きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

イビリ

368 :きまぐれ鬼女 2012/09/02(日) 23:58:03 0
私も初めてDQN返しらしきことをした。

いわゆる普通の糞トメ。
アポ無し訪問、生まれたての娘を何時間も離してくれない、いやげもの
イヤミ、料理の指導と称した各種嫌がらせ、近所に悪口ばらまくなど。
旦那もウトも怒っててくれてたけど、「嫁と仲いいから何でも言うのよ」
「実の娘と思ってるのよ」どこ吹く風。

で、良大トメさんの法事で結構な親戚が集まったのでやらかすことにした。
例によって親戚の前で私のことを「使えない気の利かない嫁でね~」と言うトメ。
私「やっだ、イビリンいつものやるの!?法事でも嫁いびりやっちゃうー?www」
と言いながら背中バンバン叩いてやった。
すぐに真っ赤になって何か言おうとするトメに間髪入れずに
私「イビリン憎まれ口叩いてないとタヒんじゃうんだよねーwww」
トメ「ちょっと嫁!何言うのよ、何よイビリンて!!」
私「あっ、そうですよね、いきなりイビリンて言われても皆さん分からないですよね」
私「私と大の仲良しで嫁いびり大好き、イビリン○○子(トメの名前)でーすwww」と大声で紹介してやった。
噴出す旦那と親戚男性.と嫁集団・トメ義妹達、固まって引きつってるトメ姉妹。
私「あっ、心配しないでくださいね、私達仲いいからこういう事言えるんです~!」
私「嫁イビリ漫才だと思ってくださいね~!コンビ名”いびりいびられ”でーす!」
などハイテンションで喋り続けてやったらトメはすっかりおとなしくなって泣きそうだった。
まるで私がいびってるかのようだけど、以前から何度も親戚前でイヤミ言われてた実績があるので
ちゃんと分かってくれたと思う。

帰り道「私も悪かったわよ…でももうこういうのはやめて」と涙目で言うので
「何もなければ私だって何もしませんよ」とだけ返しておいた。

旦那はノリノリで、近所でも大声でそう呼んでやれよwwと言ってたけどとりあえずはおしまい。
この件を事前承諾してくれてたウトさんはその間、娘を連れ出しててくれたので(娘には聞かせたくなかったから)
面白そうだったから聞きたかったと笑ってた。
以上です。
続きを読む

784 :きまぐれ鬼女 2012/11/29(木) 23:11:44 0
祖母からの話です。

祖母の近所に嫁いできたお嫁さんがいました。
嫁いだ所のウトさんは鬼籍で嫁両親も鬼籍なため帰る場所もない。
もともと不安だったのかお嫁さんはいつも弱気でおどおどビクビクしていたので、強気なトメの心に火をつけたそうです。
トメのいびりはテンプレフルコース一丁上がり!状態だったそうです。
でも、トメは外ヅラは無駄にいいトメなので、周りの人もお嫁さんの言い分は信じずに
トメの言い分を信じてお嫁さんだけ存在がないように扱われたそうです。
(祖母もその時はトメを信じてお嫁さんは信じてなかったそうです)
そんな時にトメがボケた。

一旦切ります
続きを読む

574 :きまぐれ鬼女 2011/11/16(水) 16:51:02 0
父方の叔母夫婦の話で若干スレチくさいので書き逃げ

叔母は鬱で結構な量の薬を飲んでいる
叔母家はこどもが三人いるんだけど、あるとき叔母夫が末の娘に
「叔母はこんなもの(薬)を何年も飲んでるけどなかなか治らない。無駄。全部捨ててこい」
といったそーな
小学生の末っ子は叔母の味方で「捨てたとしてもまた貰いに行くから意味がないよ?」
と返した。叔母夫も冗談だと笑ったらしいけど……

冗談にしても笑えない
叔母が鬱になったそもそもの原因はトメのイビリ、夫のモラハラとか経済的DV
叔母夫は収入も高く、自分のことや自身の実家には金をかけるのに、
子供の制服(ワイシャツ)も一人当たり一枚しか買わせない。おさがりは当たり前(女の子が男物の服を着ている)
不憫だといってうちの母が服を買って送っていたよ……

確かにこども三人を育てるのは厳しいけどさ
ATMとしてろくに機能しない男と離婚しないのは叔母もエネmeだからなのか
続きを読む

57 :きまぐれ鬼女 2017/09/20(水) 22:23:32 ID:MYI

優しい虐待を繰り返すクソトメがSOSしてきたので、乱文かつ長文ですが書き込みに来ました。
流れを切ってしまったらごめんなさい。

旦那と婚約した当初からトメとコトメからはテンプレ通りのイビリをされてきた。
お式の一週間前に母と二人で縫ったドレスをコトメが勝手に着て、修正が不可能なほど破かれたり、留守中に凸してきては家中を散らかされ、自分たちで散らかしたくせに片づけができていないと馬鹿にされたりもした。
私のアレルギー食材を意図的に混入されて危うく杀殳されそうになったこともある。

