注目の人気記事

アレルギー

35: 名無しさん@HOME 03/04/11 15:23
もしかしたらDQNかもしれませんが…

私はアレルギーなのか、いわゆる「インスタントだし」を使った料理を
食べると、喉が痒くなって喘息のような症状が出ます。
化学調味料系は、吐いてしまいます。
これが、煮干や鰹節で取っただしだと平気な私。
なので、おちおち外食も出来ません。
そのことは結婚してから、何度も何度も言ってきました。
騙されて食べて、その場で呼吸困難のような症状でダウンした事もあります。
年々症状は重くなる一方でした。
なので油断も出来ず、常に薬を持って旦那実家へと行っていました(必要なときだけ)。

先日、トメの親戚が来るので顔を出すようにと言われ、旦那実家へと行きました。
食卓に並んだものは、焼き鳥・お寿司・トメの作ったお惣菜などなど・・・
ぱっと見て、問題がなさそうなものを選んで食べていました。
そして、お吸い物が出されました。
「ちゃんと鰹節と昆布でだしを取ったのよ~。これなら嫁ちゃんも大丈夫でしょ?」
と嬉しそうに言うトメ。
ありがたく…と半分くらい飲んだ所で、喉がふさがれるような痒みと、
ヒューヒューと言う呼吸音。
…やられた…と思った時には、旦那が私を抱えて別に部屋に連れて行き、
薬を飲ませてくれ付き添っていましたが、発疹まで出てきてしまったので、
病院へ行くことになり、旦那が車を出すため一旦席を離れたんです。
その事を見計らったように現れたトメ。
「あら~やっぱり出たの?ばれないと思ったんだけどね~あなたの体、どこか
おかしいんじゃないの?○○のだしの素でもこんなになるなんて。絶対体おかしいわよ、
欠陥品ね。治らないなら、病院に行っても意味がないんだから、このまま寝ていれば?
あ、でも呼吸困難で死なれたら後味が悪いか」
とニコニコ語っていたトメ。しかし、トメの後ろにはすでに旦那が立って、
黙ってトメの話を聞いていました。

一旦切ります。
続きを読む

35: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/08/03(日) 19:15:25.31 ID:vbfyLH0a.net
アレルギー持ちの娘を、
義姉が勝手にバイキングに連れて行ってしまった…。 

小3の娘はすさまじく症状が出るわけじゃないけど
甲殻類アレルギーなので、旦那と話し合って
バイキングには連れてかないようにしていた。 

エビ料理欲しがったりしたら可哀想だし、 
エビと同じ鍋で揚げた別の揚げ物食べて
症状が出ないという保証もないし。 

でも、義姉のとこに預かってもらった娘が、
帰って来た時妙に上機嫌だった。

聞いてみると「バイキングってとこに連れてってもらった!」 
義姉に確認したら

「甲殻類アレルギーってことは知ってたけど、 
アレルギー表示きちんとしてる店だし、 
自分で食べられない物を避けるもんだとばかり思ってたし 
私も一応ついて行ってチェックはしてた。
○○ちゃん、ちゃんとエビチリとかは取らなかったよ」とのこと。 

そういう問題じゃない。 
娘は「ちょっと口かゆくなった気もしたけどおいしかったー。
また行きたい。
下の方に甲殻類って書いてあるのを取らなきゃいいんだって!」 
症状出てないかそれ……? 

そりゃバイキング封印については話してなかったけど、 
アレルギー持ちをホイホイバイキングに連れてく物なん? 

(小5の甥っ子はトロピカルフルーツ系のアレルギーがあるので、 
義姉も同じアレルギー持ちの親なんだけど……) 

ついチクリと言ってしまったら
「そんなん酷い症状出る子じゃないなら 
多少失敗しながら覚えてくもんだし、 
食べられない物は食べられないと
諦めさせるようにするのも教育じゃない?」 
と軽く逆切れされた。 

娘は「ちゃんと『甲殻類』は食べないからバイキング行こう!」だし 
義姉にはイラッとするし……。 

とりあえずどうしたらいいだろう……。
続きを読む

684: 名無しさん@HOME 2015/10/17(土) 21:51:10.21 0.net
長いので切ります。1/3 

私は結婚6年目、義実家とは近距離別居、娘が一人います。 
良ウトメで、コトメ(夫妹・既婚・近距離別居)もいい人なんだけど 
娘に卵アレルギーが発覚してからトメがおかしくなった。 
とにかく食べれば治ると言って、娘に卵を使ったお菓子を食べさせようとする。 

みんなでトメに言い聞かせるけどまったく聞いてくれず 
「食べれば治っちゃうのよ」「お菓子が食べられないなんて可哀想」と言い 
涼しい顔して「おやつよ~」と市販のプリンを出して来たり。 
それを除けばいいお婆ちゃんだし、娘もお婆ちゃん大好きだけど 
会わせないことになった。 
娘が「ばあばのお家に行きたい」と泣くのが辛かったし、
トメも「孫ちゃんに会いたい」と言っていたようだけど、
アレルギーに関しては聞く耳を持たないままだったので、
ウトがガードしてくれていた。 
娘はウトも大好きなので、ウトにはこっそりうちに来てもらったりしていた。 
トメも何とかしてうちに来ようとしていたみたいだけど、
コトメも目を光らせてくれていて、家凸されることもなかった。 

