きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

のろけ

379 :きまぐれ鬼女 2017/10/31(火) 11:19:33 ID:3ytHcS6j.net
イタリア留学したときにイタリア人の真似して隣に住む女の子を毎日褒めてたら日本まで付いて来たって友人は居るなぁww
衝撃的だったのはその女の子当時見た目は20くらいだけど14歳だったらしく、高校で日本に留学する!とこっちに来たらしい
曰く、内気な日本人なのに私のことを一生懸命褒めて口説いてくれた!軽いイタリア男と違って本気だ!ととても感動したそうな
未だに仲良く過ごしてて、毎日褒めないと怒られるって惚気てた
続きを読む

742 :きまぐれ鬼女 2019/02/23(土) 20:21:55 ID:HuXvdAqL0.net
俺が結婚した時、
一部の男「26とかババアじゃん!」
一部の女「26とか□リコンじゃん!」
って全く反対の意見が男女でそれぞれ出てきたけど、
男には「一回り離れてる俺達(言ってきた奴らは同い年)はジジイってことか?」
女には「出会いは20過ぎてからなので□リコンではない」
と言ったら黙った
痩せのチビだけどお胸とお尻の肉つきの良い嫁、今はお腹が膨らんでる(二人目w)
続きを読む

661 :きまぐれ鬼女 2011/11/18(金) 01:59:30
台所行ったら、妻が煮立った大鍋の前に立ってて、まさに今パスタを投入するところ。
二人分をつかんで、入れる直前にコンロの火を消し、パスタを入れ、少しかき回してからまた火をつけた。
何でそんなことするんだろうと思い、火を消した理由を聞いた。
俺に教わったんだと。
「いつ?」
「んー。XXXに住んでたときだから、結婚前だね」
十数年前かよ。
よくよく聞いてみたら、何となく思い出した。
当時は全然余裕がなくて、鍋なんか小さいやつが一個あるだけ。
その小さい鍋でパスタ茹でると、麺が鍋に入り切らずに鍋のふちに当たるので、その部分だけ熱で固くなって食感が悪くなる。
だから入れる瞬間には火を止めて、パスタが湯で柔らかくなって鍋の中に全部入ってからまた火をつけてた。確かに。
「それ、それから毎回やってんの?」
「うん」
教えたこっちは全く忘れてることを十数年ずっと。しかも、今じゃでかい鍋で茹でてるので、やる必要すらないことをずっと。
「何でそうしろって言ったか覚えてる?」
「理由は言わなかったよ。でもわざわざ教えてくれるんだから、そうした方が美味しくなるんだろうなって思った」
思わず、うーんってうなった。行動そのものは無意味で、愚かだとさえ思えるけども、人間の偉さって実はこういう事なんじゃないかと。
何気なく言われた一言を、疑問にも思わず十数年、素直にねえ。
結婚してよかったと思った。
変な話だけどさ。

続きを読む

657 :きまぐれ鬼女 2019/02/06(水) 02:58:05 ID:NwaR+4p60.net
10年ほど前、焼き鳥屋のカウンターで一人で飲んでたら、近くのテーブル席の人が吐いてしまった。
そのグループはすぐに帰って店員さんが掃除をしていて、視線を戻すと、同じく見ていた隣の女の子と目があった。
北川景子みたいな可愛い子で、「大変ですね」と言うと「そうですね」と言われた。
それからは一度も話さずお互い黙って食べながら終わった。

何日か後、会社帰りのスーパーで前の人が小銭を落として私の足元に転がってきたので拾って渡すとその子だった。
お互い「あ、どうも」みたいな感じでその日も終わった。
続きを読む

526 :きまぐれ鬼女 2012/07/07(土) 19:29:43 0
俺、小学生のときに同級生の子にプロポーズしたことあるんだけど
そのネタで小学校で「あいつが私にwぷぷぷ」って6年馬鹿にされ、
中学校で3年馬鹿にされ、高校でも3年馬鹿にされ
今だに夕食の時に馬鹿にされる
続きを読む

