1: :2017/04/06(木) 02:01:26.05 ID:
基本まとめ民なのですが、皆さんにぜひ聞いて欲しいことがあるのでスレ立て致しました。

仕様がわからず不慣れな部分はどうかご勘弁ください。

昨年の初夏に、妻が不倫をしたところから話は始まります。



2: :2017/04/06(木) 02:13:50.19 ID:
見てる人いるかわかりませんがとりあえず書いていってよろしいでしょうか。

簡易的なスペック。多少フェイクいれます。

自分 30歳
元妻 30歳
子アリ 二人(保育園)

間男 36歳
間男妻 ?歳
子アリ 三人(小学、保育、赤ちゃん)
3: :2017/04/06(木) 02:21:44.66 ID:
奴らが不倫をしていたのは去年の6月ころの話。
開始時期は不明ですが、最低二回以上は体の関係があったことは確認できております。

出会いとしては、保育園の保護者同士。なんなら、保育園の役員同士。

なので、自分も元々間男の事を知っていました。役員の先輩でもあったわけですし。
4: :2017/04/06(木) 02:32:18.40 ID:
保育園よっても多少違いはあるかもしれませんが
うちの保育園の保護者会というのは、保育園の行事等を保護者にも協力してもらおう。という感じで、結構な量の仕事がありました。

平日によく会合が開かれ、時間にして夜9時を超えることも多々ありました。
自分がその会合に行けていれば良かったんですが、仕事の都合でほとんど行けない状態でした。

その場合は元妻が出席していました。元々、役員に関しても妻が立候補したため会合や役員の仕事に関しては苦ではなかったようです。
5: :2017/04/06(木) 02:51:45.86 ID:
まあ、結果から言えばその兼ね合いで発展していったということでしょうね。
役員の飲み会などもありましたし。

自分としては当初から間男をマークしていました。
マーク
していた理由としては、他の役員に対する接し方です。

夫婦で会合に来られたりする方が結構いたんですが
旦那さんが横にいるのに奥さんの方にガンガン話しかけるんです。
普通少しは遠慮しますよね?

うちの元妻に対してもそうでした。
元妻が当時販売の仕事をしていて、商品か何かを私の前でお願いしていました。
「じゃあ後でラインするから!」とか言って。

この人頭おかしいんじゃないかと私は思いました。
6: :2017/04/06(木) 03:18:27.04 ID:
とはいえ、役員の先輩だということもあり本人には言えなかったでんすが。

元妻には何度か言いましたが、いかんせん元妻も頭が若干アレなものですから伝わりませんでした。

書いていたら腹たってきたのでまた明日にします。もし見てる方
がいらっしゃったらすいません。

それと今更不倫したこと自体を攻めてもしょうがないことは自分でもわかってはいます。
わかってはいるんですが、、、

後に書きますが、本題としては丸く収まったかのように見えてそうではなかったという話なので。
7: :2017/04/06(木) 06:35:51.27 ID:
見てるよ
9: :2017/04/06(木) 08:22:15.29 ID:
続き待ってるよ
14: :2017/04/06(木) 22:43:05.15 ID:
こんばんは。
1です。
見てる方いらっしゃったのですね。ありがとうございます。
では、続き書いていきます。
15: :2017/04/06(木) 22:52:42.76 ID:
それから、1,2ヶ月ほど立ちました。

その頃に、近場ですが家族で旅行に行ったんです。
疲れはしましたが、仕事が忙しかったのもあり久しぶりに楽しい時間を過ごせました。

その夜
、元妻と子供たちが大浴場に行ってくると言って、じゃあ自分は買い物してくると言って一旦離れました
買い物から帰宅し、自分も風呂に向かおうとした時元妻の携帯が鳴りました。

LINEがきたみたいです。
元妻の携帯は触れなくても、LINEの内容が見えるタイプだったためチラっと見ると、間男の名前が。
16: :2017/04/06(木) 23:01:49.00 ID:
内容はあまり覚えていませんが
完全にプライベートな内容で保育園なども一切関係ない感じの文面でした。
旦那としてはあまりいい気がするような内容でなかったことは覚えております。

かたや自分は、何日も前から旅行を計画し
無理やり休みを取り、そしてその時の片手には
子供たちが寝たら二人で飲もうと思い買ってきた元妻が好きなお酒や食べ物。足のコリをほぐすシート。
17: :2017/04/06(木) 23:10:17.34 ID:
イライラするがとりあえず落ち着こうと思い、ホテルのロビーでタバコを吸いながら友人に電話しました。

自分 「あのさ、そもそも元妻もだし間男もどっちもおかしいよね。おれが腹立ててんのが間違
いなのか?」

友人 「いやいや、それに関しては完全にあっちの男がおかしい。保護者同士の連絡の頻度を超えてる」
友人 「
ましてや、普通旦那に気を使って連絡なんか取り合わない」

自分 「だよなー。前にも話したけど。もう一回嫁に本気で言ってみるわ。このままじゃせっかくの
旅行楽しくないし」
友人 「了解」

といった感じの会話をしとりあえず風呂に行き。その後部屋に戻った。
元妻と子供たちは先に部屋にいてテレビを見ていた。
18: :2017/04/06(木) 23:22:22.95 ID:
自分 「あのさ、ちょっといい?」

元妻 「なに?」

自分 「旅行先であんまりこんな話したくないから、手短に話すけど」
自分 「○○(間男)からライン来てたよ。」

元妻 「.......んで?」

自分 「」
自分 「いや、んで?じゃなくて。何が言いたいかわかるでしょ?前にも言ったし」

元妻 「.....」

自分
「せっかく出かけてんだから少しは自重しろよ。連絡とってんのもそもそもおかしいし」
自分 「これからも関わっていく人だから言いたくないけど、もう本人に直接言
おうか?」

元妻 「.......はぁ。。(大きなため息)」
元妻 「っていうかいちいち見ないでよ」

自分 「!?」
19: :2017/04/06(木) 23:31:00.39 ID:
元妻はこれまでも何度か悪事を働いてきたので、携帯は基本オープンになっています。

元妻 「なんでいちいち見んの?」

自分 「いやそれは、おまえg」
元妻 「もうロックかける!!」

自分 「」

自分 「...いや、あなたが携帯ロックしないし 携帯見ても全然構わないから別れないでってこれまで言ってきたんでしょ」

元妻 「だけどもう限界。」

自分 「...もういい。帰ろうぜ。全く楽しくない。アホくさ。」

元妻 「一人で勝手に帰れば。」

自分 「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

ここで元妻寝る。寝たふりではなく本当に寝る。彼女は喧嘩している最中でも平気で寝れるのだ。
21: :2017/04/06(木) 23:37:21.43 ID:
子供たちを寝かしつけ
暗い部屋で一人、月明かりに照らされ元妻と一緒に飲むはずだった酒を飲んでいた。

自分 「なんでこうなっちゃったんだろうなー」

しかし、次の日は旅行のメインであった子供用の複合施設に行く予定だったため
このままじゃいかんと思い、深夜2時すぎに一人で夜の街に繰り出した。

繰り出したといっても
2時間くらい歩いて町並みを見て回っただけだが。
当然その間元妻からの連絡は一切ない。帰ってきても普通に寝てるし。
自分も明日に備えて、トイレで自行為して寝た。
23: :2017/04/06(木) 23:50:17.01 ID:
続けます。

