きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

555: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 06:44:17.36 ID:QmGk4yPo.net
嫁さんが姉にだけ挨拶しないんだ。
無視じゃなく「どうもー」った言うだけ。
息子と二人で、よく俺の実家に行ってくれるから
ありがたいと思うべきなんだろうけどさ。
昨日久々に俺も実家に行ったら、5歳の息子まで
姉に「どうも」って言うんだよ。
ちゃんと挨拶してな、と息子に言い聞かせたら
「いいんだよ、どうもって言ってあげたから!だめな人にはね、言わなくていいの!」と
と返ってきた。嫁の影響受けたのかも知れない。
別に無理に仲良くなんて言わない、だけど
挨拶くらい普通にするべきだと思うんだ。



557: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 07:07:43.29 ID:QmGk4yPo.net
>>555だけど
姉は確かにちょっと変わった職種だし
実際少し変わり者なのかも知れない、だけど
軽蔑されるような仕事じゃない、寧ろ
これで食ってる人は貴重だし珍しいと思う。
でも嫁さん的にはそこが嫌みたいだ。
安定してないし、姉がいつ実家に戻ると言うか
わからないって言う
でも今の世の中そんなの誰も同じじゃないか?。


556: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 06:55:52.09 ID:tSbnopit.net
ぶんなぐってしつけろ
5歳のガキが「だめな人」と見下し発言してるのは相当まずいだろう


558: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 07:10:50.07 ID:QmGk4yPo.net
>>556
おはようございます、ありがとう。
リロってなかった、
そうだよな、しかも息子は
どうもって「言ってあげた」と言ってた。


559: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 07:17:08.57 ID:2XABnFLb.net
>>558
クリスマスプレゼントもお年玉も無しにしていいレベル


560: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 07:53:25.85 ID:+Rr5nVh2.net
いや子供が悪いんじゃなくて、奥さんがそう言い聞かせてるんだろ
突然怒ったら子供は混乱する

躾するなら奥さんだろ


564: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 08:30:21.73 ID:+6KYpj2a.net
>>555
私も母親に、悪口吹き込まれて利用された身からすると何とも複雑な気分。子供を使って人を貶めるって、客観的にみてこれほど醜悪なもんなんだね。
分別がつかず意味も知らないで言わされていたとは言え、罪悪感は一杯だ。
どうか悪い事は悪いと親として叱ってやって欲しい。
…が、おまいさんも姉は変わった職業だと見下しているし嫁と子が実家に来てくれる恩を感じているから注意はしないんだろうね。
子供には変わった職業とか関係ないし、親が率先して差別を教える必要もない。
夫として父親として、弟としてもしっかり正して欲しい。
いじめっ子になるかいじめられっ子になるか、大きな分かれ道に立っている事を自覚して。


566: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 08:46:30.02 ID:tSbnopit.net
>>555の嫁が元凶なのはわかりきってるが
そんな腐った人間性の大人、いまさらどうしようもないだろ
そんなのと結婚したのが運の尽きと思うしか無い
でも、腐った人間に染められつつある子供は救わなきゃいけない
まずは全力でそこだ
姉はたぶんさほど気にしてない。カス嫁が何言おうがどうでもいいしな
でも子供に言われるとヘコむと思う。嫁の毒素を受けてる憐れさが辛い


567: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 09:00:31.57 ID:r/d3FEON.net
子供が混乱しようとその場で叱るべきだな
いろんな意見の人がいて、母が正しいとは限らないということを教えておくのは毒だろうがそうじゃなかろうが大事なことだ
自分の頭で考えさせないと
あと嫁には心の中でどう思おうと勝手だがそれを表に出したり子に言ったりするならもう実家に行くなくらい言っておいたら?
ていうか嫁に関しては激怒していいと思うんだがなんでそんなに弱腰なんだ??
親だって娘にそんな態度とるような嫁に来られてもじゃないか?
孫は>>555が見せに行けばいいじゃないか


