きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

シングルマザー

20: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)15:48:48 ID:GsN
流れを切って申し訳ないけど、腹の虫がおさまらないので。

昔使ってたアドレスに、元友人から愚痴のメールが届いてた。
要約すると、シングルマザーで頑張ってるのに学童保育落ちた、行政もどこも頼りにならない、日本氏ねといった内容。

この元友人、数年前にDV&モラハラ男と離婚し、以来シングルマザー。
その離婚前に酷いボウリョクを受け職を失う程の大怪我をしたにも関わらず、病院に行こうともしなかった。
自分を含め、友人数人がかりでどうにか医者へ連れていき、診断書を出してもらった。
そして、こういった問題に強い弁護士も紹介して、彼女と彼女の子供達を逃がそうとした。
ここまで彼女がほぼ無気力だったのは、長年酷い扱いをされていたからだと思える。

けれど、離婚が確実になった途端、もめるのは嫌だからと診断書を破棄。
弁護士もお金は払ったのに自ら断って、相手の言いなりになる形で離婚。

それから一年もしないうちに、上の男の子は跡取りだからと相手に取られ、下の子も元姑に誘拐されかけること数回。
この時に、弁護士を入れてきっちり話をつけておくように言ったけどそれも拒否。
なのに、子供とられた、元姑がつきまとうと文句だけはしっかり言う。
怪我が原因で正社員になるのが難しいのも、離婚の時にきっちりしておけばいくらでも支援を受けられただろうに、その事についても文句。
独身時代の貯金全部とられたって嘆くけど、ちゃんと弁護士入れてたら間違いなく取り返せてた。
弁護士紹介した友人がまだ間に合うから今からでも弁護士に、って言った時に相手にもう関わりたくないからって突っぱねて、それが原因で彼女とは疎遠に。

こっちは彼女に余計なおせっかいをしたみたいに散々罵られて、もう友人とも思いたくないのに、なんで愚痴を聞いてあげなきゃなんないのか。
友達だから助けてくれるよねって言いたげな文面が、本当に腹が立った。
彼女のお子さんは可哀想だと思うけど、彼女を可哀想、助けてあげたいなんて微塵も思わない。
証拠を全部自分で手放しておいて、大変なんだから助けてもらって当たり前って思考が本当に理解できない。 
続きを読む

171: 名無しさん@HOME 2013/09/13(金) 12:28:11
 
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。 

母親はシングルマザーで、
とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。

3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、
その消印からそこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。


そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、タヒんだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、タヒんでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。

しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。

俺も母の中ではタヒんだことになっていた。
そして母は精神病に認定されて、施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自タヒ未遂までいったのが修羅場。


今は30代になり、あの修羅場がなければ、
今の嫁や子どもとも知りあってないし、

両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。
続きを読む

392: 名無しの心子知らず 2011/11/19(土) 14:59:16.24 ID:L75lsp7M
 
※シングルマザーでも素晴らしい方は沢山いるということを前提に。 

一週間前、新居にシングルマザーのaママとa子を招待しました。
その時は主人もいて私と私の娘、計5人で料理などを作って遊んでいました。 
途中から気がついたのですが、aママがやけに主人にベタベタ。 

おいおいと思いながらも見守っていました。

主人も目配せで私にaママどうにかしてっwwとやってきました。 
aママに『そこは主人にまかせていいから座ってよー』と言ったら
『え~いいよいいよー私ちゃんこそ座ってなー』と言われてしまいました。
いやwwここ私んちですがwwとも思ったんですが、
冷静に観察することにしました。
aママは主人を上目遣いでいちいち見つめやたらと笑顔。普段は鼻で笑う程度。
食後にはリビングの棚に飾ってある結婚式の写真を見て、
なんか私ちゃんって白似合わないよねーとか、
旦那さんすごくキマッてるじゃないですかー!とか

この時のメイク失敗したの?眉毛変だよ?など言われました。

まだあります
続きを読む

このページのトップヘ