851 :きまぐれ鬼女 2017/04/22(土) 09:37:17 ID:fvd6T6Ip.net
携帯からなので細切れ投稿になります。
所謂メンヘラだった中学から高校まで四年間粘着された話。
リスカしていつも長袖か包帯巻いて過ごしてた頃何となく人がいない公園でブランコに乗ってたら大学生だという男に声かけられた。
優しげな笑顔で顔も人によっては格好いいと言うジャニーズ系。
話しやすく会話も楽しかった世間知らずな私は言われるがままメアドと番号を交換した。
ただ私は小学生の頃からシャズナやGACKTが好きで中学の頃の好みは格好いい綺麗系だったし、ジャニーズ系はあまり好きではなかったため異性.というよりは相談や愚痴を聞いてくれるお兄ちゃん暗いにしか思ってなかった。
連絡を取り合って2ヶ月がたった頃中3と言うこともあり夏休みから親が家庭教師を雇い受験勉強を始めた為自然と電話やメールを返す頻度が減っていった。
秋頃になって勘助が勉強をみてあげると言ってきた。私は二つ返事で日時を決めたが場所は勘助の家でいいかと聞かれたが流石にそれは抵抗があり図書館の学習コーナーでということになった。
そんなこんなでなんとか受験合格し高校生になり私は高校デビューをはたした。
生やしっぱなしだった両津並の繋がりが眉毛は普通より若干太めまでという範囲まで処理しスカートも膝下が膝が見えるくらいまで上げて校則にギリギリ引っ掛からない程度におしゃれをした。
地味子脱却して友達も男女共に増えたし友達とカラオケやゲーセン行ったりとても楽しかったし、自然とメンヘラも薄まり相談等も勘助にしなくなり同級生とのメールが増え更に連絡は減った。
それでも月1位で会って遊んだり図書館に行ったりしていたんだけどある日私は同級生に告白された。


852 :きまぐれ鬼女 2017/04/22(土) 09:38:14 ID:fvd6T6Ip.net
いいなと思ってた相手からの告白に私は即了承した。
その夜初彼ができたことにうかれて勘助に報告した。
すると一分後に勘助から電話が来た。特に疑問ももたず電話に出るといつもより低い声でどういう事?と言われた。
ちょっといつも違う勘助にビビりながらも告白され付き合いはじめた事を話すと大きくため息を疲れた。

勘助の話を纏めると
・中3の私は自分がブスだと思っていたみたいだが手入れをすればそこそこのレベルだった。いわゆる原石だったから見初めて声をかけた。
・何も知らない君をいろんな所に連れていき見聞を広げ、教養を身に付けさせてやった。(確かに美術館や映画、植物園図書館などに連れていってくれた。

・勉強だって教えたのは自分に釣り合うと迄行かなくとも世間に彼女と紹介しても気味が恥じをかかないようにするため。
・色気付き露/出が増えたのも年ゆえものとして我慢してやった(ズボンばかりだったのがスカートをはきはじめた事

・男友達だって自分との会話の幅を広げる連絡と男心を学ばせるために我慢してやった。

・自分という将来の旦那がいるにも関わらず男を作るなんて最低だ

と淡々と言われた。
私は怖くなり通話を切ったら勘助から着信。咄嗟に電源をきり翌朝電源をつけるとメールが沢山来ていた
853 :きまぐれ鬼女 2017/04/22(土) 09:38:52 ID:fvd6T6Ip.net
あまり内容はおぼえてないが電話同じようなことや、結婚できる年まで待つつもりだったが今回の事は我慢ならない。
君が体を捧げて誠意を見せるべきだ。等かかれていた。もう怖すぎて彼氏や友達に相談。幸い自宅は知られてなかったし知られていた学校周辺は男友達や彼氏が複数常にいてくれたお陰で着信拒否したのもあり被害はメールだけだった。
メールは動向がまったくわからないのは危ないと言うことで読まずに放置。たまに友達がメールチェック。
ある日友達の顔色が悪くなりメールを私に見せてきた。

