きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

笑える話

914: 名無しさん@HOME 2010/11/19(金) 17:12:24 0
昼過ぎにスーパーで
「北区から来たはしためさん、北区から来たはしためさん
嫁のくせにお母様を待たせるとは何事かとお母様がお待ちです
至急、4番レジまで来なさい」
という放送が流れた。
普段は「〜からおいでの〜様」というアナウンスなので驚いていたら、
すぐに
「北区の〜様、北区の〜様
はしため様は先に帰るとのことです」
という放送が。
このスーパーは南区にあるので、北区までは車でも1時間はかかる。
何があったのだろう。

続きを読む

682: 名無しさん@HOME 2014/08/05(火) 12:45:20.68 0
祖父→敬老会の帰りにスイカを購入。
祖母→近所にお茶を飲みに行ったらお裾分けのスイカをいただく。
父親→仕事先に直売車が来てスイカを購入。
母親→仕事帰りに夕方のおかずを買おうと立ち寄ったスーパーでスイカを購入。
兄→部活の顧問の先生が部員みんなにスイカを1玉づつ配ったのを持ち帰る。
私→コンビニでスイカバーを購入して帰宅。

続きを読む

14: 名無しさん@HOME 2014/02/25(火) 23:53:53.42 0
妻が豹変した。唖然として何も考えられない。血の気が引いていくのを感じた。
その時、過去の記憶が鮮明に蘇って来た・・・

数ヶ月前・・・俺はフィアンセとデートの約束をした。いつもの駐車場で待ち合わせる。
出入り口で女性が佇んでいた。フィアンセだ。俺の車に気付いた途端、笑顔になって俺を迎える。
フィアンセは嬉しそうに助手席に座った途端、俺の頬にキスをして腕を絡めて来た。愛おしい。
桜が綺麗な景勝地へドライブに行った。桜に包まれた山道を走る。良く整備されていて走りやすい。
フィアンセの嬉しそうな顔を見ているだけで幸せな気持ちになれる。
その時、「俺さん、少しスピードを落として頂けませんか?怖いです・・・」
俺は慌ててスピードを落とす。その時、気付いた。
俺にはこれから一生守らなければいけない人が居る。万が一のことがあれば悲しませてしまう。
深く反省をして、これからスピードを出すのは控えると心に誓った。

続きます。

続きを読む

241: 名無しさん@HOME 2014/03/01(土) 21:26:06.73 0
うちの父はクールで格好いいと思っていた。あの日までは。
新年会で父が泥酔して帰って来て玄関で倒れこんだ。何故か手には箸が握られている。
いつもは多少酔っていても、凛としているのに、今回みたいなことは初めてで、
最初はびっくりして心配したけど、絡んで来るのでだんだん腹が立って来た。
私と母が文句を言いながら助け起こして布団まで連れて行って寝かそうとしてたら、
父が、ハグしようずwwwwwwwwwwwww
な、ノリで母に抱きついて、キレた母が見事な「うっちゃり」を決めて
強制睡眠させた。
その日以来、父に対するイメージが変わった。

続きを読む

439: 名無しさん@HOME 2008/11/28(金) 19:07:54 0
旦那は5人兄弟の末っ子。
姉・姉・兄・姉がいる。義父母も健在。
去年の暮れ、私の実家が遠方な為、義実家で年越しをすることになった。
我が家の大掃除を終わらせてから出かけ、
台所仕事を手伝っていたら姉2が私の後ろにへばりついて
「あー、包丁の持ち方がねぇ・・」とか
「煮物は柔らかく甘く煮ないと・・」とか
いちいち口出ししてくる。
ウゼー、と思いつつ、結婚したばかりだったから何も言い返せずに
そうなんですかーえへえへ、とへらへら笑ってた私。
姉1が買い物から帰宅した所、姉2が私の手際の悪さをチクったら、
「タラコがそのまんまの形で海泳いでるって信じてたあんたが
 弟嫁いびりかい。
 鮭の目が怖いからって触れずに、切り身すら焼けなかったあんたが。
 卵一パック全部焦がして伊達巻き無しの正月にしたあんたが。
 へーえ、えらくなったもんだわ」
と矢継ぎ早にpgrされてた。
物凄いスカーッとした。
続きを読む

