きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

オカルト

23: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)22:58:32 ID:qPl
衝撃的っつーかちょっとホラー入ってるけど書き捨て。
当方アラフォー既婚者
GWに同窓会の知らせが届いたんで参加してみたら
厨房の頃に俺を苛めぬいてた主犯が
三人ほどこぞってタヒんでた。

一人は事故タヒ、一人は病タヒ、一人は変タヒだったらしい。
同じく苛めぬいてくれた一人が
「お前が呪いコロしたんだろ。早く呪い解けよ!」って
胸ぐら掴んできたんだけど、そんなもん知らんがな。
こっちは苛められた記憶なんざ
とっくに消化して平和に暮らしてたのにな。

まぁ、そいつが哀れだったから
「あー、うん。もう許したからな。
取りあえず呪いとか無くなったで。」って言っておいた。

何に呪われてたんだろうね、あいつら。
続きを読む

1 :きまぐれ鬼女 2019/05/12(日) 01:46:53 ID:GYM809Zu0.net
今トイレ行こうとしたら視界に入った
すぐ部寝室に逃げてきた

マジ怖い脂汗出てる
続きを読む

901 :きまぐれ鬼女 2017/07/19(水) 07:55:45 ID:???
オカルト注意。



毎年この時期になると、子供達の海行きたいアピールがすごくて誤魔化すのに大変。夫婦で2度と海には行かないと決めてる。
あれは長男が4歳の頃。私と長男で浮き輪に浮かんでいた。夫は砂浜にいた。するといきなり長男がズボッと沈んだの。
慌てて引っ張り上げたけど、強い力で海の中に引き戻される。海藻にでも、絡まってるのかと思って海の中を覗き込んだら、
真っ白い体の何かがいて息子の足をがっちりつかんでたんだよね。本当に真っ白なの。髪の毛と目も見えた。でも絶対人間じゃない。
パニックになったけど、息子タヒなせてたまるかってそいつのこと蹴りまくったら、いつのまにか引っ張られてなくて泣きじゃくるだけこ息子がいた。
すぐに海岸に引き上げて夫に全部話した。最初は信じてくれなかったけど、私の様子みて悟ったらしい。それから海には2度と行かないと決めた。
霊感ゼロだしオカルトなんか信じないけどあれは絶対人間じゃなかった。夫と母親にしか話してない。
続きを読む

489 :きまぐれ鬼女 2016/06/27(月) 21:00:24 ID:HXjDqC9k0.net
8年前の今頃、母が体験したちょっと不思議な話。お酒が絡んでたから怪しい話ではあるけど、書いてみる。ちなみに母は霊感がある。

職場の飲み会から歩いて自宅に帰っていたら、いつの間にか地面に倒れていた母。そこは大きな家の前庭みたいなところで、母は塀に囲われた大きな木の側に倒れていたらしい。
飲み会は10時にお開きだったんだが、母は暗いとこで倒れてたことにびっくりして「酔っ払って寝てしまったのか?早く帰らなきゃ!明日も仕事だ」と慌てて起き上がった。
そんで、しばらく街灯が少ない田舎道をさまよった。とにかく大きな通りに出て、車を見つけようとしたらしい。すると道中、飲んでいた店を発見。扉を叩くが、人はいないようで灯りもついていない。
ここで、鞄や靴がなく、手ぶらであることに気付く。携帯もない。素面なら、その店からの帰り道はわかるはずなんだけど(近いから自宅まで歩いて帰ろうとしてた)、酔っ払ってたせいか帰り道が分からなくて、だんだん不安になったそう。

ちょっと長いから一旦切ります。
続きを読む

960 :きまぐれ鬼女 2013/06/03(月) 19:01:49 0
ものすごーく小規模な上、自分自身は憶えていない修羅場。ややオカルト?
小学生時代は悩みなんか殆ど無縁の能天気な生活を送っていたのですが

