きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

愚痴 ・怒り


273: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/11(日) 12:08:49.47 ID:kMLVBUw8
待ち合わせ時間
いつも思うのが約束より早く来る奴だな 
特に家に招いた場合は5分くらい遅れてくるのがマナーだろうに 
1時に集まるのに12時過ぎに来たりする奴って何考えてんだろ
続きを読む


562: 名無しの心子知らず 2017/06/02(金) 02:12:33.87 ID:nkHYcy/B
里帰り中の実家で 
生後3週間の子に母乳あげてたら黒いやつが視界に入ったので
抱っこで緊急脱出

隣の部屋で寝ていた実母に助けを求めたが
薬を撒くわけにも行かないので逃げられてしまった 
何もせずに寝ていた実父が 
「悪さするやつじゃないから早く戻って寝ろ」と 

できるならそうしたかったが子どもの口に入るのも嫌だし
窒息されたら最悪だし、顔の上に這うのも絶対嫌だったので拒否したら、 
「もう親になったんだから強くなれ」 
「それぐらいの子は気持ち悪いの感情もないから大丈夫」 

実父ながらこいつ何言ってんだと思った 
一応人の命預かる仕事をしてる人が言うことかと思ったが、
ショックすぎて言い返す事もできずにただただ泣いた 
その間、違う部屋に荷物を運んだりヤツを探してくれていた実母には感謝
続きを読む


701:名無しさん@おーぷん2017/06/12(月)22:32:32ID:V2o
相談というか愚痴というか…

妹(今年で31歳)に「結婚相手になれる様な良い人を紹介して欲しい」って頼まれたから、
旦那の知人や会社の人達などを紹介してあげたんだけど、尽く妹の方から断られてしまった

以下、紹介してあげた男達のスペックと断った理由
①A男
・年収1200~1300万ぐらい
・33歳、会社の同僚
・顔は中の上ぐらいで背は高めだけど、ちょっと髪が薄くなってきてる人
妹「何なのアレ、絶対将来ハゲるじゃん。ハゲ男はNG!」

②B男
・年収1500万以上
・36歳、旦那知人
・長年付き合っていた恋人がタヒ別しており、最近やっと立ち直ってきたとの事
・顔は普通ぐらい、ちょっと小太りな感じ
妹「外見がイマイチパッとしないし、歳もいってる上に、前の恋人と比べられそうで嫌」

③C男
・年収850万~ぐらい
・29歳、会社の部下
・顔もスタイルも普通で良くも悪くも印象が無い人、しいて言えば誠実な性格かな?って感じ
妹「悪い人じゃなかったけど、ちょっと刺激無さ過ぎ!あんなつまんない人紹介しないで!」

④D男
・年収640万ほど
・26歳、会社の部下
・なかなかのイケメン、若い頃の妻夫木聡に似てる。結構モテる感じの子
妹「カッコイイし優しかったけど、
歳下とはいえ年収が低すぎるからね~結婚相手としてはちょっと…」

⑤E男
・年収1000万~2000万以上とまちまちらしい、自営業
・32歳、旦那知人
・写メ見た限りだと、EXILEとかにいそうなオラオラ系。体格はかなり良かった。
妹「今までで一番良かったけど、自営業はちょっとね…
何だか不安定だし結婚相手としてはパスかなー」
続きを読む


32: 名無しさん@おーぷん 2017/05/09(火)09:08:12 ID:HBx
先週ずっと出勤だったんで今日から来週の水曜日までお休み。
やった~!!と思ってたら、
なんかしらんけど、夫の妹家族が明日から週末まで泊まりに来たいって。
あほかと思ったのでお断りした。

なんかよくわからんが義妹がママ友にタダで泊まれるところを知ってるとか自慢して
一緒にUSJに行こうってことになってもう切符まで買ったらしい。
夫に土下座されたけど、
そんなにどうにかしてやりたいならお前が金出してどっかやどとってやれ、
と言ったら泣いてた。

せっかくの休みだってのにいい加減にしてほしいわ。
そもそも私は義妹が大嫌い。
義妹もわたしのことが大嫌いだと公言してはばからないのに、
なんで泊めてもらえると思うんだか。頭おかしい。
続きを読む


853: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 11:46:07.16 ID:UfyxDl5f.net
高3年の頃、隣の席の人(A子)に同人誌の即売会(コミケみたいなの)の手伝いを頼まれた。 
ちなみに私は漫画読むのは好きだけどオタクじゃないしA子とも隣の席になるまで余り 
話した事はなかった。

