注目の人気記事

復讐 ・ 武勇伝

93: 名無しさん@HOME 2010/01/08(金) 13:20:30 0
どちらかというと自爆系なのですが。 

結婚して間もない頃、夕方に夫婦で義実家に呼ばれて、行くとテーブルの上に 
どーんと魚の照り焼きとえびフライが用意してあった。 
トメがニコニコしながらすごい勢いで「息子ちゃん、今時の子は料理なんて 
できないから、結婚してからまともな食事なんてしてないでしょ? 
母ちゃんが好物を作ってあげたからお腹いっぱい食べなさい。」と言われて、 
2人でありがたく食事を頂いた。 

その間トメは「やっぱり食べなれた母ちゃんの味が一番だろ?」とか 
「息子ちゃんの好物を一番知ってるのは母ちゃんなんだから」とか、 
「息子ちゃんの好きな味は母ちゃんしか作れない」とか色々言っていて 
旦那もスルー機能で「うんうん」と相槌を打っていた。

旦那の相槌にどんどん嬉しそうになっていったトメが、最後に私の方を
チラっと見ながら勝ち誇ったような笑みで「でも、まあ嫁子ちゃんの方が
料理うまいんでしょ?」
と言ったら、旦那がここでも「うん」。

トメが固まって一瞬静まった後、「…え?」と聞き直すと、食べ終わった
旦那が嬉しそうに「うん、嫁子ちゃんの方が料理うまいよ」
嫌味に気づいていなかった旦那は、トメを安心させるつもり+少しでも嫁子の
評価を上げておきたい気持ちで言ったのだけど、トメはその後ずっと無言だった。

10年以上経ったが、それ以来一度もトメの手料理を頂いていない
おいしかったので残念だけど、あの時のトメはコントみたいで面白かったw

続きを読む

663: 名無しさん@HOME 2014/01/24(金) 19:32:17.57 0
初めての書き込み失礼します。 
携帯からなので改行等変になってしまったらごめんなさい。 


先日、旦那の祖母の自宅に帰省しました。 
私、旦那、息子、良ウトメ、大トメ、義実家側親戚10人程でご飯を食べることになりました。 
しかし、息子はアレルギー持ちなのでお弁当持参で1人だけメニューが違いました。 
6歳になり自分のアレルギーを理解している息子自身は、特に気にして居なかったのですが大トメ以下親戚の方々がごね始めてしまいました。 

「好き嫌いは良くない」「偏食は人として欠陥」など、説明を何度してもヒートアップ。 
旦那もぶちギレ寸前。

すると、普段穏やかで子猫のような良トメがふっと席を外し、戻ってきたその手にはサンポール。 
どんっ!とサンポールを大トメの目の前に置くと、 
「飲んでくださいな」とにっこり。 

「毒を飲ませるのか」「基地害!」とぶちギレる大トメ。 
トメはそれでも「あらあら、好き嫌いは良くないわぁ」とにこにこ。 
最終的に、「飲めば無事では済まない、タヒんでしまうとわかって勧めるってこういうことよ。息子くんの気持ちが少しはわかったかしら?」と説教し泣きながら大トメ宅から帰宅しました。 

しょんぼりしながら謝られましたが、本当は息子を守ることは私がしなければいけなかったのにトメに負担をかけてしまったので何度も謝り感謝しました。 
今日大トメから謝罪の電話が来たのでカキコさせて頂きました。
続きを読む

134: 名無しさん@HOME 2008/05/20(火) 11:30:39
 
私のトメが昔したDQN返し(義兄さん話)。


トメさんの旦那(以下ウトさん)は、7人兄弟の末っ子。
兄弟構成は○○●○●○○(○→男、●→女)で、長男と末っ子ウトさんは15歳以上離れている。
ウトさんが4歳のとき父親が病死したため、

母親と共に長男がウトさんの親代わりとなって育ててきた。

それらを踏まえて、トメさんが嫁いできたとき、ウト家族(特に長男夫婦から)可愛がられた。
しかし、唯一4番目の兄の奥さん(以下4兄嫁)だけが、トメさんを目の敵にしていた。
自分等より下(と勝手に認定した)の末っ子の嫁な上に、
4兄嫁の実家が某大名の家臣の分家の末裔だとかで(親族の集まりで必ず実家自慢)
たかがふとん屋の小金持ち出身のひょっこトメが
他の兄弟たちからちやほやされているのが相当気にくわなかったらしい。

