きまぐれ鬼女

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

393: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/13(月) 00:20:54
私と新婦が不幸になった数年前の結婚式の話。

人数合わせ的に、高校時代同級生だった新婦に呼ばれた結婚式。
歓談タイムになり新郎新婦のところへ友達たちと一緒にカメラを持って行ったら
先に高砂にいた新婦友人と思われる男数名が
「お前の友達ブスでだせえのばかりw」「あんなの呼ぶなよw」「おい後ろw」「やべえ聞かれたwww」
と私たちのことを思いっきりバカにしていた。
たしかに私も友達たちも結婚式用におしゃれしてるとはいえ地味で大人しい方だし、
何も言い返せず下を向いてしまい、私たちに気づいている新婦はフォローもしてくれず
「ごめんwもうちょっとマシになってると思ったんだけどw」とその男たちにキャハキャハ笑ってるだけ。
すごく悲しい気持ちで新郎新婦に話しかけるのはやめてテーブルに戻った。

その後お色直しで新郎新婦が退場したんだけれどなかなか戻ってこない。
やっと戻ってきた新婦は不機嫌というか泣きそうな表情。
そして新婦が不機嫌なまま披露宴は終わり、お見送りで私たちの番になったとき新郎母と新郎祖母が
「さっきは本当にごめんねぇ、せっかくきてくれたのにねぇ」とものすごい勢いで私に謝ってきた。
そういえば歓談タイムのとき新郎の近くに新郎祖母がいたような気がするのでそこから聞いたのかな、と思い
いいんですよ、大丈夫です、と答えたら
「○○ちゃんだよね?」と新郎祖母から私の子供の頃のあだ名を呼ばれた。

新郎祖母、もう20年近く会っていない私の母方の親戚だった。(新郎祖母が私の祖母の姉妹。厳密に言うと私と新郎は親戚だったらしい)
まだ小さい頃何度か家に遊びに行っており、私の苗字と名前が少し珍しいので気づいたらしい。
あの可愛かった○○ちゃんに向かってあんなひどいことを言うとはなんてバカ嫁!
と新郎祖母&母お色直しタイムに説教→新婦いじける、ということだったみたい。

その後新婦から「あんたのせいで姑とうまくいかない、あんたが姑に謝って機嫌をとって」
「あんたのせいで新婚生活が暗くなった、欝だ、あんたのせいだ」「あんたのせいでもう生きているのが嫌になった」
と面倒くさいメールが届くようになったので携帯変えるついでにメアドも変えた。疲れた。
新郎祖母からは私と友達へ後日菓子折りが届きました。



900: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/21(火) 11:59:01
数年前の話

新郎と新婦はどちらも再婚で「デキちゃった再婚」。
ちなみに新郎はうちの伯父で前妻を病気で亡くしてるせいか
今度こそ奥さんを幸せにするんだ、と意気込んでいた。

披露宴そのものは割と普通にすすんでいたんだけど、
最後の最後で新郎の挨拶でぶちかました。
伯父が突然「実は新婦のお腹の中にいるのは僕の子かどうかわかりません」と言い出して
会場中ざわついた。
そんな騒ぎは知らん顔して、伯父は泣きながら
「それでも僕はこの子を自分の子として愛していきます」と号泣しながら閉めた。
本人は感動の言葉と思って言ったらしいが、新婦が一番驚いた顔をしていたうえ
親族席にいる新婦と新婦のそれぞれの連れ子も驚いた顔をして、
その後、披露宴は終了して新郎新婦が退場することになっていたのに
席上で突然新婦が「どういうこと!」と新郎に詰め寄り大騒ぎになった。

ここら辺の細かいやりとりは聞こえなかったんだけど、後の聞いた話では
すべてが伯父の勘違い。
新婦はタヒ別ではなく離別で、元旦那とは子どもの面会のために定期的に会っていた。
それ以外にも自分自身の再婚問題のために元旦那と会うこともあり(子どものことや養育費の相談で)
たまたまそれを目撃した伯父が「今日は面会の日じゃないのに二人が会ってる。もしかして…」と勝手に妄想して
お腹の子は前の旦那の子かも?でも、俺は彼女を愛してる…これからも愛していこう(決意)
こういう思考回路の末に起きた騒動だった。


9: 愛とタヒの名無しさん 2010/10/12(火) 10:28:46
従姉の結婚式で、新婦妹(小学生)が盲腸になった・・・
状況としては、ずっと顔色が悪い新婦妹に親戚一同気づく。
本人は大丈夫と気丈に振舞うが、披露宴中盤で倒れて救急搬送された。
新婦両親は姉を溺愛してて、結婚式の準備で大わらわで、
ちょいネグレクト気味だったらしい妹は、腹痛のことを10日くらい言えなかったらしい。
破裂寸前だったが妹は一命をとりとめた
(けどかなりやばかった)
それなのに両親は「こんなときに病気になるなんて!」って妹を責めるし
新婦は妹に我慢させてたのに気づかなかったって自分を責めるし。
しかも、両親が救急車に付き添わないので私と母が付き添った。
緊急手術になって、式場に両親召還の電話をしたら、来たのは新郎新婦・・・。
両親は妹の悪口を喚いてたので、他の親戚に任せて来たらしい。

今は妹は祖父母が引き取って大事にしてもらってる。
新郎新婦も幸せに暮らしてるけど、新婦両親とは絶縁状態。
他の親戚一同も新婦両親とはほぼ絶縁状態。
たまに新婦母からうちの母(新婦母の妹)に電話があるが、
「昔から妹のあなたばかり可愛がられてた。だから私は自分の子どもが生まれたら
姉を可愛がっていたのに、私たちの何が悪いの?!」とデンパ飛ばしてる。



84: 愛とタヒの名無しさん 2010/10/13(水) 12:15:11
数年前の従姉の結婚式

フルオーダーのウェディングドレスで当日を迎えた従姉
従姉はドレスに着替える前にロビーで私達を迎えてくれた
(当日到着だったので気にしてくれたらしい)
で、控室に戻ったらフルオーダーのドレスを姑が着て新郎と記念撮影してた
従姉はスレンダーでドレスも当たり前だが細身
姑は典型的なおばさん体型
ドレスは今にも弾けそうにミチミチでファスナーは背中の半分で止まってた
青くなった従姉と両親を尻目に姑は開き直りケチくさいを連発
挙句、無理やり着たせいでドレスのファスナーを壊し、ケミカルレースを破り
最後は、ファンデーションまで襟ぐりに付けた
従姉は号泣、両親も激怒、母子家庭だった新郎は従姉を気遣う事もなく姑と面倒臭そうにしてた
姑は大阪のおばちゃんだからか、とにかく1日しか着ないのにアホかとか罵詈雑言吐きまくり
従姉はこんなドレス着たくない!とヒステリー

結局、挙式は取り止め 披露宴もご祝儀なしで食事だけして解散
後日、賠償問題にまで発展して折半だか4:6だかで落ち着いたらしい
その後は知らないけど


24: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/04(木) 11:20:03
先月の出席した結婚式にて

新婦側の会社社長の祝辞
「新郎さんは今流行りの 植 物 人 間 なので、新婦さんのためにもぜひしっかりして欲しい」

どうやら草食系男子と言いたかったようだが豪快に失敗
だけど間違いに気が付いていない社長は、その後もドヤ顔で植物人間を連呼

会社関係者の人たちが慌てて新郎一族の席に謝りに行ってるのが印象的でした


34: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/04(木) 16:09:30
同僚の結婚式でちょい不幸が。

