注目の人気記事

719: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/21(金) 10:08:54
(1/3)

定番セクハラ親父被害ネタ。
ややスレチかもしれない。身バレ対策に視点はぼかします。

結婚式当日、白無垢姿の新婦を見て人目もはばからず男泣きしていたのは新婦父…ではなくなぜか新婦の義理の叔父であるA。
披露宴の段になっても高砂にいるドレス姿の新婦を意味ありげにガン見&嗚咽。
料理にもろくに手を付けず、杯をカパカパ空けつつ鼻をかみまくる。

最初は「『自分の娘もいつかあんな風に…』って想像しちゃったんだろうね」と好意的に解釈していた親戚や招待客も、
次第に「新婦のお父さんは泣いてないのに、何なのあのおじさん???」といった目でA一家のテーブルに注目するように。
新郎新婦は固い表情。特に新婦はAを視界に入れないようにしているように見えた。

やがて涙とアルコールで顔も目も完全に真っ赤になったA。
A妻や親戚が宥めて一旦会場の外に連れ出そうとするも、「チクショウ、新婦ちゃん~、新婦~!」と腕を振り回して叫ぶ。
新婦とAをチラチラ見比べてあからさまにヒソヒソやり始める新郎側のおばさま連中。
多分、「体の関係があったんじゃ…」と邪推していたんだろう。

実はAは、義理の姪を可愛がる叔父の皮を被った悪質セクハラ野郎だった。
新婦は顔立ちが可愛い上に身体が早熟な小学生だったので、格好のターゲットにされてしまっていた。
親戚が集まる機会があると、Aは「新婦ちゃ~ん」と実子や他の従兄弟は放置で新婦まっしぐら。
わざわざ隣の部屋から抱きかかえて連れて来て膝に座らせたり。
新婦が使ったコップにわざと間違えて口を付けたり、さりげなく服の隙間に手を入れたり、意味なく耳元に口を寄せて小声で囁いたり。
新婦が入浴中に偶然を装って脱衣所を覗く事も何回かあった。


970: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/25(火) 19:14:26
私の結婚式話をひとつ。
携帯から失礼します。

できちゃった婚の私達。
双方の家族にも恵まれ、裕福ではありませんが幸せに生活していますが、唯一心残りなのは結婚式ができなかったこと。

娘が1歳を迎え、今年できなかったら来年は七五三、その後は幼稚園……とお金がかかるのでこの先一生できないだろう、ということで念願の挙式を執り行うことにしました。
本来であれば、質素に挙式+身内だけで食事会というところですが、友人達の希望で披露宴も開くことにしました。

子連れなので、安価で打ち合わせの少ない式場を予約し、半年後を楽しみにしていました。

……が、待てど暮らせど打ち合わせの連絡が無い。
担当の不手際で1度で良かった打ち合わせが5回に。
(本来ならメイクや衣装など他部署の担当と時間を合わせ、1日で終わるようにお願いしていた)
更に前撮りの打掛に衣装混入、引き出物の予約がされていない、振込みのはずが金が行方不明……とげんなりすることの連続。
我慢の限界で大クレームに(ごめんなさい)

式当日は、担当プランナー、式パーティー担当部署の主任、メイク主任、衣装主任、カメラマン2人(万が一の為の保険)が付くというという厳戒体制。
これなら大丈夫だろうと安心する私と、失敗は許さないという緊張たっぷりの主任達。

で、スレタイ。w
挙式BGMが他人のもの、娘の衣装(勿論私物)をパーティー担当の主任が破る、披露宴用の席札紛失、司会が旦那の上司の役職を間違え会社連中+旦那真顔、両親に贈呈する花束に伝票が付いたまま……という。
私達は笑顔(つもり)で式を終えましたが、見送りを終えてドレスを脱いだ後、控室でスタッフを怒鳴りつけてしまいました……。

蛇足ですが、私の家庭が複雑で、またその後更にブチ切れる展開がありましたが、それはスレチなので省略。
最悪の結婚式(場)でした。

今では笑い話ですがw

流れ豚切失礼しました


798: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/12(土) 13:31:49
>>793
それで新郎がおかしくなったパターン知ってる。

新婦は顔立ちも服装も地味で、化粧もほとんどしないタイプだった。
それが式当日、プロにメイクしてもらったら輝くような美女に変身した。
元々地味でも整った顔立ちだし、プロポーションも実はボンキュッボンのグラビアモデル級。
お陰で式当日はおめでたい騒ぎが輪をかけてお祭り騒ぎになった。
特に新郎友人や親戚は、こんな美人捕まえるなんてお前すげえ!と大騒ぎだった。

ところがそのせいで新郎がおかしくなってしまった。
新郎も外見と性格共に地味な人と言うか、正直に言ってしまうと冴えない外見だった。
性格もいい人なんだけど気が弱くて損をしやすいタイプだった。
それがこんな美人と結婚できた→実は自分すごかった→本当は俺モテるんじゃないか!
と変換されてしまい、結婚後いきなり出会い系で浮気を始めたり、
会社の美人新入社員に声掛けまくって大変な事になった。
それで新婦と喧嘩になったんだけど、変な自信が付いた新郎、
「俺はお前くらいの女なんか、いつでも捕まえられるんだよ!」
と啖呵を切って離婚してしまった。(勿論新郎有責だった)

それから数年、新婦は会社の上司の世話で良縁を掴んだ。
今は1児の母になって忙しい毎日らしい。
新郎はせっかくの良縁ドブに捨てたと両親兄弟に激怒され、
同僚や友人には最低な不倫野朗として縁を切られてしまい、
仲人勤めた上司に恥掻かされたと冷遇され、自主退職してしまった。
その後元友人達に借金の申し込みがちょくちょくあったので、
多分生活苦しいんだと思う。最近では消息不明。


639: 愛とタヒの名無しさん 2006/11/10(金) 23:08:32
新婦友人として出た結婚式。
誓いの言葉の途中で、招待客じゃない白スーツの男が
「A美!俺と逃げよう!」
と乱入してきた。
新婦の名前はB子なので、まわりはポカーンとしたあと
「A美って誰?新婦の源氏名?」
と( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )。

新婦が「どちらさまですか?」と声をかけると、男は
「何を言ってるんだ!俺とお前は愛を……
すみません、人違いでした。会場間違えました。ご迷惑をおかけしました」
と頭を下げて走り去っていった。
会場はさらにポカーン。
そのあと、順調に式は進んだが、式の間中気まずい雰囲気が漂っていた。

聞くところによると、新婦はいまだに
式に出席していた人(おもにおばちゃんたち)に
「で、本当のところ、あの人とはどんな関係だったの?」
と聞かれるらしい。


305: 愛とタヒの名無しさん 2007/02/02(金) 14:40:00
タイトルは覚えてないんだけど、昔読んだ小説で
友達の結婚式でスピーチを頼まれた女の人が
「あなたは昔っから甘え上手で…」とどじっ子の新婦に
なにかにつけて頼られていた話をしてたんだけど
だんだん話が壊れていって
「○○君の子供が出来た時に泣きついてきたから
中絶の世話してやったわよね!
そんな女が私の好きな人とりやがって!」と過去暴露になり
最後は周囲に押さえ込まれるという怖い一人称の話があった。

小説だけかと思ったら先週の日曜にリアルでそんな披露宴があり
新婦が会社に出てこない


719: 愛とタヒの名無しさん 2007/02/19(月) 20:23:39
同僚の披露宴で、新郎親友という人がスピーチしたんだが、その内容が・・・・・

自分の式の時は、新郎にくれぐれも「常軌を逸した」余興は控えてくれとお願いしており、
快諾してくれたからと信じていたのに、披露宴当日、サプライズで裸踊りをされた上に、
自分の新婦に対して性的なあくどいジョークを飛ばしてくれたり、キャンドルサービスでは
裸になってお尻にロウソクという定番をやってくれ、「予想外の、思ってもいなかったすごいサービス」で
とても驚いた、といった内容をにこやかに、でも目が笑っていない真面目な表情で語った。
「親戚一同にも後でいろいろ言われ、とても大変でした、でもそれは○○(新郎)君が
僕のためによかれと思ってやってくれたんでしょうから、歯を食いしばって耐えることにしました♪」
てな調子で嫌みたっぷりな台詞をちりばめ、最後に、
「同じ事を彼にもしてあげようと思いましたが、いくら友情のためとはいえ、彼がやってくれたことを
そのままやるような勇気は僕にはありません。新郎君、ごめんね。是非同じ事をしてあげたかったんだけど♪」
と、ここでニヤリと意味ありげに笑ってスピーチを終えた。
新郎は聞いているウチにだんだん目が泳ぎだし、新婦はこわばった表情で新郎と友人を交互に睨み、
披露宴が終わるまでの間、「この瞬間、サプライズで何かやらかされるかも・・・・」という緊張感が
会場に満ちあふれたままだった。
結局サプライズは無かったんだが、高砂には始終微妙な空気が流れてましたよ。


374: 愛とタヒの名無しさん 2009/11/25(水) 10:50:34
本当に私だけが不幸だった結婚式。長文です。

入社したての頃、職場先輩(新郎)の式に招かれた。
新郎は若手ながら大きな仕事を任される、将来の幹部候補。
披露宴も盛大で、順調に成功の階段を登っているなあという感じだった。
それが、式をひと月後に控えた日曜日のこと。不意に新郎弟から電話が入った。
実は新郎弟とは高校・大学の同級生、卒業後も偶に飲む仲(今は疎遠)。
だから気にせず電話を取ったのだが、様子がおかしい。
やたらとある同僚女性について訊いてくる。
?となりつつも、正直によく知らない旨伝えた(新人だし&噂話が苦手なので)。
すると新郎弟は「そうだよなぁ~」と盛大なため息。
さすがに理由を尋ねると、新郎弟は一気に捲し立てた。
何でも、新郎が「来月の式はこの人と挙げたい」とその女性を連れてきたという。
日程や予算等は同じ・新婦を換えるだけ、というのが新郎の言い分だったが、
当然認められるはずもなく、現在家族会議中とのこと。
その最中、新郎弟はふと私の存在を思い出し、電話してきたらしい。
「兄貴が悪いんだろうけど」と前置きしながらも、新郎が女に騙された可能性も探っている様子。
女性に関する第三者(私のこと)の意見を聞きたがった。
残念ながら、私はその期待に添えなかったけれど。


734: 愛とタヒの名無しさん 2010/02/21(日) 18:07:45
友人のおひろめパーティー(会費制・レストラン)で司会を引き受けた。
新郎母が息子ラブ光線出しすぎて微妙な雰囲気。
隙あらば新婦も介添え人も押しのけて新郎にべったり(新郎父は故人)
新郎は抵抗するけどおめでたい席で…みたいな親戚の圧力で強行にはできず
新婦の顔は引きつるし招待客は新郎から目を逸らすし…

ついにやらかしたのがケーキ入刀。
手作りのパーティーらしく新婦が作ったケーキを切り分けて配って
最後は新郎に新婦が「あーん」と食べさせる演出。
今までの気まずい雰囲気を取り戻すべく「カメラをお持ちの方は前へ~」とか
「ケーキのように甘い二人」とかベタな事言って盛り上げようとしていたのに
食べ終わった瞬間、新郎母が新郎に寄って来て留袖の袖口?襦袢?で新郎の口を拭った…
文章にするとたいしたことないみたいだけど新郎母のうっとり表情もきもくて
場の空気が凍ってしまった。新婦は泣き出しそうな顔。
何とかしてくれの期待をこめた視線をいっせいに向けられた私がとっさに口走ったのは

「仕上げはおか~あさ~ん…でしたね」(某幼児番組のあれです)

幸いにしてうまく笑いがとれたのでそれに便乗して新郎にマイクを向けて
私「これからはお母様の代りに新婦さんがお世話をやくことになりますか?」
招待客「情けないぞーwww」
新郎「いや、これからは自分でやりますw」
私「ですよねーw」
新婦「うふふww」

何とかまとめて後でトイレに行ったら背中が冷や汗でびっしょりでした。
ちなみに私は新婦友人で以前セミナー講師のバイトしていたので司会を依頼され
気軽に引き受けてしまったのですがもう二度とやりません…。
プロ=完璧な司会ではないけど、どんなトラブルがあるかわからないのに
素人に任せるのは相当危険だと身にしみて実感しました。


742: 愛とタヒの名無しさん 2010/02/21(日) 22:28:51
従兄の結婚式は、新婦知り合いのレストランで、レストランと庭園をワンフロアに見立てた半ガーデンの式だった。
すごくおしゃれな式だったんだけど、途中で蜂の大群が乱入してきた。
新郎母と姉は一度蜂に刺されてて、また刺されたら命に関わるということで大騒ぎ。勿論他の招待客も逃げ惑う。
式がぶち壊しになったんだけど、落ち着いた後新婦が泣き喚きながら新郎母と姉を嫁いびりだとなじることなじること。
招待客もうへぁな雰囲気になって、ぐだぐだなまま式は終了。
先日従兄から離婚したと知らせが来ました。
スズメバチの大群は、怖かった・・・。


このページのトップヘ