注目の人気記事

病気

139: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:24:20.17 ID:h4I7w5p0.net
もう何年も前のこと、義弟ができ婚することになった 
飛行機の距離の旦那実家へ夫婦で向かい、式に参列 
披露宴の後、ホテルに帰って一息ついていたら、電話が鳴った 
電話は義父からで 
「明日ウチ(義実家)に来るって言ってたけど、ちょっと無理かも。」と 
「どうかした?」と旦那が聞くと 
「お母さんが病院に運ばれてね。」 
驚いて、タクシーに乗り込んで病院に向かうと、ベッドには顔をぐしゃぐしゃにした義母 
私を見るなり起き上がって土下座し「長男嫁(私のこと)さん、ごめんなさい」と謝罪の連打 
「起き上がらないで!!安静にしてください!!」と看護師さんが制止するのを振り切っておんおん泣きながら謝罪

そして真っ青になって吐いてぶっ倒れた 
私も旦那もその光景に呆然 
謝られるような心当たりは何もない 
だって今日はおめでたい日で、義弟も幸せそうだったし、お嫁さんはモデルさんみたいに綺麗だったし 
と、オロオロ考えていたら、一切取り乱していない義父が「長男嫁ちゃん、今日はすまなかったね。嫌な思いをしたでしょう」と静かに謝罪 
もうなんのこっちゃさっぱりわからん 

すみません、長いと言われたので切ります

続きを読む

362: :2015/04/17(金) 14:19:15.76 ID:
すみません。初めて利用するので…不備があったらすみません。 
【相談用テンプレ】 
◆現在の状況 
嫁と連絡を取れない状況にされた。味方が誰もいない。 
◆最終的にどうしたいか 
また嫁と仲良く暮らしたい。早く妻に会いたい。謝りたい。 
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
26/営業職/300 
◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 
26/管理職/不明 
◆貯金額 
200 
◆借金額と借金の理由 
20/風呂屋通いに使ったカードローン 
◆結婚年数 

◆子供の人数・年齢・性別 
妻妊娠中。品胎(三つ子)。

◆離婚危機の原因の詳細
6年ほど付き合ってた妻と去年結婚しました。
付き合う前から風呂屋通いしていて何度か妻に病気移してます。
(妻は通っているのは知りませんでした。バレた時はたまたま行って移された程度に話して、その都度謝ってました。)

妻の親にも謝りに行ったことがあります。義父には理解してもらいました。 今回は今までの風呂屋通いがバレたというか…
妊娠検査の時に病気が妻に移っていて、妻と実家と義実家に問い詰められ今までの諸行を嘔吐ったかんじです。
続きを読む

935: :2012/06/02(土) 11:06:32.67 ID: 
私は子供達が勝手に起きて学校行ってくれてるから助かる。 
一応夜中にコンビニに買い物行ってメロンパン二個テーブルに置いてコーヒー牛乳冷蔵庫に入れといたから。 
一日中寝てる。 
夜は四年生の上の子が適当にやってくれるし
続きを読む

623: 1/2 投稿日:2013/09/25(水) 19:43:18.42 ID:6Ld7bfjT
最近あった修羅場。
就職面接に向かう途中、電車の乗り換えでコンコースを歩いていると、後ろから衝撃を感じ転んでしまった。
振り返ってみると、4~5歳くらいの女の子が転がって泣いていて、どうやらその子が走ってきて私にぶつかったらしかったので、
大丈夫?と声をかけると、50mぐらい先にいた男性に突然怒鳴られた。
最初は遠いし興奮していて何を言っているのかわからなかったのだけれど、近づいてきて聞き取れたのが
「だぁぁらぁぁ!!なぁぁにうちの娘ちゃんに触ってやがぁんだぁああ!!こぉの変態がぁああ!!」だった。(本当にこんな言い方だった)
とりあえず「娘さんにぶつかられただけで、私から触ったわけではありません。」と答えると舌打ちをして去っていったので
変な人に絡まれたなぁと思いつつ目的のホームに向かった。

しばらく電車を待っていると、先程の父親が駅員さんを連れてやって来て、「この女です!捕まえて下さい!」と言われ、
駅員さんにも「駅員室?でお話よろしいですか?」と連れて行かれそうになった。
どうも私が女の子に対して手をあげて、転ばせたあげく父親に罵声を浴びせて逃げたということになっているらしかった。
連れて行かれては面接に遅れる!!と思い、必死にぶつかってこられただけだと弁解したんだけど、
さっきとはうって変わって紳士的な態度で駅員さんに訴える父親は、見た目もパリっとした格好で見るからに良いお父さん風だったから、
駅員さんも完全に父親を信じているようだった。
続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/05(火) 09:19:52.843 ID:OLyvpDqs00505.net
『息子は帰ってこない』母親の手記 (M・K 51歳) 