結婚して三年経っても子供ができなかったから、孫を産めない女は出て行けと毎日のように鬼電。
子供ができない理由が男性.不妊だとわかって私たち夫婦が養子を迎えたら、トメとコトメは旦那の子じゃないという理由で私たちが見ていないところで暴力と暴言を繰り返していた。

それが発覚して旦那は実家と完全に縁を切り、私家に婿養子になった。今は私両親と子供と二世帯合計5人と犬2匹で暮らしている。

平和に暮らしていたんだけど、先日トメからSOSがきた。
自分の浮気が原因で返品されたコトメが再婚に邪魔だからと子供を置いて行ったけど、年寄り一人では育てられないからうちの子を施設に返して、コトメ子×2を自分ごと引き取れ「マンションなんて嫌だけど我慢してあげる」だってさ。
寝言かと思ったわ。
「そんな血のつながっていない他人の子なんかいつまでも面倒みていないで、私たちの世話をするべき」なんて、素面でよく言える。
大事な子を捨ててこいなんて言われて平気な親なんかいるわけない。
当然、私たち夫婦の答えはNO。私以上に旦那がブチ切れた。

そもそも、元旦那がコトメをコブごと返品したのは「自分の子じゃない」って理由。
トメは知っていてコトメを止めずに、コトメ子を預かって小遣いまで与えて不倫させていた馬鹿親。間男を家にあげて、もてなしてごはん食べさせていたって言うんだから呆れる。
昔から、トメはコトメが何をしても叱らない親だったそうだ。
コトメは、小さい時から欲しいって言った物は何でも買い与えてもらって、嫌いな食べ物は食べなくていいのよ~って炭水化物とおやつばっかり食べて、一晩中好きなだけゲームをやって、当然眠いから朝は起きられずに学校に行かないって生活をしていたらしい。

旦那も同じように育てられたけど、躾に厳しかった大ウトメが半ば強制的にスポーツをさせて、中学から遠方の寮のあるところに進学させてくれたから助かった。
もし寮に入っていなかったら、コトメと同じように自制を知らないまま大人になったろうと旦那本人が言っている。
トメの過保護と過干渉は、旦那が寮に入ってからはコトメ一人に集中し、厳しいことを言う大ウトメを嫌っていたコトメは激甘な母親にべったりだったから更正の機会がないまま大人になってしまったそう。

コトメ子×2も、半分トメが育てたようなものだからコトメのコピー。

トメはコトメが欲しがる物が、おもちゃ→ゲーム→ブランドってどんどん高価になっていっても、好きなだけ買い与えてきた。
でもウトが数年前に鬼籍に入って、収入もないのに気前よくコトメやコトメ子に貯金で貢いできたからトメはカネコマ。年金の受給資格を満たしていなかったらしく、もう70近いけどパートに出てどうにか食いつないでいる状態。
そこに出戻りのコトメが転がり込んで仕事もせずに遊びほうけて、新しい男ができるなり実家の母親に子供を丸投げして出て行った。

私たち夫婦はそんなトメとコトメの状況を親戚から聞いて知っていた。
ありがたいことに、トメとコトメの人となりを知っている親戚が、知らずにいて後から困るよりは、知っていたほうが対処もできるからって逐一教えてくれる。

昔、住んでいた家が古い平屋で、玄関に鍵をかけても簡単に開けられちゃうボロ物件だったから散々侵入された。
だから家を買う時にセキュリティーがしっかりしているマンションにしようって旦那と決めて、私両親と半分ずつ資金を出してこのマンションを購入したんだけど、一銭も出していないクソトメが、私両親を追い出して自分たちを迎え入れろって言える神経が理解できない。
私にした嫁イビリはともかく、うちの子にした虐待だけは百年経っても許せないってのに。

コトメ子たちは可哀想だと思う。
たとえトメがカネコマで餓タヒしても散々好きに貢いだ結果だから本望だろうけど、子供に罪はないんだよね。
それでもコトメ子は私たち夫婦の手に負えるとは思えない。うちの子のほうが大事。

今後も関わる気はないけど、数字みたいに割り切れるわけでもなくて書き込んだ。
文才もなく脈絡なく書き連ねて申し訳ない。

続きを読む


878: 名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 12:02:39 ID:O
実母がかつて同居してたトメ(私からすれば祖母)に。 

祖母は実母のすることなすことにいちいちケチつけてくる。 
孫の私たちには「こんなこと言わせる母ちゃんが悪いんだ、だからあんたたちは私のいうこと聞け」と言い放つ。

そんなある日、炊飯器壊れた・父のリクエストで母がうどんを打っていたとき、
いつものように祖母が「そんなぐちゃぐちゃなもん、日本人なら米食え」とケチつけてきた。
父が〆ようと何か言おうとしていたとき、母が一言
「大丈夫ですよ、お義母さんのひんまがった口に合ううどんは打ってませんから」

それ聞いて祖母は顔赤くしてムッキー!してたけど、父が
「ということで母さん、現代人で昔のやり方を知らない俺らはうどん食べるから、
母さんは自分の分だけ米炊いてね。あ、豊富な知識持ってる母さんなら、炊飯器無くても炊けるよね?」