翌日になり、元妻が謝ってきました。
元妻 「昨日はごめん。」

自分 「何に対して?」

元妻 「態度」

自分 「...うん」

元妻 「心配なら今までどおり携帯にロックかけないから」

自分 「...うん。俺も少し言いすぎたかもしれないごめん」←今思えば謝る必要あんまなかったな

とまぁこんな感じで予定していた複合施設に向かい
子供たちも充分に楽しんでくれたみたいで無事帰路についた。
24: :2017/04/07(金) 00:04:11.58 ID:
それから一ヶ月ほど立ちました。

自分としては平穏な日々だと思って過ごしていました。
なにか出来事があったとすれば

元妻が新たにお腹
に子供を宿していました。
できちゃったんではなくて、一応計画的。

自分はすごく喜んでいたのを覚えています。

ただ、そのあたりから喧嘩がむちゃくちゃ増えましたね。
理由としては
、元妻の不審な行動。

夜中の外出。

保育園の会合の
帰りが異常に遅い。

服を買ったレシートはあるのに買った服が見当たらない。
しかも聞かれるまで言わない。

自分が出かけていて、迎えを頼んでいたのに
よくわからない理由で迎えが来ず、3時間雨の中待ちぼうけを食らわされたり。

元妻が平日休みだったため、今日なにしていたかを聞くと、聞くたびに内容が変わる。

そして極めつけは、ラインのトーク履歴から間男とのラインがまるまる消えていた。

どこまでいってるわかんないけど、なんかは確実にあるだろうなぁと思っていました
26: :2017/04/07(金) 00:15:38.69 ID:
そして、運命の日。

自分は仕掛けることにしました。

あらかじめ前日の夜に

自分 「○○(間男)と最近連絡とってる?」

元妻 「いや、しばらく連絡とってない」

自分 「ふーん。履歴は?まだある?」

元妻 「いや。全部消した。」

自分 「なんで?」

元妻 「別に理由なんかないけど」

自分 「んなの。わかった。」

という会話をしていた。
27: :2017/04/07(金) 00:24:37.89 ID:
なぜ元妻が履歴を全消去したのか自分にはわかっていた。

理由は二つ

消さなくてはいけない内容ががたくさんあっったから。

そしてもう一つ。

ほかの人ともラインしている時に、間男の最新のラインだけ消してしまうとリストの順番と時間がおかしくなり、一部のトークを消しているのがバレてしまうからだ。

間男  11時11分

ほかの人11時20分

時間的にほかの人のが上に来るはずなのにといった感じに。

話は少しそれましたが、続き

運命の日の朝。
元妻より先に起きた私はあることを実行した。

元妻のラインから間男をブロックし消去した。
28: :2017/04/07(金) 00:40:35.35 ID:

元妻のラインから間男をブロックして消去、その後元妻が起きてきた。

元妻が起きてきてから10分もしないうちに

元妻 「ちょっと!!○○さん消したでしょ!!」

かかりました。

夜通し考えた策の初段階にかかりました。

自分 「うん。だって連絡とってないんでしょ?俺嫌だし。別にいいじゃん。」

元妻 「はあ、マジ意味わかんない」

自分 「うん。しらー」

自分 「そんなに困るんならGmailの方は消してないから、役員の話とかそっちですればいいじゃん」

元妻 「あっっっっっっっっっそ!!」

なぜその日にしかけようと思ったのかというと、その日が町内の体育大会だったからです。


半年前の間男の発言から、出席するのはわかっていましたし、元妻の父も出席するため元妻も見に行くのがわかっていたからです。
しかも自分は基本的には行きません。

以上の条件から元妻の頭の中では
旦那は来ないからGmailで連絡をとり、出先で落ち合えばいい。そこでまたライン交換などすればいい。
となったはずです。私が連絡先を消さなくても、会うだろうというのは予想していましたし。
29: :2017/04/07(金) 00:51:20.67 ID:
Gmailは消していないとあえて言ったのも罠です。

彼女のGmailには、自動転送先として私のアドレスが入っているからです。
もちろん彼女は知りませんし、そんな設定も知りません(今はバレちゃうみたいですが


ちょっと論理的にどうなんだとも思いましたが、見過ごすわけには行かなかったので。

元妻がいそいそと準備をし子供達と共に体育大会に行こうとした時に

自分 「たまには俺も行こうかな」

と言いました。

元妻 「は?いいから。こないで。じゃ。バタンッ」

まあ、だろうな。
普段だったら絶対行こうってしつこく誘ってくるんです。

逆に拒否られてよかった。より確実なものとなった。
30: :2017/04/07(金) 00:58:15.89 ID:
元妻が行ってから、とりあえず自分はメールが転送されてくるのを待っていました。

その間暇だったので、家族共有のタブレットをいじっていました。

自分 「あ、そうだ」

今は便利
な世の中で携帯やらタブレットやらの
消した画像を復元してくれるというアプリがあるんですよ。

それをタブレットで使用しました。

そしたら、でましたでました。

間男の写メ2枚、元妻の写メ数枚。

同じ表情で同じポーズをしていたのでこの二人の間で送られた写真だと直ぐにわかりました。

とりあえず、普通じゃない関係を証明する証拠を一つ手に入れました。
32: :2017/04/07(金) 01:09:08.21 ID:
それから少し立ったとき自動転送によって元妻のGmailが私に届きました。

今でもよくわからないんですが、受信メールが私に来るはずだったのに、なぜか、元妻の送信メールが転送されてきたのです。
まあ、結果オーライだったのでメール見ました。

その内容で私は全てを察しました。

元妻 「だめだーLINE消されたー↓↓とりあえず○○の駐車場にいるから来るとき電話ちょうだい!!」

という内容だった。普通なら、あーやっぱり会ってたんだくらいは思
うかもしれません。

ただ私はある点に注目しました。

元妻がタメ口だったからです。
35: :2017/04/07(金) 01:15:42.34 ID:
1にも書いたとおり、間男は年上で役員の先輩でもあります。
私も元妻もずっと敬語を使っておりました。

旅行先で揉めた時のラインの時までずっと敬語でした。

写メ交換もしてるし、ずっと敬語だったものがタメ口に変わった。
そのきっかけ。そう。

体の関
係です。自分の中でもう絶対的なものになったので、あとは吹っかけるだけ。

ここからはすごく早かったです。
40: :2017/04/07(金) 01:21:16.63 ID:
体育大会がすでに終わった事を、出席していた友人に確認をとり
元妻に「何時に終わんの?」と連絡を入れました。

元妻 「まだ」

自分 「んなの。まだ○○運動場?」

元妻 「うん」

自分 「わかった」

そのやりとりと同時に友人とともに車を○○運動場に走らせる。
41: :2017/04/07(金) 01:31:12.64 ID:
数十分後

運動場着

元妻に「まだ運動場いんの?」とライン

返信がこない

電話をし、元妻が出る。

元妻 「なに」

自分 「まだ運動場いんの?」

元妻 「だからいるって!」

自分 「んなの
。わかった。」

はい。嘘確。

運動場には誰もいませんでした。

じゃあどこにいんのかなー。

子供も車に乗ってるはずだし、
時間もあんまりないだろうから近くには絶対いるはず。

友人と話し合った結果、山だ。ということになりました。
運動場自体が割と山に近い場所にあったため。
まだ明るい時間だから人目につかないところに車を止めて話をしているはず。という結論に至りました。
42: :2017/04/07(金) 01:40:14.42 ID:
山って言ってもなーなどと言いながら山の方に向かっていた時に、私の携帯が鳴りました。

元妻から「今から帰ります」とラインが届いた。

じゃあ、どっかでUターンしなきゃなーとか言っていたその時。

山方面から車で降りてくる元妻とすれ違いました。

友人と二人で「いたいたいたいたーーー!!つーか行動予測されすぎだろっ!!ww」
とか騒いでいて、もうこのへんくらいから笑えてきました。

車で後を追い、運動場とはまるで違う所にいたということで後ろから写真も撮りました。

途中家の手前でどこかの駐車場により、車の中でなにかしていました。メールかなんか消していたんでしょうね。
43: :2017/04/07(金) 01:57:07.82 ID:
そして、お互い帰路につきます。

元妻 「おかえり。遅くなってごめんね。どこいってたの?」

自分 「あー、コンビニ。つーか話あるから。何の話かわかってるとは思うけど」

元妻 「は?なに」

自分 「風呂入ってくるからきっちりいろいろ考えておいて。」

元妻 「なにが。まあいい。わかった。」

もちろんこれも作戦です。わざと焦って口裏を合わせさせるために。
44: :2017/04/07(金) 02:16:14.02 ID:
風呂から上がり、話を切り出しました。

といっても自白するよう仕向けなければ意味がありませんから
質問+カマかけというスタイルで攻めていきます。

自分 「はい。じゃあ聞くけど。俺に何か話さなきゃいけないことあるでしょ」

元妻 「なにが。何の話」

自分 「もう一回聞くけど、俺に話さなきゃいけないことあるでしょって。」

元妻 「だから、何の話よ」

自分 「○○(間男)とのことについて」

元妻 「...」

自分
「早く」

元妻 「....はぁ(ため息)」
元妻 「連絡はたしかに結構な頻度で取り合ってました。
たまーに悩みとかも聞いてもらったりしてたこともありました」
45: :2017/04/07(金) 02:16:55.06 ID:
自分 「悩みってなんの」

元妻 「役員のこととか。家庭の事とか」

自分 「何回会った」

元妻 「会ってないし。あ、会合の後にそのまま少し喋ってたことはあるか。」

自分 「だからそれが何回」

元妻 「1回くらいじゃない。前のことだから覚えてない。」

自分 「じゃあ最後に連絡とったのは?最後に会ったのは?」

元妻 「連絡は2週間くらい前じゃない?
会ったのは2日くらい前に保育園で会った。というかすれ違った。」

自分 「連絡は2週間前で、会ったというか見かけたのは2日くらい前ね?間違いない?」

元妻 「うん。間違いない。」


自分 「ほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん。」
46: :2017/04/07(金) 02:30:13.26 ID:
元妻 「はあ。なに」

自分 「いい?あなたは嘘をついてる。私はあなたが嘘をついている証拠を持ってるの」
自分 「それを踏まえて、五分後にもう一回話しして」

元妻 「...」

別室で5分待つ

5分
経過。

自分 「はい。質問はさっきと同じ」

元妻 「...証拠ってn」
自分 「いいから
答えろや」

元妻 「連絡は頻繁に取り合ってました。
最後に連絡取り合ったのは3日くらいまえです。」

元妻 「相談に乗ってもらう形で、車で二人で話ししたこともありました。2回くらい。」

自分 「はぁ。んで?最後に会ったのはいつ?」

元妻 「3,4日前くらい」

自分 「あっそ。もういい。」
47: :2017/04/07(金) 02:36:52.84 ID:
元妻 「はあ?なにが?喋ってんじゃん。」

自分 「もうお前と話すことはない。○○(間男)の家に行ってくる」

元妻 「!!?やめてよっ!!」

自分 「じゃあおめぇが嘘つくのをまずやめろや」

元妻 「....」

自分 「トイレ行ってくるから、よーーく考えてろ」

元妻 「...」
48: :2017/04/07(金) 02:40:55.75 ID:
つづきー
49: :2017/04/07(金) 02:55:34.43 ID:
2.3分後

トイレから戻ると携帯をいじっていた。そして。

元妻 「あっちのには迷惑かけないって約束してくれる?」

自分 「んー。あなたがきちんと話せば今日は行かない。」

元妻 「....」

自分 「(たぶん今連絡したんだろうな)」
この辺から録音開始。

元妻 「..はぁ(大きなため息)」

元妻 「連絡は密に取り合ってました。頻繁に会ってました。夜とか。 昼もご飯連れて行ってもらったりしました。」
元妻
「....」

自分 「続けて」

元妻 「体の関係もありました。」

自分 「......」
50: :2017/04/07(金) 02:56:52.74 ID:
@@自白か・・・
51: :2017/04/07(金) 03:00:45.27 ID:
>50
相手に少しでも迷惑かけたくなかったんでしょうね。
自白することが迷惑かけないということかどうかはさておいて

言ってくれたという反面こっちとしてはちょっと複雑です。。
52: :2017/04/07(金) 03:05:35.56 ID:
後で嘘ついたってくらいで濁すためか?
それとも証拠を持たれている思って諦めてか?
むずかしいねー
53: :2017/04/07(金) 03:07:33.51 ID:
続き。

元妻 「体の関係もありました」

自分 「......ふっ(わかってはいたけどやっぱりきつい)」

自分 「何回」

元妻 「2回」

自分 「いつ。どこで。」

元妻 「日
付はライン残ってないから正確じゃないけど、最近。」
元妻 「場所は、Aホテル。Bホテル。」

自分 「.......」

Aホテルは、私たちが付き合っていた時にさんざん行っていた
いわば思い出だったホテル
54: :2017/04/07(金) 03:11:35.37 ID:
>52

元妻からしてみれば
私が持っている証拠というのがどの程度のものなのか想像できなかったのでしょう。
私自身足元を見られないようにしていたので。

それに相手の家に本当に行こうとしていたので。全部バレてると思い。諦めたんですかね。
55: :2017/04/07(金) 03:15:07.16 ID:
ふむふむ
嫁も離婚 覚悟したのか。メールくらいの証拠だと慰謝料取られないと思ってか
56: :2017/04/07(金) 03:24:48.21 ID:
続き

自分 「Aホテルよく行けたよねー。気持ち悪っ」

元妻 「....」

自分 「なんか言えや」
自分 「んで?どうだった?」

元妻「なにが」


自分 「なにがって。やることやったんだろ?だからどうだった?って 良かっただろ?嫌だったら一回で終わってるもんなー」
   
↑俺こういうこと
聞いちゃうんですよね...取られた属性はないんですが...