96 :きまぐれ鬼女 2015/10/30(金) 14:21:38 ID:Xlj
上司の娘は、当時まだ10代なのに顔がパンパンで目は糸みたいだった。
酒の席で、どうしてうちの娘が・・・と上司がへこんでいたので、社交辞令的に
「いや、やっぱり女も男も顔じゃないですよ。性.格いいなら大丈夫ですって!」
と酒の勢いもあり、上司の背中をバンバン叩いて励ましてたら、いつの間にかその娘とデートすることに。

上司娘が外に出たがらないので、仕方なく初日から上司の自宅でデートという拷問w
上司夫妻は気を利かせて外出したが、当然ムラムラもせず・・・
手料理が得意だというので作ってもらったら、なんだかすげー微妙だった。
次も会いたいと言われたので、じゃあ次は俺が手料理ふるまうねと約束して、上司帰宅前にさよなら。
翌週にまた上司に家に呼ばれ、何故か今度は上司夫妻も同席のもと、俺の料理を一家にふるまう羽目に。
俺も料理は得意だったので、そこそこ喜んでもらえた。

さすがに2回も行けば義理は果たしただろうと思っていたら、上司娘から
「私は料理上手だとうぬぼれていたみたい。俺さんのほうが上手だった。教えてほしい」
と電話がかかってきて、仕方なく3回目の訪問。
今度は一緒に作ったが、いまいち手元がおぼつかなくて危なかったので、ついつい手伝ったりしてた。

そうこうしているうちになんとなく仲良くなって、これはそろそろ逃げないと大変なことになるなと思っていた矢先に
上司娘が入院→手術。
全然知らなかったんだが小さい頃から持病を患っていたそうで、ついに命に関わるほどになったから手術することにしたと。
さすがに心配になって病院まで見舞いに行ったら、不安そうに涙目になってたから、手術当日も行くことを約束した。
手術室に行く前に手を握ってやったら「退院できたらまたお料理教えてください」って言われて俺までなくかと思ったw

手術は無事成功し、術後も良好だったので、退院の日に上司夫妻の前でプロポーズした。
顔のむくみは薬の副作用だったそうで、手術後に他の薬に切り替えたらどんどんすっきりして人並みに可愛くなった。
体力取り戻すために水泳に通うというので、俺も付き合ってやったら俺の方までやせてイケメンになってやったぜ。

で、今日が初めて会ってから1年目だったので婚姻届を提出してきました。今週末に結婚式やります。
幸せにしてやんよー!
続きを読む

108 :きまぐれ鬼女 2018/11/17(土) 21:19:57 ID:23fP9PJ80.net
職場の30代ババアに「〇〇さんみたいなおじさんは嫌だよねー」と言われ、庇ってくれたのが当時バイトだった嫁
嫁「男性.が多少年上でも、卵子が若いなら大丈夫ですよ?私、年上の人の方が渋みもあって好きです」
のちに結婚。3姉妹と嫁に毎晩のように取り合いされてます。
続きを読む

850 :きまぐれ鬼女 2015/11/10(火) 10:57:35 ID:jjBncgWY.net
ふらっと入った蕎麦屋でハヤシライス頼んだら見るからにカレーを持って来た。
持って来たのは若い女の店員で、堂々と「ハヤシライスおまちどおさま」と言って置いた。
「これカレーでしょ?」と言ったら「ハヤシライスです」と断言したので一口食った。
そしたらやっぱりカレーで、「これカレーだよ。ハヤシライスです、って自分で言ったよね?」と
文句言ったら謝って下げて行った。そしたら今度は厨房から聞こえよがしに「いちいち食わなきゃ
ハヤシかカレーか区別つかねぇのかよ。食う前に言えよ」と親父の文句が聞こえて来たので
さすがにイラッとして文句言いに行ったら、さっきの店員が懇願するような目で見てたから
「食べちゃってゴメンなさい。よかったらカレー頂くよ。ハヤシはキャンセル」とカレーを食った。
店を出たらその店員が追いかけてきて、自分はドジなのですみません、ありがとうございましたと、
何度も何度もお礼を言われた。今でも夕飯時にカレーが出ると「これハヤシ?」とわざと聞く。
すると嫁は「もう!」と顔を赤くする。
続きを読む

