きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ほのぼの

768: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/14(火) 01:29:44 ID:Sz0CHrYx
 
夜中にこっそり長文を貼ります。
怒らないで。 

高校の時、母親が病気でなくなった。 父は弱い人だったのだと思う。 
苦しむ母親から目をそらして、他に恋人を作って、
母親がなくなると家を出ていった。 

「高校卒業までは面倒をみる。その後は自力で暮らしてくれ」 

受験も追い込みに入る3年生の秋、わたしはこうして独り暮らしを始めることになった。

わたしの通っていた高校は進学校で、ほぼ100%の生徒が大学を目指していた。
わたしだけ、大学受験という目標は消えた。
授業料や家賃や光熱費は父が負担していた。
生活費は送ってもらえなかった。
どこを探しても家にはお金がなかった。

父の新しい相手は他人の奥さんだった。

きっと慰謝料のために何もかも持っていったのだろう。
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/03/03(土) 17:16:33.15 ID:vWZxfXxk0
 
初スレ立てなんだけど 
だらだら投下していくから 
適当に聞いてってよ
続きを読む

235: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/13(金) 02:10:18 ID:X9+zHBVm
 
適切スレがわからないのでここに投下、長いっす、すみません 

会社の同期A君の話 

まず3年前の話から

A君もそろそろ32歳で、結婚したい彼女がいた(Bさんとする) 
しかし、Bさんは3つ年上のバツイチ(子どもはいない)

ちなみにA君はいわゆる6大学の院卒(修士) 

A君の両親はとても厳しいというか、うるさい

A君の両親の出したA君の嫁になる女性の条件を書くね 

・容姿端麗で茶道華道は完璧 
・A君より年下の初婚女性(バツ有なんて論外) 
・両親が健在で、それなりの上流階級 
・父親は大企業もしくは公務員、ただしA君父よりレベルが高いとNG 
・高卒短大卒なんて論外、ただしA君よりレベルの高い大学はNG 
・家事・料理はプロ並み 

実は学生時代から長年付き合ってた彼女と結婚したく
A君が25歳くらいの時に親に紹介したら上記の条件を言われ

その当時の彼女はA君よりちょっとだけレベルの高い大学で 

しかも修士課程じゃなくて博士課程卒だったのでNGになった 

現在の彼女のBさんとはどうしても結婚したいけど、
うるさい親は絶対にBさんとの結婚を許さないだろうし
マザコンではないけれど兄弟とは仲がいいので

実家と絶縁も避けたいところ

約3年前にA君からこれを相談されて、私はある計画を考えた
続きを読む

421: 名無しさん@HOME 2009/03/05(木) 16:01:21
 
近所の子が拾った子猫を貰ってきた。しかも2匹。

ふわふわの毛玉がとトテトテとじゃれ合う姿はもうもう、 
もー!!可愛いったらなくって、家族そろってデレデレw 
でもそれが唯一気に食わないのが中距離別居のトメ。

わざわざ家に来ては猫の毛がどうの、衛生的にどうの、と嫌味タラタラ。 

「気をつけてますから?」とか適当に話そらしてたんだけど、
「孫男の体の事もあるし!」と言ってきたので
「柔道部で一食どんぶり飯3杯の息子より、お母さんの方が心配ですねー」
って子猫を隔離したが、

それ以来色々買ってくるようになった。

「毛が飛ぶからブラシ買ってきたわよ!あなた抜けてる所あるからやっとくわ!」
「あらどうも?、でも大丈夫ですよ、夫がやりたくてしょうがないみたいですし?w」
「あんまりうるさいと孫男が休めなくってかわいそうだから、
昼間の内に体力使っておこうと思って猫じゃらし買ってきたわよ!」
「いいえ?、夜は箱に入ってぴったりくっついて寝てるんです?w」

知ってんだよ、トメの猫好きは!ww

夫が子供の頃、猫嫌いなウトに向かって猫の可愛さを語りまくり、
「猫飼えないなんて辛い!!」って言った事もなw

カメラ付き携帯買ったらメモリが猫だらけになってしまった事もなw
こっちの目を盗んでは写真撮ったり、ナデナデニヤニヤしてた事もなーww
超可愛い盛りのぴゃうぴゃう鳴きも、プニプニ肉球も、まだふわふわ生えてる産毛も
ぜーーーんぶ見せてやんねww
勝手にもだえてろwww
さぁ、嫁いびりか、子猫ちゃんかw