元妻 「いや、別に。よかったかどうかって言われてもあなたと同じくらい。体は汚いし。即効終わったし。」

自分 「ふ。体は汚いし、即効終わったのか」

元妻 「うん」

自分 「それなのに俺と同じくらいよかったんだ」

元妻 「...別にそういう意味じゃ」

58: :2017/04/07(金) 03:34:46.48 ID:
自分 「はぁ、、、」

このあたりから強烈な脱力感に襲われる。

自分 「つーか、おめえよ。子供どうすんだよ」

元妻 「なにが」

自分 「腹に子供いんだろ。一人で三人育てられんのかよ」

妻 「え?」

自分 「は?」

元妻 「え..離婚するの?」

自分 「
え」

自分 「......いや、そりゃそうだろ。あなたどこの誰と不倫しました?」
自分 「保育園の人ですよねぇ。」

元妻 「...」

自分 「子供関わってんだよ。」
自分 「ましてや、あっちだって嫁がいんだろ? あっちの嫁から見てもあなた加害者なんだからね」
59: :2017/04/07(金) 03:43:50.44 ID:
元妻 「...」

自分 「あっちにあなたが責められた場合私守れませんから」

元妻 「...」

元妻 「...堕ろす」

自分 「あ?」

元妻 「育てられないから堕ろす!!」

自分 「........」

自分 「..そうか」

元妻 「堕ろす」

自分 「...はい。母親のお前がそう思うんなら、もうそうするしかねえんだ」
60: :2017/04/07(金) 03:55:18.04 ID:
自分 「とりあえず今すぐ電話しろってあの男に言え。」

元妻 「はい。」

数分後

着信。

間男 「もしもし」

自分 「あ、どうも。」

自分 「話はある程度わかってますよね。」

間男 「あ、はい。この度は申し訳ありませんでした。」

自分 「...はい」

間男 「それで
、あの、この話はここで終わりにできないかと思いまして」

自分 「はい?どういう意味でしょうか」

間男 「いえ、あの」

自分 「あの、そもそも嫁(元妻)のお腹に子供いたのご存知でしょうか」

間男 「あ、
はい。○○くん(俺)がお腹の子供が生まれるのを すごく楽しみにしていたと聞いております」

自分 「はい!?今なんて言いました?」
61: :2017/04/07(金) 04:06:48.52 ID:
間男 「いえ、あの。○○くん(俺)が子供が産まれるのをすごい楽しみにしていたと..」

自分 「あー、産まれませんよ」

間男 「え、あの」

自分
「だから!!あんたのせいでタヒぬって!もう一回言いますかっ!?」

間男 「あ、あ、あ、す、すみません!!」

自分 「つーか!そもそも!」

自分
「あなた私のこと知ってますよね!一緒に何回も仕事しましたよね!」
自分 「私一番当初の頃はあなたのことそれなりに慕ってたんですよっ!?」
自分 「なにやってんですか普通に!!」

間男 「す、す、すいません」
62: :2017/04/07(金) 04:16:17.75 ID:
自分 「とりあえず後日話し合いしましょう。とりあえずあなた一人で奥さんはいいです。」

自分 「こちらは誰か人を連れて行くと思いますがご了承ください」

間男 「はい」


自分 「三日以内に都合のいい日教えてください。」

間男 「はい」

自分 「では。」

間男「あ、はい。この度はまこt」 自分「...」      
ブツ...ッツーツー
自分 「はぁ」

元妻 「...なんだって?」

自分 「別に」

元妻 「....」

自分 「....」

元妻 「......離婚やだよぉ」

自分 「え」
63: :2017/04/07(金) 04:21:37.87 ID:
続きはまた夜にでも書こうかな。

ちなみに
おわかりいただけただろうか...

不倫したことに対して、元妻はまだ一言も謝罪の言葉がないことを...
64: :2017/04/07(金) 07:34:01.96 ID:
読んでるよー

よくそんな人と結婚してたね…ってのがここまでの感想
67: :2017/04/07(金) 09:37:27.53 ID:
たしかに謝罪はないが自白で自分なりに離婚決意しているようなんだ。
離婚はいやって言ってるが・・・腹の子いるのに他人とは心は離れているね。
せっかく、友人がいるのだから確実な証拠とっているのか? はむかう心は分かるが
今の時点で私から見てスカットできそうにない予感。 また簡単にオロスとか 相手に迷惑掛かるのはイヤ でも興奮してないみたい 誰でもよかったんでは?
妊娠中の精神不安定なのが原因でスイッチがどこで入ったかわかるといいね。
68: :2017/04/07(金) 09:51:58.06 ID:
旅行が済んですぐ間男相手になんで妻に連絡するか問い詰めていたら不倫未遂
で終わったかも。
日時がないから よくわからんが。
69: :2017/04/07(金) 17:53:24.93 ID:
こんにちは。
1です。

>64 
そうですよねぇ。よく言われます。
多分自分の生い立ちとかこれまでの自分生き方に関係しているんだと思います。 時間があれば後でそれについても書きます。
70: :2017/04/07(金) 18:07:07.34 ID:
>67 
鋭いですね。興奮しては確かにいなかったみたいです。そして多分誰でも良かったんだと思います。たまたま、その人がその時近くにいたから。傍から見ればチョロい女なんですよ。
もちろん間男に対して気持ちは入っていたかもしれませんが彼女が不倫をした理由を総括すると、「寂しかったから」「優しかったから」「愚痴を聞いてもらえたから」
ただ、離婚の決意は本当にしていなかったと思います。なんだかんだで許されると思っていたのでしょう。
    

現段階ではお察しのとおり全体を通してスカっとする話ではありません。


>68 
そうですねぇ。
ですが、旅行が終わった後頃から履歴を全消去され始めたので一応連絡をもう取り合ってない という可能性もありましたし、元妻が執拗に送っていた可能性も否定できません。
相手がこれからも関わっていく人だということで慎重になっていましたね。
それに元妻自身が、何が問題かをしっかり理解しない限り物理的に間男との連絡を遮断させても
また新たにその人以外が出てきたらそれまでですし。


文章中にもチラチラ書いてはいますが、こういった出来事は今回が初めてではないんです。
元妻と男女の関係になってから6年近く経ちますが(元々知ってはいた)その間に未遂も含め10回以上は何かしら問題がありました。
一番近いもので、旅行に行った時から半年前等。自分としてはもう慣れてしまっていたんですね。
73: :2017/04/07(金) 18:31:51.31 ID:
続き書きます。

間男との電話が終わり、元妻から「離婚ヤダ」と言われてからですね。

自分 「離婚嫌だ?なんで?」

元妻 「だって○○(俺)のこと好きだし離れたくないし」

自分 「じゃあなんで不倫したの?好きだし離れたくないんでしょ?」

元妻 「だって寂しかったし」

自分 「...」

とここからテンプレのような会話が始まる。
そして、、
元妻による俺に対しての不満が次々と出てくる。
それと並行して
元妻 「でもあの人は(間男)出かけた先で反対車線のスタバに行きたいって言っても文句言わず行ってくれる!」

元妻 「でもあなたっだたら」
「えー反対
車線だしUターンしなきゃいけないし」
元妻 「っていつも文句言うじゃん!!」

自分 「.....お、おう。それはすまんかった。」
75: :2017/04/07(金) 18:55:01.53 ID:
続き

自分 「いや、だからじゃあなんで離婚が嫌なんだって。そんだけ不満があったわけだし。」
自分 「あなた自身魔が差したわけではなく、気持ちが入っていたから必然的
にそうなったんでしょ」