同居と同時に家事全てを父母に押し付けた祖母、料理の仕方をすっかり忘れてたから
結局米を炊けず、その後はこちらを睨みながらおかず(でも納豆とか漬け物とか、調理しなくて済むものばかり)だけ食べてた。



実母特製うどんが送られてきたので、それで思い出してみました。
旦那が待っているのでうどんを茹でてきます。
続きを読む

489:名無しさん@HOME2008/12/23(火) 19:41:01
暫くこのスレご無沙汰してたが、まとめサイト見てて思い出したmyDQN
昔話だが雑談の流れも切りたいので。


トメはなんでか私たち次男夫婦が嫌い。
嫁だけならともかく実の息子さえイヒ゛ルイヒ゛ル
滅多に会わないのに、元気だった?とか優しい言葉のひとつも無い。

帰省したらしたで、遠慮なくこき使われた。

嫁に食事作らせて、「あら、ご飯が二人分しかない。あんたたち外で食べてきなさい」と、
ド田舎の山の中の家から出される。(米は四合炊いてあったのに)
で、嫁の作った食事は殆ど捨てられてた。
山二つ向こうの親戚の家に徒歩で行かされる。
トメ車で先回り、親戚宅で待ってて「ぐずね〜」→一人だけ車で帰る。

ウトも旦那もあまりのことにぽか〜んとしてた。

それでも結婚したての頃は、上手く行きたくてこまめに帰省してた。(ても長距離なので年に2,3回程度


で、ある年。
鯉は居ないけど、蚊柱がヴァンヴァン沸いて大変な庭の池をさうように言われた。
(予定が二泊だったから余分な着替えが無いのも見越してたんだろう)

喜んでやりましたともさ、旦那の学生時代のショーパン借りて。

 

ゴメン続く。
続きを読む

535: 1/2 2013/09/27(金) 04:55:39.62 0
こんな時間に目が覚めたので

兄の妻、つまり義姉が今現在も継続中の多分DQN返し
文章を書くことがあんまりないので、読みにくいかも

兄と母の親子関係は、結婚するまでは普通だと思ってた
べったりでもないし、険悪でもない
本当に普通の親子だって
結婚当時、私はまだ大学生で、
8つ年上の兄が綺麗な配偶者を連れてきたときは単純に嬉しかった
結婚生活は別居
母は、それが気に入らなくてぐちぐち兄に文句を言ってたけど
父は、新婚なんだから2人っきりで暮らしたくて当たり前だって言ってた
だいたい親の面倒を見させるために結婚するんじゃないぞって
兄たちが結婚して、新婚旅行から帰って来て、生活が少し落ち着いたとき
兄が義姉を連れて家に来た
そのとき、玄関先で、ただいまじゃなくて、
「お世話になります」って義姉が言ったのが母は気に入らなかったらしくて
台所に呼びつけた義姉に嫌味を言っていた
「お客様になりにきたの」とかそんな感じ?だったと思う
玄関でもうあなたの家なんだから、って義姉に言ったとき
それはどうでしょう?って言われたのが気に入らなかったのかも
私的には(義姉が)養女に来た訳じゃないのにって思った
だって、他人だよね?
兄と結婚したけど、うちの子になった訳じゃないのにって
続きを読む

739:名無しさん@HOME2010/02/06(土) 13:49:14 0
読みづらかったり、ぬかっとしたらごめんなさい。

先日、トメのところにトメ妹が遊びに来たので挨拶に出た。
部屋に入って行ったとき
二人は、もう何十年も前に家を出て行った弟の嫁の話をしていた。

トメ弟が若い時に亡くなった後も嫁子は義実家と同居を続けたが
長男の就職に伴って母子皆上京し、地元へはほとんど戻っていないらしい。
トメ父母が亡くなってからはほぼ音信不通だ。

旦那情報(従兄弟経由)では、トメ父母との関係はそう悪くなかったのに
コトメ二人が実家に入り浸り嫁いびりしまくった模様。
「うちのお父さんの買ってやったものだから」と嫁や子の私物を黙って持ち出したり、
とにかくひどかったらしい。


しかしそんなことはそっちのけで
「お父さんがせっかく養ってやってたのに〜」
「連絡も寄越さないなんて無礼ね〜」
「あの人、何か言いつけると変な目で見返してくるのよ〜」
「結局言うこと聞くんだったらはじめから素直に動けばいいのよね〜」
などと●コトメモード全開で陰口を叩きまくっていた。

こっちも気分が悪くなって「もどる?」と旦那に耳打ちした。
旦那も頷いて引き揚げようとしたら、
どっちの婆が言ったのか忘れちゃったけど
「飼い犬に手を噛まれるってこういう気分?」というセリフが耳に飛び込んできた。

自分はすごく嫌な気持ちになったけど、落ち込んだだけで何も言えなかった。
でも、同時に旦那が瞬間的にキレてくれて
「犬はないんじゃないの?犬は!」と婆二人を叱ってくれた。

大したことない話だけど、自分はすごく嬉しかった。

続きを読む

このページのトップヘ