きまぐれ鬼女

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

824: 名無しさん@HOME 2010/12/24(金) 11:39:12
 
私のトメも、狂言自サツしようとしたことがあったなぁ…… 
親指立てて笑って見せたら、襲いかかってきたからコロされるかと思った。 

絶縁できたのは不幸中の幸い、かな。


173: 名無しさん@HOME 2006/05/08(月) 19:07:33
 
私の義弟嫁について。 
GWに義実家に集まった時の話しだが、
目を離してる隙にみんなで食べる船盛りに

マヨネーズをぶっかけられた。 

いきなりビールをビンごとラッパでピロピロ飲み、
きれてるきれてると言い出し何かと思えばボディビルダーのモノマネ一時間。)
汚い(会話してるだけでわかるほどの虫食い歯、前歯がみそっぱ)

なんかついていけなくてすごく疲れた…。


140: 1/3 2013/06/30(日) 21:20:43.73 ID:W2Z5ZdJU
 
少々長いですが、初めて就職した時の話。 
私と同期のAは1つ上の先輩Bという男に「生意気そうだ」という理由で

入社した頃からいじめを受けていた。 

「嫌だなあ」と思いつつもAと「気にしないでいようね」と励まし合い、
何人かの先輩も庇ってくれたり
直接Bに注意してくれたので何とか我慢できていたが、
ある事がきっかけていじめが私1人に集中し、
ノイローゼ状態になった私は親とも相談して
仕事をやめる決意をし辞表を提出、Aにも「もう限界だから」と伝えた。

ところが翌日の朝、突然私とBが会議室へ呼ばれ行ってみると、
そこには次長・部長・支店長、そして本社の社長がズラリと揃い、
その隣には見覚えのない男性がこちらを睨みつけている。
次長が「この人は××会社(うちの親会社)のC社長で、
Aのお父さんだ」と私達に紹介し私を課長の隣へ、
Bは面接でもするかのように真向かいの真ん中の席へ。

席につくとC社長はBに向かって
「お前この子の事随分いじめてるんだってな」と言いだした。

しかしBは即座に否定。


88: 1/2 2010/12/16(木) 13:47:30
 
だいぶ前にやらかして、最近ウトに実家凸された。 


テンプレの嫁イビリが大好きなウトメ。 
近距離別居(近距離車で15分くらい)だった当時、
料理の味付けに文句(でも皿ごと持って帰る)や洗濯物隠したり、 
人の物を勝手に売ったりと迷惑千万だった。夫と義弟が〆ても全然駄目だった。 
ここずっと息子(もうすぐ2歳)がリハビリに通院しているのだが、
それが気に食わないらしく 
「障○児だ」 
「△△ちゃん(夫の事いまだにちゃん呼びしてる)の子じゃないんでしょ?」と言い、

近所にも無い事無い事風潮して回ってた。 

で、突然アポなし訪問。
勝手に作った合鍵で入り、居間で遊んでいた息子に激しく
「障○児!!」
「お前はいらない子なんだよ!」
と罵り始めたのですぐ止めに入ると、
「売女が!」とウトに押し戻され、そのまま倒されて服を裂かれた。

ブラウスのボタンが飛んで、怖い、ヤバイって頭で思うより先に身体が動いて、
掌底喰らわした後デュランダル(チンクラッシャー)決めてた。…ウト失神。
ハッとして息子の方見るとトメが息子を殴ろうとしてて、
それ見てまた勝手に身体が動いてビンタして張っ倒した後、
クロスフェイス決めてた。…トメ動けず苦しんでた。


息子それ見てなぜか大興奮で、ぐるぐるどか~んを踊りだす。
トメがぐったりして動かなくなったので解いてとりあえず救急車呼んで夫に連絡。
救急隊員が来て、ウトメを搬送、
私の様子を見てもう一台救急車を呼ばれ私と子供も病院へ。
夫と義弟もすぐ来てくれた。
ウトメに怪我はなく、単なる気絶とぐったりしただけだったけど、
私には胸に引っ掻き傷が出来たので夫の勧めで