新婦と私は広告代理店の営業、新郎は食品メーカーの営業で高校の同級生。
式を終え披露宴の会場へ移動途中、上司や社長がロビーで見知らぬ人達ともめていた。
なんと新郎側の招待客に、ウチの会社が出入禁止になった会社Aの社長と役員がいた。
Aは新郎会社のお得意様だそうで、新郎が担当している会社。
ウチの会社は私や新婦が入社する前に、Aとの取引中何か大きなミスをしでかしたとか。
私も新婦も出禁の社名リストは把握してたけど、2年前くらいにAの社長と役員数名が
独立してBという社名で食品事業部を立ち上げ、Bの社名で招待していたから
新婦は全く気付かなかったとのこと。
しかも出禁になった時の担当営業は新婦と私の直属の上司。

6年ぶりの再会で、何故か既に酔っていた向こうの社長がロビーでウチの上司を発見し
絡んでいき、ウチの上司も時効だと思って売り言葉に買い言葉で返していたら
何故かウチの社長がA社長に「そもそもオタクが~」と言い出してもめ始めたらしい。

当然ロビーの皆から注目を浴び、私たちもどうすることもできず、結局スタッフさん達に
なだめられて披露宴会場に連れて行かれてた。

続きます。


449: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/11(木) 14:55:22
3年前なんだけど結婚式で新郎が新婦母と浮気していたのが発覚してひと悶着あった
当日の式開始前に新郎と新婦母の姿が見えないので何人かが探しに出たところ、裏庭の目立たない場所で二人のキス場面目撃
目撃したのは新郎叔父・その娘である新郎従姉妹と私(♂新郎と大学同窓)
あっけにとられてると隣にいた従姉妹の「おいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいい!!!!」の怒号
怒りの従姉妹に気づいた二人が逃げようとするところにほかの親戚や友人も…



問い詰めると新婦母と新郎の関係は、なんと新婦と知り合う前からとのこと
この新婦母は後妻さんで、新婦は新婦父の連れ子だった(新婦が高校生のころ再婚。結婚時は新郎・新婦ともに大卒して24歳
だが新婦父がいつしか家に帰らず愛人宅に入り浸り、新婦が大学入試のころには夫婦関係は冷め切っていたそうだ
新郎と新婦母が出会ったのは大学生のころのバイト先だそうで、新郎20歳・新婦母39歳
しばらくは順調だったが、年齢差を考えるといつまでも付き合えるわけじゃないと新婦母が新郎と年が同じ新婦を紹介
新郎も思うところがあったが、新婦と交際を始めて今回の式に至った
だが二人の気持ちはずっとくすぶっていたようで、式直前に爆発してしまったらしい

式は開催できるはずもなく食事会に
事実を知った新婦は卒倒して病院に運ばれていった
彼女もこの件で心身ともに大変な苦労と打撃をこうむったが、後日別の縁があり今は子どももいて幸せだそうだ
印象だったのは新婦父で、自分の浮気が一因になったことでなんとも言えない苦汁に満ちた表情をしていたのを覚えている




508: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/12(金) 13:42:36
この前あった結婚式が不幸だったので書かせてくれ
文章下手なんで箇条書きで
・新婦は入社した頃(2年前春)に同僚A(女)を好きになる
(最初の飲み会の時に新婦がレズ、Aもバイだという話があったかららしい)
・新婦いわく「私を受け入れてくれるかっこいい子なら誰でもいい~」
・しかし今年の春Aから4年間付き合っている恋人がいて秋に結婚をするという報告
・新婦呆然、何を思ったのか突然見合いをして結婚することに
・新婦いわく「Aと同じくらいに結婚して、同じくらいに子ども生めば悩みとか共有しようってずっと仲良しでいられると思ったから」
・が、Aの式(新婦の式まで2週間)の前日、Aの恋人が事故タヒ
・A、関係者に頭を下げに回るなど気丈にしているがやはりショックがでかいらしく、仕事や用事はこなすがそれ以外は寝込んでいるらしい
・新婦「Aが結婚しないなら私もやめる!」「そもそもAが祝ってくれない結婚式とか意味ないし!」
・しかし行われる式(新郎が新婦にベタ惚れで別れたくないとゴネたらしい。両方の両親は猛反対だったらしい)
・式当日。新婦はずっと「なんでA来てくれないの?来てくれなきゃやだぁ!」と言っている
(Aは「縁起が悪いし、私自身の調子もよくないから」と欠席。それを告げられたときも相当揉めたらしいが詳しくは知らん)
・式中、新郎だけがニコニコしていて新婦・新郎両親・新婦両親がずっと不機嫌
・新郎側招待客を雰囲気の悪さに、新婦側招待客は事情を知っているので居づらい
・式後入籍せずに破談。新婦は「傷ついているAを慰めて~Aはその優しさにころっと惚れちゃうんだ~」とのたまっている。無理だ
・ご祝儀返せよ


