227:12013/10/03(木) 13:02:09.30 0
この季節になると思い出す情けない離婚話を吐き出します

元旦那は所謂「お酒さえ呑まなきゃ良い人」って奴だった。

普段はよく働く楽しいパパ。酔うと、直接攻撃こそないものの
糞尿ゲロ垂れ流し、大声で歌う、踊る、ぶつかって物を壊す。
しかもそれを悪びれない。
多分記憶がないからだろうけど、
「酔った時の事はノーカウント」主義だった。

私も娘(当時小6)も息子(当時小3)も怒り心頭である日大喧嘩に。
旦那は謝るどころか
「誰のお陰で生活出来てるんだ!」と来た。

なんか、お酒の事で揉めると素面の時でも異様にキレるんだよね。
私は
「私が炊事洗濯家の維持をしているからでしょ!
 お札が洗濯物畳んでくれるの?戸締まりしてくれるの?」と反論。

すると
「お前なんかいなくても平気、置いてやってるだけ。
 勘違いするな。お前が出来る事なんて俺でも誰でも出来る。」
というので実家に帰る事にした。

丁度夏休み前だったので、子供たちも一緒に来る事に。
私も子供達も旦那はアル中だと思っているから治療して欲しい。
その為の怒りの手段であって、その時は離婚までは考えていなかった。

で、電車で二時間の私の実家へ。
海辺の観光地でもあり、小学生の甥姪もいるので、子供達は毎日楽しそうだった。
私は家業と家事を手伝いながら置いてもらう事にした。
旦那アル中の事はしばしば相談していたから皆協力的だった。

一週間後、旦那が会社に行ってる間にこっそり帰宅した。
見事にゴミ屋敷になっていた。
食事は外食で済むだろうけど、水回りの掃除や洗濯、庭の掃除など、は気付かないらしい。

一戸建てを会社員が一人で維持するのはちょっと無理だよね。
何もせずにそのまま実家に帰った。

続きを読む