きまぐれ鬼女

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

729: 名無しの心子知らず 2007/04/18(水) 20:55:14 ID:Roesb6Ej
初出産の後、トメに
「○日が大安だから氏神様にお宮参りに行くわよ。」
と言われ、旦那は仕事が忙しいので参加できず
私と赤ちゃんとでトメ宅に伺いました。

そして氏神様のところに行くと、トメ母が待っていた。

そして、トメ母が赤ちゃんを抱っこして、トメが一言。

「嫁子さんはまだ汚露があるから
お宮の中には入れないわね。
穢れがあると神様はダメなのよ。」

そう言うとトメ母と赤ちゃんとで
神殿の中に消えていきました。
私は神殿の外で(゚A゚) ポカーン






647: 可愛い奥様 04/08/13 00:05 ID:XkzDy44P
旦那が男性不妊なんだけど、
本人にちっとも自覚&反省の色無し!!

相変わらず煙草吸いまくり。酒飲みまくり。
漢方も飲まなければ病院には
一歩足りとも足を踏み入れない。

本当に怒るの通り越して悲しくなっちゃって、
手紙書いて離婚届おいて実家に帰ってきちゃった。

でも未だに連絡無いってことは
今日も残業&飲み会なのね。
もう、ホント疲れた。
グチでした。スマソ。



680: 名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)20:33:43 ID:dGB
うちにご発送されたでかい荷物を邪魔だからベランダにおいて、翌日宅配業者に返したら文句言われた

なんでも、パソコンとテレビが入ってたらしいけど、そんなもん知らんと無視した

52: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)20:33:59 ID:???
カーチャンがいつか氏ぬ生き物だと実感した瞬間。
健康診断にひっかかって、再検査してもやっぱりそうで入院が決定して
ああ、カーチャンっていつまでも生きててくれるわけじゃないんだと初めて実感した

理屈じゃわかってたんだがそれまで身近に起こるものだと思ってなくてパニくった

カーチャンはロボットのように丈夫で、働いて帰ってきたらメシつくって
洗濯して家をきれいにして風呂を沸かして親父の面倒をみるそういう生き物だと思ってた
メンテせずとも永遠に動くような気がしていた
でもそんなことあるわけないよな…

でも焦燥感があるだけで別に何するわけでもないんだよな
頼られもしないし、何かしてくれとも言われない
見舞いにくらい行った方がいいんだろうけど
なに持って行ったらいいかもわからない
バスの乗り継ぎ方も知らない

【前編】嫁が息子を抱えてアパートの階段を落ちた。息子は無事だったが嫁は足首を捻挫。俺、ついカッなって嫁を怒鳴りつけたらヒスって出て行きやがった…俺悪くないよね?
646: 階段 ◆gdldT.qRp9VH 2014/12/15(月) 01:27:27.92 .net
嫁が妊娠したときなんだけど俺の母親は、子供作ったなら今すぐもっと稼げる職を探せって言ったんだけど
嫁は、今までのがんばりが無駄になるから早く希望の職に就けるように頑張ってって言ってくれてたんだ
嫁は家で作業出来るから妊娠中や産後も稼げるからって

772: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/10(水) 22:07:09.82 .net
嫁が生後半年の息子を抱えてアパートの階段を下りている途中で足を滑らせて落ちたらしい
落ちる時にかばったらしく息子はまぁ無事だった
嫁は足首をひねっていて隣人が病院に連れて行ってくれたらしい
息子に何かあったらと思うとついカッなって嫁を怒鳴りつけて叱ったら、
それしか言うことがないのかとヒスってタクシー呼んで出て行った
息子怪我されかけて怒ってるのはこっちなんですけど

650:名無しさん@おーぷん2016/02/02(火)07:42:15 ID:tdy
自分に対して受けた衝撃

生まれてから先月までパジャマを着ないで寝たことがなかった。
1年中長袖長ズボンのパジャマで夏はガーゼ地、冬はフリースや軽めのスウェットを着て寝ていた。
子供の頃からの習慣だし、自分の汗がシーツに直に吸い込まれる感覚がなんとなくいやで。
どんなに忙しい時でも、ホテルにもパジャマを持参していた。

朝起きたら体全体が少し凝ってるというのも、私にとっては当たり前のことだった。
高い布団やマットレスも試したが、大して効果はなかった。
元々、肩幅も広く骨太でがっしりしている体型で朝以外は凝りと無縁なのだが。

プラス、自分では気が付いていなかったが、寝始めの体勢が必ず仰向けで気をつけらしい。
最近結婚して同居し始めた夫に指摘されて初めて気がついた。

冬になると寝起きのだるさと肩こりが格段に上がり、今年は寄る年波もあってか、
毎朝憂鬱な気持ちになるくらいにはゴリゴリに凝り始めた。
辛そうにしていると夫に、パジャマを着るのをやめたら?と言われた。
パジャマと毛布がまとわり付きあって、重たく感じるから凝るのかもよ?
あと、気をつけ体勢で寝るんじゃなく、自分の楽な体勢で寝始めたら?とも。
そういえば確かに夫は年中Tシャツ+トランクスだけで寝ているし、
バンザイしたりミノムシみたいに丸まったり、いろんな体勢で寝ている。

最初は半信半疑だったが、Tシャツ+短パンで横を向いて寝てみると、
翌朝、体が驚くほど軽かった。
素脚が毛布とシーツの間でがするする動くことのなんと気持ちの良いことか。

更に軽さを追求するため、馬鹿みたいに嵩高のある羽毛布団を購入し毛布を廃止。
するする感増加のためサテンの布団カバーに変更。

毎朝、もう、天国かと思うくらい体が軽い。

40年弱もパジャマに固執し続け気をつけ体勢で眠っていた自分に衝撃。
冷たいシーツに素脚が包まれることの気持ちよさに衝撃。

729:1/42008/05/09(金) 20:11:04
長男嫁次男嫁(私)と違って気が弱くて、デモデモダッテな義弟嫁。
一番かわいがっていたムチュコタンを取った女、
しかも気が弱くていじめ放題の女、
更に近距離別居の女!さすがムチュコタン、
上二人の嫁をいびれない上、
孫をいいようにおもちゃに出来ないアテクシの為にこんな都合のいい女を!って感じ。

で、妊娠したら里帰り禁止、夫実家で生む事を強要、
さらに家中のおさんどんさせるために、
服にしみるほどのチチが出るのにミルクにさせられそうに、
孫を育てるのはアテクシ!だから同居、あんたは外で働きなさい!
義弟は役に立たず、「デモデモダッテどうしたらいいですか〜」って家に電話をよこした。

私はイラっとして「戦わないでどうするんですか!」って怒ってしまい、
長男嫁は「結局あなたはどうしたいわけ?」と呆れたらしい。
実は義弟嫁が妊娠した時にも
「お母様が男の子はもういらないって…おろして来いって…」と
泣きながら電話があり、その時も似たような対応した事がある。

数ヵ月後、夫実家での法要があり、出かける前日に
「義弟嫁さんに何か言った?
なんか様子がおかしいから相談したいって言われたんだけど」と言われ、
さすがに産後の人には言いすぎか?とちょっと反省。
夫実家につくと泣き出さんばかりに喜ぶトメ。
余裕の表情で構える義弟嫁。

このページのトップヘ