570: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 09:20:36.83 ID:ogVVotat.net
子どもの性格が汚されていくのを見て凄く悠長に構えているんだなぁと思った。
奥さんについては碌でもない嫁貰ったなと感じた。
申し訳ないけど、自分なら恥ずかしく感じる。
そして指くわえてそれを見てるだけで、勝手になおってくれないかなぁと思っても治らないと思うよ。
友人に保母さんがいるが、心の優しい子もいれば、小さい頃から意地悪な事を平気で言ったり出来たりする子供がいると嘆いていた。
意地悪な子どもほど、生まれ持った性格から曲がってるように見えて可哀想なものはないよ。


571: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 10:03:35.52 ID:Ic72iUox.net
>>555、嫁と子供に同じことをして返せばいいと思う。
うちは、気に入らないことは必ず返す。
そうすると分かってもらえる。
腹が立つとか、どうにかしてほしいと思うのは、
自分に何とかする力がないからだと思う。


575: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 12:42:35.11 ID:1KIP4QYM.net
レスくれた方々ありがとう。
嫁さんと話したら息子には言ってないんだけど
幼稚園のママ友に姉の話をして「普通じゃない」「困った人」
だと言っていて、何か嫁の迷惑になったのかと
「困った人」の理由を聞いたら
「普通は独身なら会社員やパートで働くものでしょ?
それなのに自分で場所借りて趣味みたいな事で稼いでる」
からマトモな人生じゃない、と。
嫁にも姉がいるから比較して「マトモじゃない」と感じると言った。
嫁の実姉は子供二人の専業主婦
でも俺の姉は「趣味で稼いでる」訳じゃない。
実際に美術誌に載るし、作品を販売する形で稼いでいる。
理解するしないは別として、挨拶はするべきだ。
と言った所で義父と出掛けた息子が帰宅。
もう少し話してみる、後息子にも話を聞きたい。


577: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 12:47:01.18 ID:w+8faE/G.net
>>575
あんたの嫁さんにとっては、俳優女優音楽家プロスポーツ選手作家漫画家料理研究家声優等は
「マトモな人生」じゃないんだなw


578: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 12:52:55.20 ID:LtRNdRaJ.net
>>558
非常識極まりない!
こういう子が、将来、狭い視野で周囲を見て
自分と違う、価値観の異なる、貧しいなどの状況の子がいたら
イジメをするような人間になる。確実だ。
早く矯正しないと、人の心の痛みの分からない悲しい人間に育つぞ
母親も一緒にやらないとダメだな
家族、友人、知人も含めて一緒にいるところでやらないと
そんなバカ嫁は、自分がやっていることの深刻さも分からないだろう


579: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 12:52:59.58 ID:G1TZ4Qj3.net
>>575
途中で口はさんでごめん。
マトモの判断基準が狭いなぁ。
キチンと自分の力で働いて収入を得ているならマトモとか他人が勝手に判断する事でもないのに。
下手に独身パートならただのフリーターだし。
もちろん、風○とかヤ○ザとか、流石に大っぴらにできない仕事ならその言い分もわかるけど。
奥さん世間を知らないというか、こんな言い方したら悪いけどあまり賢くない感じかな。

普通に生活している人に対して、自分の物差しで勝手に相手をマトモじゃないと判断して(まぁ心で思うのは別にしても)
それで人としての対応しなくていいと考える方が幼稚でマトモな大人のする事ではないんだけどなぁ。


580: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/13(日) 12:57:04.61 ID:4Jl+s/5z.net
奥さん頭が悪そうで読んでるだけで疲れた



引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1449075484/

1000: 名無しの心子知らず

おすすめサイト最新記事!




コメント

           

コメント一覧

    • 1. きまぐれさん
    • 2017年11月09日 05:50
    • とりあえず殴って躾けろ、クソ女を

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