「傷害」扱いで診断書を貰う事にした。

535: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/27(水) 11:06:55 ID:1AmoTfLR
 
893に拉致られてボコボコにされて山に埋められた 

ボコられている時に携帯を無くしたフリをして
携帯を袖の中に隠してて、警察に電話して
話せないけど逆探知されて警察が来て助けてもらった。 

あの時穴の中でうずくまって携帯を隠してなかったら今頃は…

496: 名無しの心子知らず 2008/09/12(金) 16:41:33 ID:HudXAv6z
 
ドラッグストアで商品を見ていたら隣に居た女の人が 
思いっきりバッグにトリートメントを突っ込んでた。 
そしてさて、と思って移動しようとしたその時に私に気がついたらしく 
(隣に居るのに全く気付かなかったみたい) 

目を見開いてしばし見つめ合ってしまった。 

私もどうしようかとアセってしまって声に出さず口だけで
「(ど ろ ぼ う ?)」と言うと
向こうも声に出さず「(ち が う)」と。
またしばらく無言で見つめ合ってしまったのでようやく声が出た私が

「いや、違わないよね?」

というとバッグからトリートメントを取り出し投げるように棚に戻すと
バーッと走り出し「○○!○○!」と子供の名前を呼び
「あんたどこにくぁwせdrftgyふじこlp;」と言いながら出て行った。
周りに居た店員も客もポカーンとしてたけど説明するのもメンドーで

そのまま帰ってきちゃった。

195: 1/2 2011/02/19(土) 12:29:48 ID:7tO2dL/b
 
ちょっと後味悪い身内泥ママ話。 

ウトは3人兄弟の末っ子で、一番上の兄Aは十年以上前に死亡。 
昨年になってウト母(大トメ)が亡くなったので、私も含めたウト一家で帰郷した。 
普段は疎遠のA妻や4人のA子たちも合流し、ウト二番目の兄Bを中心に準備に追われる。 
私は妊婦なので楽な仕事だけさせてもらった。 
葬儀もつつがなく終わり、親族でほっと一息ついていると、

私のアクセサリーの紛失が発覚。 

私は結婚前に両親亡くしていて、それは形見だった。
旦那とコトメにも手伝ってもらって半泣きで探していたら、
A子のひとりが慌てた顔で私のアクセを持ってきた。A妻が盗んだらしい。
「みんな私にはずっと冷たかったのに、
どうしてその子には優しいの!」と泣きわめくA妻。
義実家もB家もいい人たちと思っていたので
「この人たちが嫁いびり?」とパニックになる私。
A妻を殴り、
「お義母さんを無一文で追い出しておいて!」と怒り叫ぶB妻で修羅場になった。


落ち着いてからきいた話。
夫の大ウトを亡くしたあと、A夫妻の熱心な誘いでA家と同居した大トメ。
皆で暮らすならと、同居する家の建築費用を全部出した。
金額にして数千万。大ウトの遺産の大半。

A夫妻の発案で、大トメの生活費はAの稼ぎから出すという話になり、
大トメの面倒をみてもらうということで、Bとウトは自分たちの分の遺産をAに譲った。
同居してしばらくは何事もなくうまくいっていたんだけど、Aが若くして事故死し、
A妻は職歴もなく小中学生4人(全員私学)の子持ち専業主婦でありながら未亡人になった。
その後、A妻は「Aさん死んだならお義母さんとは他人です」と別居を宣言。
それも仕方ないと大トメは承諾したが、

問題はA一家と同居するということで出した数千万。


Bとウトは「全額は不可能だから要求しないが、
せめて少しでも母に返すのが筋では」と言ったら、
「子どもは可哀想だしこのまま私立に通わせます。家はAさんの形見なので売れません。
私もたいした仕事つけませんから、学費大変なの。
だからお義母さんが我慢するしかない」とA妻は拒否。
結局大トメが「A子たちはこれから苦労するだろうから」と言い、