元妻 「だって○○(俺)やさしいし。子供たちの事考えて離婚したくない」

自分 「???????????」

分 「いや、反対車線のスタバ行ってくれる間男のほうがやさしいんだろwwwww」
自分 「つーか子供のこと考えてとかどの口が言ってんだよwwwww」

このあたりから会話にならなくなり話しは終了

自分 「家見つかり次第だけど何日化したら出て行くから」

元妻 「....」


実は自分マスオさん状態だったんですよ。
もともと私の実家に住んでいたんですが二人目が産まれた辺りから
自分の母と元妻が仲悪くなり出しまして。
元妻のこれまでの悪事は自分の母も多少は知っていたので元々あまり好
いてはいなかったんでしょうね。

あるとき私の母と元妻が小さな事から言い争いになり、話が大きくなり
私も入って大
喧嘩になり、結果家族を守るために半ば絶縁に近い形で即日家を出ました。

子供たちもいたため、変なところには泊まれず何日か元妻の実家にお世話になることになりました。
それから元妻の両親のご好意でそちらにしばらく住まわせてもらっていた。ということです。
77: :2017/04/07(金) 20:01:03.36 ID:
そもそも子ども1人で育てられんのかって親権取る気がさらさらないんだね。妊娠中の子どもは降ろすよーな話しにもっていってるし。
79: :2017/04/07(金) 20:36:40.40 ID:
>77 私に対しての話ですか?
    
先にも
書きましたとおり元妻は以前からさんざん悪事を働いております。
これまでの争いから離婚の話も何度も出ましたが、当然親権についても話し合いはしました。
    
バカ汚嫁なのは事実ですが、子供にとっては母親なのは変わりなく、やはり簡単には私が親権を取るのは難しということでいろいろなところに相談もしました

元妻は親権を渡す気はさらさらないのもわかっていましたし。
    
その結果
もし争った場合、やはり実家のバックアップもあることから私が親権を取ることは限りなく無理に近いということになりました。
子供たちも小さいですし。
子供
にとっての環境を重視されていますので。
    
ということで、そういう発言をさせていただきました。取れるものならこっちだってよっぽど取りたいです。
    
お腹の子供に関
しても実際に産むのは元妻なわけで、私ではありません。その元妻が堕ろすというのであればそれ以上は強制できませんでした。
彼女の判断に任
せることしか。

お腹の子供に関してはきちんと明言いたしますので、そちらをご覧下さい。

    
私も、自分の発言、行動に関して全て正しいと思っているわけではありません。
なにか私に思うことがありましたら、その都度ご指摘してくださって構いません。
そうして欲しくて書き込んでいるようなものですから。
    
ありがとうございます。
78: :2017/04/07(金) 20:23:04.14 ID:
何回か過去があるみたいで遊び女だったのか。旦那や子供から見たら辛すぎ><
80: :2017/04/07(金) 20:49:41.95 ID:
精神年齢がやはり低いですね。考え方もそうですし。
先のことが考えられず目先のことだけ。
    
恋に恋する中学生くらいで止まっていると思います。

多分彼女もなにかしら精神疾患をかかえているんだろうなーという感じです。

    幼い頃育児放棄されていたみたいですし。
83: :2017/04/07(金) 22:44:45.94 ID:
続き書きます。

翌日、間男から連絡が入りその日の夜に話し合うことになりました。

こちら側は人を一人連れて行きました。記録係そして証人として。

まず、持ってきた用紙に住所氏名年齢、職場の住所。サイン付きで。

間男「この度は誠に申し訳ありませんでした。」
という話から始まりました。

話しは淡々と進んで行きました。
84: :2017/04/07(金) 22:45:26.46 ID:
事実確認と今後の事。

間男の話を要約すると

・初めは保護者同士の関係だったが時間を重ねるごとにそれ以外の話もするようになりこうなった。

・関係が変わったキッカケとしては元妻が家庭の愚痴をこぼすようになってから

・元妻が家庭に対して不満をもち、それを支えるという形で相談に乗っていた

・主に夜、車の中で話をしていた。元妻から日中にも会いたいと言われたので日中にも会った。

・体の関係については元妻から求められたので、支える形でしかたなく。

・自分としては魔が差した。気持ちはなかった。自分の家庭が大事。

だそうです。
皆さんはこの話を聞いてどう思うでしょうか。
自分は話半分で聞いていました。

全体的に元妻が悪いという感じに話をしていました。
85: :2017/04/07(金) 22:50:53.64 ID:
現場を見たわけではないので本当かどうかはもはやわかりません。
仮にそうだったとしても、まあ、なくはないなという感じでした。

間男は今後の話として

どうか自分の家族には言わないで欲しい。

と言ってきました。

自分 「...んーーーーー。」

間男 「お願いしますどうかお願いします」
86: :2017/04/07(金) 23:03:14.68 ID:
自分 「わかりました。では条件つけましょう。」

自分 「あなたにも子供がいるでしょうから」

間男 「ありがとうございます....!」

自分 「では、条件とこちらの請求額ですが」

間男 「
え」

自分 「え」

自分 「いや、請求はさせてもらいますよ。当たり前じゃないですか。」

間男 「....」

自分 「聞いてますか?謝って済む問題じゃないんですよ。」

間男 「....」

慰謝料として、具体的な金額は書きしませんが
100万以上400万以下の額を提示しました。

自分 「もちろん不服だったりした場合はそれはそれで結構です。裁判などになれば額は下がるかもしれませんし」

分 「まあ、その場合こちらとしては何一つあなたと約束することなどありませんが」
88: :2017/04/07(金) 23:12:44.76 ID:
間男 「...」

自分 「どうされますか?」

間男 「○○万円だったら...」

自分 「はあ。ちなみに理由は?」

間男 「それ以上だとちょっとキツくて..」

自分 「まあ、そりゃきついでしょうね。でも、しょうがないですよね。」

男 「...」

自分 「まあ、いいです。具体的には後でもう一度話をしましょう。 では、○○万円以上は確定でよろしいんですね? 具体的にどれくらいで用意できますか
?」

間男 「○○
万円は自分の貯金でありますので、その他は銀行などから借りるという形になります」

自分 「では○○万円は、すぐに用意できるんですね。明後日までにお願いいたします。」

間男 「...はい」
90: :2017/04/07(金) 23:26:19.37 ID:
自分 「では具体的な額はまた後日ということで、続いて条件です。」

間男 「はい」

自分 「当たり前ですが、元妻とは一切の連絡を取らないでいただきたい。」
自分 「たしかに自分たちは離婚しますので関係ないかも知れないですが
あなたが現段階で離婚にならない以上、この先も何かあったら不倫なわけじゃないですか」

間男 「はい」

自分 「それだとあなたの
家族に黙ってる意味ないんですよ。」

間男 「はい、わかりました。」

自分 「
それから..」

・元妻と二度と連絡を取らないこと

・間男が結婚している以上、他の女性とも不倫、もしくは不倫と疑われる行為

この二つを破ったら新たに慰謝料を請求する。

それから

・保育園に説明をする。

・本日の話し
合いからこの先一つでも嘘があった場合には間男の嫁にバラさないというのは、無効とする。

自分 「これを守っていただけるのなら示談にしましょう。」
93: :2017/04/07(金) 23:37:20.22 ID:
ちなみに全て録音しておりました。本人の名前付きで。