謎の世界だし不安だから断ったんだけど「フリマみたいなもんだから。全然怖くない」と何度も 
頼まれて最終的に了承して当日即売会の会場へ。 
本を売る場所には山積みの段ボール積まれていて中身は全部A子の作った本だと言う。 
彼女曰く「開始と当時にファンが杀殳到するから落ち着いてね。あと出版社の人とかも来て 
スカウトされるかも」と言われ、そんな有名な人だったの?とビビったんだけど結果は 
売り上げゼロ。1冊も売れなかったし見向きもされなかった。 
おかしいと思ったよ、絵が下手な上に漫画の人物全員左向きで胸から上までしか描かれ 
ていないし話も面白いとか面白くないとか以前に内容がメチャメチャで、オタクの人は 
こんなの千円で買うのか、私の感性がおかしいのかと不思議だったよ。 
衝撃だったのはそんな本を20万かけて3千冊作っていたという事と1日で完売すると 
彼女が本気で思っていたという事。 
たくさん漫画読んでるんだろうから自分の絵がおかしいって思わないのかな
続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木)21:25:12 ID:r17(主)
中3の妹がまだ一緒に入ろうと言って来るんだが、そろそろガツンと言った方が良いよな?

大抵中1くらいまでだと思うし
続きを読む


563: 可愛い奥様[sage] 2011/06/16(木) 20:12:39.41 ID:/YxpMvn+0
同僚からあれこれ夫のこと聞かれたとき職業は製造業としか答えなかった 
そうしたら彼女の中でうちの夫は会社名もいえない=無名企業、 
業種しか言わないのはきっと正社員じゃないからで 
派遣とかの工場労働者に違いないという事なったらしい 

それ以後、彼女は自分の身内の話をする時に「知らないかもしれないけど大手ではね」とか 
「しっかりした会社ではね」と前置きするようになった 
こういう人なら尚更プライベートを明かさなくて良かったとは思うけど 
一々小ばかにしたような言い方されるのはビミョー
続きを読む


385:おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/04/25(日) 16:02:34ID:IiuwI+lx
自分→前の職場が倒産して現在は就活に追われる日々(独身女)
友達A→たまに短期バイトしてる主婦

Aは頻繁に遊びに誘ってくれて、それ自体はもちろんありがたいんだけど、
正直なところ今は就活でいっぱいいっぱいなため遊ぶ時間も金銭的余裕も無い
そのことを正直に伝えると「友達より就活優先なんだ、いいけどね別に」と
あからさまに不機嫌な様子で冷たく言われた

それ以降も何度も誘われたけどいずれも就活の都合で断らざるを得なくて、 
そのたび「薄情だね」「友達はどうでもいいんだね」「友達いらないんだ?」 
「私だったら就活より友達の方が大事だけどね~」等々言われまくりで正直うんざり… 
挙げ句「次誘ってあげた時また就活とか言って断ったら、 
報復として私あんたの彼氏寝取るから~」と意味わからんこと言われてドン引き 

せっかくの誘いを断ってばかりの不義理は申し訳ないと思うけど、 
でも今の状況で就活優先になるのは仕方ないし勘弁してほしいよ
続きを読む


346:1/4[sage]2010/04/23(金) 00:32:15ID:t0T3X9bX
長文行きます。
高校時代からのダチ。現在30代終盤。若い頃はかっこよかった。根はそんな悪くない。
よく人に飯をおごったりする気前のいいヤツだった。が、容姿が悪い人の事は影で平気で
バカにする発言をするのが好きだった。自分は陰口は嫌いだからその度にやめろっ!て
言ってたけど、人を下に見るのが好きらしくてずっと止めなかった。時にはその悪舌が
俺に向く事もあったけど、こういうヤツだからまぁしょうがねえなって流してた。
ヤツは20代で突然分不相応な車を鬼ローンで買ってピーピーしだした。月末になる度に
俺に金を貸してくれと言ってくるようになり、最初のうちは貸してやってたけど
これじゃダメだ。と思って心を鬼にして付き合いを疎遠にした。

実際俺にも色々使う事があったんだよね。余裕も無いし。けど家が近いからたまに会うんだよね。そしてその度に・・。 
20代中盤、ヤツのオヤジさんが亡くなった。友人達と疎遠になっていたヤツは、俺に 
みんなに連絡をして知らせてほしいと電話してきた。俺はヤツのためにみんなを 
葬儀に集めたっけ。買った車のお金はオヤジさんもいくらだかを出してくれていたらしく 
「この車はオヤジの形見だから大事に乗るんだ。」って言ってたっけ。けどやっとローンを 
払い終わったその車はその後たった数年の内に何度も事故らせて結局は廃車になったらしい。 
それからもたまに顔が会う度に金を貸してくれと。車のローンは終わったのに、しかも 
ちゃんと働いてるのにどうして・・?休みの日もどこにも出ずに家にいるみたいだし 
本当に金が無さそうなヤツ。一体何に使ってるんだろう・・?話さない。俺は貸さなかった。 
貸してもごく小額に止めた。帰ってこないから。信頼関係が崩れていくのがイヤだった。
続きを読む

このページのトップヘ