きまぐれ鬼女

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

290: 名無しさん@HOME 2007/04/11(水) 17:41:59
DQN返しとはちょっと違うかもですが、義実家へ行った時の事。
義実家には出戻りコトメとコトメ息子がいるんだけど、
「母子家庭なんだから優しくしろ」だの
「孫チャン(コトメ息子)がさみしいからどこかへ連れてけ」だの、
夫もコトメ息子はかわいそうだと思っているので断れず、
月に2・3回くらい呼び出されてはあちこちへ出かけている。
で、先日もトメ、出戻りコトメ、コトメ息子、夫、私ででかけ、
「そろそろ帰るから…」と立ち話していたら、
突然コトメ息子が私のスカートをぱっとまくり上げた。
まさか蹴飛ばす訳にもいかず、「こら」と叱ったんだが、
「やーだぁ嫁子ちゃん、地味なのはいてるのねぇ~。
 そんなんだから夫チャンにも相手にされないで、
 いつまでたっても子供ができないんじゃないのぉ?」
とトメがニヤニヤしながら言いやがった。
あんまりな言いぐさに夫も私も言葉が出ないうちに、
コトメ息子が今度はトメとコトメのスカートを同時にまくり上げた。
目に飛び込んできたのは、どう見ても普段下着。
トメもコトメも硬直、コトメ息子「おばちゃんとかわんなーい」。
「ふーん…」と静かにうなずいて、夫をつつき、二人で帰ってきた。
電話がじゃんじゃん鳴ってるけど、夫が線をひっこ抜いたんで、まあいいや。



372: 名無しさん@HOME 2011/06/05(日) 20:02:47.20 0
数年前の話

俺…24歳(当時)
兄…34歳(当時)
社長…40歳(当時)

勤務先が不況の煽りで解散し失業した俺は
兄の紹介で社長と知り合い意気投合し、新たな事業を立ち上げようという話になった。
詳しくはかけないがアジア圏と取引したりする事業。

話が進めば月の半分はそのアジアの某国に滞在しなければいけないため
ちょうどパスポートの期限が切れそうだったので更新しなきゃなあとか思ってた。
俺は社長の運転手も兼ねていて事務所と自宅(車で5分)の送迎もすることになって
社長の家の近所にアパートを借りた。
で社長と出資者集めようといろんなとこ回ったり色々したんだけど
半年たってもアジアの某国に行く気配はなく、
ちょっとずつ社長のやってることの胡散臭さが見えるようになってきて、
兄にも相談しヤバいと思って逃げることにした。(兄も社長に騙されていたみたい)
社長が女の家に行ってる隙にアパート引き払い携帯を解約して退職願を事務所のポストに入れた。

17: 名無しの心子知らず 2005/12/06(火) 17:24:02 ID:xGe/R3Pk
失業給付金を不正受給してるママ友の話は、こちらでよろしいですか??

267: 名無しさん@HOME 2007/04/11(水) 14:07:34
プチですが。

日曜日にウトメがアポ無し訪問して来た。
最近全く義実家に寄りつかず、電話も出ないかららしい。
なぜ接触を持たないかは考えようとはしてくれないんですね。

ダンナと息子とウトメをリビングにおいて私は寝室にこもっていたのですが
しばらくするとウトの下品な笑い声とトメの絶叫が聞こえてきたので仕方なく
リビングに戻った。
なにやらトメはかなり怒っており、「気分が悪いから帰るわ!」と大笑いし続け
ているウトを引き摺って我が家から出て行ってくれた。

何があったのかダンナにたずねると息子が桃太郎の歌を歌ったらしいのだが
2番を

やりましょう やりましょう
これから ト メ の征伐に
ついて行くならやりましょう?♪

と歌ったらしい。
トメが間違ってるわよーと顔を引きつらせながら注意したら息子は
「ママが教えてくれたのー」と返したそうで・・・。

ま、うちに来ると分かっていたら、そんな歌教えませんでしたけどねw


593: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 23:14:45
どのスレに書けばいいか分からないんだけど
とりあえずドキュ返ししたのでここに。

トメはイヤゲ物・妊娠中から子供のことに口出し(当然産後も)・
出産直後に押しかけ居座り・私の実家をpgrする等
あまりひどかったので私と子供のみ寄り付かなかったんだけど、
トメが体を壊したというので、旦那と子供と私で5年ぶりにトメ家に行った。

確かに腰が悪いらしかったが、嫌味も自分勝手も健在どころかパワーアップしてた。
5年前の反省も踏まえて旦那がかばってくれるかな?と思ったけど、ホント役立たずw
「親(トメ)を5年も放っておいて嫁子さんは人間のクズねw」にもスルーで、ビール飲んで寝やがった。
自分も我慢の限界だったし、子供も居心地悪そうだったので、トメの入浴中に黙って帰ってきたw
気がついて追っかけられると困るので、玄関とお勝手にあった靴を全部庭の池に放り投げてきたww
コンビニからタクシー呼んで特急乗って駅まで実家に迎えに来てもらった。
親兄弟には電話があっても知らない振りしてもらってるし
携帯の着歴すごいけど、愛想が尽きたから絶対出ないって最初にメールしといたのにw
何だかすごいテンション高くなってて、オラわくわくしてきたぞ!って
コピペはこんな時に使うんだろうなとか思ってるw

