注目の人気記事

おじさん

906: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/07/14 19:48 ID:vQMpiFH8
 
小学生低学年の頃、
家族で動物園に行ったときの話。 
その頃、親が忙しくて家族で出かける機会が少なかったから、

すごく嬉しかったのを覚えてる。 

色々な動物を見て回ってたんだけど、
ふと動物から目をそらすといつも同じおじさんがいるの。
猿山の向こう側に立ってたり、振り返ったとき父親の後ろ方に立ってたり。
見たい動物のところに行ってたから、
ルートに沿ってたわけじゃないのね。

でも見ると、いる。


見た感じは普通にちょっと太ってて眼鏡掛けたおじさんなんだけど、
なんか気持ち悪くて。
帰るときまで気になって仕方なかった。
それで、もう夕方だから帰ろうかってなって、車に乗ったの。
ずっと歩き回ってたからか、俺は疲れちゃって、
車乗ってすぐに寝ちゃったのね。

で、ふっと目が覚めて。
隣見たら、さっきのおじさんが座ってるの。
怖くなって、助手席に座ってる母親に
「お母さん!このおじさん誰!?」みたいなこと言ったのね。
そしたら、母親は振り返って
「気持ち悪いこと言わないでよ。誰もいないでしょ」って言うの。
え?ってもう一度隣見たら、母親が言うとおり誰もいなかった。

それからしばらくは、いつも自分の側に

あのおじさんがいるんじゃないかってビクビクしてたよ。
続きを読む

159: おさかなくわえた名無しさん 2006/01/05(木) 00:50:06 ID:J+7y+wil

寿司屋でレジのバイトしてて、数分前に来たおじさんがまた店の前に
自転車とめて入ってきた。そしたら、片寄ってるから作り直せって言ってきた。

店長が、面倒になるから新しいの出してって慣れてる感じで言ったから


ストックを入れようとしたら、おじさんが「握れ。」とのこと。


で店長が自ら出来上がりをビニール袋に入れて調理場から出てきておじさんに
手渡しした。おっさんは袋の中を覗くと「この入れ方じゃ、片寄るって言ってんだろー!」
まだ己の自転車が原因のひとつでもあることに気付いてないようなので
あごの下辺りで持ってたビニール袋の下から寿司アッパーを放ちました。

空気を読んで、謝って5000円サイフから取り出し置いて辞めてきました。


今、考えたら辞めた後も作り直しただろうからバッテラと上にぎりx2が
3回出たことになるから、1900円足りませんでした。

店長、給料から引いといてください。あと割烹着は記念にもらっときます。
続きを読む

500: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 投稿日:2015/07/25(土) 00:04:03.87 ID:y+/ko2Um.ne

SCで1歳にお茶飲ませてたら隣に座っていたおじいさんに、可愛いねえ何歳?と声をかけられた。1歳9ヶ月ですと答えたら、うちの孫はね1歳7ヶ月だから同じくらいの大きさかな?と言われて
そうですね、見た感じは同じようなものですねと答えたら 
一回しか会ったことがないんだよね…。息子の子なんだけど夫婦で学校の先生でね、遠くに住んでいるから帰れないんだとさ 
こっちが会いに行くって言ってもね、平日は保育園だし土日は休みたいから来ないでって言われるんだよね 
でもたぶんお嫁さんがね嫌がってるんじゃないかなー旦那の実家に行くのなんて面倒なだけだもんねえ? 
お宅さんは孫を旦那さん側の祖父母に会わせてあげてる?と聞かれて、ええまあ…としか言えなくて 
なんか可哀想だなと思ってたら、息子夫婦はね不妊治療してねやっとできた孫なんだよ 
不妊治療のお金も随分援助したのになあ…とか言い出して、そんな他人様のプライベートな話聞きたくないー 
そんな話を他人に話すから孫に会わせてもらえないんじゃないですか?と一気に可哀想だなって気持ちが冷めた。 
続きを読む

809: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/16(木) 09:55:14 ID:W77f7sWi
長文失礼します。

(1/3)
私は朝、いつも自駅であるA駅で、
第4車両のとある乗り口に決めて乗車しています。
その乗り口は、人の乗降が割りとゆるやかな、穴場的スポット。
加えて最終目的地の乗り降り口にも一番近いので、愛用しています。

D駅といういくつか先の駅で乗り換えなのですが、
いつも乗る時間の電車は、隣のC駅を過ぎれば、D駅までしばらくはドアが開かない。
なので一度、C駅で降りて、一番最後に乗ってからD駅まで行くのが私の日課です。

その途中、B駅で乗ってくるおじさんの話です。

そのB駅のおじさんも、同じ時間の電車で同じD駅乗り換え組なので、顔は覚えていました。
ただ、そのおじさんは、C駅で降りない。
扉でいつもふんばり仁王立ち。
降りる人がいても乗る人がいても、絶対どかない。
私は、このおじさんの傍若無人ぶりにいつも辟易していました。
続きを読む

このページのトップヘ