わずかな荷物だけをもってA家を出た。

451: 名無しの心子知らず 2011/02/21(月) 18:18:00.55 ID:lc8vUskf
 
疑われた話なのですが。 


ママ友からこんなメールが 
「我が家に、泥棒がはいりました。警察へは通報済み。
遊びに来た貴方達に話が行くかもしれないから、

その時はよろしく。」と。
私、結構ルーズな所があり、メールって仕事が終わった後に返すのですよ。
そして、場合によっては忘れてしまうことも。
ちなみに、その日は携帯の充電し忘れてて、
メール見て暫くしてたら、いつの間にか電源が落ちてました。


思い出したのは、次の日。
電源つけたら、そのママ友から
「もう、手遅れです。貴方だったんですね。
許しません、弁護士を立てる用意をしてますので、そのつもりで」
と言うメールが、何通か。
うーん、なんだっけ?ああそっか、昨日のメールかな?って思って、
「何を盗まれたの?って言うか、私を疑ってるの?
ゴメンゴメン。ケータイの電池切れちゃってた。」って書いて送ってみたら、
「嘘をつくな。今から行くから!」ってメールが。

んもーウザイなーって思い、
そのママ友は思い込みが激しい系の人で、何度もトラブルを起こしてるので、
「あーもう、勘違いじゃないのー?いつもの。なんだったら、暇な時一緒に探しましょうか?」って
メールを送ったら、超ヒートアップ!!!
なんか、誤解が誤解を生んでしまったようで、

仕方がないからその日の午後に我が家に招待いたしました。


684: 名無しの心子知らず 2011/02/23(水) 15:08:46.58 ID:MK59Dhvh
 
私の、陶器製のゆたんぽが盗まれた。 

ちょっと拭いたので、乾かすのにお外に出したらやられた。 
愛用してた物だし、泥棒は泥棒なので警察へ24。 
おまわりさん、超良い人で、「何かあったら」って最寄の交番の直通の電話番号を頂いた。
話も通してくれ、見周りも強化してもらった。 

その日の夜、お隣さんに救急車が来た。 

早朝5時だったかなー?
ドアをガンガン叩く人が居たので、夫が外に出たら、お隣さんのお姑さんと旦那さん。
「こんな危ない物を、使用方法を偽って渡すなんて貴方おかしいんじゃない!」って怒鳴られて、
お隣の旦那さんには、殴りかかられた。

直ぐに夫が間に入ってくれたけど、一発入ったからほっぺに凄い痣ができてしまった。
奥から同居してる私の母が出てきて、直ぐに異常事態と気づいて交番へTEL。
おまわりさん、10分もしないで来てくれたよ。
おまわりさんが着たら、旦那さんは勝ち誇ったように
「ほうら!自分で悪いことをしたの認めたな!

自らおまわりさん呼ぶなんて!」とか言うしさ。

「貴方のだって証拠あるんだから!」ってお隣さんの姑さんが、
紙袋からガチンガチンと音がしてる塊を出しましたよ、
それ…その袋…私のうさたんをいれてた袋…。
その袋、私の名前を書いておいたのですが、それを指差して「ほら!貴方の!」と。
私はもうその袋をひったくりましたよ、いやな音がしてたんだもの。
案の定、中をあけると、うさたんが無残な姿に…ほぼバランバラン状態でした。


「何したんですか?」って半泣きになって聞いたら、「嫁がガスにかけた。」とな。
「はぁ?これを?ガスに!?バカなんじゃないですか!」って叫んでしまいましたよ。
兎に角、おまわりさんは「(お隣の)お姑さんねー。
これね、盗難届け出てるの。つまりね、この人の証拠だってある訳だし
貴方もそう言ってた訳だから、貴方の家族のウチ誰かが盗んだ訳ですよ。」と説明。
お隣さん姑&旦那さんコンビ、「ハァ???」
聞くと、夜にゆたんぽを使おうとしてお嫁さんがガスにかけたそうな。
それで、割れて大変と手を出したら、火傷&破片が飛び散って切り傷。

それも手とか足とか、顔にも少し飛んだらしい。

このページのトップヘ