きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

2018年02月

319: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:42:39 ID:1n7rysPIO
浮気発覚して3年の贖罪生活で何とか許してもらった
天罰って本当に存在する
目には見えない何かに監視されていて悪行には天罰が下るようになってる
私はそう確信した
何であんなことをしちゃったんだろう、って今更言っても後の祭だけど
何かのTV番組で女は精神的に追い詰められると反射的に自分に不都合な情報を脳内から消去して都合の良い物語に作り変えて信じ込む習性があるってやってたけど、あれ本当
見つかった瞬間不都合な情報が頭からスパッと消えた
あれ?何で私はこんなに怒られなくちゃならないの?私今迄家庭の為に頑張ってきたのにってなる
自己防衛本能が働く
危ない
それでも辛うじて許していただけた理由は頭が真っ白になっても脳内を自分に好都合な物語が占拠しても言い訳せず、ただひたすら御免なさいで通した事に尽きると思う
あそこで一言でも言い訳がましい事を言ったら即アウトだったと思う
捨てられた後の自分の人生考えたらゾッとする
アラフォーバツイチ女が人生再出発なんて無理だもの
仮に可能だとしても今の自分の家庭以上のグレードのものを造りだすのは絶対無理
浮気した私がこんなこと言うのは矛盾してるってこと十分承知してるけど、私にとって家族は最高傑作だから
それだけに自分自身に対する失望も大きかった
続きを読む

800: 名無しさん@HOME 2014/12/15(月) 18:57:55.78 0
主人がすごく味にうるさく、結婚当時はおいしいおいしいと
食べてくれていたのですが最近は無表情、無言で食べます
元々多分こういう人なんでしょうが
「どこどこの和食がすごくおいしかった」
「これからは週に2回そこで食べてこようかな」
など私の料理を食べながら言います

それだけで凄いストレスになるのですが、
もういいやと気にしないでいようとすると半分以上残されたりします

私なりに色々工夫して先週の料理と
食材など被らないようにたくさん考えてつくっているのに
残されるとがっくりきてしまい泣きたい気持ちになってしまいます

子供が一歳半で目が離せないので結婚当時のように
時間をかけて作るのも難しいしメニューを考えたりするのだって
大変なのにとストレスだけたまりにたまってついに胃腸炎になってしまいました
もう料理が苦痛でしょうがありません 解決策はありますでしょうか
続きを読む

429: 名無しさん@HOME 2013/11/19(火) 15:43:34.09 0
相談させてください。
夫40代前半 年収500万
妻30代後半 専業主婦
息子10歳
夫に、給料とは別の収入があったことがわかりました。結婚する前からだそうで、詳しい額までは口を割りませんでしたが、年に100万円は軽く超えているようです。
気付いたきっかけは、夫の携帯を見てしまった時、コトメとのメールで、夫が持っている株の話題があったからです。
夫を問い詰めましたが、結婚前の財産だからお前には関係ないと言い張ります。結局、メールにあった年に100万以上の収入があること以上の情報は得られませんでした。

収入をオープンにして、ある程度の額は家計に入れてもらいたいのです。
子供の教育費もこれから増えますし、何より家族に使うより自分だけにお金を使おうとする夫が悲しいです。

知ってしまってから、家事をする意欲が湧かず、夫との仲が険悪になり始めています。
続きを読む

286: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/06(日) 18:44:53 ID:qopXBJsp
スーパーでバイトしている友達に聞いた話。
アラフォーとおぼしき母親と幼稚園くらいの子供がレジに来た時のこと。
すると母親は「おばちゃんにピッてしてもらおうね」「おばちゃんにありがとうは?」などと
やたらおばちゃんを連呼したらしい。
友達は大学生だが年相応の見た目で特に老けてはいない。
子供に言われる分には仕方ないにしても、自分より20は上と思われる女性に言われるのは
さすがに腹が立ったようで、にこやかに「かわいいお孫さんですね~」と言ってやったそうだ。
何か言われる前にさっさと次の客の会計を始めたので相手の反応までは見なかったようだけど。
本人は大人げなかったかなと言ってたけど、グッジョブと思った。

本当に孫だったら何のダメージにもなってないけど。
続きを読む

【前編】鬼彼にはっきり決めてもらいたいので、奥に『彼をください』と話して、それで揉めたら鬼彼と私の今までの旅行の写真やベッド写真を見せ…自爆しようと思ってます(つω`*)テヘ
17: 不渡り 2010/10/16(土) 18:55:33 O
お世話になりました。鬼が帰りました。してしまった事は仕方ない、ただ事は荒立てたくなかったって言われました。がんばって時間も作るし、会社も頑張るから一緒に頑張っていこうって。
奥には帰ってから謝るって言ってました。
ありがとうございました
帰って頭冷やします
続きを読む