娘が幼稚園に上がったある日、保育士さんから私に電話がかかって来た。 
嫁子に急用ができたと言って、トメが娘を迎えに来ていると。 
トメのことは保育士さんにも話してあったので連絡をくれたんだけど 
私が急いで駆けつけたときには娘もトメもいなかった。 

保育士さんが私に電話をしている間、
トメは娘をガードしてくれてた他の保育士さんを突き飛ばし、
娘を連れ去ったとの事。 
すぐに夫とウト、コトメに連絡し、保育士さんたちと探し回ったけど見つからず。 
警察にと話している最中に、かかりつけの病院から連絡がきた。 

孫がプリンを食べてしまったと言って、トメが娘を連れて行ったらしい。 
看護師さんたちが気付いた時にはトメがいなくなっていたので、私に連絡したと。 
続きます。
続きを読む

269: 1/2 ◆SjgN4iLAyxuL 2013/05/11(土) 19:06:01.32 0
文章が下手ですいません。先月したDQです。 

ウトが脳梗塞からの半身麻痺のため介護で良ウトメ、トメ母の大トメと同居中。
うちは小1小麦アレの息子が一人、
小麦アレについては家族全員が知っている。トメは正社。
大トメが同居1ヵ月後頃から3人のときだけを狙って
花の水遣りをしろ、お茶を淹れろと
自分でできるのにも関わらず女中扱いをし嫁子苛々。 
そろそろ言い返してやろうかと思い出したある日曜日に
大トメが息子を連れて近所のSCへ出かけると言い出したので送り出した。
息子に対しては良曾祖母なので安心していた。 

夕方昼過ぎにアナフィラキシーを起こして搬送されたと息子のかかりつけから電話が。 
ウトを旦那に任せ病院へ行くと入り口で大トメがニヤニヤしていたが無視し病院内へ。 
息子の無事を確認し、先生の話を一通り聞いたところで
夕飯の支度のために一度帰路に着こうと入り口へ。 

まだ大トメが居たので何を与えたのか聞いたところ
SC内のパン屋の米粉パンを食べさせたと言い出した。 

しかしその米粉パンは小麦が少量入っており息子には食べないように言い聞かせていた。 
何を食べたか聞いたところで急いで車に乗り帰宅。
大トメが乗せろって言ってた気がするけどキコエナイ。 

いったん切ります。 

続きを読む

501愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/10/19(水) 13:55:03.63
友人の結婚式の話 
その結婚式の参加者は偶然にも甲殻アレルギー持ちが多く 
新郎上司、新郎恩師、新婦父親、新婦友人の4人のアレルギー持ちが参加してた 
新郎は恩師から何度も「俺は昔カニを食べてタヒんだ」話を聞かされており 
新婦は父親と親友という近い人間がアレルギー持ちであったため 
新郎新婦共にアレルギーの怖さは十分理解してた 
だからプランナーには衣装や費用などの話より「エビカニ料理は出すな」ということを再三申告していた 

そして式当日 
予想外というか予想通りというか料理にエビが混入していた 
それも見た目でわかるものでなく、すり身にして肉団子にされたエビが 
対策は万全だと聞いていたため何の疑いもなく料理を食べていた新婦友人が苦しみのたうちまわった 
ざわつく会場とその会場に響き渡る「えびぃぃぃぃぃ!!」という新婦の叫び声
続きを読む

120: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-07-16 08:15:24
アレルギーは甘えだとぬかす
義実家にした私のDQN返し。

私は海老アレルギーで食べられない。
海老自体は好きなんだけど、
食べると体中赤くなって大変大変なことになる。

それを旦那を含め、義両親にちゃんと
説明したのにもかかわらず、
義両親はアレルギーは甘えだって
考えの人達だった。
食べれば大丈夫ってそういう問題じゃないと
いくら説明してもわかってもらえなかった。
続きを読む

130: 名無しさん@HOME 2009/01/30(金) 09:11:59 0
アレルギーネタなんですが。 

トメはここにもよく居る「食べさせれば治る」と言い張る人。 
何度か混入されそうになったが完全に阻止したために 
発作を起こした時の姿を見ていない。 

夫が〆ればデモデモダッテ~昔はこうで~ウダウダ~と泣き、 
私が〆れば怒り狂う分かりやすい婆さん。 

困って医師に相談したら
「ん~困った婆さんだねぇ。一回連れて来て」
との頼もしいお言葉。 
wktkでトメを連れて行きました。 

口から先に生まれた、と言われるトメ、
ここぞとばかりに持論をぶちまける。 

すると
「そうですね、じゃ好きなだけ与えてもいいですよ」
と医師に言われ、私はポカーン、
トメはキラッキラの勝ち誇った顔でこっちを振り返った。 

医師は続けて
「健康な子供を数人育てただけのあなたの考えの方が 
何十万件の症例を見てきた私より
勝ってると思ってるのならそうしなさい?」 

トメ、なんだか釈然としないような顔だったが、
その後トメのみ別室へ。 
「お母さんは先にお帰り下さいね~」
と看護師さんに言われ、
今度は私が釈然としないうちに帰宅した。 