内容は私の自宅付近の写メと、如何に君を愛していて自分が情け深く包容力のある男か。
彼氏を見たがあんなガキは相応しくない等がかかれていた。
つけられていたこととキチ外染みたメールにその日から彼氏が自宅まで送り迎えしてくれるようになった。
それからは徐々にメールが減りたまに長文メールが来るくらいになり、私も慣れてしまい危機感が薄れた頃彼氏がインフルエンザになった。

一人で登下校するようになって二日目の朝痴/漢に会った。怖くて動けなくなった私の下半身や腰を撫で回す手に吐き気がしながら、駅についてダッシュで逃げた。
その日の帰りに自宅最寄りの駅に着いたら駅前に見覚えのある車が。
あの時の血の気が引く感覚と恐怖は今でも覚えている。
気づかない降りして帰ろうとしたが車から降りてきた勘助にすぐ捕まった。

奴の第一声は
「朝は気持ちよかったでしょ?俺と君は運命の相手だから相性.がいいから、たまらなかっただろう。今から君に天国を味あわせてあげるから」
と腕をつかんできた。

私は身の危険を感じて絶叫。
民家は少ない場所だったけど悲鳴に気づいてくれた人が駆けつけてくれて、それをみた勘助が逃げた。
854 :きまぐれ鬼女 2017/04/22(土) 09:40:36 ID:fvd6T6Ip.net
警察を呼ばれ、親に電話に事の経緯やメールを見せると親にはなぜ言わなかったと叱られた。

私は何度か警察に話し、残りは全て親が対応したので詳細はわからないけど未成年を誘拐未遂と言うことで捕まったときいた。

やっと安心して過ごせるとリア充生活を満喫して二年しないくらいの時、1通の消印なしの手紙が届いた。勘助からだった。

中身は更に酷くなっていて私と結婚したことになっていて、私両親に反対され高校卒業まで一緒に暮らせないことが辛く寂しい。
我慢がならないから君を迎えにいく。
君の純血は自分が散らしてあげる。
高校は中退して子供を作ろうとか
もっといろいろかかれていた。
即親に手紙をみせ警察に行ったがなんと執行猶予中で昨日から行方がわからないと言われた。

親の送迎と警察の見廻りや、刑事さんが定期的に来てくれて手紙がたまにくるが特に被害がなく過ごしていた。
高三になった夏。
二階の自室の窓を開けて寝ていた夜寝苦しさに目が覚めた時ギシギシと外から音が。

なんだろうと窓から覗くと窓の横の駐車場から雨樋からよじ登ってくる人影。街頭に照らされた勘助を見て窓を閉め親の寝室に逃げた。
パニックになりなかなか話せないでいる間に外からバキバキという音と悲鳴が聞こえ下を見ると雨樋が折れ落下した勘助が倒れていた。
すぐに119して警察にも連絡して勘助は逮捕。
その後引っ越して勘助からは逃げ切った。

逮捕された勘助はなぜ忍び込もうとしたのかの理由は
高校生で無くなったら女は価値がない。
高校生で妊娠するという経験は貴重。
あいつだってそれを望んでいると証言したらしい。

理解不能なキチ外勘助は今も檻付き病院にいる。
一生出てくるなと願いをこめて彼氏と結婚して十周年記念と三人目の胎動をはじめて感じた記念にカキコ
855 :きまぐれ鬼女 2017/04/22(土) 09:41:54 ID:fvd6T6Ip.net
その後も私が家族の異性.すら怖くなり彼氏と男女の中になるのに三年かかりました。
なんとかカウンセリングで今は密室で知らない人と二人きりにならない限り平気にはなりましたが、たまに夢にみます。

忍び込もうとした時の装備が金槌とガムテープとロープなどと聞きもしあのとき起きてなければ、今ここに私は存在すらしてなかったかもと思うと恐ろしく思います。

最初は本当に楽しくて優しい人だったのに最後には面影すらない程に人相が変わってました。

声も姿も体型すら変わってしまった様に見えて本当に恐ろしかったです。

一部フェイクもあるし、長文初投稿で読みにくかったりしたらごめんなさい。
引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1475070615/

1000: 名無しの心子知らず

おすすめサイト最新記事!




コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット