きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ストレス

320 :きまぐれ鬼女 2021/11/25(木) 14:12:43 ID:HH.pj.L1
ものすごく理不尽です

大学生の頃付き合ってた彼女には一回り上のお姉さんがいて、
旦那さんのDⅤに耐えかねて離婚して出戻ってきたと聞いた
結婚した時は優しかったけど段々態度が変わって人前でも姉を怒鳴り散らすし
財布も旦那が管理して、子育て中で専業中のお姉さんは
どんな用事にいくら必要か説明してお金を貰わないと買い物もできない
買ったものもレシートで細かくチェックされるというから
そんなひどい男が世の中にいるなんて信じられないと思ってた

でも、お姉さんが実家に戻ってきて数か月経つと
お姉さんの生活態度が悪い、家中を散らかす、人の物を勝手に使って返さない、
家事をするというから母親が食費を渡したら
その食費で自分の服や欲しいものを買ってすぐ使い切ってしまう、と
よく愚痴を聞くようになった
だから「結婚中もそういう態度なら旦那が人前で怒鳴るのも
お金を管理してたのも仕方のないことだったのでは?」というと
「そうとしか思えない」と彼女も同意してた
お姉さんが子連れで出戻って彼女もかなりスト乚ス溜まってたと思うけど
会う度にお姉さんの愚痴を聞いてたらある日急に
「なんで俺はそんな頭おかしい身内がいる子と付き合ってるんだろう」という気分になって
一度そうなったら、これまで可愛いと思ってた彼女が急に気持ち悪くなった
彼女はこれまで通りなのに俺の見る目が変わって、
なんでも悪く解釈してイラついてしまう

ちょうど就活がはじまって忙しくなったからそれを理由に距離置いて、しばらくしてから
「就活うまくいかなくて精神的にしんどいから別れて欲しい」と頼んだ
彼女はすごく泣いてたけど、その泣き顔も見るだけで腹立つ状態で
頼むから俺の前から消えてくれ‥!と必タヒに願ってた
我ながら本当に理不尽で申し訳ないことしたと思うけど
最近たまたまネットでその彼女のアカウントを見つけた
結婚して子供産んで元気に暮らしてるみたいで良かった
続きを読む

548 :きまぐれ鬼女 2011/07/21(木) 15:31:35 O
4年前に妊娠中に不イ侖発覚、スト乚スから流産し離婚した元旦那から最近来たメール。
携帯からにて、見辛かったらすいません。原文誤字そのままです。

「件名」
久し振り
「本文」
久々にデズニーの映画を見て、思わず連絡してしまった俺を許してくれ。
〇〇はデズニー映画が好きだったね、そんな夢見る少女の様な所が好きだった。

俺は悪い魔女に騙され捕らえられていたんだね、魔女の作った毒リンゴで苦しめられた君に気付かないママ。本当にごめん。
大丈夫、もう魔女はいない、だから安心して助けにいける。
魔女の毒で星になってしまった△△の分まで幸せになろう、今度こそ大切な小さな命を守ってみせるよ。

〇月〇日の俺の誕生日
0時ちょうどに迎えに行くよ
君の好きなデズニー映画の王子のように
ガラスの靴を片方持って
毒ランゴを食べた君を生き返らせに
君の声を取り戻しに

どうか愛のキスでプリンセスが目覚めましよう
そしてそのままベットの上であの頃の様に熱く愛を確かめ合いたい、バースデープレゼントはプリンセシ、なんてな(笑)


気持ち悪い。
ついでに何を勘違いしてるか分からないが、私の好きな デ ィ ズ ニ ー 映画はピクサー作品だ。
つか流れてしまった命をさも自分は被害者だと思っている他人事な口振りにはらわたが煮えくり返りそうだ。
続きを読む

729 :きまぐれ鬼女 2021/06/11(金) 15:59:45 ID:RO.r9.L1
縁を切った人からしばらく経っても連絡が来る事があるのがスト乚ス。
私はスト乚スを溜め込む忄生格で、人に反対意見をあまり言えない。
それにつけ上がってどんどん増長していく友人に耐えられずにFOかCOしてしまう事も多い。
そこまで深い付き合いではない友人には追われる事はないんだけど、親友に近いくらい仲良くしていた元友人たちは切ってから半年や一年、下手したら数年経ってからも連絡をよこす。
LINEをブロックしていれば携帯番号やメールに、それも拒否していれば別の番号やアド乚スから、それもダメならSNSなどから連絡してきたりする。
元友人からしたら、いつもニコニコしていて付き合いも良かったのにある日突然返信がなくなったりブロックされてショックだとは思う。
でも、もう付き合いきれないと思っている人間に悪いところを指摘してあげる義理はないと思っている。冷たいかもしれないけど。
それに、そういう人ってやんわり指摘してあげたところででも!でも!だって!と言い訳が激しいし、自分の事は否定して欲しくない癖に人の事はお構いなしに否定するから言いたくないんだ。
私は自分がこういう人間だから、もし人から拒否やブロックをされたらショックだけどその時点で諦めるし、何度も連絡なんてしない。
切られたのに何度も連絡してくる、相手の気持ちを考えない忄生格だからこそ限界が来て切ったのになーと思う。
つい最近も一年以上前に切った元友人から連絡が来て嫌な気持ちになったので、縁切り神社にでも行こうか検討している。
続きを読む