間男 「わかりました。」

自分 「はい」
自分 「では」

間男 「あの..」

自分 「はい?」

間男 「これだけは信じていただきたいのですが 初めからこういう結果を望んでいたんではなく若い役員の人たちが入ってきてくれて嬉しかったんです。この先協力してがんばっていけたらなぁと思っていました。
決して奥さん(元妻)の事を初めからそういう目でみていたのではないことだけは信じていただきたいです。」

自分 「...」
自分 「だからなんですか?あなた方が不倫したのは元妻が執拗に言いよったからではないんですか?」
自分 「そういう目ってなんですか?あなたが体の関係を持ったのは妻に求められたからではないんですか?」
92: :2017/04/07(金) 23:36:57.41 ID:
保育園に説明とは? 不倫してましたということかな?
94: :2017/04/07(金) 23:40:57.72 ID:
>92 
そうですね。役員も降りていただく話でしたので。
人が足りないため、よっぽどの理由がないと降りられないんですよ。
97: :2017/04/08(土) 00:00:01.39 ID:
間男 「...いえ、あの..」

自分 「ではまた後ほど」

間男 「..はい」

そのあとは知人と飯食って帰りました。

後日

すぐに引越しなどしなければいけないため
職場に事情を話し1週間ほど休みをいただきました。

二日後

朝から弁護士やらなにやらを探しまくる。
しかし弁護士に依頼した場合、着手金と成功報酬が取られる。

自分 「つーか話まとまってるし証拠もあるから弁護士じゃなくていいか」

というわけで示談立ち会い、示談書作成をしてくれる行政書士を探した。

片っ端から電話をかけたが、「あーウチは建物関係しかやってないんですよ」
というのがほとんどだった。
95: :2017/04/07(金) 23:54:02.90 ID:
どっちも悪いのになんで慰謝料請求してるの?
誓約書書かせてもしも次があったら嫁にも知らせて慰謝料請求するってことでよくない?
98: :2017/04/08(土) 00:11:07.32 ID:
離婚することになったから請求したってことね
99: :2017/04/08(土) 00:13:11.73 ID:
>95 
すみませんどういうことでしょうか。
自分の書き方が悪かったでしょうか。
    
不倫
をしたのは私の嫁と間男です。
間男にも妻がいたのでダブル不倫ですね。

不倫が発覚した後に、間男の方から
    
間男「妻には言わないで欲しい」
と言
われたという話でございます。

なので、間男の妻からすれば私の嫁も加害者です。
あちらの妻にもバレたら、私の嫁も慰謝料請求されていたでしょう。
離婚したので私には関係ないですが。    

今回は誓約だけ立てて許せということでしょうか?
なぜ今回は慰謝料請求してはいけないんでしょうか?

101: :2017/04/08(土) 00:16:40.87 ID:
慰謝料は取るべきでしょ。お互いが納得して示談それを片方が反故すればおかわりもいいとおもう。
間男は有責なんだから。いくら汚嫁が誘っていても断るのが普通だ。(旦那を知っているので尚更です)
据え膳食わぬは男の恥っていうけどねぇ。
102: :2017/04/08(土) 00:29:09.34 ID:
>101 自分もその考えでしたね。
     
いくら汚嫁が誘っていても断るのが普通だ。
この部分につきましてはあとで記述致します

続き

やっとの思いで立ち会い、示談書の作成をやっている行政書士を探し出した。

自分 「あの、不倫問題で示談書の作成と立会いをおねがいしたいんですが..」


書士 「あー、いいよ。いつ?」

自分 「あのー、今日の夕方なんですが..」

書士 「ふっ。いいよ。」

自分 「ありがとうございます!」

書士 「じゃあまた後で連絡ちょうだい」

ちょっと無愛想な感じの先生だったが、結果的にはこの人で大正解だった。
103: :2017/04/08(土) 00:39:11.54 ID:
夕方になり、書士の事務所に向かった。

自分の親くらいの年の先生だった。

法律についての話を初めにされ、その後に事実確認の説明と先日書いた用紙などを見せて説明した。

書士 「弁護士介さずよくここまで話進めたね。」

自分 「はい(2ちゃんのおかげです)」

書士 「精神状態でって意味ね」

自分 「あ、はい」

書士 「今はいいけど、後になってからズドーンってくるから。信頼できる人を誰かそばに置きなさい」

自分 「あ、はい」

この言葉は後に書士の言うとおりになった。
104: :2017/04/08(土) 00:53:01.81 ID:
ほどなくして、間男が来た。
事務所の二回から二人で見下ろしていた。

書士 「うぇ、きたきたきた」

自分 「きましたね」

ピンポーン

間男 「あの、~~~~~~ものですけど」

書士 「入って...どうぞ..」←本当にこう言った

お互いが着席し、書士が間男に事実関係確認

書士 「こういうことで間違いないね?」


間男 「はい」

書士 「民法○○条において、公序良俗に反し不貞を働いたことによって
君は損害賠償請求をされるから。んで、本日先払いとして○○万円を持参しこの場で先に払うと」

間男 「はい」

書士 「じゃあ、出して」
105: :2017/04/08(土) 01:06:12.43 ID:
ゴソゴソ

自分 「...」
書士 「...」

実は事前に、どういうふうに間男が金を用意するかという事を書士と話していた

自分 「○○万円は貯金でピッタリあるみたいですよ。残りは借りるみたいです」

書士 「ふーん。そうなんだ」

そして

ゴソゴソ

間男 「ではこちらに○○万円」

自分 「はい、確認させていただきます。」
ごそごそ

書士 「....」

書士 「....ふーん。帯付きね。」ボソッ

間男には聞こえないくらい位の小声で言った。
106: :2017/04/08(土) 01:22:38.87 ID:
○○万円とは

100万です。

貯金がピッタリ100万円だと言っていて

帯付きの
100万円でした。

自分 「はい。確認しました。」

間男 「あのー、領収書的なものかなにかは頂けるんですか?」

書士 「示談書に本日先に100万円受領したって書くから」

間男 「はい」


自分 「んで、残りはどうしますか」

間男 「はい。それなんですが。やはりこのくらいの金額で」

間男は残りの金額を下げてきた。

自分 「.....あのー。あくまで請求するのはこちらなんですよ」

間男 「はい」

自分 「商売じゃないんで先に値切られても困るんですが。無理なら示談
にしないだけの話ですし」

間男 「どうかお願いします!今の額でもキツいんです!生活ができなくなってしまいます!」
108: :2017/04/08(土) 01:36:58.11 ID:
間男 「残りの額も銀行から借りれるピッタリ上限なんです。」

書士・自分 「銀行から は でしょ?」

見事にハモった。

自分 「銀行からが無理なだけであって、金用意する方法
なんかなんぼでもあるでしょ 逆に銀行からそんくらい借りれるくらいなら他のとこからでも借りれますよね」

間男 「いや!!」

このへんくらいから間男がおかしくなる

間男 「そもそも!○○くんだって奥さんに対
していろいろひどいことしていたんでしょう!」

自分・書士 「!!??」

間男 「毎日毎日DVされてたって!!!金も10万以上貸したままだって!!」
109: :2017/04/08(土) 01:40:29.36 ID:
自分 「.....」