いつまで我慢できるかな?w

早くしないと大きくなるぞ?w
続きを読む

267: 大人気ないDQN返し 2008/09/24(水) 18:54:25

ちょっと大人気ないDQN返ししちゃったんですが。

私は、趣味でバイク乗っていて、そこで夫とであいました。
その後結婚し、私が妊娠し、私はバイクを降りました。
子供が小学校に上がった頃、夫がこう言い出しました。

「お前、バイク復活してみないか?」

そして、夫と同居中の良トメさんに連れられて、ガレージを覗きに行ったら。

私の欲しがっていたバイクが、ピッカピカの新品でドーンとおいてありました。

「お前が、俺のバイクを見てため息ついてるの知ってたよ。たまにまたがっていたろ?
もう、子供も学校に上がったし、いいよ。乗って。」
って言われて、グスッと涙ぐんでしまいました。

トメさんは、そんな私の肩をポンと叩いて、
「楽しんでね。あ、事故にだけは気をつけるのよ。」
って笑いかけてくれました。

ですが、ウトさんだけはブツブツと面白くない顔をしてるんです。

まあ、ウトさんがいう
「バイクは女が乗るものじゃない!」
「危ないし、事故るに決まっている!」
は、まあ心配してくれてるのねーって感じでわかるのですが、
「だいたい、バイクにまたがる格好は、ありゃメスブタだ。
誰にでもま*を広げますよって言う意味のポーズだって、俺は昔アメリカ人から聞いた!」
とか、なんだか聞いたことなく、またありえないことを言い出したのです。
トメさんが、そんなウトさんを〆てはくれますが、ブツブツ言うのは相変わらずです。
そんな中、トメさんがウトさんがゴルフにいってる間に茶飲み話でこんな話をしてくれました。
トメさんは、結婚前になんとバイクの大型免許を取っていたそうです。

でも、ウトさん側の大トメさんに、やはり今のウトさんと同じ事を言われ、

泣く泣く、バイクを降りたそうです。

続きを読む

227: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/07/02(月) 16:27:51.88 ID:OBc3+9T/
何十年も前の小学生低学年の頃。 

母から今日と明日は学校お休みにして一緒におうちよ!って
訳も聞かされず学校休まされた日の事。 

朝からケーキの配達がきたり、母が張り切って凄い豪華なおひるごはん作ったりとにかくバタバタしてて、だれか来るのかな・・・?と思ってたら昼前に父と叔父が帰宅。
(叔父は父と仕事をしていた)

何のお祝いなんだろう・・・?って疑問に思いながらもご馳走!ケーキ!って喜んでいた所で正午になり、家族(父母私叔父)でリビングに集まりごはんだー!ってなった時にうちにかかってきた一本の電話。
電話に出る父。
そして父の

「いいともー!」

の一連の流れや、言葉は今思い出しても衝撃的すぎて忘れられません。
そして次の日、テレビに出るうちの父、という世にもシュールな物を見た体験も衝撃的すぎました。
続きを読む

817: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/06/29(火) 07:06:02 ID:aR10G69J
スーッとするかは不明ですが 

当時中学生の娘、朝普通に家を出るのにたまーに
「まだ登校してませんが…」と担当から電話が来る。 
娘に突っ込んでも上手い事フカされるので学校で何かあったのかと心配したが普通に明るく友達の話もしてくるので?と思っていたが卒業式に近所の動物好きな同級生の奥さん(大邸宅&広大な土地持ち)からニコニコ声を掛けられて謎が解けた。 
娘は捨て猫or犬を見付けると遅刻お構いなしで登校途中の家を片っ端からピンポンして貰い手を見付けてから登校していたらしい。
そのうちの二匹を貰ったらしいが一匹は地域猫にフルボッコにされてる所を助けたらしく汚いモップみたいな状態だったのに洗ったらお姫様の様な美しいペル シャでもう一匹は貰ってみたら実はボーダーコリーでそれまでバカ犬だらけの犬達のトップに君臨し犬達の動き?が良くなったと感謝された。
いや、こちらこそ貰ってくれてありがとうございます…
でも娘の遅刻電話貰ったの絶対10回以上あるんだよな。
今日の夕飯辺りにそこんとこもう一度突っ込んでみようかな。

長文スマソ
続きを読む

171: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)08:09:32 ID:U0l

昨日旦那とペットショップ行って子ヌコ見てきた。
最近ひとりで猫砂とか買いに行った時に
可愛い子ヌコいっぱい居たんだ~って話してたから。
でもうちにはもう成ヌコ×3が居るから見るだけねって約束で行ったんだ。

私はしばらく首輪見たりウロウロしてたんだけど、
ふと旦那を見るとある1匹の子猫さんの前で固まってる。
どしたの~?って旦那のとこに行くと、
その子猫、なんかうまく言えないけど超旦那に似てた。
「なんかこいつ俺みたい…」って旦那も自分で認めるぐらい似てた。
続きを読む

312: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 15:49:48.83 ID:JbcKfFST.net

修羅場というか、昨日ダンナに、メガネの上から顔面を殴られた。

続きを読む

このページのトップヘ