364 :きまぐれ鬼女 2020/03/26(木) 13:24:36 ID:05.xq.L4
今いる職場なんだけど、バックやら表の在庫棚の上やら備品紙関係でめちゃくちゃ汚い
すぐ使えるようにカウンターごとに備品が置いてあって、番号管理までされているのにあっちこっちに移動して意味がない状態
朝礼の時に取り上げたりして注意喚起してたものの、全く備品紛失がなくならない
使いたい時に使いたい物がないってのは結構スト乚ス
しかも、あっても使いっぱなしだから、まず補充するところから始まる(セロテープやホチキスの針など)
だから空き時間を縫って整理整頓や補充をしていたのだけど、最初は恐縮して感謝してくれていたスタッフ達がだんだん増長していった
たまたま私が休みの日とか目が行き届かなくて備品が切れていたりすると、わざわざ私のところまで来て苦情を言ってくる
ある時「困るんだよな~」って大きな溜息をつかれて流石にキレた
その日から一切補充管理をするのをやめて、翌日の朝礼でもどういった経緯で私がそれまで備品管理をしていて、なぜやめたのかも洗いざらい説明した
普段から職場をきれいに使おうと呼びかけていたのに改善されないし、私が払っている労力や好意による整頓補充もいいように扱われて残念だと告げた
そしたら「感謝してるからこれからも続けてほしい」だって
全然わかってない
元々事務処理の人間ではなくて(むしろ営業が多い)、私が伝えたかったことの10に1つも伝わらなかった事実に疲れて異動届を提出した
来月から本部に戻れる見込みだし、残り数日は雑用丸無視で自分の仕事だけ片づけるつもり
雑用してもらうとやってる人間を見下すのってなんなんだろうね(特に男の人)
それがないと困るのは自分なのにさ
続きを読む

572 :きまぐれ鬼女 2021/10/18(月) 10:22:14 ID:DZ.ky.L1
さっき離婚届を出して来ました。
理由は元夫が子供達の貯金を飲み代に使ったから。
それだけ聞くとそんな事でって言われると思うかもだが、それまでの経緯と元夫と義父の言い分からこれは直らないし教育に悪いなと思って決断した。
元夫と義父の言い分は給料が下がったから焦りと鬱憤が溜まっていた、スト乚スが多い日常で息抜きは必要だというものだけど、この2年弱続くコロナ社会で誰しも息抜きがしたい。
それに私も働いているし、夫婦合わせたら生活費に危機はない。
それでも一家の大黒柱の男のプライドという。
そんな理由でお小遣いを超えて子供の貯金箱からお金を抜き取って飲み屋で使うなんて親として情けない。
その貯金は息子達が犬を飼うために貯めてたお金だと知ってたはずなのに。
だから離婚した。子供達には「そんな事」と考える人にはなって欲しくない。
もし気の迷いが元夫だけで義父が元夫を叱咤する側だったらこうはならなかったと思う。
でも直るチャンスがないなら仕方ない。
続きを読む

947 :きまぐれ鬼女 2021/05/09(日) 07:20:47 ID:oY.s2.L6
私は昔から厄介事を押し付けられたり八つ当たりで理不尽な被害を受け続けるタイプ
小学生の頃から既に理不尽の連続で生きてて楽しくない
そんな私が料理教室に参加したがまたクソつまらなかった
最初は楽しかったのに、すぐ問題児のa子が入ってきて滅茶苦茶になった
a子は周りの足を引っ張りまくるタイプのバカでいわゆる異様なくらいに空気が読めない
なぜか無関係の私がa子の世話係りにさせられた
というか全く親しくもないのにいつの間にかa子と言えば(私)さん!みたいなのが定着してた
小学生の頃からガイジや問題児と組まされて図画工作の作品を複数回壊されたりしてたのに、大人になってからもこれかとスト乚スで何度も吐いた…
休んでる時ですらa子のやらかしの愚痴を電話で聞かされたり「貴方がいないからよ!」と怒鳴られたりする
なんというか世界が私を苦しめるために変わっていて私がお世話係りの前提で何もかもの話が進んでいる…
料理中ですらa子に構いっきりになるから私は料理をならいに行ってるのに何も完成しない事も珍しくなかった

そんなa子が成長してめきめき上達してプロ級になって空気の読めなさも緩和されて人並みに他人に関われるようになったのが衝撃
「あのa子がこんなに立派に…」と皆が驚いているがお世話係り押しつけられて疲弊しまくった私は全く上達もしないし孤立したまんま
調理器具を見るのも嫌で辞めたし最終的にはコンビニ弁当しか食べなくなった
レシピ本とか全部捨てようかしら
私の人生いつもこう
誰かに疲れさせられている
続きを読む