846: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/21(日) 20:37:40
中学時代に仲が良かった新婦Nの不幸な結婚式。

Nの他にAとMの二人も仲が良く、招待客はなるべく抑えたいという新郎新婦の
希望で友人席は私たち3人が招待された。

式当日、いくら待ってもMが来ず、携帯は着拒はしていなくずっとコール音が。
事故かとも犯罪に巻き込まれたのかとも思い、私が式に出席せずにMの自宅まで
様子を見に行くことに。
Mの家に行って母親が出てきたので本人の居場所が掴めない事を言うと、
「出席したくないって言っている。」
との返事が・・・

なんとか無理やり本人に会わせてもらって、理由を聞いて驚いた。

・あんなやつ友達と思ったことはない。
・あいつは仕事も上手くいっている。なのにわたしは・・
・新郎のことが好きだった。

と、泣きながら私にぶちまけた。

式場に戻った私はどう説明していいかわからなかったので
とりあえず新郎に好意を持っている部分を除いて説明したけど・・・
唯一式に出席したA曰く、新婦は始終暗かったそう。

ちなみに新婦とNと私は高校の時同じ飲食店でバイトしており、
新郎はバイト先で調理師だった。
その頃から新郎新婦は交際していたので、あの時からずっと新婦を
恨み続けていたのかもしれない。


44: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/18(金) 11:18:40
友人(♂既婚・子無し)が憤慨していたちょっと…な結婚式。

友人の従姉妹が結婚。2~5歳数人&11歳男子の親族の子たちも参列した。
当然挙式には子供たちは参加不可だがその式場には待ち合い場所も無く、
子供たちをロビー放置して式場に入れと言う。
11歳の子の母親が「私が見てましょうか」というも、新婦&新婦母が
「長男の嫁が来ないなんて、あちらに顔が立たない!」と猛反対。
それならと他の母親が「私が…」と申し出るも「本家の嫁がry」「大事な従兄弟の嫁ry」
最終的に「11歳なら見れるでしょ」と当時小学5年生の男子が
替えのおむつまで渡されて、ロビーで騒がないように
だっこしたりおんぶしたりして見てたようだ。
しかも、その後の披露宴ではけちったのか、子供の食事が全部「無し」
新婦母は「親が分けてやればいいじゃな~い」だったらしいが
食べ盛りの11歳はとてもじゃないけどそれでは足りない。
さらに挙式の間遊んでもらった小さい子が男子のところへ来て跳ね回り
それを止めるために何も食べる暇がない男の子。
友人がその子の母親(新婦兄嫁)に言って、式場のホテルのレストランへ連れ出し
お腹いっぱい食べなさいと言ったら、食べながらその子泣いていたらしい。
「そりゃそうだよな、へとへとだもんな。
その子があまりにも上手に小さい子を見るから、
挙式の間は遠慮してた親たちも次々にその子に面倒丸投げしてたし…
母親も嫁と言う立場で何も言えなかったかも知れないけど
それなら参加しない勇気を持つべきだ!」と怒りまくってた。
参列者の誰かが不幸になる結婚式は多いけど、
たった11歳の子がひとりで不幸になる結婚式って…聞いてて気分悪くなったわ


このページのトップヘ