518: 名無しさん@HOME 2014/03/15(土) 06:32:20.48 0
仕事の都合で実家暮らしになった俺のところに、学生時代の悪友IとKが遊びに来た
酒が入ったので、当時のように同級生のGをからかって遊ぼうということになり電話をかけた
俺「おいG、同窓会やるから来いよ」(他に誰も呼ばない、俺たちも行かない店に呼びだすイタズラ)
G「は? 年明けにやったばかりなのにか? そりゃお前はいなかったが」
俺もIもKも知らなかったのでちょっと驚く
G「やりたいなら声かけてもいいが、こんな中途半端な時期に集まろうとしてもなー」
俺「で、でもよ、Eから俺たちのところに話が来てさ」(E:当時の学年主席)
G「Eからか? じゃ俺パス。この間の同窓会さんざんだったからな。野郎の女房が子供連れて実家帰ったきり音沙汰ないって、ひたすら愚痴こぼしてたんだから」
俺「あー・・あとHとか」(H:当時の生徒会長、野球部のエース)
G「退院したのか? 突然連絡取ってきた中学の先輩に逆らえなくて、窓から飛び降りて入院してたのに」
EもHもそんなことになっていたとも知らなかったので、俺たち言葉がない
G「たち、と言ってたがお前と誰よ」
俺「えーと、IとK」
G「Iの奴出所したのか? オレオレ詐欺で逮捕されてたのに」
それも知らなかったので俺吹きだす
G「それにお前、リストラされて実家帰ってきた身で同窓会とか言ってる場合か? 就活しろよ。お前には貸しはあっても恩義理感謝の類はまったくないから協力する気はないからな」
知らなかったIとK吹きだす
G「あと、Kとは切ったほうが安全だぞ。このところ俺とかOとかに、出資すれば30倍にして返すから金出せって連絡してきてるから。仕事ないならお前のところには来ないとは思うが」
Oは地元自営業の二代目、Gは三代目

その場は凄まじい空気の中解散になって、酒が抜けてからちゃんとGに聞いたら全部実話だった
IとKにからかわれていたのは俺だったらしい

続きを読む

34: 名無しさん@HOME 2012/02/25(土) 19:30:16.83 0
私が妊娠中、デブだデブだと言って来た親戚のおっさんに言った一言。
「デブなのは妊娠してるからですよ。私は産めばデブじゃなくなりますけど、
あなたのハゲはずっとそのままですね。気の毒に・・。」
おっさん、ぷるぷるしてた。
トメさんが「確かにそこまでハゲてたらもう無理よねー。デブはやせたら治るけど、ハゲはねぇ・・ぷぷ」
と追い討ちをかけた。
トメさんも過去にそのおっさんに体型のこと言われてムカついてたらしいw
二人で「ハゲてる上に性格悪いとかwwどっちかにしろよー!」とか言いまくってたら知らんうちにいなくなってた。
ちなみにトメさんも私も標準体型。
普段なら別にハゲててもなんとも思わないけど、あんまりにもしつこくデブデブ言われたから言ってしまった・・。
でもぷるぷるするおっさんが見れられてスカっとした。

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158

続きを読む

531: 名無しさん@HOME 2014/07/24(木) 09:44:02.74 0
25年前、家族四人で車で帰省した帰りに
見晴らしのいい山の上の展望台で小休憩した
もう日が暮れかかっていて誰もいなくて、兄と二人で遊具で遊んだ
父が「そろそろ行くぞ」と言って、駐車所に戻りながら服をゴソゴソ
次第に顔色が悪くなっていく父
母が車を覗き込み「お父さん・・・・」と言ったきり絶句
父は車に鍵を閉じ込めていた
展望台は、自販機と東屋、遊具があるだけで無人で、公衆電話も無かった
当時、親は携帯を持っていなかった
ちなみに1月上旬だった
通りかかる車を待ったけど、数時間たっても車は通らず
屋根のない東屋で朝まで待つには、真冬の山頂は厳しすぎた
で、父が車の窓を割って鍵を開けた
山を下りてすぐの店でガムテと透明なごみ袋で窓をふさいで家に帰った
子供だった俺には、ずっと無言の母と、気まずくてしゃべりっぱなしの両親の間の空気が怖くて
このまま離婚したらどうしようと泣きそうだった

続きを読む

101: 名無しさん@HOME 2012/03/11(日) 02:13:19.01 0
地方公務員を数年だが早期退職した別居トメ。 
それでも在籍3?年でそれなりに退職金はもらっているはず。 
トメ宅に行った時にポロっと「財産残す気はないけど~w」 
と言ったので、笑顔で 
「あ~よかった、私介護とかする自信なかったんですよ~、他人ですし。 
今は老人ホームも一杯ありますし、いいところ探してくださいね^^」 
って言ったら黙った。 
はて、何かおかしい事言ったかしら? 
ちなみにトメの子は男二人で嫁は私だけ、何か期待していたのかな。 

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158

続きを読む

155: 名無しさん@HOME 2013/06/17(月) 12:26:27.05 P
もう今なら笑い話にできるんだけど、当時は大変だったこと
ある祝日、ニュースを見ていたら「○○県○○市在住 会社員○○○○を逮捕…」
隣の県に住む弟の名前だった
まさかと思って弟の家、携帯に鬼電するもつながらない
実家にも電話、父母もニュースを見て仰天していた
警察に電話してみるも散々待たされた挙句「お答えできません」
これはもう行ってみるしかないかと祖母を留守番に残し、父、母、私で
高速を飛ばして昼過ぎくらいに弟宅に着いた
ピンポンすると寝起きと思われる弟が出てきて「え?とーちゃん?
何?何かあったの?」
人違いだとわかって父、母、私、文字通りへなへなへな~と
玄関にへたり込んだ
同じ県、同じ市、同姓同名で年齢まで一緒の人なんているんだと思った

続きを読む

このページのトップヘ