注目の人気記事

908: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。
(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)

当日、式場にいってタヒぬほど驚いた。
何とA君、白のタキシードで登場。
「似合いますか?」とか聞いてきたけど、それはダメだろ、と思わずマジで説教した。
先輩も合流して「それはヤバイよ」「どこかで普通のスーツ調達できないの?」といったんだけど
「欧米じゃ普通っすよ」「まぁ、俺も花婿みたいなもんだし(?)」と聞く耳もたず。
親族の人が「何あの男?」とヒソヒソと言っていたので、他人のふりしたかった

しばらくして、新婦が控室にはいっていくのを見かけたA君は
「上司さーーん!!」と叫びながら走って追いかけ、「俺今日男前っすか?超男前っすか?」と声をかけると
上司も目をまん丸にしながら「え・・・うん・・なんか、凄い格好だね・・・」と目をぱちくりさせて答えていた。
「やった!俺今日男前だって!すっげ!新郎なんて目じゃないっすよ!
あ。私さん!先輩さん!俺の鞄もってきて!写真とって写真!新郎新婦っすよ!!」と大はしゃぎ
さらに親族の「何あの男」度数は高まる一方。
「お姫様抱っこしてとりましょうよ!」と後に回り込もうとするのを必タヒで阻止しながら
「ドレスがシワになるから…ね。疲れたし、ちょっと座らせてね」と控室に逃げ込む上司。
その後、控室に入る新郎をみかけると「新郎さん!今日俺も新郎っすよ!ガチンコですよ!(?)」と新郎を苦笑させた。
もうこの時点から嫌な予感しかしなかった。



949: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/05(日) 04:04:26
パクった側が不幸だった結婚式+披露宴。

まずは私達の結婚式から。
式は旦那の姉が挙式したプロテスタント教会にて。
披露宴は、結構高級なステーキ専門店を貸し切り。
二次会は、知ってる人なら知っている喫茶店を貸し切り。
(ただし参加してくれたメンバーは一切その価値を知らなかった。
私もその辺のところを全く知らないので、私にとっても価値はないw
その後話題に出来ただけ)

旦那の友人Aの結婚式。
式は丘の上のカトリック教会。
披露宴は、少しお高いファミレスを貸し切り。
二次会は、カフェバーを貸し切り。披露宴会場から無茶苦茶遠かった。

この時点ではパクられていると気付かなかったのだが、後日旦那と友人Aの
共通の友人Bからタレコミがあった。
「友人Aが、お前達のせいで周りから非常識と言われるようになったとか言ってますが」
はあ?

まず式について。
私達は旦那の姉が挙式したところだからスムーズに行ったが、あちらは
「何ちゃってチャペルじゃなく本当の教会で挙式って素敵よね~♪」
と自宅の最寄りの教会をチョイス。それが厳格なカトリック教会だった。
式の前に何度も礼拝に行く必要があったとか。


47: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/01(土) 16:48:35
年賀状見てて思い出したよ。幼馴染の結婚式

彼の家は、祖父が旧帝大の元教授(その分野の大先生だったらしい)
親父はそこの現役教授
新郎は県外の私大→そこの院(学歴ロンダ)→地元で就職
新郎は小さい頃から祖父/父の後継になれプレッシャー下で育てられたんだけど
残念ながらそこまでは至らなかった。
新婦は他県の普通の会社員の一人娘で、二人は学生時代からの付き合い

んで式では祖父が主役扱い+家父長丸出し。
新郎側スピーチは院の担当教授=祖父の教え子で、祖父を褒め称える話が延々と‥
友人スピーチも院の同窓で親父を(ry
とどめに親族挨拶が祖父。新郎は頼りない子供だった・早く男子生んで後継教授の道を‥とか言ってる

挨拶中、新婦はうつむいて諦め顔だし新婦両親は顔が引きつってる
会場中が時代錯誤な家に嫁いだな・新婦大変だぞ、な雰囲気

数年後。子供が出来たのを契機に夫婦は一大決心、転職して新婦実家に同居した
GJだよ。頼れる夫になったんだな、と思ったよ(奥さんに敷かれる男にジョブチェンジしただけかも試練が‥