書士 「.....」

間男 「他にm」
自分 「.....おい」

間男 「そんな人g」

自分 「おいっっっ!!!」

間男 「!!!!」

自分 「DV?借金?」
110: :2017/04/08(土) 01:46:56.20 ID:
自分 「何言ってんの?」

間男 「え..」

自分 「いいですか。よく聞いてください」

自分 「毎日毎日DV。それから借金」

間男 「...はい」

自分 「
それ妻のかなり前の元カレの話です」

間男 「......あっ」

自分 「なに。妻が俺の話だってそう言っていたんですか。それともあなたの勘違
いですか」

間男 「いや、旦那さんってきていたような...」

自分(こいつさっき、あっ て言ってただろ)
112: :2017/04/08(土) 01:55:02.10 ID:
間男 「すいませんすいませんすいません!!!!」
間男 「でもこの金額じゃないと本当に無理なんです!!!!」

会話が次第にできなくなる。

間男 「お願いしますお願いしますお願いします!!!」

半泣き

自分 「.....」

書士 「.....」

書士(もうきついな)

自分(
そうですね)

自分 「わかりました」

間男 「!!」
間男 「ありがとうございます!!」

士 「では、○○万円で。示談書つくりますので」
書士 「残りはいつ持参しますか?」

間男 「はい!!来週の金曜でお願いします!!」

自分 「...」
書士 「...」
113: :2017/04/08(土) 02:04:35.74 ID:
こんな奴とはできるだけもう関わりたくなかった

書士 「それと契約書なので、費用として双方に支払いをお願いしたい。」

自分 「え、あ、はい」

書士 「なに、○○君(俺)だけが払う気してたの?」

自分 「あ、はい。」

書士 「違う違う。」

分(えーっと6万を折半だから3万か)

書士 「○○君(俺)からはもうもらってるから。」
書士 「君(間男)も6万円お願いしたい」

自分 「!?」

書士(チラっ)

自分(ありがとうございます)
114: :2017/04/08(土) 02:28:04.02 ID:
書士 「ということで○○くん(間男)にも6万円お願いしたい。」

間男 「はい!!あっ、すいません手持ちがないので明日でいいですか??」

書士・自分 「......」

書士 「...わかりました。では明日。来週示談で。」

間男 「はい!ではお先に失礼いたします!」

書士 「はい」
自分 「....」

バタンっ
116: :2017/04/08(土) 02:41:22.56 ID:
書士 「...なんなの?あいつ」

自分 「さぁ..ちょっとアレでしたね。」

書士 「つーか絶対まだ金もってっから。絶対。」

書士 「本当に生活苦しいんだったら生活とは関係ないお金 6万もすぐ用意できないから。」

自分 「やっぱり、そうですかねぇ」

とりあえず来週ということで示談書の作成をお願いした。

自分 「あの。」

書士 「ん?」

自分
「来週、妻もよんでいいですか?」
自分 「事の重大さを知って欲しくて」

書士 「そっか。不倫されても奥さんの事ちゃんと考えてるんだね」

自分 「離婚はしますけど、もうどうでもいいとは思わないんです。 しっかりして欲しいんです。」

書士 「わかった。」

こうして、次の週に示談という感じになった。
117: :2017/04/08(土) 03:06:40.25 ID:
次の日から新居探しや引越しの準備に追われていた。

妻もつわりがひどく仕事を休んでいた。

出て行くまでは普通に接しようと思い、普通に接していた。

そんな時

妻 「あのさ」

自分 「なに?具合悪い?」

妻 「いや、それもあるけど。」

自分 「なに?」

妻 「あなたも女作っていいから..」

自分 「?????」


妻 「彼はね(間男)」
妻 「安定剤のような役割だったの」

自分 「はぁ」
118: :2017/04/08(土) 03:26:51.96 ID:
妻 「妊娠してつわりとかもあるし、情緒不安定だし。 それであなたとも喧嘩多くなったし。」

自分 「うん。ん?まあいいや。うん」

妻 「でもね。彼(間男)といると不思議とつわりも軽くなるの」
自分 「....」


妻 「今、彼(間男)と離れたら私駄目になる」
自分 「...」

自分 「じゃあ、あっちの嫁と話し合って、間男と結婚でもしろよ」

妻 「そうじゃなくて!!」

自分 「???」
119: :2017/04/08(土) 03:28:05.33 ID:
妻 「あなたとも離婚したくないの!」

自分 「はい?俺といると情緒不安定になるんでしょ?」
自分 「んで、あいつ(間男)が安定剤の役割なんでしょ?」

妻 「うん」


自分 「だったら、情緒不安定になる原因(俺)が取り除かれればそれでいいじゃん」
妻 「だからあなたとも離婚したくないんだってば!」

自分 「何が言いたいの?」


妻 「.....」

妻 「あなたも女作っていいから」
妻 「だから...彼(間男)を公認彼氏にして!!」

自分 「........え」
120: :2017/04/08(土) 03:40:57.40 ID:
>>119
怖い
121: :2017/04/08(土) 03:47:22.55 ID:
うわこいつまじでやべー

違う星の住人なんじゃないかって本気で思いました。

呆れて何も言えず次第に笑えてきました。

自分 「ふっ」
自分 「くっくっくっくっく」

妻 「何笑ってんの?」

自分 「くっくっく」
自分 「あ、ごめんごめん」

自分 「んー。そうだな。あいつ(間男)と体の関係無しに付き合える?」

妻 「え?んー。うん。大丈夫。いいの!?」

自分 「んなわけねーだろ。お前の頭ん中ハッピーセットかよ」

妻 「...」
122: :2017/04/08(土) 03:49:06.03 ID:
自分 「はぁ。アホくさ」

妻 「....」

妻 「離婚したくない...」

妻が泣き始める

妻 「嫌だよぉ...あなた(俺)絶対すぐ再婚するし..」

自分 「それの何が嫌なの。 あなたさっき自分で、他に女作っていいからって言ってたじゃん」

妻 「結婚してれば別にいいの.... 別れたあとに女出来たら....
あなたもう私のところに帰ってこないじゃん....」

自分 「まぁ、そうだな。当たり前のことだな」
123: :2017/04/08(土) 03:59:59.73 ID:
妻 「もういいよぉ...」

妻 「あの人の事はもういいから....」

妻 「なんでもするから...お願い...」

自分 「.....」


いろんな条件を自ら提示して、離婚したくないと言う妻

妻 「だから...ね?お願い!!」

自分 「.....わるい。今回は本当に無理だから。」

妻 「!?」

自分 「90%でも99%でもなく、2000%無理だから」

妻 「........」

そしてここで妻が

妻 「...う
...ううぅ...うわああああぁあぁぁぁん!!」
妻 「ごめんなさいいいぃいぃぃ!!!!」

不倫発覚後、初めての謝罪の言葉と共に泣き崩れた。
126: :2017/04/08(土) 06:26:47.24 ID:
こんな男キライ
自分の非は全く認めないの?
138: :2017/04/08(土) 18:22:37.18 ID:
>126 私に対しての話でしょうか?