799 :きまぐれ鬼女 2018/06/26(火) 21:51:06 ID:EyzNUesc.net
彼女にプロポーズしたら断られた。
なんか色々理由言ってたけど、ちゃんと聞いたら「ごめん、あなたのことは好きだけど心に響かなかった。だから今じゃないのかなって思った」と言われ
嫌われる訳じゃないし、今じゃないだけで将来的には考えてくれるかな?と思い付き合いは続けた。
アホな俺はそんな感じで1年足らずで計4回もプロポーズしては断られた。「そんなに結婚を急ぎたいなら別れた方がいいかも…」と言われ「ごめん!もう焦らないから別れるとか言わないで!」とまた付き合いを続けた。

それから2カ月ぐらいした頃、彼女の家で寛いでいたら彼女の飼い犬のパグ犬が俺の太ももを枕にして仰向けで白目でイビキかいて寝てしまった。
あまりにも無邪気な寝顔にオッさんみたいなイビキが可愛くて「いいなぁ(彼女)はパグオと一緒に暮らせて…」とボソっと言ったら「え?じゃあ一緒に暮らす?」と言われたから勢いで「え?じゃあ籍入れる?」って聞いたら「うん、いいよ!」と言われまさかのプロポーズ成功。

結婚してから「何で急に結婚しようと思えたの?」って聞いたら「結婚したらパグオも絶対一緒じゃないと無理だと思ってた。でもあなたは犬と暮らした事がないって言ってたし、当たり前だけどうちに来てもパグオに対して私より愛情が少ないなと思ってた。
でも、あなたが私がパグオと暮らせるのが羨ましいと言った。私と暮らせるパグオが羨ましいんじゃなくてパグオと暮らせる私が羨ましいと、あなたの中でパグオが私を超えた!と思ったらストンと何か降りて来て
バチっとハマった感じがした。
そしたら私とあなたとパグオと3人で暮らしたい!っと突然思っちゃった」と言われた。
そんなよく分からん理由でプロポーズOKもらったのが衝撃的だったが幸せである。
続きを読む


643: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)04:18:56 ID:B4C
俺は付き合った女忄生が嫁だけなので女忄生のことは嫁のことしか解らない
そんな俺が女忄生に対して持っていた間違った知識が大きく覆された時が衝撃だった



まずムネ
俺は2次元にしか興味のないタイプなので漫画でよくあるムネのでかさが標準だと思っていた
嫁もムネがそれくらいあるので、皆脱いだらそうなのだと
しかし嫁はGで俗に言う大きいムネ
嫁がミズギを着た時に初めて他の女忄生と比べ物にならない程ムナ元がでかいことを知って驚いた
嫁のムネの揺れ具合も半端なくてぽろりするんじゃないかとハラハラだったが、ミズギのガード力の強さにも驚いた
ついでに嫁はそのデカイムネ がジャマだと言っていたので、女は大きいムネに憧れているというのも嘘だと知った

次はすね毛
嫁の足はつるつるとしていて綺麗で、ムダ毛処理をしたことがなかった
脇毛やヒゲなども含めもともと体の毛が薄いのだという
会社の女忄生社員がすね毛が生えてるだの脱毛器だのの話をしていて初めて女忄生にもごっついすね毛が生えることもあるのだと知った
嫁は生まれつき肌が弱いから毛が生えないんじゃないかと言っていた

最後に化粧
女は皆化粧が出来て当たり前だと思っていたが、嫁が化粧をしたのは成人式の時だけだった
それも目元口元眉毛だけ
化粧ができるのかと聞いたらやり方を知らないと答え、知らないのかと聞いたら化粧すると顔が痛くなるから出来ないと言っていた
俺でさえ風呂上がりに化粧水をつけるが、嫁は化粧水で顔が痒くなると病院で貰った保湿クリームを塗るだけ
敏感肌用の化粧品もあるらしいが高いからと買わない
男が成長過程でひげの剃り方を覚えるように、女忄生は化粧を勝手に覚えるものだと思っていたので驚いた
そして嫁とデート中、偶然会社の上司と奥さんに遭遇したが、翌日いい年した大人なんだから奥さんはスッピンで外を出歩くべきじゃないと言われた
女はプライベートでスッピンってだけで咎められるのか、なんて面倒なんだとこちらも驚いた

続きを読む

このページのトップヘ