53: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/02(日) 17:06:57
プチ不幸が式場スタッフのせいで更に不幸になった話

会社の同僚=新婦が見合い結婚することになった。本人たちの希望で「式はやらない」
と公言していたのに、急遽「式に出て欲しい」と同僚全員に声がかかった。
新婦とは特に親しい間柄でもなく、声をかけられた友人と「どうしよう…」と悩んで
いたら、新婦と一番親しいAさんが「私は行かない」とキッパリお断り。
どうやら新婦、幸せボケでAさんに何か相当無礼なことを言った模様。
しかし、同僚全員が出ないのは新婦の婚家での立場もあるし、おめでたいことだから…と同僚5人で出席。

そんなに親しくないし会社繋がりだから、ご祝儀は少なめで良いかと同僚と打ち合わせ
をしていたら、新婦から直々に「ご祝儀は○万円で。じゃないとモトが取れないから」
とまさかの高額指定。全員がアルバイトなので、その金額だと月給の1/3が消える。
出席のハガキを返した後にそれって酷くない?と憤慨してたら更に「二次会は
同じホテルのレストランで、会費8千円」と言われて全員で二次会は辞退した。

披露宴に出席したら、どうやら本当に急遽決まったものらしく、スピーチでは
新郎友人?も「突然のご招待で…」とか「前の部署で仕事をしていた…」とか、
新郎上司に至っては「3年前の部下で、どうして僕が呼ばれたのかよく解らない」とか言い出す始末。
というか、新郎の友人席に座っているのは本当に友人なのか??と思うくらい
シーンと静まり返っていて、不気味だった。

披露宴の最中は、テーブル係がどう見ても新人学生バイト。
新しい料理を置く時に、手持ちの皿でテーブルに既にある皿やグラスやボトルを
ぐいぐい押し出そうとして危険きわまりない。他にも手に持った皿をガンガン頭に
ぶつけられ、グラスを倒され、フォークを落とされ、ソースを垂らされ、色々酷かった。
高砂の真ん前でガチャーン!だけは避けたかったので、とにかく疲れた。
後で指導係?の女性が謝りに来たけど、高砂の真ん前の席にこんなド新人をつける
のがそもそもの間違いだし、小さいミスが頻発してたんだから、その時に係を替えて欲しかった。
式の後、同僚全員で「この式場はスタッフが恥ずかしすぎて使えない」と認定してしまった。
とにかくお義理感と疲れた思い出しかないお式だった。


64: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/03(月) 14:13:24
友人(新婦)の式。オカルト注意。

新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど
写っちゃいけないものがバッチリ写ってた。
他にも何人か気付いた人がいたらしくてザワザワ…ザワザワ…。
で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、
新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど
「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。
父親らしき人に即行でつまみだされたけど、
「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

そのPVは新婦の手作り。
小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。
当時、新婦は皆がザワザワしてるのは
あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。
いきなり従姉妹が叫びだした時には
「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。

式後、PVを家族で確認したところお父様が「かあちゃんだ」とポツリ。
なんと写っていたのは生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。
お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため
あまり記憶もなく、写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど
お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に
涙があふれてとまらなかったそう。

そうだよね。
悪霊が「あっかんべー」して写るわけないもんね…。

あれ?もしかしてスレチか?どうもすみませんでしたー。


147: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/07(金) 02:32:53
家庭板と迷ったんだけど、こちらに

私は去年春に結婚しました。
相手は同じスポーツ観戦を通して知り合った人で、お互い趣味第一だったんで、結婚式はあげず。そのかわり海外遠征に行くことにしました。

ある夜、連日試合観戦を楽しみ、幸せな気持ちで眠りについた夫の携帯が鳴り出しました
日本時間だと正午ごろです
親戚から、「今どこにいるんだ!?結婚式はじまるぞ!」な内容でした
なんのことかさっぱりなので、話を聞いてみると
私達の式なのに、朝自宅に迎えに行ってもいないし、いくら待ってもこないのは何故だ。