妻が不倫に至った原因としては自分にも確かに原因があったと思います。
それは妻にも話しております。
なので妻に対しては慰謝料等などは請求していません。

ただ、今までの妻の行動。
そして、今回の相手は地域が同じですし、
子供たちの兼ね合いでこの先十年以上関わり続けなければいけない人
でした。

保育園から発展というのが気持ち悪くて気持ち悪くて。

逆に全く顔も知らない、そのへんで出会った人だったらもしかしたら離婚していなかったかもしれません。
139: :2017/04/08(土) 18:24:14.02 ID:
続き書きます。
できるだけ、早く短くなるよう努めます。
140: :2017/04/08(土) 18:30:51.17 ID:
長くてもいいですよ。
ディテールが気になります。
気の済むまで書いてください。
141: :2017/04/08(土) 18:38:59.05 ID:
数日後

ちょうどいい家が見つかり、引越しにおわれる。

その頃に、なかば絶縁状態だった自分の実家に行き母に事の経緯を説明
ちなみに妻も同伴。離婚届にサインをしてもらいました。

妻 「すみませんでした」

私の母は特に何も言いませんでした。

その後に妻の実家。
私が事の経緯を説明。
妻父はもう呆れていました

自分 「
こういった結果になり申し訳ありません」

妻父 「いや、申し訳ないのはこちらだ。すまなかった。」

妻母 「ま、わたし的にはまた再婚して こいつ(嫁)を引き取って欲しいけどね。こんなやつ面倒見たくないし」

妻父 「
ドンッッ   黙ってろおめぇ..」

妻母 「...はい」

最後にお世話になりましたとご迷惑おかけしましたということで
まとまったお金を妻父に渡した。

妻父は 「預かっとく」と言っていました。
147: :2017/04/08(土) 19:05:28.66 ID:
続けます。

引越しが大体終わり、いよいよ示談の終結日(漢字違うかも)

私、妻、間男、書士が揃いました。

事前の話で間男には

自分 「妻も来るので、あなたが気持ちがないようであればきちんとそれを妻に話して欲しい。」
ということを伝えました。

間男 「わかりました」

書士が仮作成した示談書を見せてきた。
149: :2017/04/08(土) 19:15:01.82 ID:
内容としては

・今後一切、通信機器等を用いての連絡、面会、または第三者を介しての面会の要求などを妻(汚嫁)に対して行わないこと。

・間男は結婚継続中であるため、他の女性との不貞行為、または不貞行為と疑われるような行為を行わないこと

・間男が不貞行為によって知り得た情報を第三者に漏洩等行わないこと

他にもありますがだいたいそんな感じです

そして

これらに違反した場合は、間男に対して新たに慰謝料を請求する。

・契約の解除  
 
甲(俺)が間男の妻には口外しないという話だったが、
甲(俺)の意図しない、又は甲(俺)の関与しない第三者が口外した場合は本示談書に何ら影響のないものとする。

ほかにもありますがざっくり書くとこんな感じです。
154: :2017/04/08(土) 19:29:20.78 ID:
フェイク込みですがだいたいこんな感じです。

そんな感じで示談書にサインなどした。

もうさっさと帰りたかった。さっさと忘れたかった。

説明やら
サインやらをしている時に
妻はつわりがひどいと言いほぼずっとトイレにいた。

妻が戻ってきて
間男が妻に
対してもう連絡とらないという話をした。
妻も「はい」と言っていた。

そして残りの金額が支払われた。

そして再度、保育園に説明などの話をし
間男と妻両方に子供のことをもっと考えろという話をして終わった。
155: :2017/04/08(土) 19:32:30.77 ID:
>>149
甲(俺)が間男の妻には口外しないという話だったが、
甲(俺)の意図しない、又は甲(俺)の関与しない第三者が口外した場合は本示談書に何ら影響のないものとする。
とありますがあなたは>>89で保育園には不倫の事実を間男が報告するという条件を付けてますよね?
つまり間男の妻に噂話として伝わるのは計算づくだったでしょ?
156: :2017/04/08(土) 19:39:00.86 ID:
>155 
んー半々でしたね。
表向きとしては知るべき人にはきっちり説明をして
逆に噂になった場合に止めてもらえるようにという説明を間男にしました。

間男の妻はあまり保育園では見かけなかったですし
157: :2017/04/08(土) 19:42:51.94 ID:
>>156
半々だったとしても結果的には間男の妻の知るところになってしまった
ですか?
158: :2017/04/08(土) 19:44:01.20 ID:
返事はいいから、先にすすめてくれー
159: :2017/04/08(土) 19:44:44.59 ID:
というか、それくらいの金額が動いて妻にバレないわけがない

というふうに当時は思っていました。

まあ、そんな感じで収まったわけですよ。
当時の自分としては長引かせたくなかったですしね。

その後離婚をし別々で暮らしていました。

ただ、子供がパパロスに陥りなんでもかんでも「パパと!」という感じになってしまいました
自分の職場が元々近かったため、引越し先も同じく町内でしたので幸い子供たちとはすぐ会える距離にいました。
160: :2017/04/08(土) 19:54:42.44 ID:
子供達と会っていましたし
子供たちからすれば未だにパパとママというのがセットで考えられていました。

どこか行くにしても、パパとママ両方揃っていないとダメという感じで。

そんなこともあり、表向きは普通の夫婦として出かけたり、普通の話なども元妻としていました。

その後、お世話になりましたということで行政書士の方に挨拶に行きました。
近況を報告し
書士 「そうか。あのね。」

自分 「はい?」


書士 「今はまだ全然無理だと思うけど、元妻と再婚っていう道も俺はアリだと思う。」

書士 「離婚したら、子供いようがハイすぐ次っていう人も結構普通
にいるんだけど」
書士 「話聞く限り君はそうじゃないだろ」

自分 「まぁ...そうですね」
162: :2017/04/08(土) 20:01:32.51 ID:
行政書士の事務所には元妻も同伴しておりました。

書士 「君(元妻)も子供のことを考えるのならしっかり反省して、変わりなさい」
書士 「彼(俺)はこういうふうになってもしっかり君の心配とかだってしているんだから」

元妻 「..はい。そうですね。」

そんなことを聞かされとものだから
そこから元妻は再婚に向けて奮起し始める
163: :2017/04/08(土) 20:16:32.59 ID:
ここで話が終わっていればどんなに楽だったか...

今現在子供達泊まりに来ているのでいつにも増して更新頻度下がってます。
申し訳ありません。
164: :2017/04/08(土) 20:29:51.61 ID:
>>163
別にあやまることはない
>>1でいう皆さんに是非聞いてもらいたいこと
>>6でいう丸く収まったと思ったら違っていたこと
を先に書いてくれたらそれでいいのだよ
176: :2017/04/09(日) 01:10:33.21 ID:
これほんとの話?
なんで浮気未遂何度もするような嫁と子供ポンポン作るの?
それに主は一度も自分にもこういった至らない点があってみたいなことは書かないよね
そんなに完璧なのか?
177: :2017/04/09(日) 02:07:55.18 ID:
1です。

さまざまな意見ありがとうございます。

当時に書き込んでいれば、もっと違う展開になったかもしれませんね。
行政書士の方は親戚のおじさん感があって敬語でなくても全然嫌ではありませんでした。

>176
結婚当初からいろいろありましたが
自分がいちいち信じて許していたからです。次は大丈夫と。


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/furin/1491411686/
【後編】妻 「体の関係もありました」場所は、Aホテル。Bホテル。」…Aホテルは私たちが付き合っていた時にさんざん行っていた、思い出だったホテルorz

1000: 名無しの心子知らず

おすすめサイト最新記事!




コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット