きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

2015年08月

52: 968 2006/09/01(金) 22:07:42
まとめ終わった。
やっぱり文章がぐちゃぐちゃなんで分かりにくいし、
長いんで書きもらしとかあるかも。とりあえずあったことをそのまままとめた。
誘いうけみたいになって申し訳ない。
>>13が報告にくるまでの間に投下します。

特定怖いのでボカし気味です。

私:21歳。Aとは高校からの友達。
A:21歳。16のときにBと結婚して専業主婦(小梨)
B:Aの旦那。31歳。営業マン。
C:Bの浮気相手。26歳くらい。
D:Cの旦那。30代。


Aは15のときにBと付き合い(初彼)、そのまま16歳で結婚。
16歳で結婚なんてかなり反対されただろうと思われがちだけど、
Aは遅くに出来た子で、Aが16歳のとき両親はすでに60過ぎで、
「自分たちが年老いてウエディング姿を見れなくなるよりは」と、
何の反対もなく、祝福されての結婚だった
結婚式も豪勢でなくてもきちんとしたものだったし、
マイホームのローン返済にもAの両親は協力してくれていて、幸せそうだった。

結婚して5年。まだ子どもはいないけど真面目に専業主婦をして
忙しくしてるAと久々に遊ぶことになり、
Aは家事があるので、私がAの家に行くことに。

続きを読む

810: 素敵な旦那様 2005/06/25(土) 00:51:01
最近のマイブームは嫁が風呂に入ってる間に夜は禁止となっている 
ジュースを飲ませる事だ「ママには内緒だぞ♪」「ママにはお茶をもらったって言うんだぞ♪」 
息子は「ナイチョね~」と約束を交わすが嫁が戻ると即座に 
「ママー♪カルピシュ(カルピス)もらった~」と更に「ナイチョはダメネ~」 
と首を傾けながら嫁に話し掛ける息子のしぐさがたまらなく可愛い 
2歳児はまだまだ嘘を言わないようだ だけど大きくなったら 告げ口するような子には 
なるんじゃないぞ

続きを読む

953: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/25(火) 23:26:24.65 ID:P9v9968K
小学校一年のころ。通学路に60歳近くの伯父叔母夫婦の仕事場があって、帰宅の途中に友人と顔を出した。 
俺「こんにちはー!」 
伯父「はい、こんにちはー。元気いいねー」 
俺「叔母ちゃんは?」 
伯父「・・・買い物行ってるけど、どうしたんだい?」 
俺「遊びにきた!」 
伯父「そ、そうかい。機械の近くは危ないから近寄らないようにね」 

俺はここらへんで違和感を覚えた。いつもの伯父さんの話し方と違ったからだ。 
友達も何かおかしいって分かったのかな。「先に帰る」って行ってしまった。 
だが俺は人生初めての寄り道ってことでテンション上がってて残ることに。 

そしたら伯父さんがすごい困った顔してこっち見るのね。仕事しながらチラチラとこっち見てくる。 
どうしたんだろ? と首をかしげたの覚えてる。俺も帰ろうかなーと思ったけど、冷蔵庫に入ってるジュースを思い出した。 

仕事場には親と遊びに何度か行ったことあって、そのとき餓鬼特有の無礼さで勝手に冷蔵庫をあけてコーラ飲んでたんだ。 
伯父さん夫婦もそれを知ってたから、俺のために冷蔵庫にコーラをストックしてあったぐらい普通のことだった。

続きを読む

536: 名無しの心子知らず 2012/08/14(火) 12:28:52.23 ID:VlQVSfFr
同じ住宅地に住む子供同士が同級生のママ。 
話といえばお金の話と義実家の悪口と子供の友達の悪口ばかり。 
何かというと家を「いいなぁ」と言うので、なるべく関わりあわないようにしていた。 
そしたら、私が仕事から帰る時間帯に犬の散歩を装って、家の前をウロウロ。 
1回、2回は「偶然?」と思っていたが、何度も家の前で逢うので待ち伏せしていることを確信。 
私が仕事を辞めたら家の前で逢わなくなったので、ホッとしていたら、授業参観で遭遇。 
「最近逢わないけど、お仕事辞めたの?」と言うので辞めたと言ったら 
「住宅ローン終わった??そうでしょ?そうなんでしょ!」と詰問。 
本当は繰り上げ返済で終わってるんだけど、「えー、まだまだだよ」と嘘を言ったのに 
私の表情からローン完済がバレたらしく、次の日家の門に飾ってある花が全部 
刃物で切り落とされて道路にばらまかれていた。 
怖い。

続きを読む

569: 名無しの心子知らず 2011/10/24(月) 22:58:53.74 ID:RMeyUPz7
私が、三歳と八ヶ月の2人の子供を連れている場面で、一緒にいた友人に 
「子供あんまり好きじゃないんだよね。」 
と言われて、一瞬空気が止まった。 
私の夫、彼女のご主人も友達同士。その日はサークル仲間との集まりが 
あってダンナたちは出席していた。で、彼らの夕食会に私たち妻も呼ばれたので 
出かけているところだった。 
電車の中での出来事。彼女は甥っ子が可愛くて可愛くて仕方ないという話を 
常々口にしていたけど、「甥っ子が可愛いだけで、子供は好きじゃない

続きを読む

このページのトップヘ