数時間後、ヨレヨレになったトメが家に来て 
「私間違ってたわ…ごめんなさい…」 
再びポカーン。

そして息子の所に行き泣きながら 
「ごめんね、ごめんね、もうばあちゃん悪かったんだよ、
ごめんねごめんねごめんね…」 

夫が帰ってきたら私たち夫婦に
土下座しながらワンワン泣いて 
「これからはいいおばあちゃんになる」
と約束して帰って行った。 

後で病院に電話して聞いてみたら、 
「アレルギーに無理解なおばあちゃん講座」
とやらに、トメs3人で参加させたらしい。 

「何十万件の症例」を詳細に、
写真や映像やシボウ率(!)を数時間にわたって叩きこみ、 
最後に「あなた方のした事はこれです。 
それでも自分の楽しみの為にアレルゲンを与えたいのなら、 
他界するまであなた方は孫に会えません、 
なぜならその時には
すでに孫はこの世から居ないでしょうから」 

看護師さん、
「あんなの見させられたら誰でもかわりますよ~w」
って笑ってた。 プロすげぇ…
続きを読む

569: 名無しさん@HOME 2008/01/01(火) 15:02:07
30日から義実家帰省中だった子蟻(息子二歳)です。
息子は卵、乳、小麦粉にアレルギーがあり、市販のお菓子、
とくにケーキやシュークリームなんて絶対に食べさせることはできません。
と、何度も義実家の大トメ大ウト、トメウトに話して聞かせたのですが、
私の隙をついていつも誰かが息子にお菓子をやろうとします。
(もちろんその度にマジギレ。でも何故かちっともわかってくれない。)
昨日もトメに用事を頼まれ「何もあげないで」と念を押し席を立ったが、
嫌な予感がして戻ると大トメとウトがチョコパイをあげようとしていた。
その場に夫もいたが、ニコニコしながら「だーめだって~」と言うだけ。
やめてくださいと取り上げるとブツブツ言うので、なんで食べちゃいけないのかを説明しようとしたその時、
夫の「コイツ神経質でさー」の一言でプッツンきた。


続く
続きを読む

685: 名無しさん@HOME 2007/03/09(金) 23:04:41
しかもアレルギーって、ある日突然発症することがあるから怖いよね。
私は小麦アレ持ちなんだけど、旦那や義家族(ウトや義弟、義姉@内科医)が言っても
「慣れれば直る」「気持ちの問題」と言って私にパンやらケーキやら食べさせようとした。
最近、トメに甲殻類アレルギーが発症した。
「エビが食べれなくなるくらいなら死んだ方がまし!」と豪語するくらいエビ好きなトメが、
スーパーの冷食コーナーのエビピラフにも近づかなくなってたw

そこで、先週末に用事があって義実家に行った時、
トメは勿論のこと、ウト、義実家暮らしの義弟も大好物のエビチリを大量に作って持っていった。
ウトと義弟大喜び。トメふじこモード全開w
「私がエビアレルギーなのしってるでしょ!アンタ私を殺す気なの!?」と言われたので、
「え?アレルギーって慣れれば治るんじゃなかったんですか?トメさんがそう言ってたから
慣れて貰おうと思って持ってきたんですけど?」と言ってみた。
トメだんまり。ウトに「お前には嫁子ちゃんの事責める権利なんてないぞ。同じ事やりかえされてどれだけ
自分が酷い事してきたか思い知っただろ。(私に向き直って)嫁子ちゃん、本当に申し訳ない。そこまでさせてしまうほど
追いつめていたんだね。必死に止めてきたつもりだったけど、まったく足りてなかった事を今日思い知ったよ。
でもエビチリには罪はないし、嫁子ちゃんがせっかく作ってくれたんだから食べさせてもらえるかい?」と言ったあと。
トメは顔を真っ赤にして部屋にこもっちゃいました。

トメ以外は全員アレルギーには理解もあったし、全力でトメを止めていてくれたのは知っていたので、
エビチリはみんなに食べてもらいました。
続きを読む

631: 名無しさん@HOME 2007/03/09(金) 18:09:10
私は甲殻アレルギー。
ウトメの住んでる町は、「日本一の海老の町!」を標榜する漁港。
ウトは開業医なのだが、私の甲殻アレルギーを全く理解しようとしない。

「食べれば治る!」「この町で海老が食べられないなんて不幸な嫁だ!」って
無理矢理食べさせられたことがある(しかも生)
帰宅後、七転八倒、死ぬかと思った。
その後、ウト医院で血液検査をして(既に判りきった結果だったが、自分の目で確かめさせた)
やっと「食べろ」と言わなくなった。
ホントに医者かよ、ウト!

続きを読む

このページのトップヘ