ある日の夜両親が寝る為に布団に入った時、既に隣で寝ている俺が
「み゛ん゛な゛ブ ッッ 杀殳 し゛て や る゛・ ・ ・」
と小学生とは思えない声で言ったらしい

さらに数日後、夢遊病の様に起き上って包丁を持ち出し
台所の俎板に思いきり突き立て、そのまま布団に戻ったらしい

俺は全く憶えていないが、家族は一時騒然となったそうだ
神社にお祓いをお願いしに行ったり、寝ている俺の耳元で
「学校は楽しい学校は楽しい学校は楽しい学校は楽しい・・・」
と暗示(?)をかけたり

特に何かに憑かれていたという訳でもなく
その後は不可解な行動は取らなかったようです
続きを読む

281 :きまぐれ鬼女 2021/01/30(土) 12:36:10 ID:vI.va.L1
転勤である戸建に住んだ時のこと。
時々トイレに長い髪の毛が10本ぐらい散らばってることがあった。
家族は私たち夫婦と娘が2人いたが、一番髪の長い次女が肩に当たるぐらいの長さで
そんな長い髪は誰もいなかった。
何処かから飛んできたのが窓から入ってくるのかとも思ったが、
一度ならず何度も何度もとなるといくらなんでもそんなワケないだろうし
だったら他にもゴミが入ってそうだし。
窓は鍵が固くてうまく嵌らないようになってたが、
20cmほどしか開かない防犯タイプの縦長の滑り出し窓で、侵入も考えにくい。
掃除しても掃除しても長い髪の毛が・・・っていかにもオカルトっぽくて怖かったが
そういうの全く信じてない夫がトイレの天井にカメラを取り付けてみたら
ある時、真昼間に髪の毛を掴んだマジックハンドがうにゅっと入ってきて
パラパラっと髪の毛を落として引っ込んだ。
えー、引っ越してきてまだ近所付き合いもろくに無いのに嫌がらせ?ってビックリして
今度は夫が窓の外のエアコン室外機の影にカメラを取り付けた。
そしたら犯人が分かった。
裏の奥さんだった。
裏のお宅では犬を飼ってて、その犬の鳴き声がうるさいと
うちの前の住人に何度も何度も注意されて怒鳴られていたらしい。
その住人が引っ越していって、しばらく空き家だったからホッとしてたのに又入居してきたから
オカルトを演出して出てってもらおうと思ったそうだ。
お願いですから警察にだけは!もうしませんから!って泣きながら謝罪されたけど
転勤で2年しか住まないから引っ越すなんて面倒なことは考えてないけど
大家さんには報告をさせてもらうって言ったら更に爆泣き。
近所の人が何事かと窓から覗くぐらいウォンウォン泣かれた。
泣くぐらいならしょーもないことすんなよ。
ちなみに髪の毛は、その女は美容師で
勤務先の美容院から長い毛を持って帰って少しずつばら撒いてた模様。
そしてその女が住んでた家も同じ大家さんだったので
次の契約更新してもらえなかったらしく、うちより早く引っ越して行った。
大家さん、前の住人から裏のお宅の犬が五月蠅いと相談受けてたらしくて
その時は大家さんが出て行くような話じゃないと思っていたらしいが
この手の嫌がらせは許せなかったようだ。
私、転勤族だから飼えないだけで犬は大好きだから
少しぐらい吠えたって苦情なんか言いに行くつもりなかったのに。
続きを読む

760 :きまぐれ鬼女 2020/04/26(日) 12:22:35 ID:VL.7t.L1
長いです。

タロット占いで小遣い稼ぎを始めたA男が自滅したこと
A男は心理学を少しかじっていて、占いを始めオカルト系のことは一切信じない人だった
A男が言うには心の弱い人間ほど物事を都合よく解釈する。タロットにはそれぞれのカードの名前、絵柄、色、出した時の方向にさえ意味があると言われているけど、結局は占い師がそれっぽく読み解いて伝えるだけ。
顧客はこれまた占い師の言葉を自分の頭の中で都合よく変換するから、結局相手がどのタロットを選んでも当たっている風に聞こえるらしい
「あんなカードなんかでこの先の人生が分かったら誰も苦労してねーよww」といつも笑ってたから、A男が占いを過信していないことは明白だった
けど、相手を信じさせる一環で相手にA男自身を占わせるようになってからおかしくなった
相手に占わせるといっても、A男が言葉巧みに誘導して正解に導くから、結局はA男が主導権を握っている
大半はA男の思い通りに誘導されて「すごい!」となるのに、馬鹿なのかA男の誘導を真逆にいく客が一人いたらしくて「本当に頭の悪い奴で鬱陶しかった」と言ってたのは覚えてる
頭が足りなさすぎる客に苛ついたのと、客のタロットの読み方が気に食わなかったらしく、そういう馬鹿な客を上手く誘導して信じさせるためにも練習として自分自身を占うようになった
最初は過去について占う事から始めた。自分自身の過去なんて答えが見えてるから、その正解にすり合わせてタロットを読み解く練習
次に分かりきっている未来。明日仕事で〇〇に行くというような予定をタロットの絵柄に上手くこじつける
A男には片思いの女性.がいて、その女性.と何日後かにデートに行く約束をしていたから、それを占ったりもした。けど、占いが外れたらしい。女性.がデートをキャンセルした
最初は自分もまだまだだなあと思うだけだったらしいけど、練習に使ったタロットをもう一度見ると「予定がキャンセルになる未来」も見て取れた気がした
以降、自分自身にたいする占いを頻繁に外すようになった。A男の以前の主張だとタロットなんて捉えようだから、正解も不正解もないと思うんだが

勉強がたりないと思い、街角のタロット占いの店で初めて他人に占ってもらったA男。片思いの女性.との恋は実らない事、仕事がうまくいかない事が分かった
同時にA男は自分の引いたカードで真逆の鑑定をしていた。どんな絵柄でもそれっぽく読み解く練習。前のデートはキャンセルになったけど女性.とはいい感じだったし、仕事も昇進が決まっていたから、占い師の話は気にしてなかったらしい
だけど女性.には別の彼氏ができて、昇進は白紙になり、結局占い師の鑑定が当たった
A男はそれ以降も絵柄を読み解く練習で色んな占い師のもとを訪ねるようになった
A男の話を聞いた限りはA男自身の鑑定の方が当たる比率が高いのに「いつだって占い師の方が正確だ」と言う
最初は練習や勉強のはずだったが、そのままトントン拍子に占いにのめり込み、ネガティブな鑑定結果ばかり信じて、たまにそれが当たってしまうと異様なほどに落ち込み
それを何度も繰り返し、占い代で貯金をすり減らし、数万円程度だが借金もし、そんな時に占い師に金銭感覚に注意という鑑定を貰って心が折れて、鬱になり、退職し、引きこもりになった

そのあたりで疎遠になったから今はどうしてるか知らないけど
どちらかといえば陽キャな部類でA男のインスタはいつもテンプレのようなキラキラ具合だったんだが、それもぱったり更新が途絶えてる
人って小さなきっかけで簡単に壊れてしまうんだなと衝撃だった
続きを読む

619 :きまぐれ鬼女 2020/03/03(火) 11:43:25 ID:r7.np.L1
急に失礼します。妊娠中のアラサーです。
こちらのスレで良いのかわかりません。相談と言うより愚痴かもしれませんし。
持病があるため、出産まで気の抜けないハイリスク妊婦と診断されてしまいました。

そのせいなのか同居のお姑さんが徐々にオカルトめいてきてしまいました。
もともと私にはわからないところの宗教的な考え方をされている方ではありましたが。
旦那はその考えにハナから従ってはいないし、結婚時も私たち夫婦にその考えを押し付けたりはしてませんでした。
ただ、私が妊娠してから、言葉の端々に「運命は~」「神の教えが~」「先祖の導きだから~」といった内容が増えてきたんです。
そしてどこかの親戚によく電話をしてて(まだ妊娠したことは広めないでくださいと言ってある)、先祖の話、神の話などを議論してます。
お姑さんは耳が悪く大声で話すため、家のどこにいてもその会話が聞こえるんです。
なんかドキドキしてしまって。

私が気にしすぎなのかなぁ…。
続きを読む

292 :きまぐれ鬼女 2014/06/25(水) 11:25:52 ID:tGhszhMX3
長話失礼。
自分は人に関わる霊感はないんだけど神様や物の怪とかは分かる感がある(らしい)
普通の霊感はないので華々しいオカルト話はすくないけど昨日久々にあったよ!

先週まで夫があるところへ一週間出張に行ってたんだ。なんだか出張中から私は夜眠れなくなった。
夜明けまで眠れない。しかも酒を飲んでも酔わない。眠れない。一体どうしたんかな?と思っていた。
夫がいなくて不安なのかな?とも思ってた。そして無事夫が帰宅。でも眠れない。
夫も夫でだいぶ疲れていてなんだか変なミスがあったり、DQNな運転の現場にいたりとなんだかついてない。
マッサージしてあげても疲れが取れないしどーしたもんかーと思ってた。

そして昨日、晩御飯後に私が酔えない酒を飲んでいるうちになんだかドンドン夫にムカついて喧嘩っぽくなった。
腹が立ち別の部屋で寝ることにした。その時に玄関の前を通ったら夫の靴が目に入り、イタズラ半分で箱に入れて靴箱へ。

そして別の部屋に行って珍しく早くぐっすり眠れた。
で、一体何を喧嘩してたんだっけーと思いつつ弁当を作って夫をお見送り。靴を隠したことはちょっと怒られたけどまあ仲直り。

そして夫が出て行った瞬間「良かった」との声がした。そして最近の不運の原因が見えた。
まあ出張先から浮遊霊みたいなのつけてたみたい。仕事でくたびれた自杀殳したおじさんだった。
おじさんは夜毎夫の「靴」を目安にウロウロしてたらしいが私が隠してしまったので
夫の気配が分からなくなりいなくなった模様。

私が眠れなくなったのもそのおじさんの気配で落ち着かなかったからみたい。
イタズラのつもりだったけど家で御祭りさせていただいている神様がやるように促したそうな。
あんまり人霊って見ないんだけどやっぱり見るとちょっと怖いね。

神様いつもありがとうございます。気付くの遅くていつもすみませんorz
続きを読む

951 :きまぐれ鬼女 2016/10/22(土) 15:36:31 ID:Iix
ふと思い出したので投下

自分の話だけど、物心ついた時には叔母の家で生活していた。
実母の妹にあたる人で、叔母さんはいつも優しかったけど叔母さんの旦那さんや
実子は冷たくて、邪魔者扱いされて寂しくて悲しかったのをよく覚えてる。
遊びに行ったり、外食にも連れて行って貰えず1人で誰もいない家に居ることもあった。
泣いていると叔母さんがいつもカルピスを作ってくれた。
時々玄関先に2人組が来て話し込んでいることがあって、その時は絶対玄関の方にいっちゃいけないと
聞かされていた。
今思えばきっとそれが両親だったのかなと思う。そんな生活が3年ぐらい。
小学校入学と同時に両親だと言う人と一緒に暮らす事になり、家に連れていかれたら
妹と弟だという双子の赤ちゃんがいた。
戸惑ったけど、実の両親は優しかったし叔母さんの家にいるよりは何倍もマシだったから
それなりに幸せに生きてた。
なんとなく自分を叔母さんのところに預けていた理由は聞けなかった。
叔母さんの家は遠かったので、それから叔母さんと直接会うことはなかった。

私が結婚することになり、それを機に思いきって幼少時に預けていたことについて聞いてみた。
実の両親はキョトンとして「預けた事なんてない、むしろお前は叔母さんに会ったこともないはずだ」
両親が出してきたアルバムを見せてもらったけど確かに、叔母さんの家に預けられているはずの年齢の自分が
家の庭で遊んでたり、親に抱っこされている写真がいっぱいあった。
叔母さんの写真も見せてもらったけど、叔母さんの顔は確かに私の知ってる叔母さんだった。

よく分からなくてそれからしばらく悩んだけど、いつの間にか忘れていた。
今思い出しても不思議です。
分かりづらかったらごめんなさい。
続きを読む

このページのトップヘ

逆アクセスランキング