妹が家に居て、挨拶したらすごく感じが良かった。

それからお互い忙しくてあまり会えなくて、2週間くらい普通に過ぎた。
そしたら急に知らない番号から携帯に電話がかかってきて、出たら彼氏のお母さん。
「絶対に結婚は認めない!!」とか何とか言われ、ヒステリーに延々に怒鳴りまくられ
こちらの話す隙もまったく無いし、ファビョリ過ぎて何言ってんのか分からないので切った。
私は全く何のことだか分からず、彼氏に電話して聞くと、どうやら彼氏のことが好きな
彼氏の家の近所の女の子?が私が彼氏に結婚を迫っているとデタラメ吹き込んだらしい。
彼氏がいくら否定しても親は信用せず、私と別れろと繰り返すらしく。
思い余って彼氏が「いい加減にしろ!!!」と近くにあった電話台に当たったら
両親は「息子が家庭内暴力を!!!これもみんなあの女(私)のせい!!!!」と余計に別れろコール。

そして彼氏は家を出て、親に黙って一人暮らしを始めた。
すると彼氏の両親は彼氏が私の家(実家)に転がり込んでいると勝手に決め付け、
私の携帯に四六時中電話してくるようになった。出ても全く話にならないし、ヒステリーに何時間も
喚き立てられるばかりなので、着信拒否したが、それでも彼父彼母の着信が1日30~40件。

さすがに私もストレスなので、「これ以上事が大きくならないうちに別れたい」と
彼氏に言ったところ、彼氏は「お互い好きなのに、親のせいで別れるなんて納得できない」と受け入れず。
私もまだ好きだったのでその時は別れはうやむやに。

続きを読む

26: 恋人は名無しさん(1/2) 2009/05/25(月) 16:46:08 ID:j2686omu0
厄払いの意味で投下させてください。

彼に言い寄ってストーカーっぽくなっていた女とのバトル…っぽい話。
どこかから私の携帯番号をゲットして、突然夜中の1時過ぎにかけてきた。
私は私でA子がうざくて仕方が無かったので闘志がメラメラ…だと思ったんだけど…。
お決まりだけど「彼君と別れてください」「私のほうが彼君の事を好きです」、
「○年も付き合ったんだから、もういいじゃないですか」「(私)さんばかりずるい」
で、私はといえば「ふーん」とか「はぁ」とか「うん、それで?」とか気の無い返事。
多分A子は私が取り乱してくれるのを期待していたんだろうと思う。
だけど私は何とも思わなかったし、こういうことを言ってくるやつって本当にいるんだなとか考えていた。
私はぜんぜんA子の期待通りに動揺しないし…とそのうちA子が言ってきたのが…
A子「A子、彼君とHしたんですよ」
凄く得意そうな声で、マンガとかなら「フフン」とか擬音がつきそうな感じというのかな…。
でも、それに対してもあんまり動じなかった私。
私「へ~、それで?」
A子「え?だから…」
私「だから?Hしたから何?」
A子「え、え…いや、だから…Hしたから…」
私「うん、別にいいんじゃない?」
A子「…うそです…してません…」
私「うん、わかってる」
A子「…」
その後かなりふじこってたけど、もう眠くてたまらなかった私はPCのメールから彼に連絡。
電話自体は結局3時間近く付き合った気がする。大半が無言だったけど。

続きを読む

57: おさかなくわえた名無しさん 03/03/18 16:02 ID:41W+RX49
当時付き合っていた彼女がストーカー被害にあっていた。
相手は俺も面識がある奴。
そいつは某フルコンタクト空手ヘビー級の黒帯。
俺はアマチュアだが試合にも出場しているライト級ボクサー。

話をつけに行った。だが、逆恨みで火に油を注ぐ可能性があったので
喧嘩をする気は全く無かった。
上手く話し合いでケリがつけばラッキー。
駄目なら、相手の気が済むまでボコられる積もりだった。
どうやっても駄目なら・・・刑務所に入る覚悟(相手を殺す)でポケットにナイフを
忍ばせて話し合いに出掛けた。
続きを読む

647: 名無しさん@HOME 2011/05/23(月) 23:49:54

警察によばれたのが今まで生きて来て一番の修羅場だった。

ある日普通に帰宅したら警察が訪ねてきた。

何月何日どこにいましたかって。おぼえてないもんだねぇ。
スケジュール表開いてどこそこの会社に何時に訪ねてとか
教えた。証明してくれる人はと言うので、一緒に行った同僚を教えた。
●●△男さん知ってますかと言うので、知ってますと答えた。
高校の時の生徒会長で私は副で実は清く付き合っていた。

あっちは地元国立で私は関東私立で遠距離でなんとなく別れてしまった淡い思い出。

もう6年以上前なのに今更と思っていたら、今彼は結婚しようと
している彼女がいるがその人に執拗にストーカーがいて
彼と別れろと脅迫文が来ていて、それに私の名前があったそう。

私のアリバイを聞いた日は彼女が農薬を掛けられた日時だとか。
これは解決してから聞きました。

もちろん同僚の証言と会社の勤務実績で私がその日にここから
出ていない事が証明されたが、脅迫文の筆跡鑑定を求められた。
いまごろ珍しく手書きだったんだって。
もちろん白でした。

そのあと実家にも聞き込みに行ったので、母と父ににかなり疑われた。
彼は地元ではイケメンで学歴地元では最高で公務員でお婿さん候補NO1
で狙っている子はざくざくいるらしく、いまさらおしくなったんじゃないかって。

同窓会にも帰ってないから彼のその後すらしらなかったのでとんでもないし

今更地元に帰る気も無いし親にののしられ損でした。

続きを読む

468: 名無しさん@HOME 2008/07/20(日) 19:19:54

昔コトメがしつこく付きまとってたストーカーを貰ってくれた事を思い出した。
続きを読む

このページのトップヘ