きまぐれ鬼女

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

369: 名無しさん@HOME 2014/07/04(金) 06:43:42.29 0
満員の通勤電車の中で、激しい腹痛に襲われ
駅に着くまで5分ってところで耐え切れなくなり
せめてオナラで延命しようと思ったら
水下痢がビューと出た
電車の中には同僚も後輩も数人乗ってた
満員電車なのに、自分の周りだけ人が避けて空間が出来た
地球爆発しろ、って思った



66: 名無しさん@HOME 2012/03/04(日) 02:56:02.46 0
一時期、遠まわしに「孫梅」→あと2,3年は待てと言うと「これだから大学出の女は」がうるさかった近距離別居のトメ。(ウトは海外、トメと同居の大トメは入院中)
家に来た時にまた言われたので、うんざり顔をしてしまったら

「嫁子さん、そういうの イ シ メ っていうのよ!」

思わず吹いて「それってウマズメって読むんですよwwこれだから短大出はww」と突っ込んでみた。
トメは顔を真っ赤にして怒るも、何も言えずしまいには涙目になったので

「嫌でしょう?そういうこと言われるの。トメさんは短大→就職→結婚→退職って自分で決めて立派に子育て終えたんでしょう?
『石女』なんて言葉、トメさんの周りには使う人いなかったから読み方分からなかったんですよね。トメさんもそんな言葉使っちゃダメ。
何度も言いますけど、今は女も大学出て働かないとやってけないし、子供だってお金なきゃ育てられない。いい加減こっちの事情も分かって下さい。」

と追撃したら、嗚咽混じりの声で「ごべんなざい・・・うっ・・・」と謝ってきた。
その後旦那が買い物から帰ってきてオロオロしてたので、あー私が悪者になるなぁどうしようと思っていたら
「嫁子ざんにひどいごど言っぢゃっだぁ」と泣きながらあっさり告白→旦那「・・・あの・・・ウマズメってなーに・・・?」
話からおいてけぼりの旦那を見て笑ってしまったら、つられてトメも笑い泣き。
「トメさん、あなたが育てた旦那くんって悪い言葉全然知らない良い子なんですよww」というと、ウンウンと頷きながら泣いていた。

急に孫梅が始まったのは、大トメさんが入院して「曾孫見るまではタヒにたくないねぇ」と寂しそうに笑っていたから。
大トメさんがこんな時にあの子達はのんきだわ!→でも大トメさんの名前出して急かすのも・・・→私がガツンと言えばいいのよ!と。
旦那は意味を調べて愕然→トメを叱責&私に謝罪。↑のこと以外は良トメだし、トメも反省してくれた。
私も旦那に相談していなかったこと&例えのつもりでもトメの学歴にケチつけたことを謝罪した。

もうすぐ第一子が生まれる。トメは良トメに戻り「私が浮かれて余計なことをしたら引っ叩いて!」と気をつけてくれている。
ちなみに大トメは全快して、妊娠報告の際トメ・帰国したウトと手を取り円になってぐるぐる回っていたww

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158


101: 名無しさん@HOME 2012/03/11(日) 02:13:19.01 0
地方公務員を数年だが早期退職した別居トメ。 
それでも在籍3?年でそれなりに退職金はもらっているはず。 
トメ宅に行った時にポロっと「財産残す気はないけど~w」 
と言ったので、笑顔で 
「あ~よかった、私介護とかする自信なかったんですよ~、他人ですし。 
今は老人ホームも一杯ありますし、いいところ探してくださいね^^」 
って言ったら黙った。 
はて、何かおかしい事言ったかしら? 
ちなみにトメの子は男二人で嫁は私だけ、何か期待していたのかな。 

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158


130: 名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 09:46:53.29 0
自分が介護される側になると知って気弱になった姑に「嫁ちゃんこれ、美味しいものでも買って」と
いきなりむきだしの万札を渡されそうになった数年前を思い出したw
「やだぁ、私がお金欲しさに介護すると思われてるみたいじゃないですかw」で逃げた。
いちまんえんでこの先の安泰を買おうとしたのか?

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158


172: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/23(木) 13:02:21.71 ID:mgICMnMP
友人の彼氏がリストラされ、ケジメをつけるために別れた
それは不運だと思うから精一杯慰めて気晴らしも付き合ったけど

「あんたの彼氏の会社も潰れてしまえばいい」

八つ当たりしたくなる気持ちも分かるけど、これはないわ

178: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/23(木) 16:31:20.55 ID:4D9hFurI
友人から届いた結婚祝いのお返しが同人誌二冊だった
うち一冊は新郎新婦の馴れ初め本
友達やめないけど本気で引いた