平成10年8月20日、私の最愛の息子はバイクで転倒して人生を失いました。 
両手足切断、意識不明の状態でもう4年が経過しようとしています。 
今は悲しみに時間ばかりが過ぎて行っています。 

息子は大学1年生の入学直後、バイクの免許を取り、バイクを購入しました。 
大学最初の夏休み、ツーリングに行くという息子を私は送りだしました。 
その翌日、救急隊から突然連絡があり、私たち家族は病院へ駆けつけました。 
息子はバイク事故で全身を打ち、翌朝発見されたときには既に身体が蝕まれて 
しまっており、最悪の状況でした。 
その結果、息子は両手足を切断しなければいけなくなり、更に4年が経過した 
今も意識が戻っていません。あの日、息子を止めていれば、全てが変わったかも 
しれないという罪悪感から私は今でも生きている心地がしません。 

交通事故の悲惨さ、つらさを多くの方に伝えたいと思ってこの手記を書きました。 
大切な人が事故で悲惨な目に合う事が、どれ程つらいものなのか想像できますでしょうか。 
深く悲しい気持ちが永遠に続くのです。交通事故は本当に悲しいものです。 
誰にでも起こる可能性があるということを考え、忘れないでもらいたいです。 
あなたもつらい思いをしますし、残された家族にもつらいです。
続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/20(火) 20:20:09.871 ID:FLPD2YaJ0.net
本人が元気な頃に大好きだった飲食物を与えるとマジでタヒぬぞ
続きを読む

1: :2013/09/27(金) 23:21:42.64 ID:
を誰か聞いてください! 

俺の彼女すげぇ!って思ったことなので、ちょっと自慢・・・じゃないな、聞いてほしい。 

初めて書き込んでいるのでおかしいこともあると思いますが、見逃してやってください。 




続きを読む

476: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/26(木) 23:26:18
あるチャペルで結婚式が行われている最中に、中年の女性が大声で叫びながら
後方の扉を開けて乱入しようとした。
出席していた来賓達は、一瞬「何事?」と思ったけれど、幸いスタッフが
すぐに中年の女性を取り押さえ、つまみ出したので大事には至らず、そのまま式は進行した。

スタッフが聞いた話では、
なんでも、その中年の女性、娘が事故で急に手術が必要になったのに、
AB型Rh?ヌルなんちゃらっていう珍しい血液型の持ち主で、血液センターの
ストックじゃ全然足りない。
色々調べて、今挙式中の新婦がその血液の持ち主だってんで、
献血を頼みに来たらしい。(相当慌ててて、正気を失っていたらしい。)

スタッフは、その話を新婦の耳に入れる前に、新婦の両親に事情を話したんだけど、
新婦の両親は、スタッフに
 披露宴は中止しない。
 新婦不在のまま開演することもしない。
 招かざる客を排除するのも、式場の仕事。
 この話は、来賓はもちろん、娘の耳には絶対入らないようにしてほしい。
というような事を言って、そのまま披露宴を開催。

中年女性と娘が、その後どうなったかは知らない。
続きを読む

496: 名無しさん@HOME 2011/08/13 23:52:22
今日、兄の家に遊びに行ったんだけど、嫁の食事の準備を見てびっくりした。 
ハンバーグだったんだけど、素手で作ってる!!!!!!! 
うげーーーーーーーーーーー、汚ええええええええええええええええ!!!!!! 

リアルで「うげーーーーーーーーーーー」って声出ちゃったよ! 

嫁に不衛生だからビニ手使うように教えたら、すごい不機嫌な顔して「(私)さんに 
作ってるわけじゃないんで」って、頼まれても食べないし; 
うちの子らに食べさせないでよ!って言ったら「だからあんた達のためじゃない!!」 
って逆ギレ。 
兄は面倒がって「おまえら(私と娘たち)何か買ってこいよ」だし・・・ 

はぁ~~~・・・思い出したくない光景だわ・・・
続きを読む

270: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/28(水) 13:30:15.81 ID:L36aXNEt
雨が酷いので暇つぶしにでも。

自宅を教えた数日後、留守中に勝手に入り込み飲み食いをされ、お金もとられた。
言い分は「どうせ結婚するんだからいいじゃないか」

これだけでも十分に冷めた。

帰宅した弟(年が離れているので当時小学校低学年)を殴る蹴る。
言い分は「遊んでやっただけ」

血まみれの弟が近所の家に助けを求めている間に逃走。
狭い町だったのですぐに捕まりましたが…

付き合って3年、そういった素振りもなく、おっとりとした人だっただけに怖い。
仕事が保父だったこともあいまって余計に。
花が好きで、動物に優しくて、子どもたちから好かれるあの姿は夢か何かだったのか。
冷めたとか通り越して、当時の私にはちょっとしたホラーだった。
続きを読む

このページのトップヘ