前述の通り、式はあげずに観戦旅行と決めていましたから、私達はまったく知らない
「今すぐこい」という親戚に「でも、今フランス」と答えてしまった夫。
親戚絶句、「とりあえずこっちでなんとかする」と言って電話は切れました

後からわかったことですが、式は姑の暴走だったようです
・式をあげないなんて許せないわ。お金がないなら私がやらせてあげましょう
・サプライズで式をあげさせることにするわ←嫁(私)感動して私(姑)に服従ウマー
・うちに嫁ぐんだから、家族も友人も捨てるわよね←招待は夫の親戚のみ←だから当日まで知らなかった(私の両親も招待されず)
・ドレスだって似合わないだろうから必要ないわね←私(姑)のほうが似合うかも(姑がドレス着ていたそうな)


結果、夫共々絶縁、親戚からも絶縁された姑、なぜか正月に帰ってこないと昨日怒鳴りこまれました
親戚たちが不幸だった式。


171: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/08(土) 18:34:00
本人達はいたって幸せそうな式だったので軽くスレチかもしれないが、男友達の結婚式でのこと

高校時代の男友達から、結婚前提に付き合ってるんだ~と彼女を紹介される
しばらくして、挙式の日が決まったから招待状送らせてと連絡があった。
男友達も女友達も結構な人数が招待されたので、友達こんなに呼ぶなんてすごいね、なんて皆で話していた

しかし当日会場に行ってみたら、女友達全員が「新婦側の友人席」に配置されていた
新婦友人席は全員「新郎の女友達」で埋まっており、新婦のみと友人という招待客が一人もいない
友達のいない新婦のカモフラに使われた、とすぐ発覚

新婦とは半年ほど前に知り合ったばかりで、2回くらいしか会ったことが無く特に思い出も何もない
新婦の友達として祝福しに来たのに、どういうこと?と会場の隅で小さなパニックになった
新郎側に配置された男友達も変な配置に気づいて、言ってきてやるよ!と言ってくれたけど、
女友達の中で話し合い、上司や親戚も来てる場で騒ぎを起こして新郎に恥をかかせるわけにいかない、
もう美容院代も交通費も何も返ってこない、だったら新婦友人のフリして美味しいごはん食べて帰ろう!
追及するのは後、この場は丸くおさめて早く帰ろう、となった

食事は美味しかったけど、余興を頼まれていた友人は全員新郎側に配置されていたので、
新婦側にいた私達は何もせず座っている状態になってしまい親戚のみなさんの目がキツかったな

後日席の配置について問いただしたところ、嫁はガチで友達がいないらしく
新郎君の女友達をこっちに座らせればいい!友達いるように見える!と勝手に判断したらしい
あらかじめ正直に言ってくれたらちゃんと協力したのにバカだね、と皆言っていた

そして今後友達が集まる場があった場合、嫁を連れてくるかどうかを連絡
勝手に連れてきたり付いてきたらその場で解散、という約束になった

結婚式後半年くらいして妊娠、とんでもないDQNネームを付けて顰蹙を買い
年賀状・年賀メールには「結婚って最高、みんなが早く結婚出産できるように幸せをわけてあげるね(ほぼ原文のまま」と書いてあった


280: 1/2 2011/01/12(水) 04:19:32
会社に凄く声の大きい社員がいる。
別の階にいても声が届くくらい大きい。

加えて、社会人としては致命的レベルで空気を読まない。
訴えられたら間違いなく負けるレベルのセクハラ発言もバンバンする。

結果として、とんでもないセクハラ発言が階をまたいで響き渡る。

しかし不思議なことに、それらの発言に全く悪意が感じられない。
言われた人も聞いた人も「○○さんだからなあ」って感じで終了。
会社の人間は誰一人として訴えるどころか怒りもしない。

以上前提。
以下本題。

先日、社長が再婚し、式を上げる旨を発表した。
しかし、

・不倫の末の結婚である。
・招待状作成などを社員にやらせる。
・給与の支払いが遅れている。
・取引先の社長が来て「こんな余裕があるなら未払い金処理してよ」と、招待状(欠席)を置いていく。

などなどの理由から、会社内では全く歓迎ムードになっていなかった。

そうしてやってきた式当日。
幸い、式自体は極めてオーソドックスなもので、途中までは無難に進行していった。
しかし、件の社員がやらかしてくれた。


377: 1-4 2011/01/14(金) 10:27:06
昔、新年早々結婚式があった。
地元に帰省してる人が多いから合理的といえば合理的なんだろか?

高校時代の友人の結婚式に行ってきた。
場所は新郎の地元。
私は新婦側友人。
新婦は地元出身ではないので新婦友人達はみんな遠方。
たまたま独身の私だけがその地方の近くに仕事で住んでいた。
なので、時期的なこともあり新婦側友人は私一人となった。
年齢的に皆、新婚さんだったり妊娠してたり小さい子供がいたりで、新年早々結婚式とはいえ雪国へは来れなかった。
対して、自分の地元の結婚式となった新郎側の友人はかなりの人数。
男性の友人だけでなく女性の友人も多くいた。

最初はごくごく普通に乾杯があってスピーチが始まった。
普通は上司などのスピーチがまずあるはずなのに、上司という立場の人が見当たらない。
しょっぱなから、新郎親族が延々しゃべる。
内容は田舎ではよくある内容。
子供をたくさん~妻は夫に~夜は~とちょいセクハラ系。


559: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/18(火) 16:59:27
叔父(43歳)ができちゃった結婚で2ヵ月後に式をするから、と9月に連絡が入る
相手の女性が23歳というのも驚きだった。
あの大人しい叔父が若い子とどこで知り合ったんだろうなんて話を母としていた

そして11月末の挙式に参加
12月出産予定で新婦は臨月なんだけど、その新婦のは×1で、
彼女も引き取っている子供が2人親族席に座っていた
上が5歳で下が2歳
そして、新婦の友人席にはキャバ嬢真っ青のケバい女の子とホストみたいな男の子がワラワラ
そのキャバ嬢やホストたちが
「ナニアノジジイ。マジであんなのと結婚すんの?ちょーウケる!!」
「こないだまでタケル(うろ覚え)と付き合ってたからタケルの子だったりして(笑)」
「えー?カズヤ(うろ覚え)と付き合ってなかった?ただのセフレ?」
「っていうか、◎◎(店の名前っぽい)のダニエル(うろ覚え)と同棲してたじゃん?そっちはどうなったの?」
等など、聞くに堪えない話を大声で繰り広げていた。

親族席は妙に静まりかえっていて、43歳まで独身だった叔父の結婚を素直に祝いたい気持ちと
もしや騙されているのでは?結婚生活は大丈夫か?という不安な気持ちでみんな俯き加減。
ただ、彼女たちの声は高砂までは聞こえないのか、それとも聞こえないふりをしているのか
叔父は幸せそうにニコニコ笑っていたのも何ともいえなく微妙な気持ちだった。

後日談として。
引き取っている以外にも子供がいることが後に発覚。
実はバツイチじゃなくバツ2だった。
生まれた子供はハーフでした。(ダニエル?が父親っぽい)

後から聞いた話によると、叔父と彼女が知り合ったのは10ヶ月ほど前で
叔父も心のどこかで「自分の子じゃないかも」と思っていたらしい
ただ、自分も一生に一度くらい結婚したい
もしかしたら俺の子かもしれないし、そうならこんな若い嫁さんをもらえるんだ!と
自分に言い聞かせる気で結婚をしたとか…
それを聞いた時、あの披露宴での叔父の笑顔を思い出すと本当にツライ


このページのトップヘ