277: 名無しさん@HOME 2014/06/22(日) 14:04:55.64 0
ペットを弟と母に殺されたことが最大のトラウマ。

俺には4つ下の弟がいるんだが、俺は俗に言うサンドバッグ子。弟は愛玩子。
母は弟を溺愛し、俺と弟が喧嘩すると理由も聞かずに俺を部屋着のまま氷点下の屋外に叩き出したり、
食事を抜くなどの贔屓をしまくっていた。父親は母を溺愛しているので、これらの行為をほぼ黙認。

俺は、高校の頃にはそんな家族にうんざりして、部活から帰った後は飯の時以外、部屋にこもる生活になっていた。
俺の部屋の本棚には歴史の本が並び、その一角に水槽を置いて、屋台で掬ってきた金魚を飼っていた。
金魚を眺めながら塩野七海や陳舜臣の本を読むのが好きだった。

高2?の頃、食事の時間に弟と口喧嘩になった。俺は弟を言い負かしたが、弟は泣きながらリビングを出て二階に走って行った。
俺の部屋には無力な金魚がいる。嫌な予感がして、俺は後を追おうとした。
母親はリビングの出口にいたし、弟の意図を間違いなく察知してたいが、弟を止めなかった。
そして、奴は、、、弟を追う俺を、阻止してきた。ドアの前に立ちはだかって。

母親を押しのけて必タヒで追いかけたが、遅かった。俺が自分の部屋で見たのは
俺の本でたたき割られた水槽と、床の上で飛び跳ねていた金魚。
ショックで貧血を起こして倒れそうになった。
俺は泣きながら金魚をすくい上げ、水槽の残骸(下半分には水が残ってた)に戻したが、
その金魚は助からなかった。母親は弟の行為を全く咎めず、
「弟を大事にできない人間に生き物を飼う資格なんかない」とか超理論で俺を罵倒して、
また飯抜きの刑に処された。

水槽の中という閉じた空間でしか生きられない金魚が、その空間を破壊された瞬間を想像すると、
自分が手錠をかけられて水の中に放り込まれたような恐怖を感じる。もう10年以上たつけど、今でもたまに夢に出る。
数日前にもまた、その時の夢を見た。横で寝てた彼女が言うには、うなされて、辛そうな声で泣いてたって。

就職してから実家にはほとんど帰っていないが、母は自分がしたことを棚に上げて、早く孫の顔が見たいとかほざきよる。
昨日、決心をきめてはっきりと言ってやった。
「俺がこれから結婚して家族を持ったら、アンタには妻子に指一本触れさせない。アンタは親になるべきではなかった」って。


168: 名無しさん@HOME 2014/06/12(木) 13:42:24.62 0
長くなりますが、失礼します。
19歳から15年一緒だった元旦那が浮気。浮気が始まって2ヶ月後に、彼女が妊娠していると判明して紆余曲折ありつつ4年前に別れました。
元旦那の家族には「こんなこと言いたくないけど、息子は子供が出来て嬉しそうだった」と言われ、彼女と元旦那にはちゃんと別れるまで会うのは止めてほいしとお願いしたのですが聞いてもらえませんでした。
話し合いの際には左手の薬指にプレゼントされた指輪してきたり、子供が流産したのは私に責められて精神的に不安定になったから(残念ながら子供は流産してしまった)とメールが来たり、彼女の方もめちゃくちゃでした。
自分達に子供がいかなったのは、夫婦で商売をしていて、金銭的にも子育てできる環境ではなかったので、後々にと考えていました。
不倫宅から職場に通う旦那と仕事してるうちに私が栄養失調で倒れ、このままでは家族や友達に心配かける一方だし、自分の為にもケジメをつけて別れよう!と思い立つまでがかなりの修羅場でした。。


105: 名無しさん@HOME 2014/06/09(月) 11:10:02.26 0
ちょっと前にあった後味の悪い話なんですけど

とある旦那さんが妻に浮気されて離婚問題になった
息子の親権争いで裁判までしたんだけど結局奥さんに軍配が上がった
その後、元妻は間男とくっついたんだけど、元妻と内縁の間男が虐待の末に息子をころしてしまいタイーホされた

当然、(元)旦那さんは怒り心頭
そして旦那さんは裁判で争った奥さんの弁護士(以下A)に文句を言いに行った
(因みにAさんは小学生の子を持つママさん弁護士)

なんで旦那さんが抗議しに行ったかというと
どうやら間男はバツイチ、しかも離婚理由がDVだった
なので親権争いの際に妻が間男と関係を持ったままだと息子が虐待されてしまうと訴えた
でも妻側は逆に旦那のDVをでっち上げて対抗してきたそう
その結果は前述の通り、妻が親権を勝ち取った
だから息子がタヒんだのは弁護士Aさんの責任だと抗議した
しかしAさんは旦那さんを門前払いした
旦那さんはそれでも弁護士事務所の前で泣きわめいたそう

長いので切ります


このページのトップヘ