64: 名無しさんといつまでも一緒 2010/10/09(土) 17:13:12 O
地雷する事は決めたけど、奥に『彼をください』ってとりあえず話してみて…それで揉めたら鬼彼と私の今までの旅行の写真やベッド写真を見せ…自爆しようと思ってます。
なんかもっとよい案浮かぶ人協力してください。
鬼彼45私バツ32
付き合って1年
今年12月には一緒に暮らすと約束しています
奥バレは何度もしています

どっちにせよ鬼にはっきり決めてもらいたいので。
一緒になってくれないならそれはそれでよいのですがそれなら苦しめって思うので本当苦しめたい
続きを読む

79:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/03/07(月) 10:54:31.42 ID:qoQD+xaq.net
自宅近くの居酒屋が地酒をけっこう置いてるところだった。
いろんな日本酒があって、コップに二杯目を飲んでる時に隣の男性から声をかけられた。
気がついたらその人と自宅でキスしてた。
すげえビックリした。
めっちゃ嫌がったら「なんでだよ、自分から家に入れてくれたんじゃん」
って言われたのでそうなんだと思う。酒で意識や記憶をなくしたことはなかった。
新婚だったので、夫が帰ってきたらと思うとそれも怖かった。
謝り倒して帰ってもらったけど、それからは外ではビール一杯以上は飲まないことにしてる
もちろん例の居酒屋には二度と行ってない
続きを読む

114:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/03/12(土) 21:13:18.72ID:0DLKnJbm.net
暴力あり、注意


息子が中学くらいから、家庭内暴力が始まった。
家はボロボロ、それでも気が済まないと私に殴る蹴るをする。
そのせいで脳出血でタヒに掛けたこともあったし、骨折させられたこともある。
一番許せないのが、当時ガンで余命僅かなペットに暴力を振るったこと。

で、決心した「こいつは力でやり返さないとわからん!」
それからリハビリをし、ついでに筋トレを始めた。
で、ついに来た決戦の日。息子の攻撃はトロイ馬場キックだったので、見切れば以外と避けられる。
まず足を封じ、(これは卑怯だけど)徹底的に人中攻撃をした。
そして動けなくなった所を関節技で折れる寸前まで、息子が泣くまで徹底的にやった。
鍛えても無いガキには負けねーよ。

他にやり方もあったのかもしれないが、兎に角やられた事は全てやり返した。
これで大人しくなったので、後悔はしていない。
続きを読む

1: 名無しさんといつまでも一緒 2016/05/30(月) 18:53:03.18 0.net
凄い悲しくて複雑な気持ちです(´;ω;`)
続きを読む

15:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/12/23(水) 23:19:44.83 ID:hEfClWrJ.net
先週がクライマックスだった修羅場。
私の職場は女職場でよく言われるようにやっかみ・ひがみ・ねたみがすごい。
マウンティングなんて日常茶飯事で適度に負けて適度に勝たないと会社での居心地が悪くなる。
そんな職場にねえさんとか呼ばれることがある人がいる。セルフイメージとしては頭良くて、スタイルよくて、美的センスも独特だけどかっこよく、大人の女としての魅力も持ってる自分、なんだと思う。
そういう人につきもののなんでもズバズバいうよ!なロールプレイもするからみんなそれにのっかって「ねえさんかっけー!」「この会社の本当のヌシはねえさんだよね!」とその場では持ち上げる。
ねえさんが去ったらみんな沈黙してアイコンタクトで苦笑い。大きな問題にはならないけどなんか嫌な感じだなーと思ってた。
と思ってただけでなんにもしなかった私がねえさんにロックオンされた。

先ずは学歴マウンティング。これは恐らく会社の人たちから「〜〜ってどうですか?」と聞かれて答えることが多かったから。
ねえさんはマウンティングを仕掛けるだけあって国立大卒。私は私立の名もない文系中退なので勝ち目もない。あっさり私の負け。
でも会社の人たちから質問されることはなくならなかった。気を使ってねえさんに聞く人も出てきたんだけどねえさんは答えられずに結局私に聞きに来てねえさんがすごい顔することに。

次は容姿マウンティング。私のそばで仲が良い人とに「私、ダンスやってたから体型維持だけはちゃんと出来ててさー」「ほら、私って顔も悪くないじゃん?」という話題を出して私も巻き込む。
続きを読む

このページのトップヘ