きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

ほのぼの

680 :きまぐれ鬼女 2019/11/20(水) 22:38:18 ID:2d.zu.L2
路地裏に小さい中華料理屋さんを見つけたので、お昼に行ってみた。
ランチタイムなのに、客は私一人。
店内は薄暗くて、店員は日本語があまり上手くないオバチャン一人。
恐る恐る日替わりを注文したら、超美味しいのよ。
豚肉とジャガイモと木耳の炒め物が絶品だった。
ニンニクと生姜と紹興酒とオイスターソースの味がしたけど、再現出来そうにない美味しさ。
卵スープも、鶏ガラの主張が強いのに優し~い味。
物凄く気に入った事をオバチャンに伝えると、もう一品サービスしてくれた。
料理名は分からないけど、固くて塩気のある豆腐の辛い炒め物っぽい。
今まで八角の味が苦手だったけど、コレまた美味しかった。
ご飯を大盛りでおかわり出してくれたので、メチャクチャお腹一杯になった。
年代物の紹興酒や見たことない中国酒もあるから、今度は夜にも来たい。
ボトルキープが結構あるから、知る人ぞ知るお店なのかも。
呑み仲間も連れて行こう。
続きを読む

819 :きまぐれ鬼女 2009/09/20(日) 13:44:24
自分こないだ誕生日だったんだが、ある特撮ヒーローショーで出会って意気投合して以来
(正確にはその後別のショーで偶然再会して以来)
家族ぐるみで仲良くさせて貰っている小学生の男の子からバースデーカードをいただいた(住んでる場所は他県なので郵送)

キャラ物のシールがベタベタ貼ってあってわんぱくな字で「おたんじょうびおめでとう!」って書いてあってなんか凄く和んでたら、ひっくり返した裏面に
「大きくなったら〇〇(私の好きな特撮ヒーローの名前)みたいになります。20さいになったら結婚してください」
って書いてあった
とりあえず今度会ったら抱き締めて来ようと思う
続きを読む

951 :きまぐれ鬼女 2019/11/23(土) 00:05:02 ID:OW.ud.L1
それまでずっと父だと思ってた人が実は叔父だった

ずっと父子家庭で育ってきて結婚式の間際になったある日、旦那と一緒に父からいきなり告げられた
私は本当は父の弟の子供で、実父と母は一緒の交通事故で亡くなったらしい
毎年命日にお参りに行ってた母のお墓に実父も一緒に入ってた
実父と母は駆け落ちみたいにして結婚したから母の実家からはもういない扱いになってて引き取りは嫌がられて、
父の両親もそのとき既に亡くなってたから父が引き取ってくれたんだって
「いつ言おうか迷ってるうちにこんな遅くなってしまった。ごめんなさい」って謝られたけど旦那は泣いてたし、
私も授業参観や運動会には必ず来てくれて、出世も自分の結婚の機会も蹴って私を育ててくれた父には感謝しかない
ただ最後の「あの時お前の親類の態度に腹がたったのと、実はお前のお母さんすごく俺のタイプだったもんだからつい俺が引き取るって言ってしまった」というのはちょっと聞きたくなかったかもしれない
ちなみに私の結婚後父はいそいそとプレステ4とニンテンドースイッチを買ってきて、テーブルに旅行ツアーのパンフレットを広げてどこへ遊びに行こうかとうなっていた
続きを読む

140 :きまぐれ鬼女 2019/06/11(火) 23:06:25 ID:ZxM.8x.s8
結婚相手を名前で感じたこと。

もう何年も前だけど、私が夫と知り合ったのは今で言うマッチングアプリ 。
当時は婚活アプリって呼んでて、まだ色んな種類もなかったしネットで出会うなんて後ろめたい時代だった。

夫とは最初にマッチングした後何日かやりとりして初めて会った時、勤務先の名刺を見せてくれた。
初対面のネットで出会った女に名刺見せるなんて今思えば危機感なさすぎだけど。
夫の名字はとても珍しくて、銀シャリの鰻さんみたいな親戚にしかいないような名字。
なのに私は初めてその名刺を見た時、普通?の名字だと思ってしまった。
上手くは言えないけど、何となくしっくりくる感覚。

その後何人かに会って珍しくない普通の名字の人とも出会ったのに、どうしても夫の名字しかしっくり来なかった。
顔もそんなにはタイプじゃなかったけど、夫から猛烈なアプローチを受けて付き合った。
夫は転勤族で当時住んでいたところにあまり縁はなく(私は地元民)、私の信用出来る友人にだけアプリで出会ったことを伝え、その友人の紹介ということにしてもらってあっという間に結婚した。

結婚する時に名字は何になるの?って聞かれて答えると親含め全員に驚かれて、やっとこのしっくりは私だけのものなんだって気付いた。
今はもう二児の母ですっかりおばさんだけど、娘にママはパパのこと運命の人だって思った?って聞かれて思い出しカキコ。
続きを読む