457: 1/3 2013/07/03 09:43:02
先週の話。
夜勤明け、自宅に着いたら駐車場から私の車が消えていたので、すぐに警察に盗難届を出した。

昼過ぎに中近(微妙)距離別居のトメから電話。
仮免中のコトメが義実家近くのショッピングセンターで自損事故を起こしたとの事。

夫に内緒で(私の)免許を持ってすぐに来い、と言うので「なるべく早く伺います」と伝え
そのショッピングセンターに電話して駐車場の事故を伝えてから自転車で向かい
(うちから30分くらいかかる所)、
現場近くの公衆電話から善意の第三者を装い24。

同じショッピングセンターの別店舗(そこから更に自転車で40分程度の距離)に移動しトメに電話
「駐車場に着きましたがどこにいらっしゃるんですか?」
その頃には既に警察が現場に着いていたらしい。
「そっちの店じゃない」と電話口で火病るトメ。
「すみません、今から向かいます」と告げると「もういい」とガチャ切り。

279: 名無しさん@HOME 2013/06/25 20:59:48
今結婚二年目、去年脳梗塞で義父が倒れた。後遺症が残った。
私、医療関係国家資格あり。義母、私頼りにしてくる。そこはまあいい。

嫁とはいえ、専門知識があって、体力のある若いものがいれば頼りにするのは、わかる。
同居で私が義父の介護と、仕事をしている間、家事をすべて引き受けてくれている。
義父も、思うように体が動かなくてイライラするのか、私にあたる。
それもいい。今までの経験上、そんなのは当たり前だ。急に体が動かなくなったストレスは半端ない。リハビリぐらい、してあげようじゃないか。それが私の専門だ。

ただ、許せないのはコトメだ。
・自分はヒキニートの癖に
「嫁なのにお母さんに家事をさせて…」「なんでお母さんに掃除させてるの!」って。
まずそれが約束、契約だ。同居と介護の代わりに家事全般引き受けると言いだしたのはお前の母親だ。
・自分は全く介護を手伝わない癖に
「お父さん、痛がってるじゃない。もう少し優しくできないの?」
それはリハビリだ。体に負担がない程度にやってる。医師と相談の上している事だし、素人が口出しするな
「なんでお父さんに食べさせてあげないの!こんなゆっくり食べて、お腹が満たされるわけないじゃない!虐待だわ!」
自分で出来ることはしてもらわないと困る。お前の言ってることが優しい虐待ってやつだ。

まあ、これらは、義母の件を除けばまあ、介護に理解がないとこんなもんかとする―したんですが…

351: 名無しさん@HOME 2011/06/05(日) 18:55:19.75 0
数年前の話

兄…長男。地元で一番の国立大学を出て国家公務員になった。ずっと実家暮らし
私…長女。地元を離れて進学し就職して一人暮らし
妹…次女。おとなしくて真面目。絵がうまい。地元短大を卒業してずっと実家暮らし
弟…次男。末っ子。私と同じく地元を離れて進学就職したが近県なため私より頻繁に帰省している。

父…元教師
母…元看護婦

私の現在の住居と実家は飛行機でないと帰省しにくい距離。
なので成人式で帰省したのを最後に5~6年ほど帰っていなかった。
両親とも長男で優秀な兄を溺愛していたから
私のことは放任していてくれたのを「楽でいいや」とずっと思っていた。

あるとき、高校時代の友達の結婚式に合わせて帰省した。
帰る前に母に連絡して
「みんななにも変わったことないー?」
「べつにないよ」
ってやりとりをしたから変わりないんだろうなと思っていた。

608: 本当にあった怖い名無し 2012/08/11(土) 11:07:03.89 ID:fmT0ht8oO
大学時代1つ上の先輩に惚れた。
当時ど田舎から都会に来てボソボソとなまってて
みんなに馬鹿にされていた俺にも普通にしゃべってくれる某アイドル似の彼女は女神に見えた。
一生懸命のプッシュでなんとか付き合ってもらえる事に。

だが彼女はとんでもない女だった。
彼女のおかげで彼女のグループに入れていろんなとこに行けたのだが、常に俺をパシりや笑い者にした。

荷物持ちや買い物はいつも当然のように俺。
「いいよ。いいよ。こいつにやらしておけばいいじゃん。」
人を迎えに行って増えた分全員が車に乗りきれなくなって俺だけが下ろされた事もあった。

酔って寝てる間に俺の顔に落書きした上、
ボールペンで腕をブスブス刺したり頭を蹴って起こされた事もあった。
俺のしゃべり方を真似してみんなで笑ったり、
無理矢理化粧されてその顔で外歩かされて馬鹿にされた事もあった。

それから20数年後、俺は某二流会社に就職し一応課長と呼ばれる立場になった。
ある年に入って来た新入社員がその時の女に顔も声もそっくりだった。
話しを聞くと俺と同じ大学出身。
「母もその大学出てるんです。」
旧姓と名前を聞くとまぎれもなくあの女だった。
新入社員は自分の母親に俺の事を話したらしい。
「課長は母に憧れていたそうですね。」
「母は課長は田舎から出て来たばかりで頼りなくてかわいそうだからかわいがってやったと懐かしがってましたよ。」


このページのトップヘ