650 :きまぐれ鬼女 2021/04/18(日) 17:16:15 ID:cl.vs.L1
スレチだったら申し訳ないです。
高校時代からの付き合いで現在法学部生の友人がいます。(以下A)
Aが公務員試験を受けるそうで私に英語やら経済学やらを聞いてきます。(私が経済学部生なので)
数回ならいいのですが、Aがわからないことがある度に電話で聞いてきます。一人の時間を奪われてスト乚スです。
英語に関しては基本的な単語や文法がわかっておらず、それにいらいらして「俺に聞くより単語や文法をやったほうがいいよ」と言ったのですが、Aは「単語もわかんねえくせに俺に教わるんじゃねえよってこと?」っていうふうに解釈して正直めんどくさいです。
私の心が狭いのでしょうか。
続きを読む

646 :きまぐれ鬼女 2021/02/13(土) 10:59:49 ID:6v.be.L1
短大出て就職した頃、生活の変化によるストレスのせいか精神的に不安定になり
心療内科を受診して薬を飲むようになった。
ところが、当時付き合ってた彼氏が「そういう薬を飲むからダメなんだ」と言い出して
服薬を邪魔してきて、あげくに薬を捨てられた。
「精神科の薬は強すぎる」「依存症になる」って。

私も洗脳されかかってたけど、幸い家族が私の様子に気付き、彼氏と引き離してくれた。
彼氏には別れ際「お前みたいなのをメンヘラというんだ。家族もキチガ亻。お前を捨てて正解w」と罵られた
その後はきちんと通院・服薬できるようになり危機脱出
1年後ぐらいには医師の指導で減薬~断薬した。再発もしてない

それから10年以上経った、つい最近
唐突に当時の彼氏から連絡が来た。
鬱だか何だかを発症したらしい。
「君が通っていた病院と主治医を知りたい。君はすっかり治って再発もしてないと聞いた。精神病を治せるなんて、名医に違いないから、俺もそこにかかりたい。
君なら俺の辛さを理解してくれる。いろいろ話したい」
ですって…

「私はとっくに結婚しているので、昔の彼氏となんか話しません。二度と連絡するな」とだけ返事をしたら、びっくりしていた。
わたしの病気が完治したことだけ知ってて、結婚のことは知らなかったのが不思議
とにかくいろいろ神経わからない


続きを読む

659 :きまぐれ鬼女 2020/12/21(月) 09:51:41 ID:ir.z8.L1
同居の兄嫁がうるさい。
兄嫁は現在妊娠中なんだけど、忄生別が男の子でほぼ確定してるらしくて発狂してる。
「ちゃんと産み分けしたのに!」とか「女の子体操?してたのに!」と喚いてて、最近では「他人(私)が家にいるからストレスで忄生別が変わったんだ!」とキチガ亻じみた事を言い出して草。
じゃあ出ていけよ。
続きを読む

119 :きまぐれ鬼女 2007/10/25(木) 18:31:33 0
わざわざ夕飯時に凸してきて、夕飯を我が家で食べていくトメ。
ウトも他界し、寂しいのだろうと思ってもてなしていた。
しかし夫が夜勤でいない日を狙い、週2でやってくること3年間。
「嫁子の作る食事は塩辛い、甘すぎる、味が濃い、高カ口リー」
「○○家の味はこんなじゃない。こんな食事で息子タンがかわいそう」
文句を言うわりには完食。時には余ったおかずを持って帰ろうとしたり。
かと思えば、夫の前で「嫁をしつける姑」を演じたいのか、
「嫁子さん!煮物のひとつも作れないようでは困りますよ!」と、
これ見よがしに鍋の中身をゴミ箱へ・・・という事もやってのける。
(この件は、食い物粗末にすんな!帰れ!と夫が〆てくれた)

この前も夫を夜勤へと送り出したら、入れ違いにトメが。
夕食を食べさせていたら、またいつもの「ありがたいお言葉」が・・・。
もういい加減頭にきてて、ストレスで無排卵月経になったりしてたので、
一発ぎゃふんと言わせてやろうと、実はこの時をwktkしてた。
ダイニングにICレコーダーを忍ばせ、その時の会話を録音。
トメ様からの
「年寄りにこんな物を食べさせるだなんて!
 こんな物食べるくらいなら、畜生の餌のほうがまだマシ!」という
後の反撃に役立つ、ありがた~いお言葉をゲット。
「ごめんね~、お義母さん。
 次は本でも見て、お義母さんのお口に合うようなの用意するわ」
「そうよ~。だいたい嫁子ちゃんは、この3年間ちぃ~っとも
 お料理上達しないし。自分の息子がこんな嫁と暮らしてるかと思うと
 ほんとガッカリ!あなたを鍛えてあげるために、心を鬼にして
 あれこれ 忠 告 して あ げ て る んですからね!」
その日は、そんな会話をレコーダーに収めて終了。
続きを読む

このページのトップヘ