647 :きまぐれ鬼女 2014/05/09(金) 03:26:18 0.net
流れは読まずに夜中に書き逃げ
他の方々とは比べられないようなものだけど、個人的には超修羅場。

2、3年くらい前の正月の出来事
ウチは元旦はウチ一家&叔父一家で父方のじーちゃんの家で食事(もとい宴会)するのが毎年の恒例。
朝からみんなでこたつを囲んで煮物とか焼肉とか餅とか食う。

しかしあの日、俺の目の前に座ってたじーちゃん(70代後半)が突然むせ始めた。
突然すぎて「?」状態の俺、喋ったり飲んだりしてて気づかないその他大勢。


648 :きまぐれ鬼女 2014/05/09(金) 03:26:50 0.net
「あー、室内+こたつとはいえ、寒いし歳だし…」とかボケーっと考えてるうちに弱々しくむせ続けるじーちゃん、次第に体が傾いていく。
不意に脳裏によぎるお正月恒例の『老人が餅を詰まらせ---』のニュース。この辺で俺の親父が気づいたっぽい。

俺「じ、じーちゃん?」
爺「ゲホッゴホッ」
父「お、おいトーチャン、おい?」
爺「ゲフッ…ケホッ……」
父「おい!何してんだ!」

この声でみんな気付いたらしい。
649 :きまぐれ鬼女 2014/05/09(金) 03:27:10 0.net
焦る親父、慌てる叔父さん、台所から飛んでくるばーちゃん、パニック起こす母&叔母、従姉妹ポカーン、俺gkbl。

父「吐け!!早よ吐かんか!!吐け!!(背中を擦ったり撫でたり」
婆「○○さん!!?どうしtくぁwせdrftgyふjこlp!!!(もはや何言ってるかわからない」
爺「コホッ……」
叔父「トーチャン!!!トーチャン大丈夫か!!?」
俺「え…あ、救急車…いや掃除機…あ、…(唐突すぎて混乱中」

こりゃやべぇ新年早々ニュースに出るのか一族(?)で、俺第一発見者にされるのかな、とか意味不明なことを片隅で考えてしまった頃、じーちゃんが静かになった。
650 :きまぐれ鬼女 2014/05/09(金) 03:27:32 0.net
爺「……ふぅ…」

詰まっていたものを飲み込んだのか、息をつくじーちゃん、全員安堵。ばーちゃん涙目。
どうもお吸い物かなんかに入ってた肉が引っかかってたらしい。で、結局飲み込めた、と。
それを知った瞬間の親父の「もうお前は何も食うな!!!!!」の叫び声が近所まで響かなかったことを祈る。

緊急事態にアホなこと考えたり役立たずだった自分への嫌悪と、下手したらそれが現実になってたかもしれなかったこと、
何より農作業してて優しかった大好きなじーちゃんが目の前で逝っちまうんじゃないかって思ったのが修羅場だった。
651 :きまぐれ鬼女 2014/05/09(金) 03:34:10 i.net
読んでてヒヤヒヤしたww
じーさん良かったな
大事にしてやれな
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1397065071/

1000: 名無しの心子知らず

おすすめサイト最新記事!




コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット