きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

インフルエンザ

850 :名無しさん@おーぷん2015/05/27(水)17:16:13 ID:WsL
去年の冬、小学2年生以来のインフルエンザにかかった。
1歳の娘がいるんだけどどうしても移したくなかったから日中は近距離別居の義両親に預ける事となった。
義両親は快く引き受けてくれたどころか家事もしてくれると言ってくれたんだけど、旦那がそれを良しとしなかった。

たかが発熱で母さんに迷惑かけるなと。つまり家事も育児も普段通りにやれって事だった。
旦那が手を貸してくれるという発想は一切無く、こちらがそれを頼んでも仕事で疲れてるからと引き受けてくれない。
そのときはインフルで1日家にいる状態だったけど、普段はフルタイムで働いてる。今思えばトイレ掃除以外全部家事は私だった事を思い出した。
別に家事を全て請け負う事自体は構わない。でもインフルで動けないときぐらいは家事を変わってほしかった。
それを強く訴えたら何度も何度もたかがインフルと吐き捨ててわざわざ義両親のところから娘を引き取りにいく始末。
義両親はそんな旦那を叱ってくれて娘を渡さないでいてくれたのは助かりました。
インフルが娘に移る可能性や危険性を考えずに強行する旦那に声をあげてしまいました。

それから1週間後に離婚届を叩きつけられ呆然。旦那は慰謝料も養育費も払うからさっさと別れてほしいと言われました。
産後の体系変化、激減した化粧(娘がベタベタ顔を触るので外出時以外はすっぴんでした)
極めつけはインフルのときの家事放棄とヒス。おまけに会社にいる1年目の女の子が気になっているんだと。

続きを読む

204: 可愛い奥様 2015/10/29(木) 09:26:09.00 ID:9ksbWgxd0.net
間もなく臨月の妊婦なんだけど、夫が頑としてインフル予防接種してくれない。
理由は「しても感染するし意味ないから」、
「周りで打ったやつが皆(と言ってるけど数人)結局罹ってるから」。

重症化を防ぐ為と説明しても、結局利権がどうので怒り出して話にならない。

産院や医療従事者の義母からも、
家族みんなで受けた方が良いよって言われる度に、
何だかみじめな気持ちになる。
高齢者がいる義実家に住んでた頃は毎年打ってたのも知ってるから、余計。
嫁と子はそこまで大事じゃないのかなって。そんなことないんだろうけど。

主張があるのはわかるけど、
シーズン真っ只中に新生児の傍にいるんだから
今年くらいは打っとくよ、って姿勢を見せて欲しかった。
ただでさえ出産に向けて不安ばかりなのに…。
続きを読む

363: 名無しの心子知らず 2011/02/28(月) 20:10:51.27 ID:A2JbreW2
近くに住むAさん(子の習い事仲間)ちで、子供たちが続々インフルにかかったそう。
買い物ができない!オムツもない!お願いだから買ってきて!と頼まれた。
大変だね~と快諾したが、量がはんぱない。
生鮮品から日用品まで、計12000円分にのぼった。
洗剤や入浴剤を3つずつとか、買いだめ分までかよ!とツッコミたくなったが、
一度引き受けた以上とりあえず揃えてA家に行った。超重かった・・。
(オムツとトイペとティッシュとキッチンペーパーのフルコンボされたもんで
この冷たい雨の中に遠めの駐車場から2往復・・)

ありがとう~助かった~などとニコニコだったが、レシートを渡したら「えっ?」って顔。

「これ何?」
「何ってレシートだけど・・」
「えっ?」
「えっ?」
「・・お見舞いに来てくれたんじゃないの?」
「えっ?」
「・・・・・」
「・・・・・」

ちょっとした沈黙の後、
「○県(Aさん出身地)ではそういう習慣なの?私ただの買い物代行だと思ったんだけど」
と切り返すと、「そういうわけじゃないんだけどさ~」と不満そうに奥に引っ込み、
財布を取って戻ってきた。
お金はちゃんともらったけど、
「だったらこんなに多く頼まなかったよ、底値じゃないみたいだし・・(レシートガン見)」
「ポイント貯まってよかったね。あ~ポイントは私の密かな楽しみだったのにな~」
などと言われたので、FOを決意。
まだ知り合って日の浅い人で良かったよ(共通の知人がいないので切りやすい)。

ちなみに、ひじきの煮つけやごまあえ・キンピラなど、保存のきく常備菜をお裾分けしようと
大量に作り、車にまだたくさん積んであったんだけど、もちろんそのまま帰りました。
続きを読む

110: インフル便座1/2 2012/10/23(火) 22:21:40.94 ID:iykjWUpG
インフルエンザでタヒにかけた時の事。あれは寒い冬の日。朝から熱っぽく、仕事中も声に生気もなく
イージーミスを繰り返し、ついにはパソコンの前で顔からキーボードにぶったおれるほどの症状だった。
普段は厳しい上司ですら
「おい大丈夫か、インフルか?マジで気をつけて帰れよ」と言って早退させてくれた。
帰りの電車の中。フラフラで倒れそうで、優先座席しかあいてないので4人がけの優先座席へダイブ。
このまま少し眠ろう・・・としたところで、ジジババオバオジの4人組がやってきて
「若い癖に優先座席座ってんじゃないよ!!」
とババアが罵声を浴びせてくる。俺は「しんどいんです、すみません」とかすれた声で言ったんだがジジイが
「おいどけよ!!しんどいフリなんかするんじゃない!!!」
オジオバも「そうだそうだ!!」と同調。
「なんちゅう若者だ!!」とババアが杖で俺の肩を何度もバンバンバンバン!!と殴りつけてくる。
インフルの影響か節々が痛かったのでたたかれるたびに激痛が走る。
当時の俺はしんどくて「やめて・・・ください」と力無く言うだけしかできない。

そしたら騒ぎを聞いた学生数人がこっちへやってきて
「あそこ(優先座席じゃない席)あいたんで座ってください」とババアたちに言う。
ババア「んまぁ~!よくできた子ね!それに引き換えアンタは恥を知りなさい!!」って最後に罵声を浴びせてフェードアウト。

続きを読む

このページのトップヘ