849 :きまぐれ鬼女 2009/09/20(日) 23:19:59
なごみとはちょっと違うかもしれないけど。あと長文すいません

その日はオンリーだったんだ
閉会直前までがっつり買い物して、戦利品を抱えて山手線に乗った
一人だったから、何となく同じイベントから帰る人(=同じ駅から乗った人)を
ぼんやり観察しながらとある駅で降りた
たまたま、同じ駅から乗った自分よりも更に大きな荷物を両脇に抱えてるべっぴんなお姉さん
も一緒に降りて、改札のある階段に向かった
お姉さん速い。すごい荷物+ヒールの高いミュールなのに自分の倍速くらいで歩いていく
自分がゴミ箱にゴミ捨てたりしてるうちに、お姉さん階段を降りて行った。自分もやっと階段に辿り着いた
そうしたら、階段の途中で、すっごい一段一段ゆっくり降りてるさっきのお姉さん発見
人の多い駅で、階段は昇降分離していない。時間的に、昇ってくる人もかなり多い
あー、さすがにあの荷物で階段を光速は無理かとひょいひょいと追い抜こうとした
お姉さんの前には、腰の曲がった小さなおばあさんが手すりを持ちながらゆーっくり階段を降りていた
前にも書いたけど、人の多い駅の階段で、カバンを体の前に抱えてても通りすがる人と肩が当たるくらい
でも、お姉さんが両肩に荷物を抱えておばあさんの後ろに立っているので
他の人はおばあさんの幅ではなくお姉さんの幅で横を通っていく
昇ってくる人も、降りてくる人もそう。だからおばあさんはマイペースにゆっくり降りていく
ようやくおばあさんが一番下まで降りると、お姉さんは何事も無かったようにまた
おばあさんを追い抜いて、自分の向かう出口とは逆の改札へ高速で歩き去って行った

荷物を持ってあげたわけでもないし、気遣いの声をかけてたわけでもない
でも、荷物で両手が塞がってても、ただ歩いてるだけでも、人に優しくできるんだと
なごむっていうか感動した。あんなオタクになりたいと思った帰り道だった
続きを読む

235 :きまぐれ鬼女 2013/10/31(木) 00:07:34
嫁がよく「私が風邪を引かないのは、バカだからですよ~」と言っていた。
確かに『馬鹿は風邪を引かない』って言うしな。
嫁は、ちょっと強がって言っているような感じはあった。

そんな嫁が、このあいだ風邪を引いた。
そうしたら「これで私がバカじゃないって証明された!」と喜んでいたw
いつに無く喜んでいた。
おバカ疑惑は消えない。
続きを読む

866 :きまぐれ鬼女 2009/09/21(月) 21:36:25
今日路肩にレトロ車が止まっていた
そういうのナマで見たこと無かったからこれ公道走れるのかと思うような形だった
どうやら故障したらしくおじいさん寄りのおじさん数人が
あーやっちゃったねーという顔でで車を囲んでいた
自分が信号を抜けてその車の後ろを見ると
ずらずらと5台くらいの同じような年代物の車が並んでいた

車に詳しくないから説明しづらいが、昔の英国風?とか
アストンマーチンやコブラっぽいの、アニメの犬のホームズが乗ってそうなの、
クラッシックカーショーに出てきそうなものばかりでそこは異世界
よく見たらおじさん達はみんなシルバーグレイっつーかかっこいいおじさんだった
みんなの困った顔に気の毒になったが
シルバーウイークに趣味の友達が集まってキャッキャとドライブしてたんだろうなと思うと
その集まりが可愛く見えた
そして可愛がられてるであろうぴかぴかの車達は目の保養になった
続きを読む

825 :きまぐれ鬼女 2019/11/25(月) 22:04:53 ID:uf.h4.L2
職場での会話
私「最近カピバラにはまってるんですよー」
先輩『あー可愛いよなー』
「いや別に可愛くは無いですよw生やったら臭みが苦手なんですけど、軽く焼いたらトロッとして美味しいっすね」
『え、食べんの?食べてええ奴なん!?』
「食べる以外にどないしろと!?」
『もしかしてそれカピバラちゃうんちゃん、タピオカとか』
「それや!タピオカやわ!!」
「『HAHAHAHAHAHA」』

帰ってから気付いたけど、はまってるのはアボカドだったわ。美味しい。
続きを読む

876 :きまぐれ鬼女 2009/09/22(火) 17:39:29
先週から嫌なことばっかり続きで
今日も朝から出かける予定が雨で急遽取りやめになって
なんかめちゃくちゃ悲しくなって、昼まで不貞寝してた。
そしたら妹が昼飯だって起こしに来た。
しぶしぶ起きていって、オムライスだって出されたのは皿の上に丸く盛り付けられたチキンライス。
その上に、妹はオムレツを乗っけてきた。
不貞腐れてた俺はとにかくケチをつけたくて、ちゃんとタマゴで巻かなきゃオムレツじゃねーとか、手抜きじゃねーかとかずっとブツブツ言ってた。
そんでも腹は減ったし、ケチつけながらオムレツにスプーンを刺したら

皿の上に花が咲いたみたいに、きれーにとろっとろのタマゴがチキンライスを覆ったの。
チキンライスが、きれーに丸いオムライスに化けたの。

もうその瞬間なんか今までの嫌なこととかさっきまでウジウジしてた気分が吹っ飛んでスゲー!!って叫んでた。
腹が膨れたらすっかり気が晴れてて、俺和みの絶頂。
そんなわけで今から和みのリベンジすべく夕飯作ってくる。
続きを読む

952 :きまぐれ鬼女 2013/11/27(水) 21:47:26
血圧低くて献血できなかった嫁
献血の問診にて

看護婦「血圧の上が100切ってますので献血できません」
嫁「え、だめですか?」
看護婦「貧血起こされると大変ですので・・・」
嫁「じゃ、血圧あげればいいんですね!どうやったら血圧上がりますか??」
看護婦「・・・血圧下げること聞かれたことありますが、あげるのは聞かれたことがないです・・・」
続きを読む

このページのトップヘ