顔を合わせる度に色々見下し発言をしてきたが、
トメさんやウトさんが応戦する前に、 長男夫婦が〆てくれたため、

あまり大事にならずに済んでいた。

続きを読む

69: 名無しさん@HOME 2007/09/02(日) 05:59:00 O
結婚早々やっちまった。 
新居に越して一段落。両家両親を招いて食事をすることになった。 
人当たりのよい義両親だったので、なんら心配はしてなかった…が。 
私の手料理を振る舞い、しばらく談笑したところでウトがいきなり言い出した。 
「確かお宅はご両親二人とも高卒でしたね?」 
私の母が「そうですが…それが…?」と躊躇いがちに返した。 
ウト「いえwなんてことはないんですがね。あ、私は中央出なんですがねw 
何て言うか…やはり高卒の方は素朴だなと思いましてw」 
この辺でウト以外気まずい空気。 
トメが「ちょっあなたっ!?」と慌てるも、ウトは続けた。 
「いやー、高卒でお嬢さんを大学に行かせるのは大変だったでしょう?素晴らしいw 
家はね、家系的にまぁ大学にやるのは当たり前なんですがね。 
お宅はお嬢さんが家へ嫁いで家系的にも、ランクアップと言いますかw 
お嬢さんを大学にやってよかったですねぇ。三流とはいえ。 
…息子の選んだ方ですから、文句はいいませんがね…」 
一瞬の沈黙の後、怖い顔で聞いていた私父とポカーンと聞いていた旦那が 
ほぼ同時に勢いよく口を開こうとしたのを遮って言った。 
「お義父さん、大変回りくどい言い方でしたが、ようするに格上の家庭に拾ってもらって 
感謝しろと言いたいんですね?私達が気にいらないってことですね?よくわかりました。 
一生その下らない価値観で生きてみればいいと思います。 
お葬式に誰も会いに来てくれないような寂しいことにならないといいですね。 
少なくとも私は今日から一生あなたに会いに行くことはありません。葬儀にも出ません。 
お帰りください。今すぐ。」玄関へ続くリビングのドアを開けて促した。 
トメは慌てて「も、申し訳ありません…今日のところは、あなた、帰りましょ?!さぁ!」 
とウトを立たせようとした。 
ウトは思わぬ反撃だったようで言葉が出ないようだった。 
真っ赤な顔で「何を…!ななんまいきな…!」みたいなことを言い、 
それ以上言葉にならずプルプルしながら逃げるようにトメに連れられ帰って行った。 
旦那には私と両親に土下座して謝られた。 
…と、昨晩のことでした。興奮して眠れなかったよ。 
もっと言ってやりたかったけど私にゃこれで精一杯でしたわ。
続きを読む

780: 名無しさん@HOME 2011/09/23(金) 14:56:01.54
 
えっと〜何となく落としてみるプチっとしたDQ返し 
文章纏めるの下手だけど暇つぶしがてらに 


結婚2年目で計画子梨の我が家
中距離別居の義家族はトメさんが良トメだがウトがトメさんの目を盗んで私に

セクハラかますクソウト。

旦那やトメさんが〆ても一向に収まる気配がない。 
ある時義実家にお邪魔してた時、(夫不在)案の定ウトがトメさんのいない隙を
狙って私の体をわしづかみにしやがった。
もちろん手を振り払って止めてください!と苦情を言うと
「子供もおらんのにいい体してもったいない」
「俺がお前たちの頃には(以下略)」

「昔トメと伊豆や箱根に旅行に行ったときなんぞ宿に籠って一日中(以下略)」

等まあいいたい放題セクハラ言動。


続きを読む

156: 154 1/3 2007/07/30(月) 12:58:47 ID:XFnIOlSq
 
それではもう解決済みの事件で、自分としてはスッキリしたので投下。 


以前からちょっとクレクレケチママの臭いのするSさん。
ご近所でも「あ~あの人ねpgr」とちょいっとイタい人認定あり。

私は初婚で県外出身、夫は死別再婚で年齢差は10歳以上ありの為、
夫と同年代のSさんからどうも下っ端認定された模様。
あれこれ用事を押しつけられるのを何とか回避していたのですが、
ついに「息子と夫の弁当作れ」と弁当箱押しつけられた。
我が家は子無しなんだけど、夫と自分用に毎日お弁当作っていた。
夫は病院とか施設専門の調理師。
当初は賄い無しの施設だったが、別の施設に異動になったらそこは賄い付きだったので、
お弁当を作らなくて良くなったという井戸端会議を聞きつけての突撃らしい。

私の会社は食堂有り。
お弁当は夫の余り物を自分に流用していただけ。
作らなくて良いならそれに越したことはないので、つい嬉しくて
仲の良いご近所さんに漏らしてしまったのが運の尽き。


Sさんの言い分は
・低血圧だから息子の朝練に間に合うように起きられない
・毎回コンビニじゃ育ち盛りの息子や激務の夫が可哀想
・今までも二人分作ってたんだから何も変わらないはずだ
・どうせ夕飯とかご主人に作ってもらって楽してるんでしょう?
・子無しで楽をしてるんだから地域の子育てに協力しろ
・母親の真似事をさせてあげるんだから感謝しなさい

・本来ならあなたが頭を下げて頼みにくるべきなのよ


続きを読む

907: 本当にあった怖い名無し 2012/02/04(土) 19:06:38 ID:pLa/D9i+0
復讐というにはぬるい話な上、長文でゴメン。 

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。 
うちの家族構成は父・母・姉・俺。 
父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。 
稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。 

A家母は、うちの親父と知人&母の上司。 
A父は女房にまったく逆らえないヘタレ。 
そしてA母はモンペ気質で、Aはワガママほーだい甘やかされたガキ。 
A母とうちの親父の繋がりにより、うちはまるでA家の占有領土状態になっていた。 
Aが俺と同い年なのも運が悪かった。 
俺は生後すぐAの遊び相手として認定され、物心ついたときからAのしりぬぐいをさせられてきた。
続きを読む

853: 1/2 2009/06/02(火) 18:25:11
 
ぷちだけど 
アポ無し凸当たり前、粗探しをしてはチクチク嫌みざんまいなトメ
言い返すと、悪気は無かった・良かれと思っての事と被害者ぶるのが得意で

たちが悪い

ある日、休日出勤の振替で平日に休みになった
ちょうどゴミの日で、ゴミを出しに行こうとしたら携帯が鳴ったので
玄関のドアの所にゴミ袋を置いて部屋に戻った
そんでメールをチェックしてると玄関から悲鳴が
びっくりして玄関に行くと、トメがゴミ袋の上に腹這いになってもがいてた
どうやら合鍵で忍びこもうとして、ゴミに気付かずつまづいたらしい 呆然とする私にトメは罵詈雑言。
その言葉でちょっと正気に戻った私は何故かにちゃんを思い出し、
証拠!写メを撮らなきゃ!状態になったがてんぱって写メじゃなくムービー操作をしてしまった。



焦りつつもムービーでもいいかと、携帯をいじってたらトメは
「メールなんかしてんじゃないわよ!」と勘違いして更に暴言吐きまくり
嫁イビリの証拠はカメラ目線でばっちりとれたw

証拠撮った後も、大笑いしてトメを助けなかったのはDQだと思う


続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/09/13(木) 22:50:24.33 ID:MllbHZd/0
立ったら聞いて。 

書き溜めてないし特にオチもありません
続きを読む

361: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/13(火) ID:JcltP2mM
昔の話なんだが、付合いで参加した登山で遭難した。仲間は俺置いて先に下山。 
仲間は俺のこと嫌いだから置いて行こうみたいな態度でさ。あっち(どっちだよ吹雪だぜ) 
まっすぐ行ったら帰れるからって早口で言って笑いながらで走って逃げて行かれた。 
冗談・好き嫌いでもやっていいことと悪いことがあるよな。 
登山経験ゼロの俺は、逆に冷静になった。頼れるのは俺だけ。慌てるな、考えろって。 
でも視界はクソ悪い。登山経験者ならコツを掴んでるかもしれんが…

風よけの大きめの木に寄りかかって夜が明けるのを待ってた。 
その大きめの木を探している最中に一体ほど、まあ、その、氷漬けの人を見つけた。 
話しかけたら、反応しないわけよ。ここは風くんのかーっとおもってちょっとだけ距離とって 
その人の寝袋もどきを見ながら夜明け待ってた。その時、寝たらダメだと思い色々考事したんだ。 
この寝袋取ったら三時間は長めに生きられるのかなとか。でも多少の違いなら剥ぐの忍びないなとか。 
正直この時点でもう体が鈍くて動かなかった。七割ぐらい諦めかけてた。せめて遺書でもと 
ペンしかないので腕にちょろっと書いて寝ようと蹲ったんだ。で、その時はっと思い付いた。 
もうガチでダメ臭いけどどうせなら見晴らしがいい場所の方が見つけてもらえやすいんじゃないかと。 
たとえ一か月後でも。これも何かの縁だと最後の根性でそいつ引きずったり転がしたりしながら 
(二体の方が目印になるかと)開けた場所で気絶してたら運よくヘリが来てなんとか助かった。 
そのヘリっていうのがそいつを探してたヘリらしく、俺はついでに見つかった運のいい遭難者だった。 
あれ以来、アウトドアとかトラウマ
続きを読む

このページのトップヘ